東京無国籍少女(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
映画『東京無国籍少女』予告編

東京無国籍少女(映画)の動画フルを安全に見る方法

『東京無国籍少女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『東京無国籍少女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

東京無国籍少女(映画)の内容

映画『東京無国籍少女』は、2015年7月に公開されました。

山岸謙太郎さんが監督した同名自主制作映画を、映画『うる星やつら』や『攻殻機動隊』の監督として有名な押井守さんがリメイクしました。

主役の藍を演じるのは、本作が初の主演作品となる清野菜名さん。映画『TOKYO TRIBE』では鬼才・園子温監督にヒロインに抜擢され、見事なアクションシーンを披露するなど、目覚ましい活躍を遂げ、イマ話題の女優さんです。また、金子ノブアキさん・りりィさん・本田博太郎さんと実力派俳優が脇を固めております。

本作で、清野さんはガンアクション、コマンドサンボばりの近接格闘、ナイフを使った殺陣など、国内では見たことのない難易度の高いアクションシーンを披露しております。

押井守監督のファンで彼がリメイクをするという理由だけで観ました。なるほどと思える押井節とも言える作品になっていると思い、非常に良かったです。

クールな印象の清野菜名さん、個性ある女子三人組、相変わらずな圧倒的すぎるほどの存在感を放ち続ける本田博太郎さんなど、俳優さんたちの見応えが十分にありました。
最後の最後まで見逃せない逸品でした。

高橋美津子さんが、モデル役で全裸へアヌードを披露する場面は綺麗でしたね。エロさなどではなく、これを芸術って言うんだな。と、素人ながら思ってしまいました。

一般的な映画では味わえない不思議な世界を楽しむことが出来る作品かと思います。見返すことで良さがグッと出てくる映画になっているので、また時間があったら観直そうと思ってます。

驚愕のラスト15分と宣伝されていますが、ラストシーン以外も面白い内容となっているかと思います。

比較的、喋るシーンが少ないので演者の細かな演技が繊細で素晴らしいです。本作における、清野さんのインタビューを見ていたら、押井 守監督から“まばたきすることが、スクリーンを通すと違う意味に取られることもある”というアドバイスを受けたそうです。そこから”目の芝居”も意識するようになったそうです。確かに、これまでの作品にはない目力を感じました。

これからも大いに期待できる女優さんですね!

あらすじ

女子美術高等専門学校に通い、日々創作活動に取り組む生徒たち。かつて天才芸術家ともてはやされた藍(清野菜名)は、事故で怪我を負った時の影響で、心に傷を抱えてしまい、今では眠ることもできず授業も抜け出し、誰ともまともに交わることができなくなっていました。

藍は授業を抜け出し、謎のオブジェを作り続けていました。そんな彼女を再び広告塔として利用するため全てを黙認し、決して学園の外に出そうとしない校長(本田博太郎)。そんな特別扱いをされる彼女を苦々しく思う担任教師(金子ノブアキ)と、嫉妬を募らせる同級生(田中日奈子・吉永アユリ・花影香音)たち。執拗なイジメと嫌がらせの中で唯一、彼女の身を案じる保険医(りりィ)にも心を開きません。

それでも彼女は創作に没頭します。群発する地震。響く大量の鳥の羽音。学園内に流れ続けるクラシック音楽。そして繰り返される謎の声… お前はなぜ、ここにいる?

藍は一体、何を創り続けているのか?そして、謎の声の招待とは一体…。

見どころ

清野菜名のアクションシーン

前作、映画『TOKYO TRIBE』にて、見事なハイキックを披露し、鬼才・園子温監督から認められた女優だけあり、ラスト15分のアクションシーンのスピード感は尋常ではありません。“目が離せない”とはこのことだと実感して頂けるはずです。

しかし、学生時代から本格的な訓練を受けてきた得意分野にも関わらず、本作のアクションは今まで学んできたものとは別物だったそうです。動きが細かく複雑だったそうで、イチからアクションを学び直している感覚で撮影をされたそうです。

観てる側としても、清野さんの必死さが伝わり、より迫真のアクションシーンになったのかもしれませんね!本作のPVで少しだけ紹介されておりますが、最初から最後まで見ていただければと思います。

しっかり構成されたストーリー

主人公の藍が講堂で造っていたモニュメントの意味や、頻発していた地震などは、見終わった後に振り返っていただければ納得出来ます。

2回観ていただければ、2回目は各行動やセリフの中の伏線を色々考えながら観直せて面白そうだな!とも思いますので、時間に余裕があれば是非。

スタッフ

原案:山岸 謙太郎
監督:押井 守
脚本:山邑 圭

キャスト

藍:清野菜名
天才芸術家ともてはやされた少女。とある事件により心身に傷を負ってしまい、後遺症によってスランプに陥っている。

保健医:りりィ
藍の心身を心配し体調に気遣う。自分の患者は死なせない真っすぐな信念を持っている。

担任教師:金子ノブアキ
自由過ぎる藍に呆れ果てており、藍を全問の病院へ入れるべきだと校長に直訴している。

校長:本田博太郎
藍の才能を信じ、いずれ学校の広告塔へするため、専門病院へは入院させないと言い張る。

沙羅:田中日奈子
藍の同級生。藍の才能に嫉妬していじめる3人組の主犯者。

優里:吉永アユリ
藍をいじめる1人。沙羅の取り巻き。

莉奈:花影香音
藍をいじめる1人。沙羅の取り巻き。

 

『東京無国籍少女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

東京無国籍少女(映画)の感想

 

40代男性
40代男性

以前押井守は「僕は映画をとる度に新しい発明をしている」と語っていました。おなじみのアニメ映画監督の押井守は近年実写映画をとっています。ビューティフルドリーマーやパトレイバー、攻殻機動隊などなど作品ごとに新しい試みを見せていた押井守が、実写映画で取り組んでいるテーマはズバリ「肉体」だそうです。以前の作品では、「電脳」や「終わらない夢」をテーマに選んでいた監督のテーマにはふさわしくない感じがします。でも映画のなかで主役の藍が見せるアクション(とくにクライマックスの血みどろの銃撃戦)からは「これかのテーマは肉体だ」という強い宣言のようなものを感じました。この映画は山岸謙太郎が監督した同名自主制作映画のリメイクです。(私は両方みています。)とくに押井守版からは「痛み」や「よごれ」などリアルな肉体からのメッセージがあふれています。(以前の押井守が好きな人は抵抗感があるかもしれません)でもこれは実写映画というよりリアルな映画に対応するために押井守の発明なんだと思います。正直眠くなるような退屈な場面もあります。でもこれはクライマックスの衝撃をより大きな物にする為です。一般的な映画とひと味ちがう映画を探しているかたには是非オススメです。

40代男性
40代男性

あらすじを読まずにこの映画を見たのですが、最初は芸術系の学園生活の物語だと思って見ていました。主人公の才能に嫉妬するクラスメイトや担任からの嫌がらせに耐えながらオブジェクトを作成している主人公。芸術家は、周りから変人に見られたり嫌がらせをされたりして作品を作ると聞いたことがあったので、この困難を乗り越えて素晴らしい作品を作り上げると思い見ていました。オブジェクトを作り上げている途中で激しい頭痛や耳鳴りに襲われて睡眠障害になる主人公を見て、担任がクラスメイトのイジメに気が付いているにも関わらずに実は、裏で支持をしていたり暴言を主人公に吐き捨てる姿を見て怒りが沸々と湧いて来ました。誰も助けてくれない主人公を見て、途中からこの映画はイジメが題材になっている作品なのでは、と思い見ていました。しかし、突然学校内に兵士が乱入して来た辺りから作品の雰囲気が変わって来ます。兵士たちを主人公が今までの表情から一転して戦い倒して行きます。序盤と終盤で作品の内容が全然変わっているのだけど、と気が付いた時には実は主人公が意識を失っていた間に見ていた夢の内容が序盤で、終盤からは意識が戻り本来の戦闘シーンへ戻っていくという展開が急すぎる作品でした。

40代女性
40代女性

アクションシーンが半端ない、清野菜名ちゃんが暴れまわります。その直前までは担任に暴言を図れようとも同級生からいじめを受けても黙々と作業を続ける彼女ですから、静と動の変わりようがすごいです。天才って変人との紙一重といった存在ですが、それがよく分かる姿でした。それも事故で心も体も傷を負っている身ですから最強です。やり方はともかく、専門の病院に入院させた方がという担任の考え方は正しかったのではないでしょうか。天才児だった藍を広告塔にしたいからと自由にやらせる校長はクズです。彼女がそうなったのは絵を塗りつぶしたから、作品に対する思いの強さが伝わってきました。とは言え、突然に武装集団からの襲撃を受けるといった展開にはハテナでしたがまさかそういったオチだったとはと安心しました。こういうことなら、天才芸術家でなくとも結構誰もがやっていることの気はします。ストレス社会ですから大人たちだって同じ、時にそれを実行してしまって捕まる人もいるくらい当たり前のことです。映像化することで一緒にやっている気持ちになれて、ストレス発散はできそうです。気になったのは保健の先生、なぜそこまで肩入れするのでしょう。味方と思いきや大量の薬を飲ませる姿などに違った狂気を感じました。

30代男性
30代男性

前半は、主人公の女子高生の藍の現実の世界と夢の世界を行き来するようなシーンが続きます。見る人によって評価は分かれると思いますが、映像と音楽の組み合わせが絶妙で、幻想的なシーンに仕上げることに成功していたと思います。
ストーリー自体はゆっくりと進行するので、芸術家たる藍の心情に共感できなければ、退屈に感じるかも知れません。逆に藍の言動、作品制作に感情移入できれば、作品の世界にどっぷりと心地よく入り込むことができるでしょう。
そして後半には武装集団に襲われるという非日常的な展開が待ち受けているのですが、思わず目を見張るほどに藍のアクションシーンが凄かったです。まさにこの映画の最大の見どころだと思います。前半が退屈と感じた人でも、アクションシーンは十分に楽しめることでしょう。
現実的な格闘戦と言うよりは、アニメのシーンをそのまま実写化したような演出のやや非現実的なアクションでしたが、相当な身体能力や訓練の積み重ねがなければ不可能な立ち回りだったと思います。藍を演じた主演の清野菜名さんのアクション女優としての才能に強く光るものを感じさせられましたね。
前半と後半のギャップ。それこそがこの映画の大きな魅力なのかも知れません。

 

20代男性
20代男性

あの「パトレイバー」などのアニメ、実写作品で有名な押井守監督が監督を務めていることで話題になった5年前のアクション、SF映画です。最近ご結婚なさった清野菜名やミュージシャンとしても有名な俳優である金子ノブアキさんが主演を務めたことも記憶に新しいです。清野菜名さんはまだこの時は今ほど有名ではなく、今と比べると初々しい演技が光っており、最近ファンになった人なんかは必見だと思います。押井守さんが新しい作風を築いているのも目新しい特徴で、バイオレンスなアクションシーンなんかも堂々と描ききっているのがなんとも新鮮みがあり、旧来のファンを驚かせるような意欲を感じさせてくれます。音楽も美しく、クラシック音楽が効果的に使われていたのがかなり印象に残りました。ミリタリーの要素もあり、それと上手に絡めていたと思います。ストーリーはやや難解ながらも、その分登場人物の心理描写などに重きを置いており、自然と感情移入して見れました。特に作品後半でのアクションシーン満載の展開は見事であり、見ていて思わずテンションが高まりました。ミリタリーやSFものが好きな人、単純に清野菜名のファンである人たちはかなり楽しめる作品なのではないでしょうか。

 

30代女性
30代女性

最後の清野奈名の表情が、これから戦いに赴く覚悟を感じました。死を決意したような顔つきで、見ていてなぜか悲しくなりました。映画全体に、前衛芸術のような雰囲気があります。清野奈名が演じるのは芸術の才能を持った女子高生です。舞台は女子校で、デッサンをする教室や、保健室のシーンがありますが、空間が全体的に白いです。使われている音楽はピアノや弦楽器を中心としたクラシック調です。白い空間にクラシック音楽という組み合わせが、病院にいるような、精神を病んでいるような歪んだ空間にいるような印象を受けます。クライマックスは、清野奈名が1人で大勢の兵士を次々と殺害していくシーンだと思います。迷彩服を着た兵士は白い仮面を付けています。清野奈名はまず1人をナイフで殺します。そして組み敷かれている自分を助け、銃剣を手に入れ、校内の兵士を次々と倒します。組み敷かれている自分を助ける、という表現は、言葉だと伝わらないと思います。でもそういうシーンがあります。PTSDの苦しみを克服したことを表現しているのかもしれない、と解釈しました。兵士と闘っているシーンも流れていたのはクラシックです。女子高生が膝下丈のワンピースの制服を着てアクションすると、スカートが広がっていてとてもきれいでした。

 

まとめ

『東京無国籍少女』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

清野菜名のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

【アニメ】(声の出演)

  • 一期一会 ~キミノコトバ~

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました