蜜蜂と遠雷(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『蜜蜂と遠雷』予告【10月4日(金)公開】

蜜蜂と遠雷(映画)の動画フルを安全に見る方法

『蜜蜂と遠雷』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『蜜蜂と遠雷』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

蜜蜂と遠雷(映画)の内容

映画『蜜蜂と遠雷』は、2019年10月に公開されました。

原作は、恩田陸さんの長編小説で、第156回直木三十五賞と第14回本屋大賞のダブル受賞作です。国際ピアノコンクールを舞台に、コンクールに挑む4人の若きピアニストたちの葛藤や成長を描いた青春群像小説。

2018年1月、5月、8月には、小説『蜜蜂と遠雷』の”リーディング・オーケストラコンサート”を、作曲家の千住明さんが音楽監督を務め、A.B.C-Zの橋本良亮さんや家入レオさん、三浦大知さんなどが出演し開催されました。

そして、このコンサート終了後の10月から、2017年「愚行録」で長編監督デビューを果たした石川慶さんの監督・脚本で映画『蜜蜂と遠雷』の撮影を開始しました。

若きピアニスト4人には、妻子持ちの社会人ピアニスト高島明石役を松坂桃李さん、日系ペルー人の母とフランス人の父を持つマサル・カルロス・レヴィ・アナトール役を森崎ウィンさん、最年少の風間塵役を鈴鹿央士さん、そして栄伝亜夜役を松岡茉優さんが演じました。

 

天才とはを、凡人の我々にわかりやすく理解させてくれる作品だった。天才ピアニストたちが普段体験できない世界を見せてくれる未知の体験を与えてくれた。新人の鈴鹿央士の存在感が素晴らしい。心を揺さぶられた。

観終わった後、ひさびさにその素晴らしさに震えが来ました。キャストもそれぞれ個性が惹き立ち、無駄を極限まで削り取った台詞、カメラワーク、全て素晴らしかった。本がヒットしたのは知っていましたが、これだけの音楽演奏シーンを、本ではどのように表現しているのか、原作も大変気になりました。久しぶりに必見!おススメの映画です!!

この映画は少しのだめカンタービレを思い出させるものがあるかな?と思った。ピアノの音は素敵だし、オーケストラとして行われる審査のシーンはもう、感無量です。

映像が美しい。自然の素晴らしさが最大限映し出されていて夢中になりました。松岡茉優さんはこの役にピッタリだった。顔で物事を訴えるのが非常に上手い。心震わされる。音楽と自然で伝える気持ちの変化。見ていて面白いし、感動する。言葉で表せない心情の揺らぎがこの映画1番の見どころ。

あらすじ

3年に一度開催される”芳ヶ江国際ピアノコンクール”は、若手ピアニストの登竜門として注目されています。栄伝亜夜(松岡茉優)は、かつて天才少女と呼ばれていました。7年前に母親の死によりショックでピアノが弾けなくなり表舞台から消えていましたが、自分の音を探すために、このコンクールに挑みます。

そんな亜夜は、そこで、高島明石(松坂桃李)マサル・カルロス・レヴィ・アナトール(森崎ウィン)風間塵(鈴鹿央士)、3人のコンテスタントに出会います。

高島明石は、岩手の楽器店で働くかたわら、夢を諦めず、“生活者の音楽”を掲げ、年齢制限ギリギリで最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者。マサル・カルロス・レヴィ・アナトールは、幼少の頃、亜夜と共にピアノを学び、いまは名門ジュリアード音楽院に在学し、人気実力を兼ね備えた優勝大本命。風間塵は、今は亡き“ピアノの神様”の推薦状を持ち、突如として現れた謎の少年。

亜夜は、国際コンクールでの戦いを通し、ライバルたちと互いに刺激し合う中で、かつての自分の音楽と向き合うことになります。果たして亜夜は、いまだ音楽の神様に愛されているのか。そして、最後に勝つのは誰か?

見どころ

一番の見どころは、演奏シーン。映画では各登場人物の個性に合ったプロのピアニストが実際に弾いていて、松坂桃李さん演じる高島明石は、福間洸太朗さんの演奏で、森崎ウィンさん演じるマサルは、日本人の父とハンガリー人の母を持つ金子三勇士さんの演奏で、鈴鹿央士さん演じる風間塵は、藤田真央さんの演奏で、そして、松岡茉優さん演じる栄伝亜夜は、河村尚子さんが演奏しています。

鈴鹿央士さん演じる風間塵の演奏を担当した藤田真央さんは、20歳でチャイコフスキー国際コンクール2位や浜松国際ピアノアカデミーコンクール1位となった実力者。一方、松岡茉優さん演じる栄伝亜夜の演奏を担当した河村尚子さんは、スイスのクララ・ハスキル国際ピアノコンクール優勝、難関の独ミュンヘン国際コンクール2位をはじめ欧州で受賞歴多数。

劇中では、俳優たちがそれぞれピアノを弾いていますが、先生にその役柄に合う弾き方や動きを相談し作っています。先生には、演奏を教える人、実際の音源を弾く人と映像のために弾く人など、1人に3人の先生が付いて演奏シーンを仕上げています。

スタッフ

原作:恩田 陸「蜜蜂と遠雷」
監督・脚本・編集:石川 慶
ピアノ演奏:河村 尚子、福間 洸太朗、金子 三勇士、藤田 真央
オーケストラ演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

キャスト

栄伝 亜夜:松岡 茉優
かつては天才少女と呼ばれていたが、母親の死をきっかけに表舞台から消えていた。自分の音を探すために、コンクールに挑む。

高島 明石:松坂 桃李
楽器店勤務のサラリーマン。妻子持ち。年齢がギリギリで今回が最後のコンクールとなる。

マサル・カルロス・レヴィ・アナトール:森崎 ウィン
このコンクールの大本命。過去に、日本に住んでいた頃、亜夜と一緒にピアノを学んでいた。

風間 塵:鈴鹿 央士
養蜂家の息子で、正規の音楽教育を受けていない。自宅にピアノがない。

高島 満智子:臼田 あさ美
明石の妻。

仁科 雅美 : ブルゾンちえみ
明石の元同級生。ドキュメンタリー番組の撮影のためコンクールを密着。

ジェニファ・チャン:福島 リラ
ジュリアード音楽院に在学する超絶技巧のピアニスト。マサルに思いを寄せる。

ピアノ調律師:眞島 秀和

クロークの女性:片桐 はいり

菱沼 忠明:光石 研
「春と修羅」の作曲家。

田久 保寛:平田 満
周囲からの信頼も厚いベテランステージマネージャー。

ナサニエル・シルヴァーバーグ:アンジェイ・ヒラ
審査員。ジュリアード音楽院の教授。

嵯峨 三枝子:斉藤 由貴
今回のコンクールの審査委員長。有名なピアニスト。

小野寺 昌幸:鹿賀 丈史
本選のオーケストラを指揮する世界最高峰のマエストロ。

 

『蜜蜂と遠雷』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

蜜蜂と遠雷(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

私はピアノというものはそれほど詳しくないですが、習っていたこともあるので、それなりに興味深く見れました。一番、感動的だなと思ったのは、みんなライバルだけどライバルじゃないというか、困ったことがあったら助けていたことです。もう後がないと言われる年齢になったとされる男の人も、若い人も一緒に高みを目指していて、これぞ、本当のライバルだと思いました。いつまでも夢は終えるというけれど、コンクールに年齢制限があったり、将棋も何歳までに上にいかなきゃってのがあったり、実際には期限があります。その切なさもよく現れていて、見ていてキュンとしました。私にはそれほど、音の違いはわかるわけではありませんが、やはり人によって音も違う気がして、ピアノについて前より理解できたような気がします。物語は淡々と進み、所々、眠いなと思うところもありましたが、ピアノコンクールというものに真摯に挑んだ人たちの姿がうまく描かれていていい作品だと思いました。のだめカンタービレのときも思いましたが、こうして聞くと、クラシックってやっぱり普遍性のある音楽だなと思います。この映画で知った楽曲についてはまた、改めて聞いてみたいと思いました。

20代女性
20代女性

この映画何と言っても題名からは想像できない、ピアノコンクールの映画であり、演奏シーンには鳥肌もんです。本当にあるピアノコンクールの話をモチーフにしていて、気持ちが入りやすく、とても感動しました。ピアノコンクールでの賞を目指して必死で練習姿、様々な立場でのピアノコンクールへの熱意などを繊細に描いていて、過去の自分が必死で何かをやっていた事などと重ねながら観ることが出来ます。ピアノ演奏のシーンは本当に演奏のみですが、そのシーンがあることで気持ちが更に入り込まことができます。松岡茉優さんや松坂桃李さんなどキャストもすごく合っていて、なんと言っても1番凄いと思ったのは鈴鹿央士さんで新人で出てきたらしいですが、演技力がすごく、役にぴったりで良かったです。ピアノなど興味ないかたでも、本を読んだことがない人でもものすごく楽しめる作品で、こんな世界があるんだと言う思いと、頑張る姿に過去の自分の姿や周りの人の姿を思い浮かべることができる映画です。何だか人生を考えさせられるような、勉強できるような作品でとても驚きました。見終わった後、すごく何かに頑張りたくなりました。それに辛いことがあっても乗り越えていけることがわかる作品で人生しんどい時にも観たい映画でした。

50代女性
50代女性

俳優陣がみんな素晴らしいのですが、特に新人の鈴鹿央士さんの存在感がすごかったと思いました。新人とは思えないすごくいい演技をしていて、とても良かったと思いました。凡人にはわからない、本当の天才から見える世界というものを味わせてくれました。音楽にあまり詳しくない人でも、音楽の世界に入っていって直接コンクールを見ているような気持ちになる映画だと思いました。松岡茉優さんが、目の演技がとても良かったと思いました。不安と自信の間で揺れ動く心情をとても上手く演じていると思いました。斉藤由貴さんの英語がすごかったと思いました。松坂桃季さんが、さすがの演技力で、とてもいい味を出していて素晴らしかったと思いました。ラストの「万雷」の表現が見事で鳥肌が立ちました。俳優陣の演技全てがとても丁寧できれいで良かったと思いました。最初から引き込まれてしまい、最後まで飽きることなく楽しめました。見終わった後満足感と爽快感に包まれるとても素敵な作品だと思いました。音楽は全てだけれど、コンクールが全てではないということを教えてくれました。とにかく音楽が素晴らしくて、プロというのはこのよう世界の中にいるのだと感じて、片鱗を味わうことができて幸せでした。

50代女性
50代女性

前置きなしでいきなりコンクールの1次予選が始まっているところからスタートし、そのおかげで4人のことがストレートに頭に入って来ました。この映画の中で松坂さん演じるサラリーマンのピアニストが最後のコンクールと決めて出演しています。松坂のピアノを弾く姿が、見事だったので彼はピアノを小さい頃から習っていたのではないかと思いました。しかし、後で知ったのでですが松坂さんはピアノの経験がなくこの映画のためにピアノを練習したと知り、凄い俳優さんだなと思いました。また松岡茉優さん演じる栄伝亜夜がコンクールを通じて自身とピアノに向き合いながら成長していく姿もしっかりと描かれていたと思います。ただ彼女が、なぜピアノを弾けるようになったのかが描かれておらずその部分も描いてくれれば最高だったのにと思います。音楽に関してはまるで無知な私でも、この映画は音楽の素晴らしさを感じることが出来ました。4人の演技が素晴らしくこの4人を選んだ監督さんもすごい人だなと思いました。最後に表彰のシーンがなく、文字だけで結果を伝えているところが才能ある彼らの音楽には、もはや順位は関係ないと言っているようで格好よく感じることが出来ました。

20代男性
20代男性

つい最近の映画で、劇場に足を運んで見に行ったのが記憶に新しいです。松岡茉優や松坂桃李の非常にビジュアルに優れたキャストが主役陣をかざっており、ポスターを見て記憶に残ったのが理由で見に行きました。ブルゾンちえみなども出ていてバラエティ性もあり、主役の脇を固めていて楽しませてくれたのも嬉しかったです。音楽、ピアノが大きくテーマに取り上げられており、競い合っていく面もあり話が大きく展開していくのがとてもたまらなかったです。言葉でより音楽で分かりあっていく姿は音楽家らしい描写も丁寧でかっこいいなと思わず考えさせられてしまいました。原作の小説は読んだことがなかったのですが、とても分かりやすく初見の自分でも十分に楽しめました。芸術度の非常に高い作品で、言葉よりも音楽が目立つところが多く、普通に音楽好きの方にとっても楽しめると思いますし、単純にキャストに惹かれて見たとしても入り口として成り立つのではないのでしょうか。若い人たちがデートで見ても、気品の高い中身の濃い作品なので話題作りにもってこいかもしれません。いろんな入り口が人によってある作品だと思うので、気軽に楽しめるとても良い作品になっていると思います。

 

40代女性
40代女性

様々な天才が集まってステージで競い合う、ピアノコンクールに限らずどこででも行われているドラマです。でもやはり一つの競技を掘り下げてみるのは楽しいものです。時に見かけるコンクールとかでも、優勝者だけでなく一人一人に背負っているもののがあるんだろうなと思えました。負けたから終わりということではなく、更に努力することで優勝したものよりも上のステージを今度は望めるかもしれません。努力したからといって成果に現れるかどうか分からない芸術の世界、大変さが十分に伝わってきたと思います。まずはコンクールの1次予選から始まるこの作品、純粋に音楽を聴くことが好きだという方だけでなく人間ドラマ・青春が見られて誰もが楽しむことが出来る映画だと思えます。ぱっと見はただピアノを弾いている姿を魅せるだけ、でも不安定な気持ちの時には手持ちカメラで揺れ動く様子が出ていたりと上手く映像化できている気はします。ただ心のありようだからこそちょっと表現しにくいのかも、もちろんピアノを弾く間のドラマシーンもありましたがそれだけでは足りません。原作があるみたいなので、細かな心理描写が知りたいというならこちらも併せて見た方が良さそうです。

40代女性
40代女性

わたしは、ピアノを弾くことが、大変好きなので、こちらの映画に興味があり、観ましたが、すごく、ステキな映画だったと、感じております。松岡さんは、とてもピアノを弾いている時は、美しく感じ、魅力的なシーンが沢山ありました。わたしは、4人がそれぞれ、個性あふれるパフォーマンスをしていて、やはり、ピアノの魔力って、まるでキラキラ輝く、宝石の様な美しい気持ちにさせてくれるものだなと、感じました。特に1番忘れられないシーン、松岡さんともう1人の、ピアニストが2人で、どこかのピアノ練習部屋で、夜月を見ながら、月の光を弾くシーンが、鳥肌立つくらい、好きです。わたしも、月の光を弾いたことがありますが、あの名曲は、いつの世も、美しい心と慈しむ愛情が有れば、常に心に響き渡るように、感じます。連弾をすることによって、2人の心が、理解しあいながら、ハーモニーを楽しんでいるシーンが本当に素晴らしいなと、感じました。ピアノの素晴らしさや、楽しさ、競争心を持つことによって、更にさらに、磨きがかかり、成長していくのだと、感じました。松岡さんの、ドレス姿や、髪型が、印象的で、ステキでした。また、こちらの映画を見て、ピアノ熱を再開させられたらと思います。

40代女性
40代女性

恩田陸著の小説『蜜蜂と遠雷』を読んだことがありました。そして映画化されると聞いた時は必ず映画館に行こうと決めていました。これは4人の天才ピアニストたちによる国際ピアノコンクールでの戦いの話です。小説では4人の生い立ちから心情までかなり詳しく書かれていましたが、映画では限られた2時間の中でうまく凝縮されていたように思います。余計なものが省かれるだけ省かれているけれど、ちゃんと伝わってきました。よく小説を読みこんだ上の制作だとよく分かります。自分が思い描くキャストと違っていた人物もありましたが、栄伝亜夜役の松岡茉優さんの演技は素晴らしく、心に残りました。特にピアニスト特有の体の揺れや、感情移入の表情が良かったです。ピアノの音と指の動きから連動する腕の動きまで、ぴったりとマッチしていました。「松岡さん、演技のためにたくさん勉強したんだろうな。」と感心しました。ラストの亜夜のピアノ演奏は映画の画面に引き込まれたような錯覚を受けました。まるでコンサート会場でピアノを聴いていると錯覚してしまい、最後に拍手しそうになりました。いや、スタンディングで拍手したかったです。それくらい迫力のあるとてもいい作品でした。
私は、彼ら4人のスピンオフ小説『祝祭と予感』を読む予定です。

30代女性
30代女性

ピアノには詳しくありませんがこの映画にはとても感動しました。映画を観ていて天才同士にしか分かり合えない感覚があるんだろうなぁと羨ましくなりました。この映画が初出演だったという鈴鹿央士さんが特に印象的でした。無名の天才という役柄も彼にぴったりで可愛らしい顔立ちと不思議な空気感には惹きつけられてしまいました。主演の松岡茉優さんと2人で小さなピアノ工房でピアノを弾くシーンがとても素敵でした。月の光がすっと入る部屋でベートーヴェンの「月光」を弾くシーンが美しくて好きでした。コンクールに挑戦する4人がバチバチ火花を散らす訳ではなく、お互いがお互いの才能を認め、刺激を受けて成長してく姿は感動的です。4人の中に意地悪な人がいないのがまた良くて、4人それぞれに素敵な才能があり全員を応援したくなります。中でも松坂桃李さん演じる高島明石がひたむきに音楽と向き合う姿勢とラストのちょっとしたサプライズには涙が出ました。この作品ではないですが、松坂桃李さんが日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を受賞したというのも納得できるさすがの演技力だったと思います。ラストが意外にもサラッと終わる感じが、むしろ返ってそれまでのストーリーを盛り上げているようであの演出もおしゃれだったと思います。

30代女性
30代女性

テレビで芦田愛菜さんがこの原作を面白いと紹介されていたので試しに読んだところ、世界観にどっぷりとはまり映画も観ることにしました。よく、原作が好きであればあるほど、映画化された時にギャップができてガッカリするということがあると思います。今までそういう作品はいくつもあったので、正直それほど期待はしていませんでした。ですが、この映画は登場人物含め、細かい心理描写や専門的なピアノ技術の見せ方、音楽などが原作どおりに忠実に再現されていて、頭の中で想像していたものとのギャップは特に感じませんでした。むしろ、映画化されることで、頭に鳴っていた想像の音楽が実際に耳から聞こえてくるので、より原作が深みを増して、色を持ったような気がします。わたしはピアノ経験者なので作品に親しみを持って観ることができましたが、おそらくピアノに触れたことがない人にも好まれるのではないかと思います。音楽というのは、ピアノ音楽に関わらず、人々のそばに寄り添っているものですから。また、音楽の映画というだけでなく、人間の感情を豊かに描いているため、ただの音楽の映画にとどまっていないところも魅力のひとつです。とにかく、とても良い映画でした。

 

まとめ

『蜜蜂と遠雷』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

松岡茉優のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • コウノドリ(2015)
  • コウノドリ(2017)
  • 愛のむきだし 最長版THE TV-SHOW
  • 水族館ガール
  • 限界集落株式会社
  • 恋の三陸 列車コンで行こう!

【アニメ】

  • 映画『聲の形』

松坂桃李のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

森崎ウィンのU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 妖怪人間ベラ~Episode0(ゼロ)~
  • 名もなき毒
  • 天の方舟

【オフィシャルビデオ】

  • MOSHIMO [ Pwe Taw Special Ver. ]

斉藤由貴のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 竜の道 二つの顔の復讐者
  • 遺留捜査(2012)
  • 同窓会~ラブ・アゲイン症候群
  • 陽はまた昇る
  • 遺留捜査スペシャル(2013年11月10日放送)
  • 遺留捜査スペシャル(2014年8月9日放送)
  • 遺留捜査スペシャル(2015年5月17日放送)
  • 遺留捜査スペシャル(2014年10月19日放送)
  • 警視庁捜査一課長 2020
  • 長閑の庭
  • レッスンズ
  • 警視庁・捜査一課長

【バラエティ】

  • 駅旅 ~駅からはじまる物語~

鹿賀丈史のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • あいの結婚相談所
  • 大河ドラマ 翔ぶが如く
  • ドラマスペシャル「忘却のサチコ」
  • 木皿泉劇場“道草”
  • チキンレース
  • MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~
  • MOZU Season2~幻の翼~

【アニメ】

  • ブラック・ジャック ふたりの黒い医者
本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました