未来のミライ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アニメ映画
「未来のミライ」予告

未来のミライの動画フルを安全に見る方法

『未来のミライ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『未来のミライ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

未来のミライの内容

映画『未来のミライ』は、2018年7月に公開されました。

「バケモノの子」に続く細田守監督による長編オリジナル作品第5作で、”兄妹”をテーマに未来からやってきた妹のミライちゃんと、4歳のお兄ちゃん・くんちゃんの冒険が描かれた作品です。

そんな主人公・くんちゃんの声を担当するのは、声優としても大活躍する女優・上白石萌音さん。本来はミライ役のオーディションを受けましたが、細田監督の提案で、くんちゃんの声に挑戦したところ見事、主人公の座を獲得することになりました。そして、ミライの声には、細田監督作品でもお馴染みの黒木華さん。

他にも、星野源さん、麻生久美子さん、宮崎美子さん、役所広司さん、福山雅治さんなど、優しい声の持ち主ばかり、豪華なキャストが担当しています。

 

世のお兄ちゃんやお姉ちゃんが必ずと言って良いほど体験する後から産まれる兄弟。自分だって産まれた時は両親に可愛がってもらったから、妹や弟を可愛がる親は当たり前で、自分も妹や弟ができて嬉しい。しかし、親の愛情を取られてしまったという疎外感はある思う。兄や姉ならだれでもあるこの感覚は、なかなか上手く言葉にできない。それをアニメで表現されると少し照れくさい感じ。

現実にありそうなストーリーから始まります。大げさなストーリーではなくてもじんわりと伝わるものがありました。スペクタクルで、わかりやすいエンターテイメントじゃなくても良いものは、良いと思います。子どもの表現については、少し大袈裟かもしれないけど、4歳男児ってあれくらいな感じだよね。

なんか酷評が多いようですが、全くつまらなくないですよ。
普通に良い映画でした。良いと思う人と、つまらないと思う人に別れるようですね。自分は凄く共感出来ました。素敵な大冒険のお話に感じましたよ!

全体的にゆっくりとしたストーリーで、最後まで観れるかなと心配だったけれど、なかなか良かった。くんちゃんのわがままに疲れながらも、子供ってこんな風なんだろうなと。最後は涙がこぼれた。くんちゃんの声は、私には合っていないように思えて、最後まで慣れなかったけれど…。

鑑賞したコメントは賛否あります。つまらなかったという人からは、4歳児のわがままがウザいとか、観ていてイライラするなどの声が多くありました。そんなくんちゃんが上白石さんの声と合っていなかったというコメントもありました。

良かったという人からは、賛否あることに対し、実際に子育てをしていない人にとっては、つまらないかもしれないという意見も聞かれました。

あらすじ

主人公のくんちゃんは、産まれたばかりの妹・ミライに興味を示し、おかあさんに妹と仲良くすることを約束しますが、おとうさんもおかあさんもミライの育児に追われ、くんちゃんのことは後回し。

ミライに嫉妬し始めたくんちゃんは、ミライにイタズラをして、おかあさんに止められます。家の中にいられなくなったくんちゃんが庭に行ってみると、人間の男の姿になった飼い犬のゆっこが話しかけてきます。くんちゃんの体に尻尾が生えてきて全身が犬のようになり、ひと暴れしてみます。するとなぜだか気が収まります。その後、庭で自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、未来からやってきたセーラー服姿のミライに出会います。

ある日、家族でキャンプに行こうとしましたが、くんちゃんのお気に入りのズボンが洗濯中。だだをこねたくんちゃんは家出し、寂れた駅で高校生に出会います。その高校生に乗るなと言われた電車に乗ってしまうくんちゃん。行き先は東京駅。くんちゃんは迷子になってしまい、迷子センターが見つからないので、遺失物センターへ向かいました。

くんちゃんは、係の人に質問されても何も答えられなかったので「ひとりぼっちの国」へ連れて行かれるため新幹線に引きずり込まれ強制移送されそうになります。しかし、自分がミライの兄であることを自覚し、妹を守ることを決意したことで、未来のミライと再会します。ミライはくんちゃんを連れて、時空を超え、くんちゃんの元の時代へ連れ帰ります。

見どころ

くんちゃんの家の建築デザインが大変ユニークです。4歳のくんちゃんは、まだまだ行動範囲が狭く、くんちゃんが現実世界で1人で動ける場所は、今作の舞台となっている家と庭だけ。この家と庭は、映画やアニメーション専門の美術監督がデザインしたのではなく、建築家の方がデザインしています。

今作でお願いしたのは、独創的な建築家として知られる谷尻誠さん。くんちゃんの身長の目線に合せた段差のある、何層にも景観が変るような家にしたそうです。

細田監督作品でもある「時をかける少女」は、尾道の坂道を巧みに活用した独特な作品です。『未来のミライ』では段差を活用し室内にもかかわらず、映画的な高低差のダイナミズムが出る作品となっています。

スタッフ

原作・監督・脚本:細田 守
音楽:高木 正勝
オープニングテーマ:山下 達郎「ミライのテーマ」

キャスト

くんちゃん 声:上白石 萌歌
本名は「おおた くん(太田訓)」。甘えん坊な4歳の男の子。

ミライちゃん 声:黒木 華、本渡 楓(幼少期)
くんちゃんの妹。未来から来た者が庭に現れ、くんちゃんを「お兄ちゃん」と呼ぶ。

おとうさん 声:星野 源
くんちゃんの父。育児のために在宅にて建築設計の業務する設計士。

おかあさん 声:麻生 久美子
くんちゃんの母。片付けが苦手。

ゆっこ 声:吉原 光夫
太田家のペット。

謎の男 声:吉原 光夫
くんちゃんが庭先で出逢った、奇妙な出で立ちをした男。

ばあば 声:宮崎 美子
くんちゃんの祖母。

じいじ 声:役所 広司
くんちゃんの祖父。

青年 声:福山 雅治
くんちゃんが時空の旅先で出逢った若者。

 

『未来のミライ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

未来のミライの感想

 

30代男性
30代男性

細田守作品ということで期待した部分が大きかったせいなのか、正直、少しガッカリしてしまった面が大きい作品でした。1番最初のファンタジーシーンは人間化した飼い犬ゆっこと出会うシーンで、初っ端のファンタジーシーンなので謎が残るのはまったく問題ないとは思うのですが、最後の最後まで理解できないことが多いシーンが多すぎました。作中ストーリーで未来や過去への場面の移動があります。過去のシーンでは幼い頃のお母さん、若い頃のひぃじぃじが登場するのですが、2人の性格・キャラクター、また1つ1つの筋は嫌いではありません。ただ、あまりにも突拍子がなさすぎるキッカケとに加え、あまりにも変化が小さすぎる結果が残念でなりませんでした。さらに辛いのは未来での場面ですが、まず、未来のくんちゃんの登場の必要性が感じられなかったです。独りの世界へ連れられる新幹線のホームでのシーンも、未来のミライちゃんの登場シーンがよくわからないです。ファンタジーと言えばそれまでですが、その言葉に思いきり乗っかっているだけで、モヤモヤする作品でした。何よりも腹立たしいのは、主な登場人物であるくんちゃんです。いくらなんでも聞き分けがなさすぎるんじゃないでしょうか。世代による違いはあるかも知れませんが、あんなことをしていたら、おもちゃは捨てられるし、本当に放って行かれるのが、ぎりぎり私の世代の特徴としてあります。未来のミライちゃんのおかげもあるかも知れませんが、親がしっかりと言っていることを聞かずに、くんちゃんが勝手に成長したかのように描くのは酷いと思いました。ミライちゃんの手のアザの件も放ったらかしなので、作品としては問題の多いものだと感じました。

50代女性
50代女性

今から60.70年前の日本は、産めよ増やせよの、時代で、十代で結婚が当たり前、結婚すれば、十人程子供を産んでという時代だったと、思います。親も生きる事に必死で、子供の面倒などは、あまり見ず、そのころは、多分上の子供が、下の幼い子供の面倒を見る、といった事が日常で、その頃には、こんな映画は、出来なかった事だと、思います。この映画の主役は、くんちゃん、この家に生まれた長男です。そして、やがて、妹が生まれる、といった、ごくふつうの家族が、舞台です。今まで飼われていた犬も、人間になって登場しています。犬も、くんちゃんと、同じく、今まで、自分が家族で一番可愛がられて、注目されて、チヤホヤされていた犬でした。妹が出来るという、期待と、うれしさ。しかし、いざ、小さい赤ちゃんが、家に帰ってくると、今まで自分中心で、自分が主役だった家庭が、妹主体になり、自分は、いつもお兄ちゃんだから我慢しなさいて言われる、子供なりの、自分をみて、という、切ない感情が伝わりました。未来の高校生になった、妹未来ちゃんの、登場と、未来、過去、現在を経験して、今の自分を考える子供くんちゃんの、成長と、未来の未来ちゃんの、関わりがとても楽しい映画だと、思います。二番目の子どもを産む事を考えている、親の皆さん、そのお子さんと一緒に見て、育て方を考えられる事になる材料になればいいなと思いました。

 

20代女性
20代女性

サマーウォーズなどが好きなので、この作品も楽しみにしていました。まだまだ甘えたい時期のくんちゃんが妹のミライちゃんにヤキモチを焼くシーンは、姉弟がいた人なら深くうなずいてしまうくらい心理描写がリアルに描かれていました。両親に怒られても「だって」とふてくされていたくんちゃんも、未来のミライちゃんに言われると不思議と言うことを聞いており、少しずつ成長していたのがじわじわと良かったです。声の出演が豪華で、おじいちゃんの役に福山雅治さんだったことに驚き、若い日のおじいちゃんとツーリングするシーンは渋くてかっこよかったです。一番の見どころは、未来の東京駅でミライちゃんとはぐれてしまい、忘れ物カウンターで自分を証明するシーンだと思います。「何を無くしたんですか?」と言われてもなかなか答えられず、何者でもないものが連れて行かれる列車に連れて行かれそうになった瞬間に「くんちゃんはミライちゃんのお兄ちゃんです!」と大きな声で言うそのシーンに鳥肌が立ちました。くんちゃんが一番成長したと思えるシーンなのではないかと思います。映像もとてもきれいで、作品が新しくなるたびに映像技術が上がっているのでそこも見どころだと思います。

40代女性
40代女性

「サマーウォーズ」や「おおかみこどもの雨と雪」などを手がけた、細田守監督の兄弟をテーマにした作品です。主人公のくんちゃん役に上白石萌歌さん、父親役に星野源さん、母親役に麻生久美子さんなど俳優さんが多いためか、見始めた時は少し違和感を感じましたが、時間が経つと慣れて来て、それもこの作品の味だと感じました。個人的には母親役の麻生久美子さんの声が素敵だなと思いました。前半はまだイヤイヤ期の4歳児と生まれたばかりの妹、慣れない育児に奮闘する両親の家族の日常が描かれています。小さな子どもがいてバタバタとする様子に共感する方も多いのではないでしょうか。妹が生まれて両親の愛情を取られてしまったと感じたくんちゃんが、妹のミライちゃんに対して辛く当たるシーンでは、やるせない気持ちに共感しつつも微笑ましく感じました。後半ではくんちゃんの冒険を通して家族が成長していく姿に心が温まります。くんちゃんがタイムスリップして違う時代を冒険するシーンでは、それぞれの世界がとても美しくて感動しました。特に未来の東京駅は少し怖さを感じつつもとてもきれいでした。主題歌はオープニングが「ミライのテーマ」、エンディングが「うたのきしゃ」で、ともに山下達郎さんの作品です。少し切ない雰囲気がこの映画とよくマッチして素敵でした。

30代女性
30代女性

子供が好きで何度も一緒に見ています。5歳の男の子、くんちゃんに未来ちゃんという妹ができてから、それまで自分中心だった生活がガラッと変わっていきます。その様子がくんちゃん目線で描かれていくのかと思ったら飼い犬のゆっこ目線になったり、大きくなった未来ちゃん目線になったりとなんとも不思議な出来事が連続して起こります。まだまだ甘えたいしパパやママを独占したいというくんちゃんの気持ちが痛いほど伝わり、わがままを言って困らせてしまうシーンでもくんちゃんの気持ちを考えて切なくなってしまいました。我が家にも3歳の男の子がいるので、今後兄妹ができたとしたらこんな感じなのかなと思う反面、重ね合わせて考えてしまうと胸の奥が締め付けられる思いもしました。物語を通して少しずつ大人になっていくくんちゃんの様子を見ていると、なんともいじらしくて微笑ましくてついつい頑張ったね!と頭を撫でてあげてギュッと抱きしめてあげたくなります。こうやって少しずつ子供ながらに大人になっていくんだなととても感動しました。まだ我が子は内容は分からずに見ていますが、これを見て大切なことを学んでほしいので何度でも見せたいと思える映画でした。

 

20代男性
20代男性

細田守監督がつっくったアニメーション映画として赤ちゃんが大きく成長していく、過程を描きその中で子供の成長に感化されて親もまた成長させられていることが学べる映画です。子供がいる親の方には共感が得られ、親の方でなくても家族の成長ということがどういうことなのかということを考えさせられる。主人公くんちゃんにある時、いもうとの未来ちゃんが生まれそれまでかわいがられていたくんちゃんが、未来ちゃんのせいで親にかまってもらえなくなったと思って未来ちゃんにいじわるしたりなどして親に叱られ未来ちゃんを嫌いになるが、未来から来た未来ちゃんや飼い犬のゆっこが影響して自分は未来ちゃんのお兄ちゃんなんだという自覚が芽生える、そうして成長していく幼い子供と家族愛のすばらしさが細田守監督によって美しく描写されている。自分に弟や妹がいる人は過去にそんなことがあったかもしれないし、これから先、子供を授かるようなことがあればそういう風に成長していくんだなと思えるかもしれない。細田守監督にお子さんがいるからこその日常から得られた新しい発想の映画で君の名は。や天気の子といった作品のような音楽との一体という感じではなくほっこりする映画だ。

 

30代女性
30代女性

『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』をつくった細田守監督の作品というのと、ポスターが青空の中で女子高生と男の子が飛んでいて正直「どんな話か見てみないとわからないな」と思って見に行きました。映像がとにかく綺麗だし描写が細かくてすぐに見入ってしまったのと、話の内容も主人公の境遇と感情が追いつかないくらいにコロコロと変わっていくのが一時も目を離せなくて、常に「この次は何が起きるんだろう」とワクワクしながら見ていました。アニメの世界なのに現実に近い部分もあったり、かと思えばファンタジー全開なところもあったりするのですが、見終わったあとにはなんというか「おじいちゃんおばあちゃん、それよりもっと昔にいる家族、そしてこれからも共に人生を歩いていく家族に感謝してそして大切にしていきたいな」という気持ちになりました。声優陣も上白石萌歌さんや黒木華さん、星野源さんなど豪華なキャスティングでしたし、物語に違和感なく演じられていたのでとても満足でした。賛否両論あった作品だと言われていますが、私は家族の絆を考えるちょっとしたきっかけにもなりましたし、とてもステキな作品に出会えたと思っています。

20代女性
20代女性

この映画は、なんとも不思議な世界観でした。小さな子供の嫉妬や葛藤を、異世界を描くことで、大げさに描いていたので、なかなか興味深い作品でした。見ながら、何を意味しているのか、考えながら見てしまいました。純粋な綺麗なアニメーション映画というよりかは、脚本が深い作品だったと思います。その分、主人公である「くんちゃん」の声が、上白石萌歌さんが担当されていたので、いい意味で作品から浮いていたと思います。シリアスな世界観を、上白石萌歌さんの声が打ち消して、見事、子供向けアニメーション映画にまとめてくれていたのだと思います。途中、未来のくうちゃんが出てくるところや、くうちゃんの先祖が出てくるところなど、ワクワクするようなタイムスリップ感があって、どこか切なく、でも和むような不思議な気持ちになりました。今のくうちゃんとの繋がりを表していたのだと思います。全体的に、くうちゃんはワガママで、妹に嫉妬するし、親を困らせてばかりで、もしかしたら、イライラしてくるかもしれません。しかし、それが子供であり、純粋な情景だと思うと、そんな、くうちゃんの気持ちも、受け入れてあげなくちゃいけないんだろうな、と思いました。素晴らしい映画だったと思います。

 

30代女性
30代女性

この作品は子育て中の方にかなりオススメな内容でした。わたしもそれまで子供向けのアニメだと思って構えて見ていましたが、それはかなり覆されました。まず1番最初から主人公であるお母さんが出産して帰宅するシーンから始まり、初めてのふたり育児・夫の初めてのワンオペ育児が始まります。なんだか微笑ましくもあり、自身の経験に当てはめて見てしまい、苦しくなったり笑ってしまったりと色々思いを巡らせてしまう映画でした。主人公であるくんちゃんの妹の未来ちゃん対する嫌がらせだったり、気持ちだったりもなんだか分かるからこそ辛くもあり、笑えもするシーンが多数あり、この映画の監督はかなり子育てを客観的に見てきたんだろうなぁという感想が浮かびました。またくんちゃんの動きもかなりリアルで、以前何かのインタビューで聞いたのですが、監督ご自身のお子さんを参考にされたとのことで、かなりリアルなのも感動しました。だからこそたまに見る男の子によく見えるのだろうし、言動もかなりリアルで面白かった部分が沢山ありました。未来からきた未来ちゃんの来た理由もかなり可愛くて笑えました。未来の未来ちゃんを見ていると、かなり愛されて育つんだなということが分かりホッコリした内容になっていて良かったです。かなり面白い作品で大人も楽しむ事のできる内容だらけでした。

30代女性
30代女性

CMでも流れていますが、未来からやってきたミライちゃんとの物語です。赤ちゃん(ミライちゃん)が生まれ、頼りないお兄ちゃんを更生しようと未来からやってきます。私はまずストーリーより家の構造が気になりました。かなり広いし部屋がたくさんあるんです。どこからその部屋に行くの?というくらい家がおしゃれすぎて不思議な構造です。おおかみも登場して、重要なカギを握っています。いやいや期なども細かく描かれていて、またそのときの母親の感情もリアルです。まるで自分の家族をみているみたい?です。今まではすぐに泣いて助けを求めていたのにぐっと涙をこらえたり、なんでもやってもらいたがっていたのに自分でやってみようとしたり、だんだんとたくましくなっていくお兄ちゃんの姿が、自分の息子もこうやって成長していくんだなと感慨深いものがあります。バスの旅はハラハラドキドキで怖くもあり面白かったです。バスの旅というとただのおつかいみたいですが、かなり壮大な旅に出ます。最後は高校生?になった兄妹の姿が描かれていて、こうなっていくのかなと感じました。作者の細田さんはいろいろな感情の表情を細かく描かれていて、登場人物の変わっていく表情に注目すると面白いと思います。

 

まとめ

『未来のミライ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の『細田守監督』作品

 

 

 

福山雅治のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 龍馬伝
  • 集団左遷!!

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました