七つの会議(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
「七つの会議」予告

七つの会議(映画)の動画フルを安全に見る方法

『七つの会議』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『七つの会議』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

七つの会議(映画)の内容

映画『七つの会議』は、2019年2月に公開されました。

原作は、42.2%を記録したドラマ『半沢直樹』シリーズの原作小説をはじめ、『陸王』など数多くのヒット作を生み出した直木賞作家・池井戸潤さんによる同名ミステリー小説です。

監督は、映画『私は貝になりたい』を手掛けた後、ドラマ『半沢直樹』『下町ロケット』『陸王』など池井戸作品の魅力を最大限に引き出し続ける福澤克雄さんが務めました。

物語は、中堅電機メーカーで起こったパワハラ騒動をきっかけに、ある秘密と闇を暴いていく痛快企業犯罪エンターテインメント作品。主演を狂言師であり俳優の野村萬斎さんが務め、ほかに香川照之さん、及川光博さん、片岡愛之助さん、音尾琢真さん、北大路欣也さん、吉田羊さん、土屋太鳳さん、小泉孝太郎さん、溝端淳平さんと主演クラスの豪華キャストがそろい踏みした作品です。

久々に大当たりの作品を見つけました!見た人と一緒に酒を飲みながら話し合いたい(笑)本作の中で、一番驚いたのは観終わった後に2時間半も時間が経過していたこと…それくらいハマってしまう作品でした!

仕事や出世とはなんなのかを考えさせてくれました。何気なしに観始めましたが、野村萬斎さんの演技含めて、全てが素晴らしい作品でした。仕事について悩んだり考え込んでいる方に観てほしいです。

テンポが良く作品にめり込んでしまいました。見応え十分なエンタメ作品で素晴らしかった。是非、1クールのドラマ版でもじっくり見たい作品ですね。

現在の日本社会が抱える闇、パワハラ問題なども描かれており、多少大袈裟とは言え、企業務めの方は共感できる作品だと思います。純粋に楽しめました!

あらすじ

中堅電機メーカーの東京建電で『結果主義』の方針を掲げる営業部長・北川(香川照之)のもと、厳しい会議が開かれておりました。営業一課の課長・坂戸(片岡愛之助)は北川部長の期待に応えるトップセールスマンとして会社に貢献をしておりました。そんな営業一課の中でも、万年係長・八角(野村萬斎)は会議中にも関わらず居眠りをしておりました。北川部長は鬼の形相で八角の元へ向かっていきます。今にも怒鳴り散らすかと思いきや、なにも言わずに会議が終了となります。

ある日、定時で帰宅し有給も積極的に消化する八角が、坂戸課長へいつも通り有給申請を行いました。その時、坂戸課長のうっ憤が爆発し八角へ詰め寄ります。すると八角は不敵な笑みを浮かべながら「パワハラで訴えてやるよ」と言い残し、その場を去っていきます。

後日、坂戸に左遷命令が下りました。トップセールスマンである彼の不可解な人事に誰もが首を傾げました。この人事に疑問を抱いた経理部の新田(藤森慎吾)が裏取りを取るために動き始めますが、そんな彼に待っていた末路も左遷でした。

八角は一体何者で、何を隠しているのか。そこには想像を絶するほどの秘密と闇が隠されていました…。

見どころ

魅せすぎる演技

目を疑ってしまうほどの豪華キャストが集結した映画となっております。

その中で群を抜いて光っていたのは、主演である野村萬斎さんと、物語の中でも重要な位置にいる香川照之さんの二人でしょう。『演技による格闘技』と比喩されるほど、抜群の演技を魅せてくれているので、本作を鑑賞した方なら異論はないと思います。

野村萬斎さんの“ぐーたら社員”と“上層部への徹底抗戦”の二面性を見事すぎるほどに演じております。本当に同一人物なのかと疑ってしまうほど、顔つきが変わっております。

もちろん、主演を飾ってもおかしくない豪華キャストの演技合戦に、嫌でも注目してしまうことでしょう!

主題歌

グラミー賞やアカデミー賞をはじめ数々の受賞歴を誇り、ロックの殿堂入り。そして2016年には歌手として初めてノーベル文学賞を受賞したユダヤ系アメリカ人のミュージシャンのボブ・ディランの『メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ』が起用されました。

本作のプロデューサーである伊與田さんが約1年の歳月をかけて交渉を行い、念願叶い実現いたしました。90年代に発売されているアルバムに収録された『メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ』は知っている方も多いかと思います。

疲れ果て、不信に満ちた者たちへ癒しと力を与える、闘いを終えた人々へ贈る鎮魂歌を、物語と合わせて注目していただきたいです。

スタッフ

原作:池井戸潤「七つの会議」
監督:福澤克雄
脚本:丑尾健太郎 / 李正美
音楽:服部隆之
主題歌:ボブ・ディラン「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」

キャスト

東京建電

八角民夫:野村萬斎
営業第一課の万年係長。通称「居眠りハッカク」と呼ばれるも、入社当初は敏腕営業マンだったらしい…。

北川誠:香川照之
営業部長。結果第一主義の管理職で、社内の絶対的権力者。

原島万二:及川光博
営業部二課長から事件を機に営業部一課長に急所抜擢される。

坂戸宣彦:片岡愛之助
営業一課長で、上司の北川から厚い信頼を受けるトップセールスマン。

新田雄介:藤森慎吾
経理部課長代理。犬猿の仲である営業部の粗を探すことに執着している。

浜本優衣:朝倉あき
営業一課員で、寿退社を控えている。

佐野健一郎:岡田浩暉
カスタマー室長。元々は営業一課だったが、北川に切り捨てられ、恨みを持っている。

河上省造:緋田康人
人事部長。

佐伯浩光:須田邦裕
営業二課課長代理。

前川:赤井英和
前橋工場長。

奈倉翔平:小泉孝太郎
企画開発部員。東京建電で取り扱う、多くの商品や部品の開発と管理をしている。

飯山高実:春風亭昇太
経理部長。営業部を目の敵にしており、社内では北川に並ぶ実力者。

加茂田久司:勝村政信
経理部経理課長。営業部の転注について飯山に進言する。

村西京助:世良公則
副社長。同期である梨田との出生競争に敗れ、ゼノックスからの出向役員。

宮野和広:橋爪功
社長。製造部からの叩き上げで上り詰め、現在はコスト削減を推し進めている。

ゼノックス

田部:木下ほうか
副社長。絶対的な権力者で徳山の腹心。

梨田元就:鹿賀丈史
常務取締役。過去に東京建電に在籍し、八角と北川の上司だった。

徳山郁夫:北大路欣也
東京建電の親会社であるゼノックスの代表取締役社長。

木内信昭:井上肇
総務部長。

その他

三沢逸郎:音尾琢真
経営難に陥っている老舗ネジ製造工場・ねじ六の四代目社長。

淑子:吉田羊
八角の元妻。ある理由が原因で離婚はしているが、八角の良き理解者。

三沢奈々子:土屋太鳳
逸郎の妹。経営が厳しく従業員が少なくなったねじ六を影で支えている。

星野:溝端淳平
若きころの八角が営業を行った老夫婦の息子。

江木恒彦(トーメイテック社長) :立川談春
東京建電の下請けで、営業一課が扱うねじの部品を一手に製造している会社の社長。

坂戸崇彦:橋本さとし
坂戸の兄。

加瀬孝毅:役所広司
弁護士。

『七つの会議』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

七つの会議(映画)の感想

40代女性
40代女性

人は死なないけれど、これは本格ミステリーでした。謎の男ハッカクこと八角を野村萬斎が演じたことで異様なまでの存在感があります。香川照之演じる北川を圧倒しているのがすごい。コレが伝統芸能の底力か…何気ないセリフ、例えば「おーい、聞いたか?新規の営業開拓に、自腹切れって言ってるぜ。コレだから経理は使えねえんだよ」と営業部で言うシーンがありますが、さらりとすごい発声です。声を張らなくても通る、怒鳴ってないのに耳に入る音域がすごい。体幹が圧倒的なのでしょう、ぐうたら社員の役なので居眠りしたり、長椅子でゴロゴロ、デスクからゆらりと立ち上がったり、だらしない姿勢をするのですが、所作に隙がなさすぎて威圧感がとてつもない!さらに目力も強いので顔圧だけでも他のキャストを圧倒しています。キャスティングは池井戸潤原作ならではの豪華さです。ちなみに最後まで見ると、及川光博演じる原島課長が、実は主演だったのかな?とも解釈できます。七つの会議はそれぞれ会社の闇をカーテンの奥に隠しているのですが、カーテンの向こう側を誰も知らない。知っているものは口をつぐむ。とあるシーンから「それ」気が付いたのはハッカクと北川。実は同期のこの二人が「あるもの」を同時に見つけるシーンにご注目!(とても見つけにくいです!笑)

30代女性
30代女性

ザ・池井戸潤ワールドという感じの作品です。原作が池井戸潤さんの作品は好きでよく観ています。物語の内容は問題が起きて、そこから色々なことが暴かれていく、という大道なストーリーですが、出演している俳優さんたちの演技が素晴らしく、見ていて引き込まれますし、どの俳優さんたちも愛すべきキャラクターになっています。(もちろん、えっ?!と思うような憎まれ役もいますがそれは、それで愛おしいです。)主演は野村萬斎さんですが、私の中ではあまりドラマや映画で普通のサラリーマン役をするというイメージがなかったので、ホームページで配役を見たときは少し驚きました。ただ、映画が始まるとすごくピッタリしていたし、「あぁ、こういう人いるなぁ」となぜかスッと納得してしまいました。愛すべきキャラクターの野村萬斎さんで、最初はダラダラしていて、やる気がない感じでしたが、物語が進むにつれてキリッとした表情や、言葉の発し方など、芯の強いところが見えてくる様子が印象的でした。仕事で起きた問題が、実はとても深刻なことに繋がっていて、社内で厄介者のように思われていた一人のサラリーマンが謎や、暗い会社の闇を解決していくという、最後はスッキリとした気分になるような映画でした。

 

40代女性
40代女性

主演を務めた野村萬斎さんのことは、一度、舞台で狂言を見たことはあるものの、そのほかはCMくらいでしか見たことがないので、現代劇で、それも、かなり癖のあるサラリーマン役をどんな風に演じるのだろうかと、想像もつきませんでした。そして、原作も読んでいるし、テレビドラマでも見たことがあるので、それを超える演技は難しいのではないかなと思っていました。ですが、映画を見始めてすぐアッと言う間に、グイグイ引き込まれていって、夢中になってしまいました。あの独特な嫌な感じが自然に出ていて、狂言で見られる表現力が存分に活かされていると思いました。男性は特にそういう傾向が強いのかもしれませんが、会社で出世しようとすると、会社の不正はどうしても隠ぺいしようという動きになってしまうところを、それでは済まさない!というところが、とてもスッとしました。また、これまでのドラマなどから、香川照之さん=悪役という思い込みがありましたが、今回は、まんまと騙されてしまい、そこもこの映画の面白さをグッと高めてくれたと思います。会社の不正はないにこしたことはありませんが、こういうアツイ男たちがいる会社なら、まだ将来の希望は持てるし、生まれ変わることができるような気がしました。

30代女性
30代女性

半沢直樹の作家、池井戸潤と監督、福澤克維が手掛けたミステリードラマ。キャストは香川照之・及川光博・片岡愛之助・立川談春・北大路欣也という常連俳優なので、それぞれの熱演からも目が離せない。主人公の八角(野村萬斎)は万年係長で、気ままな営業マン。トップセールスマンだった坂戸課長(片岡愛之助)をパワハラで告発したことにより、様々なことが巻き起こる。初のサラリーマン役の野村萬斎は「正義とは何か。ぶつかり合いで格闘技のようでした。」と感想を述べている。セリフが狂言のような迫力がある。及川光博が言う、鉄板焼きのアワビのような香川照之の表情菌の凄さも見ものだ。タイトルの七つ会議とは、一つが登場する7人の企業関係者。彼らがいろいろな問題にぶつかっていくことを会議に例えたようだ。もう一つは、企業にこの兆候が出始めたら危険だという7つの特徴を表しているらしい。企業の中での自分の在り方、働くことの意義など、いろいろ考えさせられる作品だ。企業に働く人たちの中には、共感する部分があるのではないかと思う。。想像を絶する隠し事が徐々に暴かれていき、それが繋がっていくスリリングさも味わえる。所々、笑える部分もあるので、楽しめる。小説を読んでからもう一度、観るのもお勧めだ。

20代男性
20代男性

池井戸潤氏の作品の中では最もお勧めできる作品になっているのではないかと思います。俳優陣もそうですが日本の企業闇作品の中では妙なリアリティがあるのにも関わらず、それでいて現実離れしたエンターテインメントさも兼ね備えている事が他の同じジャンルの作品達の中には無いかなと思いました。時代が変わる一方で日本人のサラリーマンの生活が一方に変わっていない様、または直接傷口に指を入れる痛々しさにも似た日本人の仕事風景の容態を見せてくれたと捉えています。そしてそれらを演じた主演とも言える香川照之さんと野村萬斎さんには感服です。狂言や歌舞伎にも似た狂人っぽさの演技には圧倒されるばかり、エンターテインメントさに溢れているシーンや現実ではありえないシーンは多々ありましたが彼らの演技でその壁を気にせず一本の素晴らしい作品に出来上がっていました。改めて日本の縮図を見てみて妙にあどけなさを感じ、視聴後にはつい居酒屋で友達とその映画について論じ合いたいと思ってしまったが、それ以前に作品の出来が素晴らしいので言うことが一つもないでしょう。個人的にまた見返したいなと思えた作品は数少ないですが、この作品が正にそうです、またみて笑いたいなと感じました。

30代女性
30代女性

池井戸潤原作、豪華なキャスト、面白くないわけがないと期待しながら見ました。序盤からテンポが良く、目が離せない展開が続きます。自宅で鑑賞したので初めは半分くらいみたら寝ようかなと思っていたのにも関わらず、最後まで一気に見てしまいました。まず営業会議のシーンから始まりますが、香川照之演じる北川の怒号が響き、緊迫した雰囲気が伝わってきました。そして謎の社員、野村萬斎演じる八角、彼は何を考えているのか善人なのか悪者なのかよく分からない存在でした。ストーリーが進むに連れて、八角の人間性も明らかになっていきました。初めは小さな不正が発覚しますが、その後東京健電が隠していた大きな事実も徐々に明らかになり、これは本当は誰が支持したことなのか見ながら先が気になって仕方なかったです。東京健電の上にはさらにゼノックスという親会社が存在し、組織の構図も考えさせられました。自分の立場が不利になることを考えずに正しいことを貫き、会社や組織に立ち向かっていく八角の姿が頼もしかったです。他の池井戸作品にありがちなストーリー展開、お馴染みの俳優さん達ではありましたが、やはり俳優陣の演技は見応えがありとても面白かったです。

30代女性
30代女性

ドラマ半沢直樹と同様、池井戸潤さん原作、福澤克雄監督のタッグということで、とても痺れる展開の映画でした。主人公の八角民夫を狂言師の野村萬斎さんが演じています。八角は出世に興味がなく、のらりくらりとした人物です。会社というタテ社会の中で、八角は上司からどんなに叱責を受けてもどこ吹く風といった様子でかわしていきます。そんな風に振る舞えたらどれほど気持ちがいいでしょう。しかし八角は入社当初は敏腕の営業マンだった過去があり、何かがきっかけで今のようなスタイルをとるようになります。八角の過去を紐解いていくのは、及川光博さん演じる原島なのですが、平々凡々としたキャラクターを及川さんがうまく演じておられて、ぴったりでした。八角がミステリアスな分、原島は劇中のナビケート役として好感がもてました。また、八角の上司の坂戸課長をを片岡愛之助さん、北川部長を香川照之さんが演じています。キャラクターの濃さが何とも言えません。池井戸作品ですから、最後は弱きものが強きものに立ち向かう構図になっていきます。上からの圧力にイライラしながら映画を観ることにはなりますが、最後にはスカッとした気分になることができます。2時間で八角のファンになれるほど、八角が魅力的な映画です。

30代女性
30代女性

池井戸潤さんの作品が好きで良く観ています。七つの会議も彼の作品だと知り鑑賞しました。キャストはおなじみのメンバーとゆうような人達で、安定感がありました。及川光博さんも、片岡愛之助さんも作品によって演じ分けが上手なので観ていて楽しめます。私は野村萬斎さんを知らなかったので、主役の人が誰なのか全く分からないままでした。それでも異様な存在感を充分に発揮していることは感じました。社会で働く人なら誰もが感じているであろう会社とゆう組織からの圧力。上司の顔色を伺い、ノルマを必死にこなすために自分自身を犠牲にしてでも働き続ける従順さ。上下関係が厳しく、きっちりと出来上がっている組織で働く事の大変さ。観ていて共感出来る辛さがありました。そんな中小電機メーカーで起こった、一つの不祥事をきっかけに、それに巻き込まれていく社員たちが協力し合い、組織に立ち向かうとゆう池井戸潤さんらしい内容でした。不正はいけない事だと分かっていても中々声を上げることが出来ない体制の中で、それでもと声を上げて立ち向かう姿に感動しました。特に八角さんと北川さんの辿ってきた道は違っても、同じように苦労して同じ思いを持ち続けてきた同期の絆の強さを感じました。人はやり直せる、組織の中にいる安心感に慣れてしまってはいけないと気づかせてくれる作品でした。

 

まとめ

『七つの会議』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました