マイインターン(映画)無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『マイ・インターン』予告編(120秒)【HD】2015年10月10日公開

マイインターン(映画)の動画フルを安全に見る方法

『マイ・インターン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『マイ・インターン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

マイインターン(映画)の内容

映画『マイインターン』は、2015年に公開されました。

大ヒット作『プラダを着た悪魔』で、恋に仕事に奮闘しながらファッション業界でキャリアアップしていく主人公を演じ、世界中の女性から熱い共感を集めたアン・ハサウェイ。あれから9年、最新作でアンが演じるのは、NYのファッションサイトの社長。まるで『プラダ~』の主人公のその後のような、全てを手に入れた彼女の新たな出会いと試練を描く話題作がやって来た!

引用元:『マイ・インターン』公式サイト

200名の社員を抱えるファッション通販会社を経営する女社長・ジュールズ役は、『プラダを着た悪魔』で注目を集めたアン・ハサウェイが演じています。華やかな世界でバリバリ働き、やさしい夫やかわいい娘もいるジュールズは一見充実した生活を送っているように見えますが、様々な悩みを抱えていました。そんな時にやってきた70歳のインターン生・ベンと共に試練を乗り越えていく物語です。

ロバートデニーロのキャラクターが魅力的。こんな風に素敵な歳の重ね方をしたいと思った。ロバートデニーロのやさしさと笑顔、そしてコメディに癒されつつ楽しめる映画。

仕事も家庭も両立するのはなかなか難しいけど、自分も頑張ろうと思える作品。キャリアウーマンなアン・ハサウェイがすごくかっこいい!勇気をもらいたいときに見たい映画です。

一人のおじいちゃんの人生経験が、他人の人生を良い方向に導いてくれることがある。この映画はそういうことを教えてくれた。

どんなに時代が変わっても、本当に大事なとこは決して変わらないんだと思わされた。

アン・ハサウェイのファッションが素敵。『プラダを着た悪魔』のその後を見ているような気持にもなりました。

若い女社長とおじいちゃんという一見関わりのなさそうな二人ですが、お互いに心を許す親友のような関係になっていくストーリーが素敵です。見た後に自分も頑張ろうと思える!といった前向きな感想が多いように感じました。

あらすじ

●70歳のおじいちゃん・ベンがインターン生としてやってくる

若くしてファッション通販会社を経営する女社長・ジュールズ(アン・ハサウェイ)のもとにある日インターン生としてやってきたのは、70歳のおじいちゃん・ベン(ロバート・デ・ニーロ)でした。

40近く年の離れたおじいちゃんを部下として雇うことにジュールズは少し戸惑いますが、シニアのインターン採用は社会貢献の一環でもあるため少しの間だけと渋々受け入れます。

ジュールズの直属に就くことになったベンは「頼みたいことがあればメールするから!」と彼女に言われます。しかし、多忙な彼女にとってベンの相手をしている暇は無く、一向にメールは届きません。

●女社長・ジュールズの抱える悩み

そんな時ジュールズは、同僚のキャメロンから「会社が急成長しすぎてジュールズの負担が大きすぎる。外部から新しいCEOを雇うべきだ。」との声が投資家たちから上がっていると聞かされます。自分の力でここまで大きくした会社の経営を他の人に任せなければならないことに悔しさを感じ、彼女は思わず涙してしまいます。その様子を偶然見かけたベンは彼女のことを気にかけるようになります。

ジュールズは仕事の面だけではなく家庭のことでも悩みを抱えていました。主夫として家事や子育てをしてくれている夫や娘との時間を十分にとれず、溝のようなものを感じ始めていました。実の母やママ友との関係もうまくいっていない彼女は周りにも相談できず、様々な悩みと戦っていました。

●ベンに心を開き始めるジュールズ

ベンは常にジュールズのことを気遣い、彼女の背中を押す言葉、彼女を勇気づける言葉をかけてくれます。そんなベンのおかげでジュールズは様々な問題に向き合うことができ、社長として、妻として、母として、一歩ずつ前へと進んでいきます。

見どころ

バリバリ働くジュールズがかっこいい!

全部署ワンフロアの社内を自転車で忙しく周るジュールズ。日々分刻みのスケジュールの中、クレームの電話対応をしてみたり、梱包のアドバイスをするために工場にも足を運んだり、よりよいサービスを提供するために働く姿がかっこいいです。理解のないママ友からは冷たい目で見られますが、きちんと自分の意思を持って全力で頑張るジュールズを応援したくなります。

おじいちゃん・ベンの人柄が素敵すぎる!

妻が他界して独り身となったベンですが、仕事も恋もまだまだ楽しんでいる様子が素敵です。インターンに応募してみたり、ファッションを楽しんだり、慣れないパソコンでSNSを始めてみたり、お年寄りになっても新しいことに挑戦する姿はかっこいいなあと思います。紳士で皆に優しいベンの言動一つ一つが素敵で、人生の先輩だからこそかけられる言葉に励まされます。

ふたりを取り巻くキャラクター達にも注目!

今どきの自由な雰囲気の会社には愉快なキャラクターがたくさん。ベンの人柄も素敵ですが、周りのみんなも年の離れたおじいちゃんを心の底から信頼して友情を築いていきます。仲良くなるのに年齢は関係ないんだなと感じます。デスクが隣の男子たちと毎日ワイワイ盛り上がっている姿にほっこりします。

スタッフ

監督・脚本:ナンシー・マイヤーズ
音楽:セオドア・シャピロ

キャスト

アン・ハサウェイ(ジュールズ役)
200人を束ねる女社長。若くしてファッション通販サイトを立ち上げ、多くの社員を抱える会社へと成長させたキャリアウーマン。結婚して小さな一人娘がいる。

ロバート・デ・ニーロ(ベン役)
妻に先立たれ、何か新しいことに挑戦したいとシニアインターンに応募。紳士で優しく、周りの皆はベンのかけてくれる言葉に支えられて成長していく。恋も仕事も楽しむおじいちゃん。

アンダーズ・ホーム(マット役)
ジュールズの夫であり、彼女が仕事に集中できるようにと仕事を辞めて家庭に入ってくれた。仕事漬けのジュールズは家族との時間が十分に取れず、マットも少し不満を感じ始めてしまう。

アンドリュー・ラネルズ(キャメロン役)
ジュールズの会社に勤め、彼女の右腕のような存在。会社の経営に関することをジュールズと話し合う。

クリスティーナ・シェラー(ベッキー役)
ジュールズの秘書。いつもテキパキしているジュールズに迷惑をかけないように頑張っている。

アダム・ディヴィアン(ジェンソン役)
社内の盛り上げ役のような存在。ベンとも親しくなり、彼女・ベッキーについてベンに相談をすることも。

ザック・パールマン(デイビス役)
ベンと同じ日にインターンとしてやってきた若者。

レネ・ルッソ(フィオナ役)
会社専属のマッサージ師。

登録時にもらえる600ポイントで
今すぐ見れます!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

マイインターン(映画)の感想

20代女性
20代女性

とても心が癒される映画です。日々仕事に必死で、家族に対しても一生懸命向き合おうとする女性のお話。お仕事好きな女性も、お仕事と家庭を両立したい女性も、どんな女性も楽しめる映画です!又、一緒に共演されているロバートデニーロが演じているおじい様が凄く素敵な人柄で、映画を見ているだけで「あぁこんな人とお話ししてみたいなぁ」「こういう年の取り方をしたいなぁと思わせられます!おじい様の優しい雰囲気に巻き込まれて社内の同僚とどんどん仲良くなっていく過程もすごくすきです!いつの間にかみんなの輪の中心となっている魅力的なおじいさまに終始癒されっぱなしでした!物語自体はとてもシンプルで分かりやすい内容で、とても見やすく、構えずに見れるところも良いなぁと思いました。女性向けの映画のイメージでしたが、仕事目線や夫婦目線、老後を過ごしている側からの目線、色々な角度から見れるので、男性も絶対楽しんで観れる映画でした!また、監督・脚本が「ホリディ」を制作している方で、衣装を担当しているスタッフがセックスアンドザシティを担当したチームのようで、アン・ハサウェイが着ているお洋服もとてもステキでファッション好きの方も楽しんで見れると思います!

30代女性
30代女性

明るくオシャレな雰囲気で展開されるストーリーが面白く、何度も見たくなるような作品です。ファッション通販会社のCEOであるジュールズは、容姿端麗で仕事もバリバリにこなす姿がかっこよかったです。知的な上に可愛らしさも兼ね備えていて、ジュールズに憧れを抱く女性は多いだろうと思います。ジュールズを演じられていたアン・ハサウェイさんのことが、この作品を見てさらに好きになりました。人生経験が豊富なシニアインターンであるベンは、癒されるような可愛らしさとチャーミングなところに魅了されました。温かい人柄のベンのように素敵な年の重ね方をして、いくつになっても楽しく人生を生きていたいと思わされました。年齢も立場も違う二人が出会ったことによって繰り広げられる展開は見ごたえがあり、仕事のやりがいや楽しさを感じさせてくれます。テンポ良くストーリーが展開されていくので、幅広い世代の方が穏やかな気持ちで気軽に見れる作品だと思います。また、見ていてポジティブな気持ちになれるようなストーリーなので、女性はもちろんですが男性も楽しめると感じました。気持ちが落ち込んでしまったときに見たくなってしまう作品であり、今後の私の人生にも欠かせない大好きな映画です。

20代女性
20代女性

何かにつまずいてしまった時や自分の人生を考える時に観たくなり、そして観た後には明日もがんばろうと思えるパワーが湧いてくるような映画です。この作品と同様にアン・ハサウェイが演じた「プラダを着た悪魔」はがむしゃらに頑張る若い女性のストーリーでした。一方「マイ・インターン」は成功しプライドも責任も、家庭もあるヒロインなので、幅広い年代の方が自分のキャリアや人生と重ね、彼女を応援したり、一緒に泣いたり、逆にジュールズの姿に励まされたりできるでしょう。そんなヒロイン・ジュールズに雇われ、寄り添ってくれる存在になるベン。自分のスタイルを貫きつつも、周囲の人との関わりや学ぶ姿勢も忘れないベンは誰にとってもお手本となります。若者目線で見ていると、ジュールズと同じように初めは「こんな人が会社にいたらやりづらいだろうな、面倒なろうな…」などとつい思ってしまいます。しかし、ベンが同僚のトラブルやジュールズの抱える困難を暖かく優しく解決してくれるのを見ていくうちに、「自分の側にもこんな人がいてくれたらな」と羨ましく感じている自分に気付きます。そんな素敵な70歳の部下に普段は気張ってばかりのジュールズが心を開いて弱みを見せる時、上司と部下という関係性以上の友情が芽生え、ほっと息をつき感動してしまいます。「きっと誰かが見ていてくれる、自分はひとりではない」と優しく前向きな気持ちにさせてもらえます。

20代女性
20代女性

夫・娘と幸せな家庭を築きながら事業を成功させた女社長「ジュールズ」役をアン・ハサウェイが、彼女の会社にシニア・インターンとしてやってきた70歳の新人「ベン」をロバート・デ・ニーロが演じています。この二人が作り出す空気感が絶妙で、見ていてとても心地よいです。ベンはシニア・インターンですが、本気で仕事や周りに対して向き合っていて、何かをすることに年齢は関係ないんだなあと気付かされました。決して上から目線で支持するわけではなく、あくまでも人生の先輩としての考えを部下として伝える姿は嫌味がなく、とても好感が持てました。女社長ジュールズは、仕事も私生活も全てが順風満帆とはいかず、悩みをたくさん抱えています。彼女は最初こそベンをてきとうにあしらっていましたが、徐々にベンの対応や言葉に耳を傾けるようになり、2人の上司部下・人生の先輩後輩として、信頼関係を築いていきます。複雑な社会事情や人間関係や年齢の問題をとりあげつつ、身近に感じられる人間くさいキャラクターばかりなので、感情移入しやすいです。作品としての完成度が高く、本当におすすめできます。最初は自分の進路や就職をはじめ、恋愛や家族など私生活も含め「人生」に悩んでいる人は是非見てみてください。きっと何か心に残るものがあるはずです。

40代男性
40代男性

定年後一人になった高齢者という、どんな人でも将来に起こり得るシチュエーションで、IT企業にインターンで再就職する主人公。この主人公は年齢が70歳。そんな年齢の人が、年下に敬意を払って接し、インターンという立場でしっかりと仕事に取り組むなんて、映画の中の世界とはいえ、素晴らしいと思いました。そういう意味では現実的ではないのかなとも思ったのですが、同時に現実の世界でもこのような真摯に仕事に向き合う高齢者の人が一人でも多くいれば良いなとも思ったのです。人はどうしても大切なものを見失いがちなのですが、そうなる前に、歩みを止めて周りを見渡すことも同様に人生にとって必要な時間だと思うのです。そんな人生のバランスをシニアインターンを通じて教えられる作品でした。そしてこの主人公を演じるデ・ニーロは、やはり素晴らしいですね。謙虚で前向きで一生懸命で、私も定年後はこんな笑顔が似合うおじいさんになりたいと思わせてくれるのです。日々の時間の大切さ、人に優しくする事の大切さを教えてくれる。とても為になりました。そして、アンハサウェイ。とにかく綺麗ですね。そして、セリフの言い方も可愛いですし、笑えるし、私的には人生の勉強にもなるかなと思いました。

30代女性
30代女性

プラダを着た悪魔でアンハサウェイのファンになったのをきっかけに見た映画ですが、とても大好きな映画の一つです。この映画を通して、定年退職後もいくつになっても働くことに前向きで、いろんな人と関わることの楽しさと大切さを学びました。私自身も、おばあさんになってもずっと何かしら働き続けて、社会と繋がりをもっていたいなと思いました。ファッション系の会社を舞台にした映画なので、アンハサウェイはもちろん、男性も女性も登場人物のみんながオシャレで見ているだけでもわくわくしました。アンハサウェイだけでなく、ダンディで紳士的なロバートデニーロの良さが特に際立っている映画です。こんなお父さん・おじいちゃんが欲しいな、と思いました。映像も終始色鮮やかで明るくて、とてもきれいなので、映像としても楽しめる映画です。音楽もオシャレなものばかりで、若い女性が好きな映画だと思います。恋愛と仕事どちらも頑張る映画なので、20代から30代の働く女性には特に好まれる映画だと思いました。仕事に奔走するばかりに、プライベートとの両立に悩むところに共感しました。セックスアンドザシティやゴシップガールが好きな人にはぜひ、おすすめしたい映画の一つです。

20代女性
20代女性

一人暮らしのお爺さんベン(ロバート・デ・ニーロ)が街で見つけた求人ポスターを見て、通販サイトの会社で働くことになります。その会社の社長ジュールズ(アン・ハサウェイ)は仕事も家庭も育児も熟すとても忙しい日々を送っていました。そんなジュールズについて仕事をすることになったベンは高齢のせいかあまり仕事を任せてもらえません。それでもベンはめげずに自分のこれまでの経験をいかして仕事をしていきます。次第にジュールズにも認められる存在になっていきました。そんな彼女は日々の忙しさの中で失っていくものも多く悩みが尽きないのです。そんな彼女にベンが優しく手を差し伸べる、笑えて、泣けるハートフルな映画です。 現代社会では女性が働くことが当たり前で、むしろ女性の方が働いて、成果を出していることも多いのではないでしょうか?そんな女性たちはただただ忙しい日々を送っているだけではなく、仕事に体力、時間を費やしている分プライベートの悩みも尽きないでしょう。そのことをこの映画を見るまでは予想もしませんでした。実は陰で他人より頭を抱えていて、他人より泣いているかもしれない。それでも人前では笑顔で精一杯頑張る女性達にハンカチをそっと渡そうと思うようになるストーリーでした。

30代女性
30代女性

『あぁ、またよくありがちなお仕事ものかー、デニーロにアンハサウェイだし、ベタな感じかな』と思っていたのに、いい意味で裏切られました。舞台はニューヨーク・ブルックリンで景色や街の雰囲気が良いことが画面から伝わってくるのはもちろん、数年前の作品であるため働き方も今ふう、『あぁ、あんな会社で働きたい!』と絶対思うオシャレな建物。割と目の保養になります。主人公のアンハサウェイのファッションもオフィスカジュアルな感じ、日本人の私たちでも真似できそうなところが親近感あるなぁと。ここまでだと、『見た目のオシャレ感たっぷり、1週間着回しコーデ載ってます的女性雑誌映画』と思われがちですが、それだけではないのがこの映画のいいところ!特にデニーロが本当にいい味出しています。あんな同僚がいたら年齢は違えど、見た目から包み込んでくれる優しさにあふれていて、黙っていようと思ったのに思わず悩みごとなんか打ち明けてしまいそうです。また同僚の男性陣も1人1人個性にあふれていて、ストーリー展開が気になるしかけがいくつかあり、気がつけばあっという間に見終わっていました。今回の新型コロナウィルスの世界的拡大を受け、在宅ワークやそもそも仕事自体が休業状態の人、年齢問わずまた新しいことを始めようとしている人、環境が変わりそうで不安で仕方のない人など、老若男女問わず働くことの楽しさや意義を見出せる作品だったと思います。

 

30代女性
30代女性

スカッとする内容の映画でした。これから前向きに色々取りかかりたい人、何かに疲れて一休みしたい人にもおすすめです。いやだなと思う要素がなく、そんな要素が垣間見えても、主人公であるベンがきれいに解決してくれます。主婦、ではなく主夫として働くジュールズの旦那さんの葛藤や、はずしてしまった道は昔の女性社会を見ているようでした。ジュールズに嫉妬するママ友の位置関係にいるママさんちにも意識を変えるような言葉を諭す。そんなひとつひとつのベンの言葉に、自分の世界も狭いものだなと感じました。活躍するジュールズが、最初は目もくれなかったインターンの活躍は、これからの社会がそんな明るいものであってほしいなも思います。なかなかインターンで働く人と、現役で働く人との溝はうまりませんが、きっとどこかに埋まるヒントがあるのだと思うのです。それを少し教えてくれたと思います。ベンの第2の人生がこれから恋愛も含めて始まっていく様子は、最初は切ない感じもしましたが、自ら切り開いていくその前向きなパワーで物語が進み始めます。前に出すぎず、それでもきちんとサポートをする。そんな紳士的な仕事ができるよう、女性ですが見習いたいなと思いました。

20代女性
20代女性

「マイ・インターン」の監督、ナンシー・マイヤーズが2007年に発表した「ホリデイ」がとても良かったのでこちらも鑑賞しました。予告でこの作品を見たときは、とことん前向きな気持ちになれるおしゃれな映画、といった印象だったのですが本編もまさにその通りでした。主人公のアン・ハサウェイとロバート・デ・ニーロが働いている会社がファッションサイトを運営しているということもあり、会社の内装や雰囲気も何だかおしゃれ感満載ですし、毎日のように変化するアン・ハサウェイのファッションも2015年の映画ながら今見てもおしゃれです。また、ロバート・デ・ニーロがかなりいい味を出しています。若い人たちに溶け込みながらも彼らの支えになっている様子はかなり好印象。自分の考えを押し付けるわけではなく、人生の先輩としてそっと言葉を投げかけてくれる彼は、自分の周りにもこんな人がいたら良いなと思う存在です。このキャスティングが例えばリチャード・ギアやピアース・ブロスナンだと何だかいやらしい感じになってしまいそうですが、これがロバート・デ・ニーロだからこそ嫌味や下心がなく皆が心を許せるキャラクターになったのだと思います。見終わった後は清々しい気持ちでいっぱいになりました。心のデトックスをしたいときにおすすめの1本です。

 

まとめ

『マイ・インターン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました