泣くな赤鬼(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『泣くな赤鬼』本予告(出演:堤 真一 / 柳楽優弥 川栄李奈)

泣くな赤鬼(映画)の動画フルを安全に見る方法

『泣くな赤鬼』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『泣くな赤鬼』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

泣くな赤鬼(映画)の内容

映画『泣くな赤鬼』は、2019年6月に公開されました。

原作は、直木賞作家・重松清の短編集「せんせい。」に収められた同名小説。高校野球部の監督だった教師と教え子の再会を描いたヒューマンドラマです。

監督は、「キセキ -あの日のソビト-」などの兼重淳監督。脚本は、兼重監督と桐蔭高校野球部OBで本作が脚本家デビューとなった上平満さん。

主人公の赤鬼先生役には堤真一さん、教え子のゴルゴ役には柳楽優弥さんが扮し、そのほか川栄李奈さんや、竜星涼さん、堀家一希さんなどが共演しています。

泣かせどころも落としどころもわかりきってる感じだけどやっぱり胸熱で、そこからのエピローグもやっぱりわかりやすくて温かくて、意外性もないけれどそれが良くて面白かった。

柳楽優弥、相変わらず演技が上手すぎる。そのほか、堤真一、川栄李奈、キムラ緑子、流星涼、演者がみんな良く、豪快に泣いてしまった。

タイトルから想像できないような感動作。出演者の実力とキャスティングがバッチリで良質な映画に仕上がっている。しかも混み入ったストーリーではなく、小細工無しの展開で素直に観られる。

短編小説の映画化という事でテンポも良くて、ここから赤鬼の止まってた時間が始まるのかなと思ったところで終わってしまった。
良い終わり方ではあるのだけど、この熱をどう冷ませば良いのか…。

あらすじ最後のほうで夫婦になってその後は描かれて

城南工業野球部の監督を務め、鬼のように厳しい指導と陽に焼けた赤い顔から赤鬼先生の異名を持つ小渕隆(堤真一)は、甲子園出場目前まで部を導きますが、惜しくも叶いませんでした。

それから10年後。小渕は50代になり進学校の野球部を指導していますが、野球への情熱も衰えていました。そんなある日、病院を訪れた彼は、教え子だった斎藤智之(柳楽優弥)と再会します。そこで、野球のセンスに恵まれながらも高校を中退した彼が結婚し家庭を築いている一方、末期ガンで余命半年ということをゴルゴの妻、雪乃(川栄李奈)から聞いた小渕は、改めて彼と向き合うことになりますが…。

見どころ

赤鬼先生とゴルゴのすれ違い

堤真一さん演じる赤鬼先生と、ゴルゴ演じる柳楽優弥さんのすれ違いが見どころです。ゴルゴは赤鬼先生に褒めて貰いたいけれど、褒めてもらえず、赤鬼先生に「もっと努力しろ」と言われても、どうやって頑張れば良いのか、自分の弱さを知りながら、どう直して良いのかわかりません。

一方、赤鬼先生はゴルゴに期待し厳しくしますが、ゴルゴには響かず伝わらないもどかしさがあります。本作では、教師と生徒という関係性ですが、様々なシチュエーションに置き換え、色々な世代の人にも何かを感じられる映画になっています。

凜とした川栄李奈

本作で夫婦役を演じた柳楽優弥さんと川栄李奈さんは、2017年4月から放送されたドラマ「フランケンシュタインの恋」以来2度目の夫婦役となりました。

そんな川栄さんは、赤ちゃんの扱い方がすごく上手で、ずっと泣いていても「大丈夫だよ〜」とあやして、まったく折れなかったとか。そんな川栄李奈さんのお母さんぶりと、柳楽優弥さん演じる夫の病気にもめげない凜とした妻役は見どころです。

スタッフ

原作:重松清
監督:兼重淳
脚本:上平満、兼重淳
音楽:Di’ll(北城和美・北城浩志)
主題歌:竹原ピストル「おーい! おーい!!」

キャスト

小渕隆(赤鬼先生):堤真一
城南工業野球部の監督。

斎藤智之(ゴルゴ):柳楽優弥(高校時代:堀家一希)
元・野球部員。赤鬼先生の教え子。

斎藤雪乃:川栄李奈
ゴルゴの妻。

和田圭吾:竜星涼(高校時代:武藤潤)
元・野球部員。ゴルゴの友人でありライバル。

小渕佐知:佐藤玲
赤鬼先生の娘。

斎藤智美:キムラ緑子
ゴルゴの母。女手ひとつで育てた。

小渕陽子:麻生祐未
赤鬼先生の妻。

溝口遥:田島芽瑠
野球部のマネージャー。

 

泣くな赤鬼(映画)の感想

 

20代女性
20代女性

私は、映画『泣くな赤鬼』を観て、「悩みながらも元教え子と向き合おうとする主人公の姿」と「主人公と元教え子の絆」が特に魅力的だと思いました。まず、悩みながらも元教え子と向き合おうとする主人公の姿についてです。この映画では、主人公が教え子だった男性と10年ぶりの再会を果たしたことから物語が始まります。元教え子は主人公との再会を喜びますが、元教え子は余命宣告を受けていました。主人公は、自分ができることなどないのではないかと思いますが、家族や周囲の人々の助言を受け教え子と正面から向き合うことを決意します。主人公が、迷いを抱えながらも元教え子との関係性を見直し、限られた時間の中で全力で向き合おうとする姿に尊敬の気持ちを抱いて観ていました。次に、主人公と元教え子の絆についてです。主人公は、元教え子と向き合っていく中で元教え子の10年前に知ることができなかった気持ちや元教え子の人間性に触れていくことになります。そして、お互いの誤解を解いていく二人は、少しずつですが絆を深めていきます。10年の時が経過したことによって、主人公と元教え子との関係性が修復されていく様子から、お互いに相手に対して強い愛情を持っていることが感じられて、感動を覚えながら観ていました。

60代女性
60代女性

ゴルゴは赤鬼の事ホント大好きだったんだな…。病院で偶然出会ったのが縁でゴルゴと赤鬼先生との大人同士の交流、互いに不器用なところを妻雪乃の優しさと気配りで補いながら二人の穏やかな時間が持てた事に胸打たれました。病気になってしまったのはホント悔しいけど、人生最後の時に会いたかった人に出会えて良かったな。病院で赤鬼先生を見つけるやいなや「よお先生 赤鬼先生」「すげえじゃん、俺って」親し気に話すゴルゴの照れた嬉しそうな顔に、「大人になったな」という赤鬼先生の言葉。十数年という時の流れに二人感慨深いものがあったのだろう。高校時代、真剣に野球に打ち込む和田を茶化すゴルゴに、どれだけ恵まれているのか気付かない事に悔しさを滲ます和田の気持ち痛いほど伝わってきました。ゴルゴの為に赤鬼先生が和田の会社に訪ねた時「昔っから斎藤(ゴルゴ)の事気にかけていましたからね」という和田の言葉すごく重く響きました。 自分から勝負を降りたゴルゴだったが、トモ君思いの優しい奥さんの支えで一生懸命生きようと頑張っている姿、夫婦の深い愛に感動しました。死ぬ前に野球だなんてと笑うゴルゴ。久しぶりに手にしたボールとグローブを持ち愛おしむようにグランドに足を踏むシーン、ゴルゴを応援する赤鬼先生と雪乃さん達大勢の計らいで実現できた事に感動しました。そして和田も駆けつけ思い残す事なくスッキリした二人の表情はとても輝いていました。「悔しいか?」の問いに頷くゴルゴ。「悔しさを背負ったんだ、大人になったんだ」という褒め言葉と、辞めた後もずっとこっちを見ていた事に気付いてやれなかったことにに「ごめんなの涙」、赤鬼先生役の堤真一さんとゴルゴ役の柳楽優弥さんの白熱の演技に圧倒されました。ゴルゴの奥さん雪乃役の川栄李奈さんの瑞々しい演技、トモ君の事が大好きな可愛い演技にとても癒され心地良い川栄李奈さんの響きとても良かったです。若い人を亡くす辛さ悔しさ無念さがひしひしと伝わってきました。心に残った作品でした。

 

まとめ

『泣くな赤鬼』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました