MONSTERZ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

SF
映画『MONSTERZ モンスターズ』本予告 2014年5月30日公開

MONSTERZ モンスターズの動画フルを安全に見る方法

『MONSTERZ モンスターズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『MONSTERZ モンスターズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

MONSTERZ モンスターズの内容

映画『MONSTERZ モンスターズ』は、2014年5月に公開されました。

原作は韓国映画「超能力者」で、超能力を持つ人間とその能力が唯一効かない人間の戦いを描いた作品です。

韓国での大ヒットを受け、世界中から「超能力者」のリメイクのオファーがあり「デスノートシリーズ」のスタッフ陣が争奪戦を制し、日本でリメイク版を製作することになりました。

監督は「リング」や「仄暗い水の底から」などホラー映画を得意とする中田秀明さん。主演には、今作が初共演となる日本を代表する俳優の藤原竜也さんと山田孝之さん。ヒロインには石原さとみさんが抜擢され、豪華な顔ぶれとなりました。

内容は比較的単純で、超能力が使える男とその能力が唯一効かない男の戦い。あまり難しく考えないで観れるシンプルな映画です。

藤原竜也さんは目で演じる役者ですね。その演技に引き込まれます。派手なシーンも多少あるので、退屈しませんでした。

サイコパスで狂気じみた役をやらせれば、藤原竜也に敵う俳優はいないですね。代償はあるにせよ、人を自由に操れる能力を一度は使ってみたい。

最近の山田孝之さんはコメディチックな役柄が多かったので、この映画のような真面目な役が新鮮でした。ただ、みんな静止しているのに山田孝之さん一人せっせと働く姿は、どこかコントのように見えました(笑)

あらすじ

“男”は目に包帯を巻かれ、母とともに逃げている。それを追う父は「あのガキは忘れろ」と言い、母を連れて帰ろうとする。包帯を取った”男”は父を凝視すると、父が自分の首を折って絶命してしまう。

20年後の2013年。”男”は視界に入る人間を操れる能力を持っていた。しかし、その能力には代償があり、力を使うと体の一部が壊死してしまう。そのため、”男”に右足の膝から下はなく義足を使用していた。

“男”はフリーマーケットで能力を使い人々を操るが、そこで操られずに動き続ける田中終一(山田孝之)に遭遇する。自分の能力が効かないことに驚く”男”であったが、田中が目の前で交通事故に遭い安心する。

事故に遭った田中は、全治4~5ヵ月の重症だったがわずか3日で退院する。田中は驚異的な回復力を持つ人間だった。

田中がまだ生きていることを知った”男”は、唯一操れない田中を抹殺しようと行動がエスカレートしていく。

見どころ

藤原竜也の眼差し

藤原竜也さん演じる”男”は、眼差しで人々を操るため、目のアップを重点的に撮影することが多かったようです。藤原さんは「ぼくの目の撮影は2時間くらいで、後の10時間は山田孝之さんのアクションシーンの撮影がほとんど。だから、山田さんに注目して!」と謙遜していましたが、その目の演技は迫力があり圧巻でした。

アクションシーン

今作のアクションシーンはCGを使用しないで撮影をしました。エキストラの方もすべて生身で、群衆に追われるシーンで山田孝之さんは身体がボロボロになったそうです。

生身でのリアルな表現のため、迫力があり見応えのあるアクションシーンに仕上がりました。

スタッフ

原案:キム・ミンソク
監督:中田秀夫
脚本:渡辺雄介
音楽:川井憲次

キャスト

“男”:藤原竜也
視界に入るものを自由に操れる能力を持つ。能力の代償として、力を使うと体の一部が壊死していく。

田中終一:山田孝之
“男”の能力が唯一効かない人物。驚異的な回復力を持つ。

雲井叶絵:石原さとみ
終一の交際相手。

雲井繁:田口トモロヲ
叶絵の父親。

ジュン:落合モトキ
終一のLGBTの友人。

晃:太賀
終一の友人。

男の父:三浦誠己
息子の能力に恐怖を感じ息子を遠ざける。”男”に死に追いやられる。

男の母:木村多江
能力を持つ息子をかばい続ける。

押切奈々:藤井美菜
遺伝子工学に詳しい警視庁の捜査官。

柴本孝雄:松重豊
終一の能力を知る刑事。

終一を襲う格闘家:川尻達也

終一を襲う格闘家:林田直樹

銀行強盗の男:森下能幸

マッチョの半裸男:平山祐介

赤ん坊の母:松岡恵望子

 

『MONSTERZ モンスターズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

MONSTERZ モンスターズの感想

 

20代男性
20代男性

まず私は「カイジ」「バトルロワイヤル」などで藤原竜也の大ファンとなり、そんな時期にこの作品と出会ったので見たのがきっかけでした。彼の高い演技力と叫ぶシーンでファンになったのです。そしてもう一人の主人公である山田孝之の大ファンでもあり、二人がぶつかり合う映画でもあったのでとても楽しみにしながら見ました。設定は漫画っぽく超能力者どうしのぶつかり合いがテーマとなっており、実写でそれをやり遂げています。CGや演出が非常に手が込んでいて、迫力満点のアクションシーンを描き出しています。アニメ顔負けの迫力になっているのがこの作品の大きな目玉だとおもいます。よくありがちである実写映画さながらのしょぼさはまったくなく、安心してみることができます。話のテーマとしても正義と悪のわかりやすい対決の構図となっているので広い世代に理解しやすいものとなっており、だれにでも安心しておすすめできるものとなっております。グロテスクなシーンもあまりないので、人と一緒にみやすいのもいいところだと思います。想像もつかないようなシーンがたくさん続くので最後まであきることなく見進められると思います。個人的に自分の地元が大きく舞台として使われていたのでそこもうれしかったです。

20代女性
20代女性

人間を操ることの出来る男と、その男の能力で唯一操られることのない男の戦いを描いた作品です。人間にはない能力を使った戦い、と聞くと漫画のような華々しいバトルが思い浮かびますが、この作品には基本的にそのようなシーンはありません。大勢の人間を操って、自分の思い通りにならない男を殺そうとする。異常なほどの執念を燃やす能力を持った男の姿に恐怖を感じる人も少なくないでしょう。またかなりショッキングなシーンや流血描写が多い作品なので、そちらが苦手な人は鑑賞する際は気を付けてください。ただ、この作品はただの能力系映画ではありません。この作品で重要視されているのは「人と違う人はどのような孤独を背負うか」というテーマのように思います。能力を持つ男も、操られない男も、どちらもその境遇などから「孤独」を覚えるシーンが多数あります。そういった孤独感にどう向き合っていくことで人生が変わるのか。誰しもが一度は覚えるであろう孤独感に対しての異なる向き合い方を、この作品は「本来、人間にはない能力」を明確な孤独の理由として中心に置くことで、分かりやすく伝えてくれていると思いました。そしてその向き合い方の末にあるのが、戦っている2人なのだと気付けます。誰もが彼らのように血みどろの戦いを繰り広げるほどの争いに発展することはありませんが、戦う2人をひとつの未来像として想像するとより孤独に対しての向き合い方が現実味を持つのではないかと思える作品でした。

 

50代女性
50代女性

前半は凄く不気味でドキドキし誰でも操れる男とその男に操られない無敵の男の話を楽しむことが出来ました。後半警察が動き出してからは警察があまりのも情けない状態なので、少しイライラしました。実力派俳優である藤原竜也と山田孝之が共演するということでかなり期待しながら見ましたが、その期待を満足させてくれる面白さがありました。能力を使いすぎると自分の体を蝕むという描写がありその痛がるシーンなどさすが藤原さんだなと思いました。藤原さんというと、善人の役柄が多いのにこの作品では完全なる悪人で藤原竜也さんの目力がすごく、この作品にぴったりだったと思いました。山田さんも藤原さんが操れない唯一の人間を見事に演じていたと思います。木村多恵さんも出演しており彼女の悲壮感漂う演技はとても良かったです。藤原さん演じる他人に受け入れられない能力を持っているがためにどうしようかブレている感じなんかもわかりやすく伝わって来ました。韓国映画のリメイク版という話ですが、韓国版を見たことがありませんがこの作品を見て韓国版のほうも見てみたくなりました。全体的に重たい雰囲気で暗い感じがしましたが、それでも面白くさすが演技派の俳優さんたちだと思いました。

40代女性
40代女性

相手を意のままに操る能力・驚異的な回復力という能力、それぞれ不思議な力を持つ男たちが主人公です。終一という名も「終わり」という文字が不吉、もう一方の藤原竜也さん演じる男は名前が無いままにストーリーが展開していくというのがいいです。そんな力を持っているなら世の中渡っていくのは簡単、そう思えますが実際にはその力の代償として身体の一部が壊死してしまっています。それに孤独の中で人と関わることなく生きてきて、寂しい男たちなのです。でも能力は違えども、同じ悩みを持つ二人が出会うことが出来て本当に良かったなと思えます。これで将来にちょっとでも希望を持つことが出来て普通に生きていくことができるならいいのですが、そうはうまくはいきません。なぜ能力を使い過ぎると駄目だと分かっていながら無駄に発現してしまうのか、視界さえ奪えば良いのに不用意に視界に入って操られる警察官などツッコミどころは多かったです。ただ藤原竜也さんと山田孝之さんがダブル主役で活躍するという点ではいいものを見せてもらったという感はありました。知られたくないけれど知ってほしいという気持ちは何となく分かります。言わなかったけれど、男は初めて親友を手に入れたのです。

30代男性
30代男性

藤原竜也と山田孝之。このネームバリューだけで、映画ファンとしては興味が沸いてくる。主役対主役、同世代の演技派、とにかく二人が好きな方は迷わず観ても良いと思う。内容は、二人のモンスターが対峙するストーリー。操る男と唯一操れない男。操る男と死なない男。モンスターとモンスターなのに普通の暮らしをしている男。見方はそれぞれの見解で異なるもの、能力がある、ない、を問わず人はモンスターに成り得るモノなのか?と、観ていて感じた。そして、内容に固執せずとも役者二人の迫真の演技合戦で、充分に楽しめる作品だと思います。描写はグロいシーンもあり、人が簡単に支配されてゆく様も狂気である。しかし、CGをうまく使った効果、表現と心づもりしておけば、目を背けたくなる様なトラウマ描写は無いに等しいかと思います。藤原竜也が演じる”男”の能力で操った人間達が、山田孝之演じる、終一を飲み込んでゆく様は必見です!死なない身体、というだけで、終始受け身な終一。多勢に無勢に、人は飲み込まれる…という描写も手に汗握る!そして、ラストの二人に訪れた結末は?アノ言葉の意味は?それも、観るモノの見解で異なるもの。二人のファンではなくとも、エンターテイメント作品として充分に楽しめる作品だと思います!

 

30代女性
30代女性

主演俳優が藤原竜也さんと山田孝之さんという非常に豪華な映画です。みんなを操れる男と、唯一操られない男という矛と盾のような関係がドキドキさせられる作品でした。超能力を駆使したバトルに、俳優2人の迫真とした演技が合わさって序盤から迫力のある展開でした。サスペンス調ですが、主人公の能力や戦いの動機などの設定が非現実的なのであまり感情移入する場面はなく、どちらかというとバトル映画のようなイメージでした。設定がチートなのでとにかく2人とも強いのですが、これまで漫画が原作の作品に多数出演されていたこともあってか主演2人が凄い能力の役をわざとらしくなく、さらっと演じていたように思います。序盤からダラダラすること無く、テンポよく展開が進むので見応えがあります。メインの2人以外にも周りのキャストやエキストラも豪華でした。主人公の考えが屈折していたり、少しホラーな要素があるのでダークなものが好きな方には良いのかなと思います。内容はわりとシンプルで分かりやすいのと、設定がかなり振り切っているので、普段からバトル系の漫画やその実写作品が好きな方におすすめしたいような内容でした。自分がこの能力を得たら何をするかな、など思わず妄想してしまう作品です。

30代男性
30代男性

いわゆる超人的な能力を兼ね備えた男二人のバトルを見ているようでかなり不可思議な時間が流れていく感覚がありました。設定自体がもう常軌を逸しているので気になるところやさすがに普通に考えたら突拍子もなくありえない展開が目白押しなので少し笑える気持ちにもなってしまいましたが個人的にはとても面白かったです。この作品の原案が超能力者というものがあるらしいんですが巧く日本風味に演出している感じがあるためなそんなに嫌悪感なく観ることができましたがグロテスクな描写が比較的多めになっているので家族で観るような作品ではなくちょろっと休日とかにブレイクするときに観てみると刺激的な気持ちになれりような作品内容になっています。主人公の設定が明らかに癖のある変なキャラクターかつ特殊な能力の持ち主なのでまさに藤原竜也さんうってつけの役だったかと思いました。あいかわらずの奇人ぶりの演出がダークな雰囲気になっていて彼らしい独特な立ち回りがとても見応えがありました。山田孝之さんの方はどちらかというと淡々とした静かなる雰囲気があってクールな印象が残りましたが上手い具合に作中における二人の関係性が可笑しくてずっと観ていられる内容で楽しかったです。

20代女性
20代女性

藤原竜也の目力は、格別でした。山田孝之も、化け物としてそれにふさわしい雰囲気がはなたれていました。この2人に代わる役者はいないなと思いました。とにかくキャスティングが絶妙でした。ストーリーの内容としては、味方だった人が、自分を襲ってくるというのは恐ろかったです。それと同時に哀しい気持ちにもさせられました。実際に起こることは絶対にあり得ないですが、人を操ることができるということに、少し興味を持ちました。この作品を観ていると、なぜか昭和時代をイメージさせられます。昭和時代の次の平成に生まれた私にとっても、なぜか懐かしいような感じがして観ることができました。全体的に残虐なシーンが多いですが、笑える場面も含まれていて、観ていて飽きないと思います。現実ではありえないストーリーであるからこそ、本当に現実で起こったらどうなるだろうと想像することにも、面白さを感じることができます。私は、これからDVDを買おうかなと迷っているところです。現実的な内容でないからこそ、この作品を観て現実逃避するのをオススメします。ただし、グロテスクな映像が苦手ではない人に勧めます。最近特に人気の、石原さとみも出演しているので、彼女の演技も見どころではないかと思います。

50代女性
50代女性

韓国映画「超能力者」のリメイクだったとは…鑑賞中、既視感に見舞われたのはそれだったのですね。「超能力者」は2010年公開。監督 キム・ミンスク 主演 カン・ドンウォン、コ・ス。原題に「HAUNTERS(ハンター)」とあります。日本映画「MONSTERZ」は2014年公開。監督 中田秀夫主演 藤原竜也、山田孝之。どちらのタイトルもしっくりきています。そして主演2人の役回りにもピッタリです。人には言えない力を持ってしまった2人…迫害され親にも見捨てられ、その力を憎悪にしか向けられない1人と、力を隠し社会に溶け込もうとする1人。ある事柄がきっかけで交わることになった2人。決して交わらない2人は周りの人々を巻き込み不幸にしていく。居場所の無くなった1人も、懸命に戦う1人も、底では互いの力を理解し正そうとしている。藤原竜也の苦悩、山田孝之さんの苦悩…そのせめぎ合いは必見です。石原さとみさんが2人に翻弄されます。自分が犯した行動を知り、苦悩します。こちらの苦悩が一番辛かった。この映画のジャンルは何になるのだろう?サイコパス?中田監督作品だからホラー?それとも恋愛映画?枠を取っ払って観て欲しい…そんな作品です。

30代女性
30代女性

2014年の邦画。見るだけで人を操ることができる謎の男(藤原竜也)がトラックにひかれても驚異の回復力で、傷がたちまち治ってしまう男、田中終一(山田孝之)と様々な人間たちを巻き込みながら戦う映画である。カメラワーク、ストーリー構成なども申し分ない。なんでも思い通りに人を操っていた男が、操れない男が現れたため俺の世界から出て行けと、理不尽極まりない理由で男が執拗に関係のない人々を操り、終一に急に無表情になった人間たちが次々と襲い掛かるさまは、ハラハラしてしまうし、なかなかの恐怖感だ。出演俳優たちはそれを見事に表現できてており、男役の藤原竜也もこの男のねちっこさや、暗さ、内面的な弱さ、悪さなどをよく演じきっている。それと対照的に田中終一の明るさやいい奴感を山田孝之も見事に演じていて、ますます男の暗さを表現できている。男が人々を操ろうと力を使うとき白く目が光るのが、どこか忍者漫画のナルトを彷彿させる。シリアスなシーンばかりではなく終一の友人のキャラクターもすごくたっていて、そちらも見どころだ。少しクスっと笑えるシーンもある。男がどうやって今まで生きてきたか過去の映像もあり、飽きることなく、なんなく集中して見ることができた。

 

まとめ

『MONSTERZ モンスターズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました