涙そうそう(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ

涙そうそう(映画)の動画フルを安全に見る方法

『涙そうそう』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『涙そうそう』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

涙そうそう(映画)の内容

映画『涙そうそう』は、TBSテレビ50周年記念企画「涙そうそうプロジェクト」の劇場映画化作品として、2006年9月に公開されました。

本作は作詞・森山良子さん、作曲・BEGINの歌謡曲「涙そうそう」の歌詞をモチーフに、『いま、会いにゆきます』を手掛けた土井裕泰さんが監督を務めました。

沖縄を舞台に繰り広げられる血の繋がらない兄妹の、恋より切ない愛の物語を、妻夫木聡さんと長澤まさみさんが熱演しており、他にも麻生久美子さん、塚本高史さん、小泉今日子さんなどが共演しております。

シンプルなストーリーだからこそ、おのずと物語に惹き込まれていきます。妻夫木さんと長澤まさみさんの二人がハマりすぎて、この二人以外のキャスティングは思い浮かびません。

母と約束した妹を守るため、一生懸命に生きる兄。優しい沖縄の人たちに囲まれながら生きる兄妹。とても感動しました。

妻夫木さんや長澤さんをはじめ、演者さんたちの初々しさが残ってるところがまた良いですね。また、音楽との相性も素晴らしく、僕の人生の宝物のひとつです。

すごく良い作品です。私もお節介だけど、しっかり守ってくれる「にぃにぃ」みたいな兄が欲しかったなと思いました。何度見ても涙が止まりません。

兄妹愛を見事に表現してくれた主演の二人を評価する声が多くありました。

また、歌謡曲をモチーフにしているだけあり、音へのこだわりも大変高評価でした。

あらすじ

沖縄県那覇市で、自分の飲食店を持つことを夢見て、居酒屋や市場など昼夜必死に働き続ける新垣洋太郎(妻夫木聡)。そんな彼には、一人の妹・カオル(長澤まさみ)がいます。実は、再婚した両親の連れ子で血が繋がっていませんが、幼いころに出会った二人は、父の失踪と母の死を乗り越え、最初はぎこちなかったものの、今ではお互いにとってかげがえのない存在となっています。

高校進学を機に祖母と暮らした離島を離れ、兄を頼って那覇にきたカオルは洋太郎と一緒に暮らし始めます。洋太郎には、医者を目指している恵子(麻生久美子)という彼女がおり、カオルとの関係も良好です。しかし、本当は血の繋がらない妹であるカオルに少しだけ嫉妬をしていました。

洋太郎は、念願だった居酒屋「なんくる」を開業し、仲間たちと祝いましたが喜びも束の間、本当の土地の持ち主が現れたのです。ここで、洋太郎は詐欺に遭っていたことがわかります。長い間働いて手に入れた自分のお店は無くなり、残ったのは多額の借金だけでした…。

見どころ

日本アカデミー優秀主演男・女優賞を受賞

血のつながらない兄妹のラブストーリーとなっているが、むしろ恋愛面よりも“兄妹の絆”がメインに描かれているかと思います。ラストの妹を思う兄の気持ちは涙なしでは見られません。

兄妹を演じた妻夫木聡さんと、長澤まさみさんは第30回日本アカデミー賞において、優秀主演男優賞と優秀主演女優賞を受賞しておりますが、納得の好演です。

沖縄らしさ

沖縄を舞台にしたドラマや映画には必ずと言っていいほど登場している「おばあ」こと平良とみさんは本作にも出演しております。彼女がいるだけで不思議と「あぁ、沖縄だなぁ」と思えるのは凄いことです。

ロケ地も沖縄なので景色も非常に綺麗で、音楽との相性も抜群に良いです。沖縄を感じれる一作となっております。

スタッフ

監督:土井 裕泰
脚本:吉田 紀子
主題歌:夏川 りみ「涙そうそう」
挿入歌:BEGIN「三線の花」
挿入歌(居酒屋のシーン):東風「太陽(てぃだ)」

キャスト

新垣洋太郎:妻夫木聡 / 広田亮平(幼少期)
自分の飲食店を持つことを夢に、昼夜働き続ける青年。

新垣カオル:長澤まさみ / 佐々木麻緒・春名風花(幼少期)
洋太郎の血の繋がらない義理の妹。

稲嶺恵子:麻生久美子
洋太郎の彼女。医者の家系で育ち、自らも医者を目指している。

新垣ミト:平良とみ
離島で二人を育てた洋太郎たちの祖母(おばあ)。

金城昭嘉:中村達也
再婚相手の光江と子供たちを置いて失踪した、カオルの父。

稲嶺義郎:橋爪功
恵子の父。

新垣光江:小泉今日子
病気で亡くなった洋太郎の母。

島袋勇一:塚本高史

みどり:森下愛子

医者:大森南朋

亀岡:船越英一郎

カオルの高校の担任:与座嘉秋

マスター:普久原明

『涙そうそう』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

涙そうそう(映画)の感想

 

30代男性
30代男性

妻夫木聡さん主演ということであまり下調べなく拝見しました。自分自身忙しい時期に見た映画だったので、沖縄のゆったりした時間の流れが映画を見ていても感じられて、なんだかこころが深呼吸できたような気がしました。仕事仕事でおいつめられていた自分が小さく感じられて、もっと大きな自然と人間の在り方を考えさせてくれました。基本的に悲しいストーリーですが、人間の生きていく強さとか、本当に必要なものだとか、お金と時間に追われている自分がつまらなく感じられるほど、よい影響を与えてくれて感動しました。妻夫木聡さんの好演も光ってました。昔も今も大好きな役者さんで、本当に幅広い表現ができる方だなあと感心しました。長澤まさみさんもとても良かったです。世間的にはどうも長澤まさみさんの可憐さだとかかわいさにばかり注目がいきがちな気がするのですが、わたしはものすごい表現ができる優れた役者さんだと思っています。この映画でも最後の涙にはこころ揺さぶられました。映画鑑賞後しばらく余韻があとを引いて動けませんでした。映画を見終わった後、夏川りみさんの涙そうそうの歌詞を見て、歌の背景を調べてみました。深い意味があったのですね。とても良い映画でした。

40代男性
40代男性

この映画は森山良子さん作詞の歌謡曲「涙そうそう」の歌詞をモチーフに映画化された作品です。主演は妻夫木聡さんと長澤まさみさんで、血の繋がらない兄妹を演じます。沖縄を舞台に、妹を大切に思い、自分の店を持つため一所懸命働く兄と、兄には迷惑ばかりかけていられないと自立を目指す妹の、交錯する二人の想いが描かれています。妻夫木さんは沖縄出身と思わせるぐらい、沖縄の人に馴染んでいるような感じで、人の良さが前面に出ていました。その人の良さから自身の店を持つ際も騙されてしまったり、少し頼りない部分も見せますが、妹に見せる優しさなど、見てるほうがすこし切なぐらいなる演技で良かっです。長澤まさみさんは、キャラクター的にも明るく活発な女性を演じることが多いですが、この映画では明るい妹という側面だけでなく、すこし影のある雰囲気も出しており、とても良い演技だったたら思います。ストーリーは前半は久しぶりの兄と妹の再会などでゆっくりと進みますが、後半は兄が騙される事件に始まり、台風、そして兄との別れとまさに嵐のような展開で進みます。人との別れはこのように意外にあっけないものなのかもしれません。最後の手紙は涙なしでは見れませんでした。

 

50代男性
50代男性

血のつながらない兄妹である洋太郎とカオルですが、婉曲に恋愛が暗示されているのかとも思えますが、やはりこれは男女の恋愛物語ではないのだろうと思います。ただ純粋にふたりだけの兄妹という思いが、特に洋太郎には強くあったのだと感じます。血がつながらないことが、むしろそれなのにつながった兄妹だからこそ、という強さにつながっているのでしょう。難しい年齢でもあるカオルに対して、洋太郎は沖縄の太陽のようにカラリとしています。まさに「なんくるないさ」という沖縄人の陽気さの中に、強くゆるがない愛する心を持っています。問題は台風です。私は北で生まれ、北に住む人間なので、正直なところ台風の怖さというものを過小評価していましたが、沖縄など南の人たちにとって、台風はこれほどまでに危険なものなんだなと再認識させられました。そして人はいつまでもずっとそばにいてくれるわけではなく、ある日、あっさりと消えてしまいます。それは災害に関わらず、生まれた者は必ず死ぬという自然の摂理であって、問題はどうやって死ぬかの違いにすぎません。その意味で洋太郎は、短い間ですがカオルにたくさんのものを残したんだと言えます。もちろんカオルからすれば、そんなことよりも、もっと時間が欲しかっただろうと思いますが。ただ泣きたい時にお勧めの映画です。

 

40代女性
40代女性

森山良子さんの名曲「涙そうそう」をモチーフにしてるので詩を知っているとネタバレになってしまうのが辛いところです。しかし、この映画のテーマはそこではないと思います。「涙そうそう」は、兄妹愛と格差がテーマです。兄妹愛といっても見る人によって感じ方は違うと思います。男女の愛のようで親子のようで、もっと深いところで繋がっている愛にも感じます。にいにい(妻夫木聡)はちょっとカオル(長澤まさみ)の為に頑張り過ぎたと思います。そこがにいにいのカッコ良いところですが、カオルには実の父やにいにいのおばあも居るのに金銭的に誰にも頼れないのが厳しいですね。沖縄の開放感に救われますが、違う場所が舞台だったらこの兄妹は、もっと惨めな感じに見えていたと思います。にいにいの性格がもっとあざとくて大人を利用するタイプなら上手に生きれたように感じます。この映画、姉と弟だったらまた違ったイメージだったと思います。カオルがお姉さんだったら違うエンディングだったのではないかと思いました。今後、カオルはずっと心がにいにいに縛られて生きて行きそうで心配です。歳を取れば取るほどカオルはにいにいへの感謝がさらに深まり、にいにいと他の男性を比べてしまいそうです。カオルには幸せになって欲しいと思います。

 

30代女性
30代女性

妻夫木聡と長澤まさみが出演する映画ですが、10年以上前の作品となりますが、上映当時に映画館で友達と共に観ました。沖縄を舞台に兄妹愛を描いている作品なのですが、元のベースとしては歌手の森山良子が作詞、作曲した涙そうそうの世界観を映像化した物です。映画の内容で言えば兄と妹が家庭トラブルや金銭的トラブルを背負いながらも必死に生きていく話ですので、決して明るい映画ではないのですが、切なく悲しい事があっても希望を捨てずに必死に明るく振る舞う兄の姿を見る妹の心境を考えると感動する事間違い無しです。当時に一緒に涙そうそうを観に行った友達は母子家庭で兄妹2人で育った身であったので、更に感情移入しやすかったみたいで、クライマックスを迎えてもしばらくは号泣でした。ストーリーとしては血の繋がっていない兄と妹の話なのですが、妻夫木聡はイケメンでカッコいいお兄さん役ですし、長澤まさみはとにかく可愛かったです。涙そうそうの音楽が流れる場面では映画を観る前と後では尚更歌詞に感情移入しやすくなります。作品の進んでいく感じとしては先読みしやすい内容ではありますが、それもまたシンプルで良いと思います。沖縄の風景を楽しみながら感動に浸りたい方にはお勧めの作品となってます。

 

30代女性
30代女性

妻夫木聡さんと長澤まさみさんの美男美女兄妹が素敵でした。にぃにがかっこいいし優しすぎます…妹のカオルが羨ましい!そりゃにぃにのことを好きになってしまうなぁ?と納得です。「にぃにー!」と兄を呼ぶ長澤まさみさんの姿も、とてもかわいいです。私は昔、朝ドラ「ちゅらさん」も見ていたので、平良トミさんのおばあ役もまた見られて嬉しかったです。陽気なイメージの沖縄弁で展開されていく物語は、なんとも切ない物語。泣く時に鼻を摘む2人の姿は、異母兄弟とはいっても、一緒に育った本当の兄妹なのだなぁ…と見ていて切ない気持ちになります。お母さんの光枝(小泉今日子)も、最期まで「2人兄妹の母」として洋太郎に伝えた言葉が素晴らしい。血が繋がっていなくても、ちゃんと2人を愛していた母親がいたからこそ、2人の兄妹愛も続いたのだなぁと感じます。最後の離島のおばあの家でのにぃにからの贈り物は、ホント切ないです…。お金もないのに頑張って用意して、びっくりさせようとしていたのだろうなぁ、カオルの喜ぶ顔を見たかったのだろうなぁと思うと、涙が止まりませんでした。この物語の元となっている、森山良子さんが歌う曲「涙そうそう」も、この映画を観た後だとより心に染みますね。

40代男性
40代男性

好きな作品ですね。この作品の見どころは何といっても長澤まさみの「にぃ~に~」と妻夫木聡の「カヲル~」。そう呼び合う、血のつながりがなくてもお互いを支えあう兄妹愛につきます。この作品をむかし好きだった人ならすぐわかってくれる話ですね。きっと今の時代のハイスピード感の日常では得られない良さがあるはずです。時間がたった今だからこそ純粋な気持ちになれるような気がします。沖縄三味線(サンシン)の音色や、沖縄のキレイな風景とハイビスカスの鮮やかな色に彩られた壁。カオルの為に一生懸命働いて、でもバカ正直だからだまされて、それでもまた無理をして。「にぃ~~に~」って、あんなにかわいい妹が居たら、そりゃ血縁なんて関係なくても守りたくなりますよ。この作品を思い出すと、お互いに涙をこらえながら鼻をつまむシーンも浮かび上がる情景ですね。間違いなく長澤まさみと妻夫木聡の二人にとっても代表作の一つでしょう。この作品で二人ともアカデミーの優秀主演にノミネートされています。主題歌の「涙そうそう」の夏川りみの歌声が映画にはあっていましたね。作詞が森山良子、作曲がBEGINですからね、長く歌われるはずです。「涙そうそう」は沖縄の言葉で「涙がぽろぽろとこぼれ落ちる」という意味です。どうぞ素の気持ちで観賞してください。「涙そうそう」なはずですよ。

 

30代女性
30代女性

正直沖縄県民からすると、妻夫木聡さんや長澤まさみさんのなまりに違和感を感じました(笑)ただ、それ以上に内容が感動しすぎて観た直後でもまた観たくなる映画でした。主題歌のBEGINさんの三線の花がまたピッタリすぎて涙をもらってしまいます。劇中の最も印象的なシーンである、妻夫木さんが鼻をつまんで泣くのを必死で堪えるシーンはもう大号泣です。妹のために頑張る兄と兄を慕う妹の、淡くも悲しい物語。見た直後はこんなお兄ちゃんがいたら最高に幸せだろうなと思いましたが、その無限の愛情がこのような結末になるというのにもビックリしました。ただただ泣ける物語です。先入観などがある方や製作側の意図などを読みたい方にはあまり向いていないかもしれません。純粋に心が温まる映画として観てもらいたいです。天真爛漫な長澤まさみさんも役にぴったりだったし、妹のためにただひたすらに頑張って働くお兄さん役も最高でした。脇を固めた俳優陣の方々も適役ばかりだと思います。舞台が沖縄ということもあり流れもテンポが良いです。映画館で観た後もDVDを借りて何度も視聴したほど、私にとっては大好きな映画になりました。何度観ても色褪せない素敵な映画だと思いました。

20代男性
20代男性

『涙そうそう』は2006年の9月に公開されました。主演の妻夫木聡さんやヒロインの長澤まさみさんや麻生久美子さんや塚本高史さんなどとても豪華な俳優さんが出演されています。ヒロインの長澤まさみさんは演技がとても上手く魅力的で、とてもかわいいです。妻夫木聡さんと長澤まさみのそれぞれの役がとても合っていて兄妹の関係性が素敵でした。この二人のやり取りがとても微笑ましく良かったです。長澤まさみさんの沖縄弁や天真爛漫さや兄のことを「にーにー」と呼んだりするシーンなどがとても可愛かったです。沖縄が舞台なので、沖縄の美しさとこの映画の物語がとても合っていて良かったです。ストーリーの展開が激しく、予想もできなかったことが起こるので驚きました。感動シーンも多く、妻夫木聡さんが鼻を押さえながら泣くシーンがこの映画で一番感動しました。兄の妻夫木聡さんが頑張っているのを周りの人が応援していくのがとても温かい気持ちになりました。最後の衝撃的な展開には本当に驚きました。この映画は夏川りみさんの涙そうそうという曲をモチーフにしたので、主題歌はもちろん涙そうそうでした。最後に涙そうそうが流れたときはとても感動し泣きました。ぜひおすすめする映画です。

50代女性
50代女性

悲しい義理の兄妹のお話でした。夏川りみさんが歌っていた「涙そうそう」をモチーフにしている映画と聞いていたのでラスト、兄の洋太郎が死んでしまうのは何となく予想していましたが、かなりの衝撃を受けました。「兄の人生は一体何だったのだろうか?」と。幸せになってほしかった。例え結ばれない運命であったとしても。このような親の再婚同士で義理の兄弟姉妹となった人はたくさんいるでしょう。もし、恋心を抱いてしまったら苦しいだろうなぁとも感じました。洋太郎の恋人が嫉妬する気持ちもよくわかります。しかし、両親がもうすでに亡くなっていたなら、兄妹としての関係も解消してもいいような気がします。なかなか、世の中はままならないものなのですね。詐欺に遭い、借金を抱えてもなお、妹の大学進学のために必死に働く兄・洋太郎の姿はもはや父でした。悲しいけれど親がいないということはこういう事なんだなぁと現実を目の当たりにしました。こんなにボロボロになるまで働くことはあったのでしょうか?社会的救済措置はなかったのか?かといって恋人との手切れ金を突き返したのは間違ってはいないと思います。受け取ったら心までボロボロになってしまいそうですから。兄亡き後、兄から妹の元に届いた成人式の着物。なんとも言えない気持ちになりたくさんたくさん泣きました。まさに「涙そうそう」でした。

 

まとめ

『涙そうそう』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました