メアリと魔女の花(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アニメ映画
映画「メアリと魔女の花」予告編

メアリと魔女の花(映画)の動画フルを安全に見る方法

『メアリと魔女の花』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『メアリと魔女の花』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

メアリと魔女の花(映画)の内容

映画『メアリと魔女の花』は、2017年7月に公開されたアニメ映画です。

原作はイギリスの女性作家メアリー・スチュアートの『The Little Broomstick』。そして日本でも『小さな魔法のほうき』として翻訳出版されている児童文学を、スタジオジブリを退社したプロデューサーの西村義明が新たに立ち上げたアニメーション制作会社「スタジオポノック」の第一回長編アニメーション映画として制作されました。監督は、ジブリ作品の 『思い出のマーニー 』に続き、2度目の共作となる米林宏昌監督。この最強タッグならではの表現力と演出で、魔女の花を見つけたことから魔法世界に迷い込んだ少女メアリの出会いと希望の物語を描いたファンタジーアニメです。

声優は、主人公・メアリ役に杉咲花、メアリと共に冒険する少年・ピーター役は神木隆之介が担当しています。その他、天海祐希、小日向文世、満島ひかり、大竹しのぶなど日本映画界で大きな存在感を放つ豪華な俳優陣も作品に命を吹き込んでいます。

 

空気の動きを感じる服や髪の波打つ描写はやっぱりすごい。背景もあったかい!

主題歌とのマッチング、綺麗な映像。大人も一緒に楽しめました!

毅然としたメアリーの表情の変化にも魅入られる。美しすぎる色彩とスピード感溢れる空中飛行が魅力的。

景色の色彩や動き、とても綺麗でした。ストーリーは、子どもも大人も飽きずに観られるかなと思います。子どもはきっと、とてもワクワクして観られる作品だと思います。声優は豪華でした。

美しい映像や描写は高評価でしたが、どうしても〝ジブリ〟をイメージしてしまい、「もう少しオリジナリティを見せて欲しかった」という意見が正直ありました。

ジブリ出身の方が制作しているので、世界観が似てしまうのは仕方ないかもしれませんが、逆に色んな作品の〝良いとこ取り〟みたい、と楽しんで観ている人も多いようです。

あらすじ

豊かな自然に囲まれた田舎町の赤い館村に引っ越してきた11歳の少女メアリ(声・杉咲花)は、7年に1度しか咲かない不思議な花「夜間飛行」を森の中で見つけます。それは、かつて魔女の国から盗み出された禁断の〝魔女の花〟と呼ばれる花でした。

その花を手にしたことで、一夜限りの魔法使いとなったメアリは、魔法世界の最高学府・エンドア大学への入学を許されるのですが、メアリがついたささいな嘘が、大切な人を巻き込んだ大きな事件へと発展してしまい・・・。

見どころ

子供も大人も楽しめる

『メアリと魔女の花』で登場する魔法使い・メアリは、「魔女の宅急便」のような代々受け継いできた魔女ではなく、ごく普通の女の子。魔法大学の敷地内で巻き起こる様々な奇想天外な出来事に遭遇しても、最終的に運命を切り開くのは、魔法の力ではなく自分の意志であることを表現しています。

そんなメアリが静かに意志を固める様子を通して、背景に耳障りな音楽や効果音を極力排した独特の静寂の中で、少女の成長物語を紡ごうとしている本作は、どこか懐かしさを覚えつつ、それまでの米林監督の作品よりグッと対象年齢は広がったようにも感じられます。

主題歌とのマッチング

主題歌を歌うのはビッグアーティスト「SEKAI NO OWARI」。彼らの奏でる主題歌「RAIN」は、〝魔法はいつか解けると僕らは知ってるー〟から始まり、独自の世界観でメアリの心の中を空模様になぞらえた優しい曲。

そんな主題歌「RAIN」は作品にベストマッチ!更なる深みを与えています。

スタッフ

原作:メアリー・スチュアート「The Little Broomstick(小さな魔法のほうき)」
監督・脚本:米林宏昌
脚本:坂口理子
主題歌:SEKAI NO OWARI「RAIN」

キャスト

メアリ・スミス:杉咲花
好奇心旺盛で天真爛漫な11歳の少女。赤い館村に引っ越してきて、森で不思議な花を見つけ、一夜限りの魔法使いになる。

ピーター:神木隆之介
赤い館村で新聞配達をする12歳の少年。メアリがついた嘘から事件に巻き込まれる。

マダム・マンブルチューク:天海祐希
エンドア大学の校長。

ドクター・デイ: 小日向文世
エンドア大学の教員兼魔法科学者。

フラナガン:佐藤二朗
エンドア大学の箒小屋の管理人。

シャーロット:大竹しのぶ 
赤い館の女主人。メアリの大叔母。

バンクス:渡辺えり 
赤い館の頼れる家政婦。

ゼベディ:遠藤憲一
赤い館の庭師。

ティブ:大谷育江
ピーターの飼い猫。毛色は黒。

ギブ:Lynn
ピーターの飼い猫の1匹。毛色はグレー。

赤毛の魔女:満島ひかり 
夜間飛行の花の発見者であり、夜間飛行の種を盗み出した謎の魔女。

 

『メアリと魔女の花』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

メアリと魔女の花(映画)の感想

30代男性
30代男性

声優が何げに豪華な作品でジブリ作品の中でも比較的俳優さんが多く出演されていたような気がしましたが、個人的には佐藤じろうさんが一番俳優さんの中では巧く聞こえました。校長もなかなかインパクトはありましたが声質よりもキャラクターがあまりに怖くて最初の優しい雰囲気と終盤あたりのヒロインを追いかけていくところのギャップはさすがに怖かったです。一緒に観ていた娘も冒頭や魔法学校のシーンに関しては神秘的な要素がたくさん詰め込まれていて関心を持ちながらゲラゲラ観ていましたが最後の方は子供達にとってはびっくりするものがあったみたいでした。他のジブリ作品に比べるとやや大人向けなところもあるのかなと感じられました。一方でそっくりな2匹の猫が道案内をするところや森の中での魔法との最初の出会いなどワクワクする部分がいくつもあるのが遊び心を感じさせてくれる楽しめる内容にも思えました。動物達も繊細な映像で描かれていてその移動していく様相はとてもきれいでその部分だけを切り取ってもつい見とれてしまうほどの美しさがありました。結末についてもハラハラした展開からしっかりとハッピーエンドに導いていく流れ落ちがとてもスマートで分かりやすい作品に感じられました。

 

20代女性
20代女性

ジブリで経験を積まれ、『千と千尋の神隠し』で原画担当もやられた米林宏昌監督が作った作品で、作画は本当に美しいと思いました。経験を積まれただけあって、本当に映像、作画、キャラクターの動き、どれもすばらしかったです。ストーリーに若干の批判はあるようですが、私は好きです。子供向けとしては、物語の構成がとても分かりやすかったです。また、時代にあった勇敢な少女を選んだのはよかったと思います。女性が活躍する社会の中で、厳しい環境の中でも立ち向かっていく少女の姿には感動しました。とてもかわいくて、最初は幼いように見えるのですが、ストーリーが進むにつれて友達のためにがんばっている姿は勇ましいです。また、たくさんのバケモノみたいなものが出てくるのですが、それも気持ち悪くて、強そうで、すごく迫力がありました。背景もしっかりと描かれていて、森の景色が見えるシーンはとてもきれいでした。アリエッティと比べてもさらに細かく描写されているように感じました。とても繊細でジブリは自然が舞台の作品が多いので、不思議に感じることはなかったです。宮崎駿監督も力を入れていて美術をしっかりと受け継いでいるように思いました。まだまだ、若手の監督なので次回作もとても期待しています。

 

50代女性
50代女性

両親の都合で、一人叔母さんの家に引っ越してきたメアリは、活発で、色んなことに興味がある遊び盛りの赤毛の女の子です。その叔母さんの声を大竹しのぶさんが演じていて、ゆったりした話し方が、魅力です。しかし実は、このおばさん、昔魔法を使えた魔女だったのです。夜間飛行という名前のとても綺麗な花が、この物語のキーポイントで、この魔法の花を使って世界を変えてまおうと企む魔法の国でおこるメアリと、魔法大学の戦いが、楽しいです。夜間飛行を森で見つけたメアリは、魔法の力を持ち、魔女と言えば、やはりホウキで、魔法大学に行きます。そこでむかえたのが、ぽっちゃりした校長で、天海祐希さんが、声優で、出演しています。初めはゆったりした話し方でしたが、だんだんいつもの、天海祐希さんらしい話し方になっていて、面白いです。その大学に連れて行ってくれたり、助けてくれたりしてくれる、ホウキの使い方を教えてくれる動物の声優を佐藤二郎さんが演じていて、面白い感じのキャラにとてもあっていて、最後までいい仕事してます。猫の恋人を救ったり、メアリの好きな男の子ピーターを救ったり、ファンタジーあふれる映画ですが、大事なだれかのために頑張るメアリの楽しい一日だけの魔女が、心温まる作品です。

50代女性
50代女性

有名な「魔女の宅急便」の二番煎じのようなリメイクのような長編アニメーションと思いきや、似たようなジャンルの全く違う話でした。原作が実在するためか、世界観はしっかりしていました。物語りを通じてとても印象的であったのが、「夜間飛行」と呼ばれる“魔女の花”です。この花の魔法と魔力を増幅する力によって、メアリはパッとしないドジではみだした女の子から一躍魔法大学で優等生としてもてはやされ、そのストーリーのテンポの良さが小気味よくあります。「夜間飛行」は実在する花ではありませんが、ムスカリという青紫の花がモデルではないかと言われています。このムスカリ、または似たような花が木立の下に茂って咲く光景は、日本人の目からはうっとりするくらい神秘的で可愛らしい素敵な花なのですが、西洋人(特にヨーロッパ・イギリス)の目から見ると、“魔女の花”として背筋がぞっとするくらいの景色なのだそうです。文化と歴史の違いです。魔女の花の力は電池のように一晩(魔法大学では数日間?)で消えてなくなってしまいますが、優秀な魔女の血を受けていたメアリだからこそ魔法の才能が開花したことから、最後にあっさりと魔女としての自分を捨て去ってしまう展開には少し残念な気もちになりました。映像美は素晴らしく、面白くテンポの良いストーリーながら少し古風な内容でもありますが、深く考えずスカッとしたい時に見るのがおすすめです。

 

20代男性
20代男性

『メアリと魔女の花』は2017年に公開されたアニメ映画です。私は主人公のメアリの声優の杉咲花さんのファンで、杉咲花さんのとても穏やかで聞き心地のよい声がメアリに合っていて良かったです。他にも、神木隆之介さんや天海祐希さんや小日向文世さんや満島ひかりさんなどとても豪華な俳優さんが声優をされています。こんな豪華な俳優さんが声優をやっているアニメ映画は珍しくて、とても興奮しました。作画がとても綺麗で、どんな場面でも水彩画のように美しく観ていて癒やされます。メアリがとにかく可愛く、魔法使いになり魔法を使うことで周囲からメアリが褒められている時のメアリの表情がとても可愛いです。ファンタジー感が強く、非現実的で観ていてとても癒やされました。ストーリーが分かりやすく、進むテンポが良いので子供からお年寄りまで広い世代におすすめできます。ジブリ映画の後継者として期待されていた映画ですが、期待以上の作品で面白かったです。主題歌のSEKAI NO OWARIさんが歌うRAINという曲がとてもこの作品に合っており、大好きな曲です。笑えるシーンや感動シーンなど様々なシーンがあるので見終わった後はとても満足しました。ぜひおすすめする映画です。

20代女性
20代女性

スタジオジブリにいた米林宏昌が監督なだけあって、ジブリへのオマージュが多く、ジブリが好きな人は楽しめる作品になっているかと思います。ストーリーとしては良い意味でよくある王道ジブリな感じですが、キャラクターなどの絵の雰囲気や世界観はさすがといった感じ。米林さんらしく緑や植物がふんだんに使われていました。声優陣は理由はわかりませんがほとんどが俳優さんで、声優を専門にしている人はあまりいなかったので、俳優さんが好きな人は見に行ったほうがいいと思います。中でも、神木君はさすがだなと思いました。私は神木君の声を聞くために映画館まで行きましたが大変満足しています。声だけのお芝居にもかかわらず、感情も乗っていて臨場感もあってさすがでした。あと、エンドロールを見るまで気づかなかったのですが、満島ひかりがすごく上手でした。声を聞いただけでは誰だかわからないくらいで、元々お芝居は上手だと思っていましたが、声のお芝居もさすがだなと思いました。あと、エンディングを担当しているSEKAI NO OWARIの曲もすごくよかったです。私は神木君の声とこのエンディングが映画館で聞けて満足できたので、セカオワが好きな人はぜひ映画と一緒に曲を聞いてみたら良いと思います。

40代女性
40代女性

ジブリの絵柄はそれを見るだけでワクワクしてしまいます。ただ実際にはジブリの制作部が解体されて新たに設立された会社のもの、でも「思い出のマーニー」や「借りぐらしのアリエッティ」「かぐや姫の物語」の監督やプロデューサーが作っているものですから十分クオリティは高かったです。テレビもゲームもないからこそ暇だとやる気のない主人公の少女が、現代の子供たちに重なります。そんな中で見つけた魔女の箒、そして魔法学校とちょっと「ハリーポッター」を思い出されました。7年に1度しか咲かない花とか魔女の国から盗み出された禁断のもの、ファンタジー系の物語で何度となく見たことのある設定という気はしますがやはり映像となると迫力が違います。木がどんどん成長していくところとから空を飛ぶ時の服や髪の毛の感じとかがすごく上手くて、実写に負けないリアリティがありました。魔法っていうと夢のあるものと思っていましたが、実験台として使われた動物たちを見ると考え方がちょっと変わってしまいます。これくらいインパクト大で伝えればどんなことでも子供たちに恐怖が伝えられるのかもしれません。お花がテーマとなる中で主人公のメアリを演じるのは杉咲花さん、意外と上手だったです。

20代女性
20代女性

私は、 アニメ映画『メアリと魔女の花』を観て、「主人公の可愛らしさ」と「わくわくする物語の展開」が特に印象に残りました。まず、主人公の可愛らしさについてです。この映画では、主人公の少女・メアリが冒険を通して成長する姿が描かれます。メアリは、小柄で目が大きく子どもらしい可愛らしさを持っています。さらに、冒険を通して初めて知る人々や世界に驚きながらも、その人々や世界との関わりを純粋に楽しんでいきます。見た目はもちろん、新しいものに出会いわくわくして楽しそうな様子が可愛らしく、終始画面を通して真っすぐに伝わってくる幸せそうな感情に元気をもらい癒されながら観ていました。次に、わくわくする物語の展開についてです。この映画では、メアリが魔女になる能力を手に入れたことから、世界を救うための冒険に出ます。そこでは、魔女になる能力を手に入れ、ほうきに乗って空を飛んだり、魔法を使って敵と戦ったりと、ファンタジー要素溢れる出来事が次々と起こります。その子どもの頃に夢見たことが次々と起こる展開に、子どものころの気持ちを思い出し、自分もメアリのように魔法を使っているような錯覚に陥りつつ、楽しみながら観ていました。

20代女性
20代女性

可愛らしい少女が少し大人へと向かう成長の物語です。魔法、おてんば少女、怪しげな学校、これでもかという王道の設定を盛り込んで、どこか新しい世界観を見せてくれる作品はあまりない気がします。イメージとしてはジブリの雰囲気が漂いながら、作品を見ると違うイメージを見ている人に残してくれます。主人公のメアリは、そばかすのある顔に、天真爛漫でお転婆な性格というどこにでもいる少女です。ですが、叔母さんの住む森の中に引っ越してきたことで、退屈な日々を送っています。それが原因か、幼い子供の好奇心のせいか無謀な冒険に乗り出していきます。彼女の望んだわけではないのに、流れに身を任せたら引き返せないところまで来てしまって、気が付いたらもう遅い。逃げ出したくても大切な友達ピーターを助けるために孤軍奮闘するメアリがいじらしく応援したくなります。ピーターも彼女を守ることを一番に考えられるカッコいい少年で魅力たっぷりの二人です。少年少女の強くたくましくなっていく成長がすさまじいくらいはやくて驚きます。もりだくさんの話をスピーディーに上手くまとまるところもさすがですが、この作品の魅力は古き良き時代の雰囲気がするキャラクターや背景のイラストだと思います。全てのシーンにおいて美しいです。色合いが鮮やかで綺麗というわけではなく、くすんだ色や古びた家などのぼやけた魅力が素晴らしくストーリーと共にずっと見とれていたい映画です。

20代女性
20代女性

声を声優さんではなく、いろいろな俳優さんが担当されていましたが、どのキャラクターも違和感がなく、すごいなと思いました。優しい大叔母や家政婦がいても、周りに楽しめるものや友達がいなくては、やっぱり小さい女の子には退屈になってしまうだろうなと思います。そんなときに夜間飛行の花を手にし、天才魔女として魔法学校に迎えられる。確かに刺激的で非日常的な世界がメアリには魅力的にうつるだろうなと思います。幸せな環境であってもずっといれば飽きてしまう、刺激がほしくなってしまう、という人間の心理なんだろうなと思います。ピーターを人質に取られ、ちゃんと花を渡したメアリでしたが、校長とドクター・デイは約束を守らず、メアリまでつかまえてしまいます。必要なものは手に入れたからとはいえ、悪者はやはり卑怯ですね。変身魔法のなれの果ての姿はひどいもので、人の欲望のなれの果てもあんなものなのかなと感じました。とんでもない姿に変えられてしまった動物たちを助けたメアリを、今度は動物たちがピーターをとりかえすために奮闘するメアリを助けるシーンは素敵だなと思いました。誰かのためを思ってやったことが、後になって自分に返ってくることもあるので、自己中に生きるのではなく、やはり誰かのためと思って行動することは大切だなと思いました。

 

まとめ

『メアリと魔女の花』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました