もしドラ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(プレビュー)

もしドラ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

もしドラ(映画)の内容

映画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』は、2011年6月に公開されました。

原作は岩崎夏海さんの小説で、2009年に発売され、青春小説でありながらビジネス入門書として話題を呼び、発行部数236万部を超えるベストセラーとなりました。

主演は、当時、アイドルグループ・AKB48に所属していた前田敦子さん。前田敦子さんはこの映画が初主演。公立高校の弱小野球部のマネージャーである前田敦子さん演じる川島みなみが、勘違いして買った著書、経営学者ピーター・ドラッカーの組織管理論手引書「マネジメント」を参考に野球部を改革していきながら、甲子園出場を実現するために奔走する姿を描いた作品です。

原作者の岩崎夏海さんは、大学卒業後、秋元康さんに師事し放送作家として活躍。2005年から2007年までAKB48のアシスタントプロデューサーを務めた経歴を持っています。

それもあって、主人公の川島みなみは、AKB48の峯岸みなみさんをイメージして描いていて、峯岸みなみさんが、こんな人になりたいと思えるヒロインにしたそうです。ちなみに峯岸みなみさんも、主人公・みなみの後輩・北条文乃役で出演しています。しかし、この北条文乃のモデルは、元AKB48の渡辺麻友さんとのこと。

 

経営マネジメントを部活に当てはめて考えるというあらすじに興味を持ちました。仕事も部活も、人の気持ちを動かすことが目的達成に繋がるんだと思い、現状を振り返るきっかけになりました。高校野球の人間味あふれる話はやっぱり感動!

親友+高校野球。わかりやすい泣きポイントにうっかりはまり後半号泣。期待していなかった分、よけいに不意をつかれました。マネジメントに関して疎いので、初心者向けで楽しく少し勉強にもなりました。

「マネジメント」に興味があり観てみた。野球部にどのように取り入れるかという点が良かった。ただ、高校野球好きな自分としては、色々とツッコミたくなってしまう。

面白かった。マネジメントの基本の基本的なことを野球を通じて学べるのがいい。組織である限りどんな場面でも使えると思った。ドラッガーの意味合いを薄めながら、後半は青春映画となっています。

あらすじ

川島みなみ(前田敦子)は、7月半ばに病で倒れた親友・宮田夕紀(川口春奈)を引き継ぎ、夏の甲子園の予選を1回戦で敗退した都立程久保高校野球部に代理マネージャーとして入部します。

みなみは野球部を甲子園に連れて行くという目標を立てますが、エースの浅野慶一郎(瀬戸康史)をはじめ、ほとんどの部員は練習をサボってばかり。さらに監督の加地誠(大泉洋)は見て見ぬふりをしています。

そこで、みなみは本屋に立ち寄り、店主(石塚英彦)にマネージャーについて書かれた本を尋ねます。すると店主に、世界中のマネージャーが読んでいるという「マネジメント」という本を薦められ購入。

自宅に帰り読んでみると、その本は、経営学者ピーター・ドラッカーの組織管理論手引書「マネジメント」という本で、経営学の本でした。みなみはスポーツとは違う分野の本を買わされたと思いましたが、せっかくなので読み進めるとある文言が出てきました。

「マネージャーとして、始めから身につけていなければならないといけない資質が一つだけある。才能ではない、真摯さである」

みなみは、この文言を読み、もしかしたらこの本の理論を野球部に活かせるかもしれないと考えます。その後、早速、本の理論に従い、夕紀や後輩マネージャーの北条文乃(峰岸みなみ)、野球部の補欠部員でドラッカー愛読者の二階正義(鈴木裕樹)に協力してもらいながら、野球部員たちと向き合っていきます。

まずは、部員同士の信頼関係を築き上げ、見て見ぬふりだった監督に部員たちが本音をぶつけたことにより、部全体がまとまってきます。部員たちは真摯に練習に取り組み、少しずつチームのレベルが上がってきて、甲子園出場も狙えるまでに。

そして、みなみたちにとって最後の甲子園予選が始まります。都立程久保高校野球部はトーナメントを勝ち上がっていき、明日は決勝戦という時、彼らにとって衝撃的な出来事が起ります。

見どころ

感想コメントにも多くありましたが、高校野球をテーマにした青春映画で、経営マネジメントが学べるというところがこの映画の最大の魅力です。難しい経営学を身近な高校の野球部で説明してくれるので、分りやすく基礎が学べます。

会社など社会でも野球部などの部活でも、何をするにも1人でできることには限りがあります。マネジメントはグループや組織の支えてくれる仲間達との人間関係を円滑にしながら効果や効率を発揮するために必要だということが、この映画を観て分るはずです。

スタッフ

監督:田中 誠
原作:岩崎夏海
脚本:岩崎 夏海、田中 誠
製作:森川 真行
製作総指揮:秋元 康、濱名 一哉、吉田 正樹
音楽:服部 隆之
主題歌:AKB48「Everyday、カチューシャ」

キャスト

川島 みなみ(かわしま みなみ):前田 敦子
主人公。都立程久保高校の2年生。明るく社交的な性格。少々早とちり。初心を貫き通す強い意志と行動力を持つ。

宮田 夕紀(みやた ゆうき):川口 春奈
みなみの親友。おしとやかで心優しい性格。幼少時から病弱で、入退院を繰り返している。

北条 文乃(ほうじょう あやの):峯岸 みなみ
みなみ・夕紀の後輩。学年トップの秀才。内気で人見知りが激しく、頑固なところがある。

加地 誠(かち まこと):大泉 洋
社会科教師で野球部の監督。程高時代、野球部で野手を務めていたOB。

浅野 慶一郎(あさの けいいちろう):瀬戸 康史
2年生。野球部エースのピッチャー。

柏木 次郎(かしわぎ じろう):池松 壮亮
2年生。野球部のキャッチャー。チームの中ではムードメーカー。

星出 純(ほしで じゅん):入江 甚儀
2年生でキャプテン。

二階 正義(にかい まさよし):鈴木 裕樹
2年生で補欠。礼儀正しく、最初からみなみを歓迎している。

朽木 文明(くつき ふみあき):矢野 聖人
2年生で外野手レギュラー。

田村 春道(たむら はるみち):野村 周平
野球部の新入部員。右投げ左打ち。

宮田 靖代(みやた やすよ):西田 尚美
夕紀の母親。

書店主・保谷:石塚 英彦
マネージャーの本を探して書店に入ったみなみに、何の気なしに「マネジメント」を渡す。

書店の客:青木さやか

 

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

もしドラ(映画)の感想

20代女性
20代女性

この映画は非常に面白かったです。原作となる小説、アニメ共に見ていたので映画も気になりつい見てしましました。まずは、この作品自体を制作することにした発想自体がとても面白いかったです。普通はマネジメントと聞いたら誰でもどうしても難しい印象が出てきそうですし、それがこの物語のような学生たちであれば尚更のことだとも思います。そして主人公が本屋さんで買ったものはあくまで起業をする為のマネジメントについての本で、彼女は野球部の新人マネージャーという、世界がかけ離れているようなものでしたが、起業することを部活動の行動に置き換えて考えていたことは本当に凄いと思いました。これは見ていてとても良い勉強になりました。簡単に見えてもなかなか普通には出来ないことだと思います。そして更にこの映画の主演を大人気アイドルのAKB48の前田敦子さんにすることによって、若者にとっても入りやすい作品になったことがとても良かったと感じました。どうしても難しく見えてしまいそうなこの作品の内容をあえて柔らかく見せて表現することによって、更に多くの人々にこの作品を知ってもらうきっかけになったのではないでしょうか。もちろんこれは部活動に限ったことではないと思いましたし、青春時代だからこその、真っ直ぐさと夢に向かって諦めないというのもひとつの作品テーマだったのではないかと思いました。

30代男性
30代男性

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」は、高校野球の弱小チームを強くしていくためのプロセスを描いた映画となっていますが、ストーリーそのものがなんとなく人生のヒントになりそうな、そんな気がしました。主人公の女子マネージャーが経営学の本を読み、それをもとにチーム改革に乗り出すというのがメインストーリーですが、要するに弱小高校の場合には、選手の個々の力が強豪校に比べてかなり劣っている状況であり、強豪校と同じような取り組みでは、実力差はうまらないと思ったのです。普通に頑張ってもダメな高校の場合、頑張り方を変えないといけないといけないわけで、映画で描かれているような通常ではありえないようなアプローチの仕方というのが必要になると言えるのではないか?と思いました。そして、どうせ頑張ってダメだと思うならば、頑張り方を変えるべきという発想は、私にとっていい意味で人生に生かせそうな部分に感じたのです。アニメとストーリーそれ自体はほぼ一緒だと思いましたけど、この映画は実写ですからよりリアリティが感じられたと思います。また、高校野球がテーマにはなっているものの、マネージャーが主人公と言うのはなかなかないので、そういう意味ではかなり新鮮に感じました。

40代女性
40代女性

仕事に役に立つと言ってもビジネス書なんて面白みのない本を読み進めるのは大変です。もしドラという名でブレークしたものの小説バージョンだって、表紙には可愛らしいマネージャーの絵は出ていて親しみやすいけれども活字拒否症の方もいるでしょう。そんな時には映画バージョンがおすすめ、ドラッカーの考え方をしる入門書として最適です。ただ、その理論を伝えやすいようにご都合主義なストーリー展開となっている部分はあります。あくまで物語の世界のお話、ですが大なり小なり現実世界にも生かせる部分はありそうです。マネジメントというと仕事関係だけのようですが部活動など様々な人間関係が交錯する場面で活用できるのです。遠い世界ながら勉強になりました。この調子で、小難しいビジネス書の内容がどれもこれも映画化してくれれば楽で良いのにと思えます。高校野球の主役はなんと言っても球児たち、でもこのドラマだとむしろマネージャーにスポットライトが当たります。何しろ最初は野球部さえなかったところから選手を集めて甲子園を目指すのですから、その功績は立派です。偶然勘違いによって手に取ることとなったマネジメントの本、でもマネージャーとなる人はぜひ一度は読んでおいた方が良さそうな本と思えました。

20代男性
20代男性

まずこの映画のタイトル通り、もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら、その野球チームはどのように変わっていくのか、さらには主人公の川島みなみがどのようにマネジメントの本を通して実際に生かしてくかが非常に魅力的な映画です。これだけは言いたいことが、仕事をする社会人はもちろん、学生などでも立場上みんなをまとめ、引っ張っていく、押し上げていくポジションにいる人は必ず見るべき映画です。ドラッガーの「マネジメント」という本の内容を非常にわかりやすく体現しています。そもそもマネジメントとはなんなのか。マネージャーはどんな役割があるのか。どうすれば、どうなればマネジメントができている状態といえるのか。どこに目的を置くべきなのか。非常に考えさせられる内容でした。今現在、自分は何を考え、だれのために、どんなことを、いつまで、どのようにやろうとしているか。はたまたなにもやっていなかったなら、これから何をどうのようにやればいいのかまでわかるまさにビジネス、自己啓発系の映画でいままでにない切り口として女子高生を主人公に描かれています。だからこそ、マネジメントの本を読んでもわかりにくい表現や単語、言い回しに惑わされることなく、高校生でもわかる、なんなら女子高生でもわかるとハードルを下げて本の内容をかみ砕きまくった作品となっております。繰り返しになりますが、ぜひ仕事をする社会人はもちろん、学生などでも立場上みんなをまとめ、引っ張っていく、押し上げていくポジションにいる人は必ず見てください。そしてマネジメントに触れ、必ず実践してください。ちなみにストーリー自体はよくあるベタな映画です。自分の青春時代も一緒に振り返ってみてください。

 

30代男性
30代男性

どちらかと言えば、高校野球の女子マネージャーと言うと、「男子が野球をする格好良い姿を見たい」とか「頑張っている男子を応援したい」というようなカッコいい男子といる時間を作るためになるイメージが強いですが、この主人公の川島みなみは「野球部を甲子園に連れて行く」という明確な目標を立てて取り組むことに力強さと逞しさを感じました。しかも、全国の中でも有力校が揃う激戦区である西東京地区で、しかも、当時のみなみの学校は弱小校でその目標を実際に野球をする立場であるメインの監督や部員達が現実的に捉えられない中で、謂わばただ一人取り組んでいったわけで、こんな人がいれば社会も安泰だなと思える様でした。そして、目標達成の為にマネジメントを学ぶことを決意してドラッカーの「マネジメント」を購入した後には、その難しさに最初は後悔もしていましたが、徐々に夢中になっていき、その内容を野球部の組織作りに応用させてしまう実践力にはただただ天晴れの一言で、実際に野球部がどんどん勝ち進んでいく様は見ていて感動しました。ドラッカーについての説明もわかりやすくされており、単なる作り話の世界でなく、変化の激しい現在の私達の生活にも活かせるものが多いストーリーの映画だと思います。

 

まとめ

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

前田敦子のU-NEXT配信作品

【映画】

  • イニシエーション・ラブ
  • 散歩する侵略者
  • 町田くんの世界
  • 探偵はBARにいる3
  • 食べる女
  • さよなら歌舞伎町
  • 素敵なダイナマイトスキャンダル
  • モヒカン故郷に帰る
  • 武曲 MUKOKU
  • 苦役列車
  • 葬式の名人
  • もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
  • あしたの私のつくり方
  • クロユリ団地
  • 旅のおわり世界のはじまり
  • 伝染歌
  • コンフィデンスマンJP ロマンス編

【ドラマ】

 

川口春奈のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました