何者(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『何者』予告編

何者の動画フルを安全に見る方法

『何者』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『何者』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

何者の内容

映画『何者』は、2016年10月に公開されました。

原作は、「桐島、部活やめるってよ」でデビューした朝井リョウさんの初めて直木賞を受賞した小説です。

監督・脚本は、演劇界の鬼才と呼ばれる三浦大輔さん。三浦大輔さんは、2014年に公開された池松壮亮さん主演、門脇麦さんがヒロインを務め話題となった「愛の渦」や2018年に松坂桃李さん主演の「娼年」などの作品を手掛けています。

映画「何者」は、就職活動を通して自分が「何者」であるかを模索する若者たちの姿を描いた作品です。その若者を演じたのは、佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之。こんな豪華キャストが共演する映画とあって大変注目を浴びました。

 

佐藤健など出演俳優たちの演技がうまかった。
主題歌の米津玄師もよかった。

俳優陣が演技力高くて、それぞれのキャラにあった役柄、どの役柄も見事に表現できていた。
佐藤健は幅広い役柄を上手に演じるなと思った。まさに「何者」にでもなれる俳優!

序盤は就活を通じて大学生同士のあれこれをやるだけなのかと思いきや、最後はSNSを通じて人間の嫌なところを上手く表現した作品になっている。

終始ツイッターが見え隠れしていて、陰口や裏の顔といった緊張感と不気味な空気感があります。終盤の展開は素晴らしかったと思います。
就活を控えた大学生や、就活を経験した社会人にとっては共感せざるを得ない作品。観終わって切なさを感じました。
是非原作も読んでみようと思いました。

実力派な俳優たちの演技力を評価する声が多くありました。最近のドラマ「恋つづ」でさらに人気の佐藤健さんの演技力は誰もが納得ですね。

ストーリーについても高評価。朝井リョウさん!さすがです。

あらすじ

瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じアパートに住んでいるとわかり、理香と同棲中の隆良を交えた22歳の大学生、拓人(佐藤健)、光太郎(菅田将暉)、瑞月(有村架純)、理香(二階堂ふみ)、隆良(岡田将生)の5人の男女は、就職活動の情報交換のため、理香の部屋を「就活対策本部」として定期的に集まります。

海外ボランティアの経験や業界の人脈などさまざまな手段を用いて、就活に臨んでいた。自分が何者かを模索する彼らはそれぞれの思いや悩みをSNSで発信するが、いつしか互いに嫌悪感や苛立ちを覚えるようになります。

「私、内定もらった…。」そしてついに内定を決めた人物が出てくると、抑えられていた嫉妬や本音が噴きだSNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする本音や自意識が、それぞれの抱く思いを複雑に交錯し、人間関係は徐々に変化していきます。人として誰が一番価値があるのか? そして自分はいったい「何者」なのか?

見どころ

ダサい佐藤健が見られる

佐藤健はカッコイイ!はずなのに、この映画の佐藤健はダサい。そのダサさは、原作者の朝井リョウさんと監督の三浦大輔さん曰く「モテなさそう感がすごい」「後ろ姿もダサい」と、佐藤健さんの役作りを絶賛しているほどです。

音楽

映画音楽を担当しているのは、Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅなどを手掛ける音楽プロデューサー・中田ヤスタカさん。キャストの心情の機微に寄り添うメロディーラインが映画全編にわたり緻密に展開されています。

主題歌は中田ヤスタカさんと米津玄師さんのコラボ曲「NANIMONO(feat. 米津玄師)」。映画をさらに盛り上げてくれます。

スタッフ

原作:朝井 リョウ「何者」
監督・脚本:三浦 大輔
音楽:中田 ヤスタカ

キャスト

二宮 拓人:佐藤 健
御山大学演劇サークルで脚本を書き、人を分析するのが得意。

田名部 瑞月:有村 架純
光太郎の元カノで、拓人がずっと前から片想いをしている女性。

小早川 理香:二階堂 ふみ
拓人たちの部屋の上に住んでいて、瑞月の友達。「意識高い系」ですが、なかなか結果が出ない。

神谷 光太郎:菅田 将暉
瑞月の元カレで、拓人とルームシェアをしている。何も考えていないように見えて、着実に内定に近づいていく。

宮本 隆良:岡田 将生
理香と同棲中、就活はしないと宣言し、就活は決められたルールに乗るだけだと言いながら、焦りを隠せない。

サワ先輩:山田 孝之
5人を先輩として見守る大学院生。

 

『何者』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

何者の感想

40代男性
40代男性

一言で就活生といっても、その内容な様々であると思います。生活のために働かなければならない人、人生の理想追い求めている人、どの様にスキルを活用していくのか考えている人等。そして、そんな様々な就活生を冷徹な目で分析しているだけの就活生である主人公。自分が何者かを探しあぐねている若者たちを通して、改めて我が道を往くことの過酷さが浮かび上がる作品だと思いました。別に入りたくもない会社の内定を取るのに必死で、他人の内定を喜ぶふりなんかは、見ていて胸が痛くなりました。そんな中で、佐藤健が本当に熱演で良かったと思います。健の役は役者志望だが人には言わず隠している。自分は何者なのか。本当の自分は役者になりたいことに気づいて企業の面接を受けて本当の自分をさらけ出す。面接が終わった後の佐藤健の顔が清々しく見えたのです。また、菅田将暉の役はミュージシャンの役だがなかなか就活を始めていない。有村架純の役はあまり裕福な家庭ではないので確実に安定のあるところに就活する。そして、有村架純の友達の役の二階堂ふみは、同棲中。その相手として岡田将生。佐藤健はじめ、この5人のそれぞれの考え方の違いがおもしろかったのです。とても演技の上手な5人が揃って見ごたえがありました。

20代男性
20代男性

就活に臨む学生たちを描いた作品になります。就活まで深く考えない人が多い自分の将来・どんな人になりたいのかという悩みに主人公を中心とした数名が向き合っていくというストーリーです。私自身就活ときにどんな仕事に就きたいのか・どんな仕事なら後悔なく続けいけるだろうかとかなり悩みましたので、その時感じた学生独特の不安感や就活時の雰囲気・性格の歪みなどが非常によく表されているなと感じます。これから・または現在就活中の学生は自分と向き合う・将来を自分で決めるという誰しも悩むテーマに映画という形で、よくも悪くも自分とは直接関係のない人たちのフィクションとして触れることができるのでおすすめです。逆に現在社会人の人は当時の自分と照らし合わせて、新卒の頃の思い出や苦労を懐かしむことができるので見る価値はあると思います。「就活」というテーマですが、人にはそれぞれ考え方があって色々な生き方があるということを改めて認識させてくれます。コメディやアニメなどと違い、見た後に必ずしも面白かった・また見たいという感想が溢れる映画ではないと思いますが、得られることは非常に多いですし自分を見つめなおすきっかけになる映画だとと思いますので是非一度見てみてほしい作品です。

30代男性
30代男性

映画「何者」は、2016年に公開された、朝井リョウさんの小説を映画化された作品です。佐藤健さんが主演を務め、有村架純さん、二階堂ふみさん、菅田将暉さん、岡田将生さん、山田孝之さんら豪華な出演者が作品を彩りました。内容は、大学生の就職活動、卒業後の進路についてをテーマに人間関係、恋愛関係を描いた作品で、感情移入できるところも多く、とても楽しかったです。友情関係がある中で、友達よりも良い人生を送りたい、妬んだりする気持ちというのが、とても共感できましたし、自身の大学4年生の時に感じていたことを思い返させてくれる映画でもありました。みんなで就活を頑張っていこうと話している中で、佐藤健さん演じる主人公は表面上は、いい人を演じているが、SNSなどで小馬鹿にしたような投稿をしたりする姿は、リアルな世界でも多くありそうだなと感じました。また、就職をすることを嫌い、自身の力で生きていこうとする岡田将生さんの役も好きでした。私も大学生の就活の時は、周りがみんな就活しているから、就職しようと思いましたし、流れで就職を決めました。今後就活をする人に特に見てほしい作品でもありましたし、社会人になった人も昔を思い出す作品でもあると思います。

40代女性
40代女性

私自身も経験した、就職活動がテーマだったこと、出演者が魅力的な方ばかりなので観ました。私が就職活動したころは超氷河期と言われた1999年で、就職活動に取り組むたくさんの学生たちの中で、自分を選んでもらえる自信もなく、たくさんの企業からの不採用通知に凹む日々でした。そのころの、自分の存在がちっぽけに感じた感覚を思い出しました。映画の中にもある就職活動を一緒に頑張る仲間でありライバルとの関係性を少し苦い思い出として理解できます。「内定おめでとう!」と伝えるものの、内心は焦りを感じるというような。就職活動という試練を越えて、社会に出ていかなければならない、子どもから大人に「何者」かにならなければいけない、大学生ならではの感情を、リアルに描いてありました。自分が何をやりたいのか、自分は何者なのか。自分は何者になるのか。目を背けず、自分自身に向き合う大切さ、周りの人たちを認めることができることの大切さを伝えたいのではないかと感じました。終盤で目の覚めるような展開があります。不器用でも少しずつ頑張ろうという姿に心を打たれます。映画を観た後、原作も読みたくなって、今、図書館で借りて読んでいるところです。

 

20代女性
20代女性

佐藤健演じる主人公二宮拓人は自分の中の黒い部分をSNSを使い近況報告をし、自分の主観、視点は正しいと思ったりしているキャラクターがとても現代的だと思いました。実際にSNSでしか自分の思いなどを表現できない人は山ほどいると思います。他にも、現実とは離れた理想の自分を発信する人もいれば、人の悪口などマイナス的なことしか呟かない人、承認欲求を満たされたい人、様々な人がいるんだとこの映画をみて改めて感じることが出来ました。また、SNSなどを使って就活をする様子、友達の内定を素直に喜べない様子など誰でも嫌でも共感してしまうシーンが沢山ありました。主人公のキャラクターを視聴者として客観的に見てみると嫌な奴だな、性格悪いな、などと思ってしまったのですが実際に自分の立場になった時、私もこんな風になってしまうのかなと思ったら非常に怖く感じました。また、二階堂ふみ演じる小早川理香は留学経験ありそして意識高い女性なのですが思わず見ていてああ、こんな人いるな?と思いました。自分は何者なのか、または何者になれているのか、そんな事を考えさせられるそんな映画になっています。私は、就活生ではないのですが、人間の怖いところなど、特に映画後半の展開は思わずゾクッとしてしまいました。

20代女性
20代女性

「何者」を見たとき、ちょうど就職活動中であったため、心が痛くなりました。私はそんなにドロドロギスギスした就職活動をしていなかったのですが、マウントの取り合いや人を利用して自分の就職を優位にしようとする人がリアルにいたので、現実を見せられているようでした。就職活動中のメンバーで集まって仲良しこよしというわけではなく、情報を聞き出したり、Twitterの裏アカウントに書きこんだり、人間の裏の部分が丸見え。しまいには、就職活動をしていくうちに、表の自分と裏の自分のどちらが本当の自分かもわからなくなり、自分が何者なのかと問い詰めていくような映画でした。就職活動は基本的に受かりたい会社に気にいられるような人間を取り繕うので、本当の自分ってどんなんだっけ?ってなりますし、落とされることが続くと自分を否定されているようで、私ってなんでこの世にいるんだろうとか考える人もいてたので、「何者?」と問い詰めてしまう人が多いのではないでしょうか。そんなリアルな現実の苦しみを就活生以外にもわかってもらえるのは良いと思います。就活をこれから迎えるという人には痛い映画だと思いますが。内容は怖いけど、キャストが豪華なので見てみて損はないと思います。

20代男性
20代男性

原作は平成生まれの作家「朝井リョウ」。当時、随分と話題になった作品だったことを覚えています。原作に割と映画も忠実に描かれていて、直木賞を取ったこともありかなり練られたストーリー展開をみせます。キャストは豪華で、佐藤健が主人公。菅田将暉や山田孝之といった個人的に好きな俳優達の演技にも痺れました。年代が自身が経験していた「就職活動」の時期とぴったり合っていたので、思った以上に感情移入することができて、平成生まれで就活をしたことのある人は一度見てみて欲しいです。SNS(ソーシャルネットワークサービス)を通して、「日本」という国に生じている問題を、リアルに垣間見ることができるはずです。もちろん、就職活動という問題だけでなく、若者のリアルすぎる生活模様も必見で、SNSに縁が無い人たちも若者達がどのように生活をしているか知ることができるでしょう。「就職活動」をきっかけに大学生はこの映画のように、きっとどこかおかしくなります。自身が感じていた、あのどこか異様な、気持ちの悪い雰囲気が、この映画を見ることで納得できました。今から就職活動を控えている学生たちにも是非、「客観的」に見ることを是非おススメしたいです。物語としては最後に意外な急展開を迎え、映画としては純粋に面白い作品です。

 

20代女性
20代女性

就活をする登場人物の誰かには共感できる話だと思います。自分が上手くいっていない時、素直に友達の成功を喜べなかったり、挑戦し続ける友達をバカにしたり。自分の成功を喜んでくれない人、内心自分を見下してくる人って、その見下している本人よりも相手や周囲のほうがよく分かっているんだよなと思う描写があります。また、自分に抑圧された感情があると、挑戦し続ける人への憧れが、攻撃に変わってしまうのが、現実でもよく見る光景だなと思いました。自意識は高いけど「ダメ」な奴。こういうキャラもリアルです。どの登場人物も、個性が誇張されているわけではないのに、「あぁ。こういう人いるよね」と思えるのが面白いところでもあります。上手くいっている人は、他人のことなんて気に成らないのに、上手くいっていない人が変にライバル心を燃やしているという、間接的な表現も見所です。それを演技で表現する俳優さんたちの細かい表現に魅入るような場面が沢山ありました。最後まで主人公は報われないのですが、内面には変化があったようで、ぜひ登場人物のその後も見てみたくなります。今年はウイルスの影響もあり、就活難に陥った人が多いですが、そんな時こそ、観たい作品ではないでしょうか。

 

40代男性
40代男性

何者はとにかく物凄い豪華キャストで構成されていたので非常に印象的でした。主演に佐藤健君に有村架純ちゃんと他にも淙々たる役者さんが出ていたので本当にそれだけでも充分に観る価値のある映画でした。また、内容としても誰もが経験する就職活動をテーマにそれぞれの人物が奮闘するのですが、物凄く観ているこちらまで共感出来ることもあり非常に楽しませて貰えました。また、青春時代のまっただ中とはこういうことだと言うのも改めて思い返せれた作品でもありました。そして、そんな就活真っ最中に就活対策本部とやらが登場したときには少し驚きもしましたが、笑えるところでもありました。しかも、その就活対策本部がまさかの理香ちゃんの部屋とあってちょっと個人的には羨ましく思えました。私ももしもこのメンバーにいたならば、是非参加したいとまで思えました。また、サワ先輩として出てくる山田孝之さんは、やはりそのまんまで頼れる先輩として拓人を良くお世話するのですが、そこがまた非常に格好良かったです。佐藤健君と山田孝之さんの絡みシーンは女性にとっては最高の名シーンだと思います。本当にこの映画は豪華キャストは勿論のこと、内容も非常に青春時代を思い返せれて、そして就活活動といった誰もが経験する物語でしたので非常に共感出来る部分が多かったように思えます。

30代女性
30代女性

主人公拓人は周囲の人を見下した態度で振るまっていますが、実は内心凄く焦りを感じているんです。周りにはクズばっかりだ。俺はまだ大丈夫な方だ。そんな考えを持ちながら学生生活を送ります。この心情は多くの人の共感を呼ぶと思いました。私も周りを見て安心してしまう事は生活の中でも沢山あるからです。日常でも携帯ばかり触ってしまう点もリアルな描写で書かれています。そしてこの作品の中では就職活動の流れがとても細かく描かれていました。きっとこれは原作者である朝井リョウさんが現役大学生の頃に緻密な調査と経験を積まれたのだと思います。とてもリアルに描かれており就職活動へのイメージが湧きました。拓人が就職活動の中で苦しんでいく姿から、自分が「何者」なのかアピールする事は本当に難しく、それは自分の奥深くにある汚い目を向けたくない部分を見つめなければいけない作業なんだなと痛感しました。とても苦しい作業ではありますが、激戦となる就職活動では何か秀でたアピールポイントを見つけないといけないし、きっと採用を勝ち取る事は出来ないんだと思います。自分に果たしてそれができるのかと、とても焦燥感に駆られながら最後まで見ていました。

 

まとめ

『何者』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました