壬生義士伝(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

歴史時代劇
壬生義士伝(予告)

壬生義士伝(映画)の動画フルを安全に見る方法

『壬生義士伝』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『壬生義士伝』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

壬生義士伝(映画)の内容

映画『壬生義士伝』は、2003年1月に公開されました。

原作は、浅田次郎さんによる歴史小説で、南部地方盛岡藩の脱藩浪士で新選組隊士の吉村貫一郎を題材とした作品です。

監督は、2008年「おくりびと」、2018年「北の桜守」など手掛けた滝田洋二郎監督。企画段階で監督を務める予定だった盛岡市出身で1981年の薬師丸ひろ子さん主演「セーラー服と機関銃」などの相米慎二監督が急死したため、滝田洋二郎監督にその企画が引き継がれました。

家族のために名を捨てて人を斬る新撰組隊士を中井貴一さんが演じ、そのほか、佐藤浩市さん、中谷美紀さん、夏川結衣さん、堺雅人さん、加瀬亮さん、伊藤英明さんなど豪華キャストが名を連ねます。

 

中井貴一さんと佐藤浩一さんの演技が素晴らしい。久石譲のBGMがとても合っていて、涙腺が緩んでしまうくらい良い映画だった。

幕末とか時代劇とか、あまり興味ないのだけど、ひきこまれた。
中井貴一さんに圧巻。

幕末で新撰組ということで王道をいく作品なのかなと思いきや、斉藤一に絡む吉村貫一郎という地方武士の物語だった。浅田次郎原作だけあって、貧しい家族のため脱藩し、小銭を稼ぐ生活が泣けてくる。そんな中でも、武士としての誇りを失わず、見事な最期を迎える。中井貴一も佐藤浩市もさすが。

実在した人物を元にしたフィクション。史実と違うところもあるけれど、面白い!まさに義と愛。中井貴一の硬と軟の差も素晴らしいし、他のキャストもすごく良い。ただ最後が少し助長だったと思う。もう少しアッサリでもよかったのでは…。

 

あらすじ

人殺しとして生きる自分に絶望し、他人に絶望し、滅ぶべき時代のあだ花の身であった斎藤一(佐藤浩市)は、守銭奴と呼ばれながら家族への愛と侍としての義に生きるため身を削る田舎侍・吉村貫一郎(中井貴一)に新選組で出会いました。

江戸時代が終わり、明治の御代となってのちの話。感冒に罹患したと思われる孫を連れて、老人が町医者に駆け込んできます。町医者は新天地である満州に医院を移すため、引っ越しの最中でした。医者の夫人が孫を診察し、老人は待合室で一息つきます。ふと老人の目に、古びた一枚の武士の写真が映ります。その武士は、老人のよく知る人物でした。老人は町医者に問わず語り、昔を思い出して行きます。老人が斎藤一と呼ばれていた頃に出会った男、吉村貫一郎の生き様でした。

京都で血気盛んだった新選組の、入隊してきたばかりの吉村貫一郎と出会った頃から語り始めます。

見どころ

数々の賞を受賞

本作は、第27回日本アカデミー賞で数々の賞を受賞しています。1つ目は最優秀作品賞、2つ目は吉村貫一郎を演じた中井貴一さんに最優秀主演男優賞、3つ目は斎藤一を演じた佐藤浩市さんに最優秀助演男優賞、4つ目は大野次郎右衛門を演じた三宅裕司さんに優秀助演男優賞、5つ目がぬいを演じた中谷美紀さんに優秀助演女優賞が送られました。

そのほかのキャスト陣も好演で、日本映画史が誇る豪華な顔ぶれが揃っています。

好演・中井貴一

中井貴一さんは、屈託無くて実直で、故郷の家族に仕送りするため金にはがめついという吉村貫一郎を少しコミカルに、情感たっぷりに演じていました。まさに貧乏くさい田舎侍を完璧に演じています。

激動の幕末の時代の最下級武士の貧窮ぶりと、故郷の家族を愛しながら去らなければならなかった吉村貫一郎の切ない姿は涙を誘います。

ソックリと噂に

新選組局長を勤めた近藤勇役を強面だけど味のある役が似合う俳優・塩見三省さんが演じています。SNSなどでは、実際の近藤勇と塩見さんの姿がソックリだと噂になっています。気になる人はチェックしてみて下さいね。

ちなみに堺雅人さんの沖田総司役も良い味出していたと人気がありました。

スタッフ

原作:浅田次郎
監督:滝田洋二郎
脚本:中島丈博
音楽:久石譲

キャスト

吉村貫一郎:中井貴一(少年期:山内翼)
新選組に入隊。盛岡・南部藩出身。

斎藤一:佐藤浩市
孤高の新撰組隊士。

しづ・大野みつ:夏川結衣(少女期:大平奈津美・幼女期:中山桃)
吉村貫一郎妻。

ぬい:中谷美紀
斉藤が吉原から身請けした女。

【そのほか】
佐助:山田辰夫
大野次郎右衛門:三宅裕司(少年期:椿直)
近藤勇:塩見三省
大野千秋:村田雄浩(青年期:伊藤淳史)
土方歳三:野村祐人
沖田総司:堺雅人
伊東甲子太郎:斎藤歩
永倉新八:比留間由哲
谷三十郎:神田山陽
篠原泰之進:堀部圭亮
大久保利通:津田寛治
近藤周平:加瀬亮
吉村嘉一郎:藤間宇宙
徳川慶喜:伊藤英明
園山七三郎:塚本耕司
写真屋:木下ほうか
門番・定吉:徳井優
鍵屋手代:螢雪次朗
大野藍之丞:芦屋小雁
重臣・並川:城戸裕次
重臣・清水:谷口高史
伝令・赤羽:安居剣一郎
伝令・朝倉:大倉一三
重臣:松尾勝人、加藤正記
薩摩兵:本山力
官軍隊長:真鍋尚晃
背山多喜人:矢吹蓮
橋本左之助:川井勉史
会津軍大将:武井三二
薩摩軍大将:木下通博
鈴木三樹三郎:池田勝志
門番:足立公良
タネ:小柳友貴美
斎藤の孫・実:小阪風真

 

『壬生義士伝』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

壬生義士伝(映画)の感想

 

50代女性
50代女性

中井貴一さんの最高傑作だと思います。まじめで朴訥な田舎侍の吉村寛一郎が時代の流れの中で新選組に入隊し、悲惨な時代の中でただ必死に、まっすぐに生き、散っていくストーリー。こんな人が新選組にいたのかと思うぐらい、不似合いななまりのきつい、地味で貧しい田舎侍を中井貴一さんが最高の演技で演じています。だが地味だが、新選組にいるということは強いに決まっている。そのギャップがまたおもしろいのですが、強くなければ新選組に行くこともなかっただろうと思い、観おわったときに悲しさが増します。幕末の新選組が敗走していくことになる鳥羽伏見の戦いは何度観ても悲惨な戦いで、そこで戦っている新選組の姿には涙します。このストーリーは新選組生き残り斎藤一(佐藤浩市さん)がのちに語る形で描かれているのですが、中井さんと佐藤さんがまったく性格の違うキャラクターで、この2人の対比がこの映画の見どころになっています。また新選組の主役たち、近藤、土方、沖田が主役ではない人の目で描かれているところもとてもおもしろい。この映画で沖田総司を演じているのが若き堺雅人さんでそこもぜひ観て欲しいポイントです。最後に故郷の幼馴染に助けを求める吉村寛一郎ですが、新選組を助けるなど出来なかった時代、そこからの中井さんの演技がただただ号泣しかなく、これほど泣いた邦画は他にはありません。

50代男性
50代男性

映画『壬生義士伝』の感想です。幕末に活動して戊辰戦争以降、それぞれの道を歩いてきた新撰組の人々の、後の出来事です。そして主人公は、近藤勇、土方歳三や沖田総司などの有名な隊士でなく、ほぼ無名な隊士、吉村貫一郎(中井貴一)の話です。吉村貫一郎が新撰組時代どういった男だったのか、それを老人になったかつての新撰組の斎藤一(佐藤浩市)が掘り起こします。吉村と斎藤は、ある日新撰組で知り合いましたが、斎藤は、とにかく守銭奴の吉村に嫌悪を持っていて、ある夜、斎藤は吉村を始末しようが、剣の腕が立つ人物で一目置きました。そして諜報活動を通じて、吉村がなぜ金に細かいのか理由が分かったのでした。大政奉還、戊辰戦争と、新撰組は逆賊となり、政府軍に追い詰められます。吉村は己の『義』を貫いて、最後まで戦い抜きました。このシーンは泣きます。辛いです。あれから30年経ったのでしょうか、明治32年。斎藤は、吉村のことをいつの間に忘却してました。ある晩、吉村は孫を診てもらうため、病院を訪れますが、偶然にも、吉村の娘・みつ(夏川結衣)と出会います。みつは、斎藤に吉村の最期を話します。吉村らしい最期でした。男同士の確執と友情、とにかく人情味あふれる映画です。時間の流れを上手く使った作品だと思いました。

 

50代女性
50代女性

南部地方盛岡藩を脱藩し、新選組に入隊した吉村貫一郎が主役です。あの近藤勇も土方歳三も沖田総司も脇役なのです。とても新鮮に感じました。始まりは明治の世。元新選組の斎藤一は孫を連れて行った町医者で一枚の写真を目にします。その男こそ吉村貫一郎。斎藤は吉村と過ごした昔の日々を語り始めます。吉村の家族を思う気持ちに胸が熱くなりました。家族のために人を斬る。幕末という時代の異常さに悲しくなってしまいました。新選組を待ち受ける運命を映画を観ている人、みんなが知っている訳なので、辛い気持ちを抱えながら観るしかありませんでした。やがて京都の街を我が物顔に闊歩していた新選組の時代は終わりを迎え、鳥羽伏見の戦いでみんな散り散りになってしまいます。吉村は深手を負い、家族の元に帰ろうと南部藩蔵屋敷に向かいます。そして、その屋敷につくと皮肉にも旧友により切腹を命じられるのでした。武士にとって切腹で命を落とすのは名誉なことです。現に新選組総長・近藤勇は切腹を許されず斬首刑に処されています。しかし、故郷に愛する妻子を残しているとしたらどんな気持ちだったでしょうか?彼の気持ちを思うと辛いです。敗者の代表新選組にはこのような悲劇がたくさんあったに違いないと感じました。

 

50代男性
50代男性

新選組の映画だと聞いたので見ることにしました。主演が演技派の中井貴一さんだし、原作が『鉄道員』(ぽっぽや)で有名な浅田次郎さんだったので、感動させられるだろうと思いました。この映画でかなり泣きました。本物の愛と、仲間を思う気持ちに胸がジーンとなりました。いつの時代も身分制度により、身分の低い人たちは大変かわいそうですが、入水自殺をしないといけないほど追い詰められるのは、とても気の毒で見ていられませんでした。どんどん身分制度を壊してフラットな世の中になる事を切に願いました。そんな苦境ですから極端な生き方をする登場人物がいました。お金のためなら人を斬ることを始め、何でもやる感じです。訳を知らない人には、ひどい奴だと思われることでしょう。気の毒な家族に送金する守銭奴もまた、かなり気の毒に思いました。給料を2倍与えるから、こちらの組織に来ないかと誘われた時に、喜んで行くのかと思いましたが、キッパリと断るシーンがカッコイイ侍だと感動しました。一度お殿様を裏切っているから二度までは裏切れないという理由に、すごい立派な男だと思いました。お侍さんは最後まで勇敢に戦うのですが、その背中を見つめる息子たちはさぞ立派に成長するだろうと感じました。

 

50代女性
50代女性

主人公は、新撰組で最強にして一番の剣客というのがかっこいい。でも、「新撰組」というイメージからはかけ離れた無名のキャラクターの吉村寛一郎(中井貴一)。これまで沖田総司や土方歳三など華やかに描かれてきた新撰組とは違いすぎる、泥臭い物語です。新撰組三番組組長・斎藤一(佐藤浩市)からの目線や回顧録によりますが、斎藤は武士のプライドのない吉村が嫌い。価値観の違いから、むしろ気になる存在で意識しすぎてる斎藤の嫉妬ぶりがいやらしくていいんです。名誉を重んじ大義名分のため死をもいとわない武士。守銭奴とさげすまれ愚直に生きる吉村は、家族のために新撰組に入隊したという。剣の腕には覚えがあるからはるばる盛岡・南部藩から京に出稼ぎに来たわけだ。実際は、一旗揚げたい成り上がり者も隊士希望者にはたくさんいたでしょう。「銭こに名前は書いてねえから』と言う、お金のためにはなんでもやる、お金に対する執着心が尋常ではない吉村はやっぱり特殊です。愛する人のために、人はここまでできるのだろうか。吉村の家族への愛は純粋でそのひたむきさは悲痛であり涙を誘います。自分の義を貫く大切な者たちを持っている吉村は幸せだったと思います。
一途な吉村の思いが周囲にも理解されるようになったのが救いでした。

30代女性
30代女性

2時間を少し超える大作です。家族を守ることを考え続けて一生を終えた、新選組隊士の物語です。南部藩を脱藩した老人なので、今の岩手県の辺りでしょうか。東北なまり、と一括りにするのは少し失礼かもしれませんが、2時間以上聞いていると耳に心地良い言葉だと思いました。時間軸が3つあります。冒頭で、孫を連れた年配の男性が医院を訪ねます。この男性はかつての新選組隊士の斎藤一です。吉村貫一郎の写真を医院で見つけ、ここの医師が吉村の話を始めます。吉村の話は、斎藤一が新選組にいた頃の記憶と重なります。さらに、吉村が思い起こす家族の話。この3つの時間軸を行ったり来たりして、ラストは冒頭の医院へ戻ります。このラストの、医師の妻の登場の仕方も、涙腺がゆるみます。幸せそうな姿が見れてよかったと、ほっとします。吉村の苦労が少し報われたように思いました。新選組の中で個性が際立っていたのが沖田総司です。堺雅人が演じていますが、常に笑顔で穏やかで、目を引く存在でした。中谷美紀も美しかったです。斎藤一に尽くす女性として描かれていますが、所作がとてもきれいでした。いちばん印象に残ったのは、吉村が故郷を思い起こすシーンです。冬の京都で、雪を見ながらだったことが、少しでも心の慰めになっていればと願っていました。

 

30代男性
30代男性

かなり前に妻と見ました。浅田次郎さんの小説ベースの作品です。浅田次郎さんの同名小説を読んでから映画を拝見いたしました。わたしが小説を読んで想像していた世界観をもっと豊かに表現されていてとても見ごたえがある作品でした。愚直なまでに自らが信じる義を通す男。想いが胸に迫ってきて妻も私も涙なくしては見られませんでした。いろいろなことに悩みながら生活をしていますが、この作品を見て、私自身自分に恥じない生き方ができているだろうかと自分に問いかけたくなる刺激を頂けました。理不尽なことはいつの世の中にもあって、その中でいかに自分を貫いて恥じることなく愛を持って生きていけるか。とても大事なことを教えてもらった気がします。キャスティングも素晴らしいです。中井貴一さん、佐藤浩一さん、中谷美紀さん、等々名優揃いです。中井貴一さんの迫真の演技が映画の世界観にリアリティを与えて映画の没頭することが出来ます。またこの映画の中の中谷美紀さんが美しかったです。世界観を盛り上げる音楽も、美しくもはかない感じが出ていてとても良かったです。さすが久石譲さん監修だとうなりました。人として、男として、どのように生きるか。胸を打つ名作です。

 

30代女性
30代女性

中井貴一さん演じる貫一郎が家族のために必死で生きたお話です。本当に号泣です。ネタバレになるので、言えませんが、最後の最後にどうしても家族のために自分が苦しんでも子供が、奥さんに過ごしでも残したいという思いが溢れるシーンは今思い出しても泣けて来そうです。佐藤浩一さん演じる斎藤一は貫一郎とは正反対で、人間とは所詮うんこ袋だ。というようなセリフを言う人で、人をなんと捉えるかの差がすごくあり、全く正反対の人間同士の目線から当事者をそれぞれ見ると全く違うシナリオに見えてくるのが不思議ですが、実世界でもよくあることかなと思いました。嫌いな人のことは何をしていても嫌に見えるというようなことです。お金のことばかり言うのは今でも決してかっこいいことではありませんが、当時はもっとかっこ悪かっただろうと思います。自分でも嫌だったでしょうが貫一郎は自分の事より愛する家族のために必死に戦いました。もっと上手く立ち回ればきっと長生きできたでしょうがそれよりも家族の幸せや仲間への忠義選んだのです。自分だったらどうするか、夫や妻や子供のいる方、いない方どちらでも考えさせられる作品だと思います。「おもさげながんす。」が貫一郎の口癖ですが、現代に置き換えると「すいません」ばかり言ってる腰の低いサラリーマンが家族のために必死で働いている姿が思い浮かびます。夫や父に感謝せねばならないなと思いました。

 

まとめ

『壬生義士伝』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました