物置のピアノ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
内気な少女が成長を遂げるストーリー!映画『物置のピアノ』予告編

物置のピアノ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『物置のピアノ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『物置のピアノ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

物置のピアノ(映画)の内容

映画『物置のピアノ』は、2014年9月に公開されました。

監督は、阿部寛さん・仲間由紀恵さんのW主演映画『トリック劇場版2』において堤幸彦監督の元で助監督、『20世紀少年(全3章)』や『はやぶさ/HAYABUSA』で現場編集などを経験を積み、満を持して本作で初監督を務めました。

物語は、福島のある桃農家に生まれ、ピアノに魅せられたひとりの少女の姿が描かれており、主演の少女を芳根京子さんが務めました。本作が初主演にも関わらず、主人公の心の中にある葛藤を巧く表現しております。

風評被害、家族と思春期の悩みに将来の不安などが描かれているものの、落ち着いた雰囲気で物語は進んでいきます。
別れと出会いを繰り返していき、それぞれの境遇の中で元気を貰い、元気を与え明るい明日になれば良いなと思える映画でした。

さまざまな苦難のなかで、心身ともに成長していく芳根さんの演技が見ごたえがありました。その中でも特技であるピアノを披露している部分は圧巻でした。手先が器用そうな彼女の桃の皮むきが下手なところは可愛らしさを感じましたが、そういう細かい演技が出来るようになる女優さんだと思い、今後に期待です。

とても良い映画で、家族で見ることをオススメします。
押し付けがましくなく、ドラマチックな部分もないですが、切実に故郷を描いており、想像以上に優しい作品でした。

桃農家のおじいちゃんの悲しみが凄く切なかったです。私は、あの時気にせずに桃を買っていただろうか?と反省させられました。
ピアノの曲に癒されますし、休日の午前に見て欲しい作品です。

あらすじ

日本中に大きな傷跡の残した東本大震災から1年が経過した2012年の夏。

福島県で桃農家を営む宮本家の次女・春香(芳根京子)は不器用で臆病な性格をしております。そんな彼女の安らげる居場所は、ピアノが置いてあるうす暗い物置だけでした。そしてピアノを奏でることは、幼いころに亡くした弟の償いでもありました。

ある日、東京の大学に通っていた長女・秋葉(小篠恵奈)が突然帰省してきました。器用で人当たりのいい秋葉は春香とは正反対な性格。そんな姉の帰郷に動揺する春香は、ピアノを弾いては心を落ち着かせていました。

そんな中、放射線などをめぐる桃への風評被害が祖父(織本順吉)を苦しめていきます。春香のことを優しく見守ってくれ、彼女にとっての唯一の理解者で味方である祖父のために、ある決断をします…。

見どころ

震災による脚本の改変

本作は2011年3月11日の東日本大震災が起こる前に企画された作品です。この震災において、物語の設計が全て変わってしまい2年ほどかけて脚本を書き直したそうです。

震災以降、震災や原発によって苦しめられた人々の姿を世間に知ってもらう上で重要な意味を持った作品の一つです。震災ものを扱う映画は『政治や社会問題』と『住民の暮らしや家族関係』のどちらかがメインとなっているかと思いますが、典型的な後者の作品で、どういった影響を与えているかが描かれております。

ドキュメンタリーでもない限り、悲惨で壮絶な環境の作品にすると観ている方が辛くなってしまい、逆に娯楽に走りすぎると不謹慎でリアルさも欠落してしまう。実態から遠すぎず近すぎずを表現するのが非常に難しいテーマです。

そんな本作は、監督を筆頭に平均年齢32歳程度と若き作り手たちが挑んでおり、物語の改変をしているにも関わらず、しっかりとした作品に仕上げているので、拍手を送りたいです。

芳根京子の初主演映画

本作の主人公・春香役はオーディションで選出され、見事に勝ち取ったのは芳根京子さんという素晴らしい女優の卵でした。

17歳にしては幼い感じはしますが、綺麗な顔立ちと凛とした雰囲気と佇まいが素晴らしい。初主演ということもあり、少し演技はかたかったですが、彼女自身のやる気と、オーディションを勝ち上がった実力・魅力・根性・天運はまぎれもなく本物です。

輝きすぎるヒロイン・春香を演じた芳根京子さんを世に知らしめた作品です。

スタッフ

原作:原 みさほ
監督:似内 千晶
脚本:斎藤 三保
製作:武重 邦夫
音楽:丸山 明文
主題歌:「Little Melody」kainatsu

キャスト

宮本春香:芳根京子 / 佐々木優和(5年前)
高校3年生。消極的な性格で、ピアニストの夢を家族に打ち明けられずにいる。

宮本秋葉:小篠恵奈 / 佐々木祐芽(5年前)
大学3年生。春香とは正反対の性格で、東京の大学に通っていたが、突然帰ってくる。

宮本颯太:今江佑翔
心優しく愛らしい笑顔で家族を明るくさせてくれる宮本家の末っ子。

会川康祐:渡辺貴裕
浪江からやってきた仮設住宅の男の子。宝物は母に買ってもらったトランペット。

斎藤加奈子:西野実見
春香の親友で吹奏楽部に所属する女子高生。

宮本賢一:平田満
春香、秋葉、颯太の父。町役場の産業振興課に勤務している。

宮本恵子:赤間麻里子
春香、秋葉、颯太の母。正賢の桃園を手伝っている。

木島冴子:神田香織
木島ピアノ教室を営んでいる先生。

会川康二:佐野史郎
康祐の父。

小林健司:長谷川初範
東京から赴任してきた吹奏楽部の顧問。

宮本正賢:織本順吉
春香、秋葉、颯太の祖父。桃農家を営んでおり、春香の唯一の理解者で味方。

 

『物置のピアノ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

物置のピアノ(映画)の感想

 

20代女性
20代女性

私は、映画『物置のピアノ』を観て、「ピアノによって変わっていく主人公の姿」と「震災後の被災地の様子」が特に印象に残りました。まず、ピアノによって変わっていく主人公の姿についてです。この映画では、主人公でピアノを弾くことが好きな少女が、少しずつ成長していく姿が描かれます。主人公は、内気で大人しく自分の気持ちをはっきり伝えることができません。そんな主人公が、大好きなピアノや周囲の人々との交流を通して、自分と向き合い前向きに生きる強さを手に入れていきます。時に辛い経験をしながらも、徐々に自分を変えていく主人公の姿が健気で可愛らしく、勇気と癒しをもらいながら観ていました。次に、震災後の被災地の様子についてです。この映画は、福島県桑折町を舞台にしていて、東日本大震災から約1年が経過した町の様子が描かれています。被災した町の風景も元に戻りつつあり、人々も震災前の日常を取り戻しつつあります。しかし、まだ復旧工事の途中である様子があったり、美味しい食べ物が風評被害によって思うように食べてもらうことができなかったりと、震災の爪痕が残っていることも描かれています。震災後の被災地の様子がリアルに描かれていて、震災を風化させてはいけないという気持ちになって観ていました。

30代女性
30代女性

東日本大震災から一年が過ぎた福島の小さな田舎町。桃農家の姉妹の葛藤と成長を描いたヒューマンドラマ。今、日本が抱える農家の後継問題。更に、農家への風評被害。その名kで、家族の将来への不安・家族との絆が描かれている。薄暗い物置に置かれたピアノとリンクする17歳女子高生のヒロインは、ピアノを弾いている時が唯一、心安らぐ時だった。東京から帰って来た優秀な姉への劣等感・弟の死への罪悪感・思春期の悩みを抱える。背負いたくないのに背負うことになった福島の風評被害を重くならないように伝えたかった、分かってほしいという願いが込められている気がする。コロナの影響で遠出ができない中、田舎の自然あふれる美しい風景が心和ましてくれる。桃農家の日常を覗き見したような感じだ。自分の家族について振り返る良い機会にもなった。本作の製作中に震災があり、その後、8年経って完成した映画だそうだ。震災のシーンは殆ど、出てこないし、幼い弟が亡くなったのも震災とは関係ない、水難事故だ。震災に遭われた人たちへの配慮からだろう。震災に遭われた人たちのことを忘れないで欲しいという思いを感じる。多くの人たちに観て貰いたい映画になっている。

 

30代男性
30代男性

素朴な物語がとても似合うヒロイン。芳根京子さんはこう使うのがいい、というお手本のような作品。朝ドラにも通じるピュアさを違和感なく発揮できる素材を持っている女優は意外と多くない。実際、今では立派に朝ドラ女優になったし。そして、そのピュアさは限られた年代でしか発揮できない。この奇跡のような時間に、芳根京子が女優として生きていることに感謝せずにはいられない。今だったら、こんな作品には出演してくれないんじゃないかとさえ思ってしまう。物語の主題は震災のその後。原発事故や汚染問題、農家の後継者問題、仮設住宅での暮らし、高齢化、風評被害など、さまざまな社会問題が盛り込まれており、その中で生きていくことの過酷さが明確に描かれている。特に風評被害のシーンは怒りがこみ上げてくる。本当にこんな人が存在していたのだとすると残念でならない。演出上のことだと願いたい。このつらすぎる現実の中にあって、主人公のピアノは現実をしばし忘れさせてくれる美しさがある。そのピアノの音は、その後の希望の象徴なのかもしれない。現実は苦しいけれど、それでも輝く瞬間はある。明日を生きていけば、きっといいことがあると、月並みなことだけど、大切なことを実感させてくれる。

 

まとめ

『物置のピアノ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました