少年メリケンサック(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

コメディ
少年メリケンサック(予告編)

少年メリケンサック(映画)の動画フルを安全に見る方法

『少年メリケンサック』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『少年メリケンサック』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

少年メリケンサック(映画)の内容

映画『少年メリケンサック』は、2009年2月に公開されました。

本作は、クドカンこと宮藤官九郎さんのオリジナル脚本で挑む監督2作目となるハイテンションコメディー作品。ひょんなことから、凶暴なオヤジ4人組のパンクバンドを引き連れて全国ツアーに出ることになったお気楽OLの奮闘を描いています。

主演のレコード会社の新人発掘担当として働く女性を宮﨑あおいさんが扮し、ハジけたコメディエンヌぶりを披露しています。彼女を振り回すオヤジ4人組バンドのメンバーには、佐藤浩市さん、木村祐一さん、田口トモロヲさん、三宅弘城さん、宮﨑あおい扮するかんなと同棲している恋人でシンガーソングライター役に勝地涼さん、レコードの社長役にユースケ・サンタマリアさんが、さらに、ゴージャスなファッションを身に付けるTELYA役に田辺誠一さんという豪華なキャストが勢揃いしました。

 

それぞれのキャラがとても面白い。田辺誠一の歌はウケる。宮﨑あおいの突き抜けた演技も面白かったし可愛かった。

パンク映画って宣伝してた気もするけど…これはコメディ映画ですね。宮藤官九郎らしいギャグと、グっとくる台詞にメリハリがあって観ていて楽しくなりました。特に田口トモロヲさんに笑った。

移動中の車でかんなが失恋して泣いてる横で、メリケンサックのメンバーが”元カレまーくん”の歌を大熱唱するシーンは笑った。
勝地涼くんはずるいし、TELYAの「アンドロメダおまえ」が頭に残って離れない。

宮﨑あおいが可愛い。コロコロと表情を変えるコメディアンヌを上手い事演じてます。佐藤浩市は真面目な役からブッ飛んだ役まで幅が広くてさすがです。

 

あらすじ

レコード会社に勤める栗田かんな(宮﨑あおい)は、動画サイトでイケメン4人組のパンクバンド「少年メリケンサック」のライブ映像を発見します。その破天荒なパフォーマンスを社長に売り込めば、自分の契約期間を伸ばせるかもしれないと社長(ユースケ・サンタマリア)に動画を見せます。

しかし、かんなの働くレコード会社は”なごみ系”のバンドと、ビジュアル系シンガーソングライター・TELYA(田辺誠一)を扱うレーベルなので、パンクなんて興味がないかもと思ったら、なんと社長は元パンクバンドを組んでいたと言って興味津々。社長から彼らと契約を結ぶよう命じられます。

早速、かんながバンドリーダーのアキオ(佐藤浩市)がいる高円寺の居酒屋行ってみますが、そこにいたのは飲んだくれでやさぐれた中年オヤジ。なんと動画サイトの映像は25年前に出演したライブの映像だったためあまりにも風貌がかけ離れていて、かんなは諦めモードになります。

しかし、そんなかんなに、社長から例の動画が10万回再生される大人気となって地方のライブハウスから出演依頼が来ているという電話が入ります。もはや後に引けなくなったかんなは、アキオに再結成を提案。アキオは再結成するためオリジナルメンバー全員を集めるように言います。

かんなは仕方なくオリジナルメンバーでアキオの実の弟・ハルオ(木村祐一)のところへ訪れ、再結成を提案しますが、あいつとは絶対にやらねぇと牛の糞を投げつけられます。

数日後、アキオに指定され用意したスタジオにメンバーが集まります。やってきたのは、痔持ちで座って演奏できないというドラマーのヤング(三宅弘城)と妻に車いすを押されて入って来たボーカルのジミー(田口トモロヲ)

ハルオは来なかったので、仕方なくアキオと3人で音を鳴らしますがヒドすぎてかんなは「こんなんじゃ文化祭にも出られない」と激怒しますが、遅れてスタジオ入りしたハルオがギターを鳴らすと、さっきまで車椅子に座っていたジミーが立ち上がり、マイクスタンドを抱えて歌い始めます。

予想外の事態に困惑するかんなでしたが、バンドの全国ライブツアーに同行するはめになり…。

見どころ

オヤジ4人組のパンクバンドのライブシーン

劇中で結成したオヤジ4人組パンクバンド・少年メリケンサックのライブシーンは本作の大きな見どころです。木村祐一さんは16歳の頃バンド活動をしていて、田口トモロヲさんもパンクバンドをしていたそうで、三宅弘城さんは、宮藤官九郎さんなどとグループ魂というコントロックバンドで活躍していますが、佐藤浩市さんだけは、ライブが初めての経験だったようです。

ライブシーンは1曲だけでしたが、エキストラの方たちと共にエネルギッシュで、田口トモロヲさんは50歳にして客席にダイブまでしています。この撮影時の野望はミリオンヒットだったそうなので、そのオヤジたちの気合いが感じられる映像となっています。

ちなみに、宮藤官九郎監督曰く、このオヤジパンクバンドのメンバーには、パンク映画をやりたいと言ってオファーしたそうです。

星野源も!

本作には、様々なアーティストが出演していて、その1つにSAKEROCKも出演。SAKEROCKは、2000年に結成されたインストゥルメンタルバンドですが、本作では、トロンボーン担当の浜野謙太さんを除いたメンバーによるGOAというバンド名で少年メリケンサックと対バンします。(浜野謙太さんは警官役で出演。)

劇中でGOAは、「あいまい模様」という楽曲を披露します。しかも歌うのは星野源さん。若かりし星野源さんは見どころです。

スタッフ

監督・脚本: 宮藤官九郎
音楽:向井秀徳
主題歌:「ニューヨークマラソン」少年メリケンサック
エンディングテーマ:「守ってあげたい」ねらわれた学園(向井秀徳&峯田和伸)

キャスト

栗田かんな:宮﨑あおい
レコード会社の新人発掘担当として働いている。

作並秋夫:佐藤浩市
春夫の兄。少年メリケンサックのリーダー。ベース担当。アイドルグループ「少年アラモード」の元ローディー。

作並春夫:木村祐一
秋夫の弟。少年メリケンサックのギター担当。アイドルグループ「少年アラモード」の元メンバー。

清水(ジミー):田口トモロヲ
少年メリケンサックのヴォーカル担当。アイドルグループ「少年アラモード」の元メンバー。

岡本(ヤング):三宅弘城
少年メリケンサックのドラム担当。アイドルグループ「少年アラモード」のライブを妨害した過去を持つ。

スガマサル:勝地涼
かんなと同棲している恋人。自作の「さくららら」を歌うシンガーソングライター。

時田英世:ユースケ・サンタマリア
メープルレコードの社長。過激な性格。

金子欣二:ピエール瀧
元少年アラモードのマネージャー。ヤングにメリケンサックで殴られ鼻が曲がっている。

TELYA:田辺誠一
名曲「アンドロメダおまえ」を歌うゴージャスな格好の男。

美保:烏丸せつこ
25年前、秋夫が覚醒剤を仕込んだぬいぐるみを春夫に渡す。

作並巖:犬塚弘
秋夫と春夫の父。

作並トキ:小林トシ江
巖の妻であり、秋夫と春夫の母。

清水サチ子:広岡由里子
ジミーの妻。

ローディ:UG (ギターウルフ)
名古屋のライヴハウスのローディ。

少年アラモード:チン中村・村井守・安孫子真哉(銀杏BOYZ)
ジミーと春夫が当時活動したアイドルグループ。

GOA:星野源・田中馨・伊藤大地(SAKEROCK)
大阪のライヴの時に少年メリケンサックと対バンしたロックバンド。

かんなの父:哀川翔
TV局の司会者:中村敦夫
若き日のジミー:峯田和伸(銀杏BOYZ)
若き日の秋夫、秋夫の息子:佐藤智仁(現・佐藤祐基)
若き日の春夫:波岡一喜
若き日のヤング:石田法嗣
若き日の美保:水崎綾女
ヤングの不良仲間たち:キワメミチ JUNZØ・昭和過激・ラン坊・なめんなよーかい(JAPAN-狂撃-SPECIAL)
立ち飲み屋の大将:遠藤ミチロウ(元ザ・スターリン)

生花店の店員:日影晃(THE STAR CLUB)
ガサ入れの警官:仲野茂(元アナーキー)
ガサ入れの警官:井澤崇行
警官:浜野謙太(SAKEROCK)
警官:インディ高橋
居酒屋「江戸っ子」の店員:細川徹
巌の介護士:池津祥子
ユキ:児玉絹世

メープルレコード社員タムラ:永岡卓也
舞台監督:田中聡元
ファミレスウェイトレス:森本ゆうこ
GOAファンクラブのスタッフ:飛鳥井みや・近藤未来
DJ:佐藤一博(MARQUEE/urasuji)
証言者:平間至・箭内道彦

【そのほか出演者】
大下絵美・榊原俊・鏑木大知・前田竜希・小林貴祐・岡野淳一・五頭岳夫・ローソンアギミエン・アリア スザーナ・入江美佳・白川政之・太田裕子・川屋せっちん・乙黒史誠・小野関舞・千太郎・岩下くらら・萩原和瑞・小松英彦・阿知猶康・井堀学・日野和彦・長谷川学・若園基寛・辻健二

 

『少年メリケンサック』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

少年メリケンサック(映画)の感想

 

20代女性
20代女性

私は、映画『少年メリケンサック』を観て、「バンドのメンバーたちに振り回される主人公の姿」と「パワフルなバンド演奏」が特に面白いと思いました。まず、バンドのメンバーたちに振り回される主人公の姿についてです。この映画では、レコード会社の社員である主人公が、あるバンドの25年前の映像をネットで偶然見つけたことから物語が始まります。見つけた映像が25年前のものであったことやバンドのメンバーだった強烈な個性を持った中年男性たちに翻弄され、喜怒哀楽をむき出しにしていく姿がコミカルで、何度も大笑いしながら観ていました。次に、パワフルなバンド演奏についてです。バンドのメンバーたちは25年間バンドとして活動していませんでしたが、主人公との出会いによってバンドとして再び演奏をすることになります。バンドとして人気絶頂だった若い頃のようにいかない部分もありますが、観客たちを巻き込みながら全力で熱いパフォーマンスを繰り広げます。その力強い演奏に圧倒され、本当のライブ会場にいるかのような気持ちになって、夢中になって観ていました。また、若い頃の映像と比較しながら楽しめる場面もあり、それぞれの時代の良さも楽しみながら観ていました。

40代男性
40代男性

2008年公開の映画で、監督はクドカンこと宮藤官九郎さんです。キャスティングがとても豪華で、主演を宮崎あおいさんが音楽会社のお気楽なOLを演じています。また、佐藤浩市さん木村祐一さん田口トモロヲさん三宅弘城さんらが凶悪な五十代のパンクバンドのメンバーを演じています。宮崎あおいがたまたま開けているパンクバンドの映像を発掘してスカウトに行ったものの実際は五十代過ぎのおっさんだったというオチで始まります。メンバーを再結集したものの全員何かしらの問題を抱えているという前途多難なところからライブツアーを始めなければなりませんでした。老眼であったり、ギターが弾けなくなっていたり、痔であったり、昔の怪我で障害を抱えたりなど様々な問題がありながらも、続けるうちに昔のキレのあるバンドに戻ってゆきます。人生歳をとってもやりたいことを素直にやる大切さを感じさせてくれる映画です。クドカンが監督で作られた映画なのであちらこちらに笑える要素が散りばめられています。時間軸が過去と現在を行ったり来たりしますが、いろいろと過去に積み重ねた問題がそれだけ深く残っているということだと感じました。普段がキリッとした役所の人たちがこれだけコメディをしてくれるのは本当に楽しかったです。

30代男性
30代男性

タイトルになっている少年メリケンサックとはバンド名で、そのパンク・ロックのぶっ飛び具合は、ネット上で熱狂的な人気を集めるものの、実はそれは昔の映像で、今はメンバーみんながダメオヤジに身を落としている……というお話。 宮崎あおいさん演じるレコード会社の社員が復活させようと奮闘するんですが、何といっても少年メリケンサックのリーダー役の佐藤浩市さんの演技が熱かったですね。伸びっぱなしの髪に無精ヒゲという身に落ちぶれながらも、その目は決して輝きは失っておらず、やがて情熱を取り戻してバンドを復活させてゆく様は、とても魅力的でした。振る舞いが滅茶苦茶なダメオヤジになっても少年の心は失っていない。そんなある意味カッコいいオジサンを演じられるのは佐藤浩市さんだからでしょう。さらにバンドのマネージャーとして奮闘する宮崎あおいさんの演技も若さが溢れていて、とても良かったです。一生懸命さが全面的に伝わってきますし、コミカル演技も卒なくこなしていて、役者としての実力の確かさが分かります。作品全体を見ても、随所に笑える演出が多かったですし、音楽好きなら見入ってしまうような場面も多く、最後まで楽しく見られる映画でした。

 

30代女性
30代女性

さすがクドカン映画!という感じで、細かい小ネタもいちいち面白く、でも最後には胸が熱くなる映画です。中年ダメダメおじさん達が、途中からだんだんと格好良く見えてくるから不思議です…。バンドメンバーとカンナの5人で、楽器を積み込んだ1台の車に乗ってツアーをまわる姿は、まさにおじさん達の青春。若者のそれとはまた違った良さがあります!主人公のかんな(宮崎あおい)のビジュアルも可愛くて面白く、頭に歯ブラシ刺してる女の子を演じる宮崎あおいの姿は、この映画でしか見られないと思います。まともに喋れなかったジミー(田口トモロヲ)がはっきり喋れるようになり、「ニューヨークマラソン」とずっと歌っていたかと思っていた歌詞がまさか本当はそんな歌詞だったとは…!と分かった場面は爆笑でした。また音楽映画という事もあり、ミュージシャンの方がたくさん関わっているのもこの映画の見どころだと思います。昨年再結成して話題になった、NUMBER GIRLの向井秀徳さんが音楽を担当しているので、音楽ファンとしてもぜひチェックしたい映画です!銀杏BOYZの峯田和伸さんや、解散してしまったSAKEROCKメンバー(星野源さんや浜野謙太さんなど)も出演していますし、どこにどんな役で出てくるのかも見どころの1つだと思います。

 

40代男性
40代男性

イカしたバンドを見つけないと首にされてしまう派遣社員のカンナ(宮崎あおい)が発見したカッコ良いパンクバンド「少年メリケンサック」の動画は25年前の映像!そんな間違いは関係なく「少年メリケンサック」の動画を公開したカンナのレコード会社のホームページの動画閲覧者はパンク寸前、早とちりした社長(ユースケサンタマリア)は、ツアーの予定を決定してしまい、レコード会社は「少年メリケンサック」で大盛り上がり、しかし、現在の「少年メリケンサック」はボロボロのオヤジになっていました、外見もボロボロ、演奏もボロボロの「少年メリケンサック」を引き連れて、カンナは少年メリケンサックとともに全国ツアーに行くのでありました。ボロボロのオヤジバンドになった少年メリケンサックがケンカしながら、ボロボロの演奏で、客にブーイングを浴びながらツアーを回って行く様は、ある種のロードムービーみたいですし、佐藤浩一をはじめ25年前にバンドを解散しなければならなかった因縁や葛藤を25年ぶりのツアー中にメンバーがだんだんと邂逅して行くストリーも良かったと思います。ベースに佐藤浩一、ヴォーカルに田口トモロウ、ギターにキム兄と個性的な俳優がパンクバンドを演じるのも楽しいと思います。主題歌の「ニューヨークマラソン」も実は凄い歌詞のロックナンバーなのも楽しいです。ボロボロだったオヤジたちが、ツアーを通じて昔の様なイカしたバンドになり、最後にはテレビの音楽番組にも出演してしまうまで、昔の様にカッコ良いバンドに戻って行くパンクロックバンド版ロードムービーで面白い映画だと思います。ロックが好きな方、昔バンドをやっていた方は特に見て頂きたい映画です。本当に面白い映画だと思います。

 

40代男性
40代男性

少年メリケンサックは宮崎あおいさん主演の2009年公開の劇場映画です。レコード会社社員の新人スカウト担当を宮崎あおいさんが演じるわけですが、10年前くらいの映画なのに新人をYou Tubeらしきサイトから探してるのは、かなり先取り感ありますね。自分の記憶ではそういった例で売れたのは米津さんやサチモスあたりからだったような気がしますが。ともあれ宮崎あおいさんがインターネットで「これは売れそう」と目星をつけたバンドはなにかの手違いで動画は25年前のもので、すでに解散したバンドだったわけです。もちろん、動画とは違い現実のバンドメンバー達はすでにおっさんと化していて、さあどうするか?ということになります。見た目が老けただけでなく、それぞれの事情を抱えたメンバーですから、再結成は容易には進みません。なんとかライブにこぎつけてもおっさんと化したメンバーを見た客は大ブーイング。しかし、なんやかんやあってみるみる昔の勘を取り戻してきた、少年メリケンサックの面々。さて、彼らのバンド活動の行方はどうなるのか?展開としてはこんな感じです。バンドもやっているクドカンが音楽を真正面からテーマにしただけあって、内容もバンドあるあるネタでいっぱい。まだ、さほど売れていなかった星野源さんやこの映画以降クドカン作品の常連となる峯田和伸さんなどミュージシャン系の出演者も豪華です。クドカン特有の下ネタにもまったくひるまない宮崎あおいさんが一番印象的でした。

 

まとめ

『少年メリケンサック』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました