長いお別れ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
5月31日公開『長いお別れ』本予告

長いお別れ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『長いお別れ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『長いお別れ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

長いお別れの内容

映画『長いお別れ』は、2019年5月31日に公開されました。この映画は 2015年5月に刊行され第10回中央公論文芸賞や第5回日本医療小説大賞を受賞した同盟小説を原作としています。

小説『長いお別れ』は、アルツハイマー型認知症を患った父が徐々に父でも夫でもなくなっていく家族の10年を追った連作短編集で、フィクションではあるが、著者の中島京子さん自身が、2004年にアルツハイマー型の認知症と診断され2013年に亡くなった父、中島昭和を見送った経験がもとになっています。

この作品をつまらない、とか薄っぺらと言い切れるひとは、まだまだ人生経験が足りないのだと思います。
結婚って、家族って何だろう、
もし迷っている人がいたら、ぜひ観て欲しい作品です。

松原智恵子さんの演技がすごい!
お父さんもとてもリアルでした。
私の父が似たような感じなので、そうそうと思ったり、笑ったり。

こんな家族の関わり合い方に感動しました。

見終わった後の余韻がすごいです。
グッとくるシーンはたくさんあったけど、どれか一つが目立っているのではなくて全てが混ざって、涙が勝手に出てくる。出っぱなし。
見終わった後もジーンとしたものが残ってる。

綺麗な話でした。
現実はそうではないとは思うものの、家族愛に何度も何度も泣きました。
お父さんが傘を三本腕にかけている理由に、またまた号泣です。
山崎努さん 本当に上手!
家族っていいな…と思う映画です。

認知症という重いテーマを扱った作品にもかかわらず、それ以上に家族愛を感じる映画という評価が多く、演じた役者さんへの評価も良いです。

あらすじ

この映画は東(ひがし)家3世代の物語です。

東京の一軒家にいるのは老年の父母だけで、成人した長女・まりは研究職の夫の仕事の関係で約1年半前からアメリカで生活を送っています。

アメリカの学校に通うまりの子供たかしは、英語ペラペラですが、まりは英語が全く話せず悪戦苦闘します。またまりの夫は堅物な冷血漢なので、夫婦関係は冷え切っています。まりも認知症の父と同じように「(日本に)帰りたい帰りたい」を念仏のごとく唱える毎日です。

妹のふみは両親と同じ東京でアパート暮らしですが、どうもダメ男にひっかかる癖があります。小説家の卵だった彼氏と同棲していましたが、「北海道で農業をする」を理由に彼氏は家出してしまいます。

そんな2人の娘に、母から1本の電話がかかってきます。

「今度お父さんの誕生日だから、家に帰ってきてくれない?」

招集された娘たちに知らされたのは、「お父さんが半年前から認知症を発症した」ということでした。

見どころ

映画『長いお別れ』の見どころは、やはり近い将来65歳以上の1/5が発症するという認知症という病を父が発症したことにより、自分自身の人生と向き合う事になる家族の7年間を、あたたかな眼差しをもって優しさとユーモアたっぷりに描いたことでしょう。

こんな理想的な介護はあり得ないのかもしれませんが、親子とは?、夫婦とは?、家族とは?を考えさせてくれる作品となっています。

スタッフ

監督:中野量太
脚本:中野量太・大野敏哉
音楽:渡邊崇

キャスト

東芙美(ひがし ふみ):蒼井優
東家の次女。独身。両親の近くに住んでいるため、昇平に何かあると呼び出されて困惑している。

今村麻里(いまむら まり):竹内結子
東家の長女。新や崇とともにアメリカに住んでいる。昇平に何かあると、やはり招集されてしまう。

東昇平(ひがし しょうへい):山﨑努
芙美と麻里の母。認知症が進んでいる昇平のことを世話していて、何かと自分の事は二の次になってしまう。

東曜子(ひがし ようこ):松原智恵子
芙美と麻里の父。元中学校の国語教師。認知症が進む前後からデイケアセンターへ通うようになった。

今村新(いまむら しん):北村有起哉
麻里の夫。海洋生物学者でアメリカに駐在。放任主義で冷静。

磐田道彦(いわた みちひこ):中村倫也
芙美の中学校時代の同級生。バツイチ。 芙美と再会し、恋仲に。

今村崇(いまむら たかし):杉田雷麟
麻里の長男。祖父である昇平を「漢字マスター」と尊敬する。両親とまともに口を利かなくなり、学校もさぼっている。

登録時にもらえる600ポイントで
今すぐ見れます!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

長いお別れ(映画)の感想

40代女性
40代女性

認知症という、どこかマイナスなイメージになりがちのテーマが、まるで違う感覚で、ほのぼのとした感情になる素敵な映画だと思いました。一家の主として家族が常に優しく、尊敬の念を持っていて、こんな風に過ごせたら決して辛いだけの経験ではないかもしれないと思わせてくれました。特に、松原智恵子さん演じる妻は、本当に夫のことを愛していて、いつも夫のことを優先に考えていてすごいなあと思いました。娘である長女も次女も自分の生活に悩みを抱えていたりして、次女はこれから自分がどうしていこうかと年齢的にも悩む年頃で、それをさりげなく父親が語らずとも励ましているシーンがあり、感動しました。この映画を観て、やはり家族というのは素晴らしいなあ、支えてくれるのはやはり家族なのだなあとしみじみ感じました。映画の後に流れてくるエンディング曲もとてもきれいな曲で、美しいメロディーと女性シンガーの声がこの映画の良さをますます高めてくれたように思いました。後から、この曲について調べたほどとても素敵な曲でした。主演の山崎努さんは、怖いニヒルなイメージがありましたが、この映画ではとてもお茶目で少しかわいらしいところさえある素敵な演技をされていてさすがだなあと思いました。

30代女性
30代女性

前作、湯を沸かすほどの熱い愛はその年ベスト3に入る位おすすめの作品。ともあって中野量太監督の新作を楽しみにして公開早々映画館へ。父の70歳の誕生日に久しぶりに家族で集まると認知症になった父がいた。そこから介護や現実と辛い7年間のお話かと思いきや、温かい家族のユーモア溢れる話だった。ちょうど次女蒼井優と同年代くらいなので彼女のあがく姿に共感した。好きな土手で蒼井優が切り盛りするフードトラックから父が並びを整えているシーン。クスッと笑いつつ泣いてしまった!そう、全体的に笑いながら自然と温かく涙が流れるような作品だった。涙脆い私は自身もその時がきたら、とか色々考えて終始号泣でした。認知症の父を演じる山崎努さん。この人は本当に認知症を患ってるのだろうかとたまに演技ということわ忘れるほど素晴らしかった。母の松原智恵子さん、長女竹内結子、どの演者も最高だった。アメリカでは認知症を患い、徐々に記憶を失ったりしていく過程をロンググッドバイ、長いお別れ、と呼んでいるらしい。きっと実際はもっと辛く厳しい毎日で綺麗ごとかもしれないけど、そんな風に呼べるのは素敵だなと思った。鑑賞し終えて即友人に一人でみた方がいいよ!!とおすすめ。私ももう一度観ます。

30代男性
30代男性

記憶を少しずつ失っていく父と、その家族の物語。厳格だった父親が、徐々に記憶を失っていく悲しさ、つらさ。その現実に向き合いながら、家族は自分自身の中にある葛藤と心の底にある悩み、父が本当に自分たちを愛していたことに気づいていきます。認知症だからこそ、父の思いや愛情が嘘偽りのないまっさらなものだと実感でき、見る人に深い感動を与えてくれます。何気ない一言が、家族の悩みや悲しみを優しく解きほぐしていくのがわかります。自分の大切な人が本当に自分を愛しているかどうかを確かめる機会なんて、生きていく中でそうそうありません。でも、この映画は、つらい現実の連続の中に瞬く、そんなささやかな光を見せてくれます。認知症はつらいことだけど、それでも全てマイナスなことばかりじゃない。ゆっくり死に向かっていく家族を見つめる悲しみはどんどん濃くなっていくけれど、同じくらいにその人への愛情が深まっていくんだ。この映画は、そんなことを私たちに語りかけてくれているようです。「この頃、いろんなことが遠いんだ」「つながらないって、せつないね」など、劇中にさりげなく出てくる言葉が、なんとも言えず詩的で情感があるのも魅力のひとつ。軽薄なラブストーリーのセリフには出せない強い説得力がそこにはあります。厳しくつらい現実の中で、どこかやわらかな安らぎを与えてくれる、そんな優しさに満ちあふれた作品です。

 

40代女性
40代女性

中野量太監督は家族をテーマにした映画を手掛けていますが、各作品に登場する家族はそれぞれ問題や悩みを抱えているものの、とてもあたたかくて愛情の深い家庭が描かれていることが多いのが特徴です。『長いお別れ』は小説が原作であるため、これまでと違って中野監督が生み出したストーリーではないのですが、これまた仲がよく結びつきが強い家族の物語でした。東家の妹・芙美は夢半ばで迷い、恋愛もうまくいかない状況で、姉・麻里は慣れない海外生活に対する戸惑いや夫や息子との関係の悪化を感じています。2人とも人生につまづきかけているのですが、”実家”という心強い帰れる場所を持っているのです。厳格で知的だった父・昇平が認知症を患っていることが判明しても、それを受け止める娘たちの強さに胸を打たれました。また母・曜子も文句ひとつも言わずに昇平の介護をしていて、一般的な作品だったら「嘘くさい」と反吐が出てしまう設定ですが、中野監督の作品は何故かすんなりとストーリーを受け入れることが出来るのです。それは根底に夫婦や親子の間に愛情が存在していることを、しっかりと伝えているからではないでしょうか。愛なく育った娘であれば、徘徊したり娘のことさえ忘れる父に優しく接することなど出来ないと思うのです。親の愛情きちんと描いているため、鑑賞者も、結束する家族に納得することが出来たのだと思います。冒頭のシーンで遊園地を彷徨う昇平が登場するのですが、終盤でその理由が判明します。昇平の不器用な愛を知った時には、涙が止まりませんでした。家族が好きな人はもちろん、愛が溢れる家庭で育たなかった人にも嫌味が無く鑑賞できるホームドラマです。

 

30代男性
30代男性

「湯を沸かすほどの熱い愛」が凄く好きで、その中野監督の作品です。中野監督はもともと少し表現というか描写方法が特有で、そこが好きなのですが、この作品もその期待を裏切らない傑作だと個人的には思います。認知症の父親を演じる山埼努さん、その娘役の蒼井優さんと竹内裕子さんなど、キャスティングも素晴らしいなと思いました。認知症の父親との距離感が本当にリアルで、蒼井優さん、竹内裕子さん演技力にあらためて脱帽しました。この映画は、まさに今の日本の介護事情をリアルに問いかけてきます。認知症の父親と家族との生活が本当にリアルに、それぞれの人物の視点から巧みに表現されています。介護をしながら自分の生活を維持する、家族の苦しさを受け入れて支えあって生きていくという、これからの高齢化社会にリアルに突きつけられるであろう大きな問題が描かれています。具体的な内容はネタバレになるので控えますが、『家族とは何か』ということをもう一度考えさせられる映画です。幸せなこと、嬉しいこと以上に苦しいことや辛いことがあるこの現代社会において、家族との絆の重要性を再認識させてくれる映画だと感じました。このストレスフルな毎日の中で、もう一度気持ちをリセットしてくれる、見終わった後心が少しほっとする、そんなおすすめの映画です。

30代女性
30代女性

祖父が認知症だったので、この作品は涙なくして見れませんでした。「あんた誰だ?」と問う父の姿に対する家族の反応、対応。幸せが徐々に遠のく気がして、でも何とかなるのではないかともがく家族の姿が丁寧にそして美しく描かれていたと思います。父以外の家族の描き方も丁寧で、それぞれの抱える苦悩や葛藤がよく伝わってきました。私が一番共感したのは長女の麻里です。あの厳しかった父親が…とショックを受ける様子から、自分の経験も思い出しました。また、戸惑う息子に対してどう説明しようと考える様子も辛い立場だよね…と観ていて思いました。きっと、家族に認知症の方がいた人ならこの家族の誰ひとりには必ず強く共感すると思います。家族がお別れをするのって、亡くなるときだけじゃない、記憶が無くなっていくときもお別れしてしまう気持ちになるのだと感じる映画でした。また、悲しいだけじゃなくて大変な思いをするのが認知症の介護。単なる感動ストーリーではなく、リアルな様子も丁寧に描かれていたことに感銘を受けました。親が年老いている人や、介護問題に悩む人にはぜひ一度は観て欲しい作品です。世界観が変わるし、親や家族との向き合い方も考えることができると思います。

50代女性
50代女性

家族の絆を丁寧に撮影した映画作品で、じんわりと悲しみに襲われます。全編を通して一貫したテーマが、高齢になった父親の認知症ということでどうにも重苦しい作品ではないかと構える人もいるでしょう。しかしこの作品に関しては、そう構える必要はありません。悲しみがないとは言いませんが、七年という長い時間の家族間の愛情を見せられる作品です。そこには認知症になってしまい徐々に記憶を失っていく父親のことだけではなく、妻や娘との様々なやりとりがあるのです。不思議なのは認知症を発症する以前よりも、発症してからのほうが精神的にも身体的にも互いが近づいていることでしょう。現実にも認知症を発症している人も大勢いる現代で、この作品の放つ威力は中々凄いものがあります。どちらかというと作品の中では、美しくまとまっている箇所もあるので現実はこんなもんじゃないと異論を唱える人もいそうですが、そんな人にこそこの作品をじっくりと鑑賞していただきたいです。自分は号泣はしませんでしたが、じわじわと押し寄せてくる泣きたい衝動を抑えられませんでした。一人でみるのもよいですが、家族でみるのにもおすすめします。派手なアクションシーンもトリッキーな演出もないのに、一瞬も目をそらさずに映画を鑑賞したのは久しぶりでした。

50代男性
50代男性

80歳を過ぎた父が、「軽い認知症」だと医者から言われた日のことは、今も忘れられません。近所の小さな診療所でのことでした。「今日は何曜日ですか」という初老の医者からの問いかけに、もごもごと「水曜日…いや金曜日かもしれない」と答えた、やせ細った父の姿を今も思い出します。そんな経験のある私にとって、この映画はとても他人事とは思えず、見ていて胸がかなり苦しくなったほどです。多くの人が避けて通れない「親の老い」という現実。それをストレートに描き過ぎれば映画として成立しなかったと思います。そこにユーモアをブレンドしていくことで最後まで見ることのできる「作品」に仕上げた中野監督の職人芸に、張本勲さんばりの「あっぱれ」をあげたいくらいです。出演している役者さんの中でいえば、山崎努さんが「必殺仕置人」での殺し屋のイメージが強く残っていたので、「あの恐ろしく強かった念仏の鉄が、歳をとるとこんなにも弱々しくなってしまうのか」と軽く衝撃を受けました。他は蒼井優さんの演技が流石という感じでした。介護の真っただ中に人は見るのが辛いと思います。既に親を天国に見送った、私のような境遇の方には是非とも見てもらいたい作品です。

50代男性
50代男性

この映画は、2019年に公開された日本映画です。小説家である中島京子さんが自分自身の父との実体験に基づいて書いた連作短編集を映画化したヒューマンドラマであることで、興味深く視聴できました。大まかなあらすじは、認知症の父とそれを優しく見守る家族の7年間の生活が描かれていて、そこで起きる奇跡や家族の深い絆などをテーマツィテいます。蒼井優さんや竹内結子さん、山崎努さんなどの大物俳優さんたちが出演してくれていて、見応えのある作品でした。全体的に切ないストーリーですが、あまり悲壮感がないところが爽快に見られる映画でした。暖かな家庭の中でのユーモアは、見応えもありました。家族が、認知症の父に対して献身的に介護する様子には心温まります。また、曜子がとてもチャーミングなところもよかったです。この作品の中では、理想の家族がきちんと描かれていたと思います。劇中では葉っぱが舞い落ちる描写など、細かな演出に拘った撮影がされていて、映像の美しさも感じさせてくれました。また、山崎努の演技は多くの人が感嘆するのではないでしょうか。また、認知症の父親が、時が経つとともに記憶を失っていく様子は、少し寂しい気持ちになり、認知症という病気の悲しさを感じました。

40代女性
40代女性

長いお別れ、は認知症を発病してしまった父とその家族の物語。現実の苦労というよりも、認知症患者を持った家族の心理描写を描いている作品。家族の葛藤、悲しみ、時には怒り、愛情。さまざまな感情が沸き起こってくる様子はとてもリアルに描かれていた。マイナスの感情さえ打ち消してしまえるくらいの愛情。。
父親役の山崎さんの年代がちょうど役柄にふさわしく哀愁が漂っている。母親役の松原千恵子さんもよく、娘役の蒼井優さん、竹内結子さんも優しい雰囲気を醸し出していた。蒼井優さんのキャラクターがどうしても強いので前面にどんどん出てくる印象が惜しいところだったと思う。認知症患者を持つ家族にとっては経験の同じようなことがたくさん紹介されていた。こういうシチュエーションで泣けてしまうというタイプの自分でも、この作品は涙少なめで感動することができた。この家族が決して特別にかわいそうな家族ということではなくて、世の中普通にある家族だということを踏まえても虚しい気分は払拭できなかった。認知症という重いキーワードとはいえども、家族の温かい愛情が伝わってきて自分にも連鎖してくるそういう物語。経験者であれば見ておきたい1作品だった。

 

まとめ

『長いお別れ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

中村倫也のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました