魔女の宅急便の動画無料配信とDVDレンタル|Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuより確実

アニメ映画

魔女の宅急便の動画フルを安全に見る方法

『魔女の宅急便』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

 

TSUTAYA TV/DISCAS
定額レンタル8+動画見放題プラン
人気の理由

  • 30日間無料お試しできる
  • 動画配信サービスと宅配レンタルで作品数が実質無限
  • 動画見放題は10,000作品以上
  • アダルト動画が5,000本以上と豊富
  • 動画配信されていない作品もレンタルで視聴可能
  • TSUTAYA全てのDVD/CDが借り放題
  • レンタルはネットで注文、ご自宅までお届け(送料無料)

※動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約 10,000 タイトルの中から見放題作品をお楽しみいただけるものです。
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。
※借り放題は月額レンタル可能枚数終了後、「旧作」が借り放題となります。
※30 日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。

 

TSUTAYA TV/DISCAS
定額レンタル8+動画見放題プラン
利用者の声

観たい作品が、どの動画配信サービスでも配信されていなくてTSUTAYAの定額レンタル8+動画見放題プランに登録しました。

DVDレンタルができるので観たい作品は「配信されてる、されていない」を気にせずほとんど観ることができますし、どこからでもスマホでレンタル注文できて自宅まで届けてくれるのでとても便利です。もちろん送料は無料で、返却期限も無いので返し忘れて延滞料金を払うなんてこともありません(笑)

レンタルだけでなく動画見放題もセットでお得です♪

なんといっても男性必見なのはアダルト作品の豊富さです!5,000本以上のアダルト動画を見放題で視聴できます。定額レンタル8+動画見放題プランだとレンタルもできるので新作や動画見放題に無い作品も借りれるのでいいですね。自宅にいながらレンタルできますので恥ずかしい思いをしなくていいのも良いですね(笑)

もちろん、映画やドラマも豊富ですしCDレンタルできるのも便利です!

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『魔女の宅急便』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

魔女の宅急便の内容

映画『魔女の宅急便』は、1989年7月に公開され、宮崎駿監督初の他者原作による作品です。

その原作は、1985年から2009年までの24年間に亘って描かれた、角野栄子さんの同名児童書です。

映画『魔女の宅急便』の主題歌はユーミンこと荒井由実さんの「ルージュの伝言」と「やさしさに包まれたなら」と既存の楽曲が採用され、公開に合わせてリバイバルヒットとなりました。

映画公開から4年後の1993年には舞台化、そして、2014年には小芝風花さん主演で実写映画化もされており、長年愛されているジブリを代表する一作となっております。

子供の頃に出来たことが出来なくなる。でも、新たなことが出来るようになる。人生の真髄を描いた名作です。
そして、そのストーリーや映像を後押しする音楽が非常に素晴らしい。

たくさんあるジブリ作品の中で、魔女の宅急便が一番好きです。セリフを覚えてしまうくらい何回観ても飽きることはないですし、観るたびに好きが増していきます。
やっぱり魔女は女子にとって永遠の憧れですね。

本作を通じて、子供に【仕事=誰かが喜ぶこと】という概念を付けることが出来ました。
人が喜ぶことをするように成長していってほしいので、良い道徳になりました!

子供が毎日のように見ています。私も子供の頃に見ていたので懐かしい感じが良いですね。
いつまでも変わらない不朽の名作です。

あらすじ

魔女の血を継ぐキキは、一族の掟により独り立ちすることになりました。母からお下がりのほうきを受け取り、父から譲ってもらったラジオを持って、友達に見送られながら、黒猫のジジと村を飛び立ちます。

空を飛んでいると、先輩魔女と出会い色々と修行について教えてもらい、激励を受け別れます。すると、急に嵐がやってきたので、二人は貨物列車に降り立ち、雨宿りさせてもらうことにします。干し草が気持ち良く眠ってしまったキキが目を覚ますと、そこには海に面した素敵な街『コリコ』がありました。

この街で立派な魔女になることを決めたキキに、さまざまな試練が立ちはだかります。

見どころ

一人二役

キキが宅配便の品物を森の中へ落としてしまったことがきっかけで出会い仲良くなった女性画家・ウルスラ。キキが落ち込んでいるときに励ましたりする、お姉さんポジションの重要な登場人物の一人です。

そんなキキとウルスラですが、同じ声優・高山みなみさんが担当しております。素晴らしい掛け合いから目が離せません。

製作秘話

前作である『となりのトトロ』のトトロは、今でこそジブリを象徴するキャラとなっておりますが、公開当初は興行的に外れてしまっており、資金回収のために『魔女の宅急便』が製作されることになりました。これまで、作品を作ることにしか興味のなかった面々が、宣伝やプロデュース業の重要性を自覚した作品でもあります。

そこで、徳間書店の他にヤマト運輸や日本テレビも製作に参加し、スポンサーが付き、テレビCMなどにも力が入ります。結果は観客動員数264万人、配給収入21.5億円と前作『となりのトトロ/火垂るの墓』の3倍以上を記録、当時のアニメーション映画の興行記録を突破するなど大ヒットし、世にジブリという名を一気に広めた作品です。

キキの成長物語

実は、本作の主要人物は全てキキの成長した姿を描いているそうです。

13歳の少女・キキが、独り立ちをし成長するとウルスラのような女性になり、次に家庭を持ち子を授かる母・おソノさんへ。そして、その子供が成長し独り立ちの時を優しく見守る母・コキリ。孫ができ、余生を静かに過ごしている老婦人へと成長していきます。キキの未来を思い描けているようで素敵ですね。

原作では、キキの子供が独り立ちするところまで描かれているので、そちらもチェックしてみて下さい!

スタッフ

原作:角野 栄子「魔女の宅急便」
監督・脚本:宮崎 駿
音楽:久石 譲
主題歌:荒井 由実「ルージュの伝言」 / 「やさしさに包まれたなら」

キャスト

キキ:高山みなみ
魔女の掟により独り立ちをすることになった少女。海に囲まれた街・コリコに住むことにし、空を飛ぶ魔法を使って『魔女の宅急便』を開業する。

ジジ:佐久間レイ
キキの相棒で、少し生意気な性格の黒猫。魔法の力でキキとは喋れる。

トンボ:山口勝平
空に憧れを抱く少年。本名はコポリ。空を飛べるキキに興味津々。

おソノ:戸田恵子
キキの居候先のパン屋を夫とともに営む、親切なおかみさん。キキのよき理解者。

フクオ:山寺宏一
おソノの夫。無口で寡黙だが心優しいパン職人。

ウルスラ:高山みなみ
森の中の小屋で絵を描いている少女。通称:絵描きさんと呼ばれる、キキを元気付けるお姉さん的存在。

オキノ:三浦浩一
キキの父親。魔女や妖精の研究をする民俗学者。

コキリ:信沢三恵子
キキの母親。立派な一人前の魔女。

老婦人:加藤治子
青い屋根の婦人。キキの依頼主であり、キキにプレゼントを渡すなど心優しい人物。

バーサ:関弘子
老婦人に仕えている使用人の老婆。

ドーラ:斉藤昌
キキの母・コキリに魔法の薬を作ってもらっている老女。

時計塔の番人:西村知道
コリコでキキが一番最初に会話した老年男性。

先輩魔女:小林優子
キキが旅立って直ぐに出会った魔女。

マキ:井上喜久子
キキにとって初めての仕事客。

ケット:渕崎ゆり子
マキの甥っ子。マキからの依頼物を届けた少年。

ケットの母:土井美加

ケットの父:土師孝也

ケットの祖母:浅井淑子

トラックの運転手:池水通洋

ホテルのフロント係:辻親八

飛行船『自由の冒険号』の船長:大塚明夫

赤ん坊:坂本千夏

警官 / アナウンサー:山寺宏一

デッキブラシを持っていたおじさん:田口昂

老婦人の孫娘:鍵本景子

老婦人の孫娘の仲間:津賀有子 / 亀井芳子

キキが町に降りたったとき話すおばさん / 「ナンパかよ」とトンボに話しかける少年:丸山裕子

『魔女の宅急便』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

魔女の宅急便の感想

50代女性
50代女性

今は大活躍されている声優、高山みなみさんを初めて知ったのがこの作品でした。なんと主役のキキ役だけではなく絵を描く謎の少女ウルスラの役も演じていたと知った時は衝撃でした。キキのお父さんがなんとなくトンボに似ているのは気のせいでしょうか?キキとトンボの将来を暗示しているように感じてしまいました。私が悲しかったシーンはニシンのパイを雨の中、必死で届けたキキに対し、冷たい態度を取ったあの少女が出てくる場面です。「おばあさんがあんなに優しい方なのに、何なの?」と。でも「キキがトンボを助けた時はあの少女も喜んでくれたに違いない、きっとお友達になっているだろう」と考え、気持ちを切り替えました。エンディングの少女たちの中にいたがどうかは判別がつきませんが。オソノさんや旦那さんの優しさにもほっこりしました。パンが本当に美味しそうで、見終わった後はパン屋さん巡りをしたりしましたね。そして、動物好きの私がたまらなかったのはクロネコのジジの存在。ジジがいたら寂しくありませんね。魔法の力が弱くなった時、キキはジジの言葉も解らなくなりますが、言葉を話さないジジはただの猫でしたね、当たり前なのですが、観ている側も寂しかったです。キキが新しい町に馴染んで元気に働く姿で終わりましたが、今さらながら13歳で自立するなんて、例え魔法が使えてもすごいことですよね。

20代女性
20代女性

この作品はキキが少しずつ成長していくのが良かったです。一人前の魔女になるために知らない場所で頑張っている姿は、思わず応援したくなりました。失敗したりなかなか思うようにいかなくても、一生懸命なキキが素敵だなと思いました。理想と現実は違ったりもするけど、現実の中で頑張るキキがかっこよかったです。ジジの存在もキキからすると、とても大きなものだと思いました。ジジのおかげで乗り越えられたりもしていて、二人の相性はピッタリだと思いました。宅配を頼まれて時には悩んだりしていたのが、すごくリアルに感じました。いいことばかりは続かないけど、頑張っていたらいつかいいことがあると思える作品だと思います。またおソノさんのやさしくて明るいところは、見ていて元気をもらえました。不安ばかりのキキにいつもパワーをくれて、応援してくれていたのが印象的です。母親のようでもありお姉さんのようなところが、キキにとって励みになっていたような気がします。魔女として空を飛ぶところは、非現実的だけどいつ見ても憧れてしまいます。キキが空を飛んでいる姿は、とても気持ちよさそうでうらやましく感じました。たくさん夢が溢れている世界観が面白いです。

 

20代女性
20代女性

田舎で暮らしていた魔女のキキが主人公なのですが、キキの魔女としての能力が黒猫ジジとおしゃべりできることとホウキに乗って空を飛ぶことだけで、魔女の見習いさんといった印象があり小さい頃の私はすごく親近感を覚えました。よくキキの真似をして、ホウキに跨がって歩いたりしてたのを今でも思い出します。笑コリコという街でキキの新しい生活が始まるのですがそこで出会うパン屋のオソノさんがとても好きでした。おソノさんはキキにパン屋の空き部屋を貸してくれて、キキはパン屋を手伝いながらホウキで宅配をするのですが、この映像を見て、私もパン屋さんで働きたいという夢ができました。はじめての将来の夢です。魔女の宅急便の登場人物といえば、トンボさんが有名ですが、トンボさんとキキの恋模様もすごく素敵でした。キキは最初馴れ馴れしいトンボさんに苦手意識を持っていましたが、だんだんと仲良くなっていく姿が微笑ましかったです。しかし、当時の私はトンボさんがあまり好きではありませんでした。メガネをかけている男の子に苦手意識を持っていた私は、大好きなキキにちょっかいかけたり、馴れ馴れしく話しているトンボさんに少しイラッとしていました。今はそんなことはありませんが…笑

 

30代女性
30代女性

13歳になった魔女見習いのキキが一人前の魔女になるべく修行の旅に出て知らない町で暮らしながら宅急便を営むようになって…といったストーリーです。まず序盤で旅立ちの道中、キキがほうきで空を飛んでいるシーンでかかるユーミンのルージュの伝言はとても印象的でワクワクします。キキの目を通した新しい街の人々の描写やその後人々とのかかわりの中で自分の居場所や役目を見つけていくところがみどころです。宅急便を注文してくれた人々も個性的で決してすべてがキキにとってよい出来事ばかりではないのですが、その中でキキが成長していく姿が素晴らしいです。登場人物の中ではキキが住み込むことになるパン屋のおソノさんと主人の優しさも見ていて気持ちがよいです。キキが連れているしゃべる黒猫のジジも皮肉屋でありながらキキのことが大好きでとてもかわいいです。キキ達が暮らす外国の海辺の街も美しくて見ごたえがあります。また、キキのことを魔女子さんと呼ぶ同い年の少年トンボとの出会いもおもしろいです。トンボと人力飛行機に乗って海辺の道路を走るシーンは疾走感がありワクワクします。終盤のキキのピンチからの大団円は思わずキキを応援したくなります。ぜひ最後まで見てエンディングのユーミンのやさしさに包まれたならを聞いてほしいです。

 

30代女性
30代女性

子どもの時に見るのと大人になってみる、親として、ある程度年齢を重ねた大人として見るのとではかなり感想が変わってくる名作映画。大人としては、魔女として成長したキキがしきたりに従って、黒猫のジジと共に14歳で家を出てまったく知らない町を探す最初のシーンや、希望を膨らませて港町に行きついたものの、誰も助けてくれずに右往左往してしまうキキの姿だけでも胸を打たれてしまいます。この作品で意外と知られていないのは主演のキキと、途中から登場して、魔法を失ったキキを受け入れ、やさしく見守って助けてくれることになる、画学生ウルスラが、ダブルキャストで演じられていることです。高山みなみさんは、最近ではコナンで知られている声優さんですが、当時はかなり低い声の女性を主に演じていたのが、14歳の女の子としてキャスティングされたたことは、かなり意外でした。ジブリ作品としても、ダブルキャストを使うことはほとんどないレアなことではないかと思います。じっくり聞くと、ウルスラの時の方がしっくりきますし、キキとの掛け合いのシーンでは、感動的で大事な場面ではありますが、高山みなみさんを意識すると、かなり不思議な感じになってきます。

30代女性
30代女性

この作品は主人公のキキが大人の一歩を踏み出すストーリーです。恋に夢に挫折を経験しながら成長する物語です。映画で素晴らしいのはそのキキが降り立った町の景色です。空飛ぶほうきで転宅舞い上がったキキの目に飛び込んできた赤瓦の美しい街並みと、美しい自然がアニメーションとは思えなかったです。当時も今も同じ気持ちです。本当に丁寧に描かれています。登場する人物もキキの成長に欠かせないです。嫌な人間は一人もいません。温かく見守られながら自分に打ち勝つキキの姿に見終わった後は心が洗われているに違いありません。ストーリーの山場は最後にあるのですが。それまではキキやジジ、居候先の夫婦や多くの人間が出てきます。ふつうの生活を丁寧に切り取っています。掃除したり、店番したり……そういったシーンがあってこの映画は成長を感じられます。私はジジが好きなのですが最後は最愛の伴侶と結ばれて子沢山家族になりました。ジジとキキは再び話ができるようになったのかは分かりませんが、言葉がなくても二人は分かりあっているから必要ないのだと思います。こどもでも楽しめる作品ですが、大人になってから見返してみると別の視点が見えてきます。是非多くの方に見ていただきたい作品です。

30代女性
30代女性

魔女のキキが一人前の魔女になるため、親元を離れ、黒猫のジジと共に知らない街に向かいます。その街で素敵なパン屋の夫婦に気に入られ、住ませてもらえることになります。そこでキキはパン屋の手伝いをしながら、自分の力で働きお金を得るために宅急便の仕事をすることを決意。ホウキにまたがり空を飛んで配達をしていく中、さまざまな困難や苦労が生じますが、それでもキキは一生懸命配達先に向かいます。キキに興味を持つ男の子との出会いもあり、キキの心境の変化もみどころの一つです。この『魔女の宅急便』は、魔女のキキが私達にとって身近なものであるホウキにまたがって空を飛ぶため、見ていてとても親近感があります。さらに、配達を依頼する人や届け先の人の感情を目の当たりにするという現実がとてもわかり易く描かれてあり、とても感情が揺さぶられる場面もあります。魔女の世界で住んでいたキキが人間の街でこのような感情に左右されながら宅急便の仕事を続け、成長していく様子を知ることができます。そして相棒である黒猫のジジにも次第に変化が見られ、最初に街に来たときとは状況が変わっていく様を楽しみながら見ることができるので、小さな子どもから大人まで楽しむことができる映画です。

40代男性
40代男性

『魔女の宅急便』は現実とファンタジーの世界を融合させたような感じの世界観がとても素晴らしく、面白い作品だと思います。そして、青春感あふれる感じで、思春期の悩みなどを織り交ぜて描いているので、共感できる部分が多くて引き込まれると思います。気になるけど、素直になれない感じや、些細なことで色々なことが上手くいかなくなってしまう感じなどは、誰もが経験することだと思います。まずは、ヒロインの魔女のキキが真っ黒な洋服にジジというクロネコを連れているのが、とても可愛くて良いと思います。特に言葉をしゃべれるジジとのやり取りが本当に面白いと思います。ジジはキキの失敗で、商品の身代わりなどになったりしますが、なんだかんだ言っても、キキのことが大好きな感じが微笑ましいと思います。そして、たくさんの人達に会ってキキが成長していく感じが、とても素敵だと思います。キキは魔法力が弱くなってしまい、魔法が使えなくなり、空も飛べなくなったりしますが、諦めない姿勢が良いと思います。そして、ほうきで空を飛ぶというのを見れば、真似したくなると思います。ちなみに。松任谷由実さんの主題歌も映画の世界観に会っていて、とても素敵だと思います。

30代男性
30代男性

女性が主人公で初期のジブリらしい良さもありながら魔女というなかなか現実離れした空飛ぶ題材を扱いながらもいろいろな人間達と触れ合っていく中で成長していく姿が愛らしくも感動的でもあっていろんな意味で素敵な作品でした。個人的にはジブリ作品の中では一番好きで何十回も見た記憶がありますが、最近は娘二人と一緒に見るようになって娘がキキのまねをたまにしたりセリフを真似たりすることもあるので教育にも何か影響を与えていそうな気にも感じてしまいました。最初はネコとおしゃべりをして少女のような姿だったキキもいろんな人との出会いや経験を積み重ねていく中である日突然ネコとの会話ができなくなって空も飛べなくなった場面が一番印象的でありながら一番好きな場面にも思えました。そこからの尻上がりといってもいいくらいのハッピーエンドは本当に感動的で最後に実家の両親に手紙をかくというところまで描かれているのもスッキリするシナリオになっていてとても面白く感じられました。パン屋での仕事においても順調な時期と巧くいかない時期とをうまく織り混ぜていて複雑な心境の変化みたいなものが所々に描かれているのも分かりやすい展開でありながらとても興味深く感じられました。

20代女性
20代女性

何度見ても見入ってしまう映画です。私が初めて見たのは恐らく5歳ころ(20数年前)、今は娘が2歳ですが、ほぼ毎日見ています。子どもの頃は「魔女になってあんな風に空を飛べたらいいな」というただ魔女への憧れが強かったです。しかし、現在大人になってから見てみると「人生で大切なことを教えてくれる映画だな」という想いで観るようになりました。13歳という若さで知らない街へ修行へ行き、自ら積極的に街の人に声を掛けるも、始めは思うようにいかず悩みながら、おそのさんという親切な人に出会い支えられ、同じくらいの年齢の友達への嫉妬、自分との葛藤、挫折を経験しながら成長していく。まさに誰もが人との関わりの中で経験する可能性のある場面を分かりやすく表していると思います。1番印象的な場面は空を飛べなくなってしまったところです。今まで当たり前にできていたことが突然できなくなってしまう、いわゆるスランプの乗り越え方については娘に「休息が必要なんだよ」と言葉が分かるようになったら教えたいです。映画が放映されてからどんなに時が経っても、人生での大切なことを教えてくれる映画だからこそ何度も何度も楽しんで見ることができるんだと思います。

 

まとめ

『魔女の宅急便』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

 

 

本ページの情報は2020年7月時点の情報となります。最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました