舞子ハーーーン(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

コメディ
舞妓Haaaan!!!

舞子ハーーーン(映画)の動画フルを安全に見る方法

『舞妓Haaaan!!!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『舞妓Haaaan!!!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

舞子ハーーーン(映画)の内容

映画『舞妓Haaaan!!!』は、2007年6月に公開されました。

オリジナル脚本を宮藤官九郎さんが手掛け、日本テレビのテレビドラマ演出家であり映画監督の水田伸生さんの監督作。

さまざまなルールや、しきたりが満載の舞妓の世界を舞台に、舞妓と野球拳をするという夢をかなえるため、人生のすべてをかける男の姿をハイテンションに描いた作品で、舞妓しか愛せない主人公を阿部サダヲさんが熱演。阿部サダヲさんにとって本作が初主演映画となりました。

そのほか、舞妓役に柴崎コウさん、ハイテンションでお座敷を荒らしまくるプロ野球選手役には堤真一さんが怪演。また、2007年3月27日に80歳で亡くなった俳優でコメディアンの植木等さんも出演していて、本作が遺作となりました。

 

後半の怒涛の畳み掛けがすごすぎるし、キャストが豪華すぎる。いまから12年前の映画なのに色あせていないことに驚き!

さすがクドカン脚本の映画だけあって”やりすぎ感&くだらなさ”で、観ずにはいられない。人間て馬鹿だなと思う。

終始バカっぽいストーリーで飽きない。京都に野球場作っちゃうのはやりすぎだよな~。ベテランのエロい芸妓に堤真一がヤラれてしまうときのアホ顔は必見。

とにかく、終始笑った。配役もバッチリ。阿部サダヲは本当にすごい役者さんだと改めて感じた。

あらすじ

修学旅行で迷子になった際に舞妓さんに助けられたことがきっかけで、舞妓と遊ぶことを夢見続けている食品会社鈴屋食品の社員・鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、実際にお座敷に上がったことはありませんが、舞妓を応援するサイトを運営していて、舞妓に対する情熱を持ち続けています。

そんな中、人事異動により、「かやく工場」と呼ばれる京都支社に転勤が決まります。恋人の富士子(柴咲コウ)を捨てて京都入りした公彦は、お茶屋へ直行するも、「一見さんお断り」の壁にぶつかってしまいます。

お座敷への道のりは遠いと落ち込む公彦でしたが、自社の社長がお茶屋の常連と知り、お供させてくださいと直談判します。「仕事で結果を出して、私を儲けさせれば、好きなだけお茶屋に連れて行ってやる」と乗せられ、公彦は新しいカップ麺開発に執念を燃やし始めます。

一方、富士子は公彦にフラれた腹いせに、舞妓さんになる決意をしますが…。

見どころ

豪華なキャスト陣

ハイテンションでキュートすぎる役を演じる阿部サダヲさんと豪華キャスト陣の掛け合いは見どころのひとつです。

豪華俳優たちは下記の通り。

  • 阿部サダヲさん演じる鬼塚を挑発しまくる堤真一さん
  • 鬼塚にフラれた腹いせに舞妓を目指す柴崎コウさん
  • 鬼塚が勤める食品会社の社長でお茶屋遊びを指南する伊東四朗さん
  • ミュージカル調になってしまうお茶屋の女将の真矢みきさん
  • ドタバタな物語をしっかりと締める吉行和子さん
  • 舞妓&芸妓役の小出早織さんや京野ことみさん、酒井若菜さん
  • 思いがけない方法で出世するサラリーマンの植木等さん
  • コメディ演技を開花させた山田孝之さん、北村一輝さん
  • そのほか、キムラ緑子さん、生瀬勝久さん、大倉孝二さんなど

 

超ハイテンションラブソング

主題歌は、本作で舞妓役を務めた柴崎コウさんが、阿部サダヲさんや宮藤官九郎さんが組むパンク・バンド「グループ魂」に参加し、夢のコラボレーションが実現しました。

バンド名は、「グループ魂に柴咲コウが。」というそのままな感じで。柴崎コウさんが以前からグループ魂の大ファンだったということもあり実現したようです。

その楽曲名は、「お・ま・え ローテンションガール」。宮藤官九郎さん書き下しの超ハイテンションラブソングとなっていて、柴崎コウさんと阿部サダヲの絶妙な掛け合いで熱唱しています。

スタッフ

脚本:宮藤 官九郎
監督:水田 伸生
音楽:岩代 太郎
主題歌:グループ魂に柴咲コウが。「お・ま・えローテンションガール」

キャスト

鬼塚 公彦:阿部 サダヲ
舞妓の大ファン。食品会社・鈴屋食品東京本社から京都支社に転勤する。

内藤 貴一郎:堤 真一
プロ野球選手。さつきの息子。

大沢 富士子:柴咲 コウ
公彦の元恋人。三重県出身だけど京都出身だと偽る。芸者の駒冨士になる。

駒子:小出 早織(現・早織)
ななふくの新人舞妓。鬼塚のお気に入り。

小梅:京野 ことみ
公彦が高校の修学旅行で京都を訪れた時に出会った舞妓。

豆福:酒井 若菜
ななふくの芸子。

良江:キムラ 緑子
鈴屋食品・京都支社生産管理部のパート。

大下:大倉 孝二
公彦と富士子の東京本社の同僚。

蘭香 レア、橋本 さとし
ミュージカルシーンに登場。

イジリー 岡田
TVに映るドラフト会議の司会でパンチョ伊東に化けている。

カメラ小僧:須賀 健太、内藤 典彦、山谷 初男、日村 勇紀(バナナマン)

修学旅行生:山田 孝之

医師:北村 一輝

斎藤:植木 等(特別出演)

下足番・玄太:木場 勝己

男衆:大川 浩樹

こまつ:真矢 みき
お茶屋の女将。

さつき:吉行 和子
京都・夢川町の置屋「ななふく」の女主人。

社長・鈴木 大海:伊東 四朗
スズヤ食品の社長。

先崎部長:生瀬 勝久
スズヤ食品の鬼塚の上司。

主人公の勤める会社の社員:Mr.オクレ

運転手:山上 賢治

京都支社社員:薬師寺 順、高崎 佳代

 

『舞妓Haaaan!!!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

舞子ハーーーン(映画)の感想

30代女性
30代女性

舞妓の世界の神秘性に惹きこまれた阿部サダヲさん演じる鬼塚が舞妓のためならどんなことでもやり遂げてしまう姿がコミカルに描かれており、最後まで賑やかな展開に笑いどころ満載な映画でした。いつかお座敷で舞妓さんと野球拳がしたいという思いを胸に、お座敷に上がることを夢見ていた鬼塚に京都支社へ転勤という転機が訪れ、そのことで夢が身近になり大はしゃぎする阿部さんの演技が面白かったです。京都=お座敷遊びができる思いこんでいた鬼塚が一見さんはお断りと門前払いされたことで闘志に火が付き、すごい勢いで仕事での業績を上げていく様子に執念を感じ、念願叶ってお座敷に上がれたときの気絶しそうな鬼塚の姿は笑いが止まりませんでした。そこで出会った堤真一さん演じる内藤のお座敷で大騒ぎする姿にライバル心を燃やし、内藤を追うように野球選手やボクサー、料理人など様々な職に転職し、挙句は選挙に出馬するまでに至るというこじれた行動に、お茶屋に頻繁に通えるような器になるという根本にある舞妓への愛情の強さに誰もかなわないと呆れに似た感情を持ちました。ドタバタが続いた後に迎えた年を重ねた鬼塚がお茶屋の靴番として働いている姿に人生のすべてを舞妓のために捧げたのだと鬼塚の生き様に最後まで驚かされました。何度見ても面白く、阿部さんのテンション高い演技に惹きこまれる作品でした。

20代男性
20代男性

この作品は舞妓と遊びたい主人公が京都で大暴れするお話です。主人公は阿部サダヲが演じていて、5分に一回以上必ず顔芸をしたり、面白い反応を見せてくれるのでめちゃくちゃ笑えるシーンが多いです。また、主人公の彼女役に柴咲コウさんが演じているのですが、最初はパッとしない主人公に振り回される人だったのにだんだんとその立場が逆転していくその演技力にとても驚かされましたし、なんといっても柴咲コウさんの顔がとても綺麗で、舞妓姿の柴咲コウさんが見ることができるのはこの作品だけだと思っています。そして舞台は舞妓がメインなので京都中心に物語は進んでいきます。実際に存在する重要文化財が出てきたり、本物の祇園町も出てくるので、京都やその地域周辺に住んでいる方は「あ!ここよく通っているところだ!」なんて思うこともあるかと思います。さらに主人公のただの会社員が奇想天外な方法で社長に気に入られるところや、京都でライバルが出現したりするところ、などなど、この作品にはみどころがたくさん存在するので、阿部サダヲが好きな方、舞妓姿の柴咲コウをお目にかかりたいかた、最近嫌なことがあって元気になりたい方、京都な大好きな方などにおすすめです。上映時間も2時間を切っているのでちょっと長めをドラマを視聴する感覚でお楽しみいただけると思います。

 

20代女性
20代女性

宮藤官九郎脚本の作品とあって、パワフルで明るい作品でした。奇想天外な設定ではありますが、アップテンポのクドカンワールドは見ていて元気が出ます。もちろん、クドカン作品特有のトリックの効いたストーリーでもあります。主演の阿部サダヲは、前向きでいつも一生懸命ながらもどこか悲しみを感じさせる役がよく合います。主人公が努力して失敗してを繰り返す姿は、人間くさくて愛らしいです。相手役としての柴咲コウはどっしりと構えていて作品を引き締めます。舞妓姿も美しいです。敵役の堤真一は渋い役どころながらも、ギャグの場面もきっちりこなし流石です。クドカン作品にはよく分からないな場面や辻褄が合わないシーンが出てくるので、映画を深く考察する人にとっては難解な部分もあるかもしれません。おすすめの見方は、楽しければそれでいいや!と振り切って何も考えずに見ることです。落ち込んでいる時や悩みがある時に見ると、知らない間に笑っていて映画の間はあっと言う間です。主題歌も元気が出る曲でグループ魂と柴咲コウが歌っていますが、あまり聞けない柴咲コウの歌声を聞けるのも嬉しいです。映画のラストにぽんっと背中を押して、現実に送り出してくれるようなエンディングテーマです。

40代女性
40代女性

バカバカしくって笑える映画です。脚本・宮藤官九郎×主演・阿部サダヲ、この時点ですごい化学反応が起きる予感でワクワクします。予告PVで感じたスピード感とハチャメチャ感を裏切らない作品。さすがクドカンです。修学旅行で迷子になった時に舞妓さんに助けられてから、熱狂的に舞妓さん愛に燃え、いつかお座敷遊びを夢見るサラリーマン・鬼塚が阿部サダヲさんです。彼は京都支店への転勤を命じられ、彼女の富士子・柴咲コウさんに別れをつげ、喜び勇んで京都に向かいます。「一見さんお断り」、鬼塚の前に立ちはだかるの京都ルールに苦戦を強いられます。鬼塚の舞妓さん愛は更に燃え上がり、馬車馬のごとく仕事を成功させ、社長のコネでようやくお茶屋さんへデビューを果たします。しかし、そこで因縁のライバル内藤・堤真一さんとの対面する事に。彼こそ、鬼塚の運営する舞妓さん愛溢れるHPを荒らしていた張本人だったのです。二人の間に戦いのゴングが鳴り響きます。一方、鬼塚に振られた富士子も、京都にやってきて舞妓さん修業を始めます。内藤と鬼塚の戦い、どちらに軍配が上がるのか?舞妓になった富士子は鬼塚を振り向かせることができるのか?阿部サダヲさんの熱演に、アドレナリン全開のドタバタハチャメチャコメディです。狂気も感じる鬼塚の傍若無人ぶりも、なぜか憎めず、温かく見守る気持ちになります。ライバル役に堤真一さんを抜擢された配役センスは素晴らしいと思います。小太りのオタクVSすらりとしたスポーツマン、デコボココンビの対決がこの映画にメリハリを与えていると思います。また、富士子役に柴咲コウさんを抜擢したのも素晴らしいセンスです。のっべりはんなりの舞妓さんメイクを、彼女に施すと違和感の塊。たくさんの舞妓さんに囲まれていても、彼女に目が釘付けになってしまいます。それもこの映画の面白い所です。京都の美しい街並みに癒され、お座敷遊びについても触れることがあり勉強になりました。気分を上げて大笑いするにはピッタリの映画です。

20代女性
20代女性

ちょっとダサそうなタイトルとポスターに、半信半疑でしたが、阿部サダヲさんと柴咲コウさんが好きなのでDVDで見ました。邦画の中で、ここまでピンポイントに突き抜けていて、馬鹿馬鹿しくて面白いのは珍しいと思いました。最初から最後までパワー全開で、大笑いして最後にホロっと感動できる作品です。この映画は阿部サダヲさんファンなら絶対見るべき。京都が舞台で、馴染みのない舞妓さんがたくさん出てきて、リアルではないと思いますがその道の世界を見ることができ面白かったです。どうしようもなく京都が好きで、舞妓が好きでおっかけてしまう主人公には共感できませんでしたが、愛くるしさがたまりません。恋人役の柴咲コウさん、ライバル役の堤真一さんも思い切りが良くいい味を出していました。柴咲コウさんの振り回されっぷりや、変身した姿が見どころです。非現実的ですが、ある意味純粋なラブストーリー要素もあり不思議な気分になります。人を好きになったらここまでできるのか?ちょっとした勇気ももらいます。綺麗な舞妓さん演じる女優さんも素敵でした。トータルして、演技派で思い切りの良いさっぱりとした阿部サダヲさんが中心にいるからこそ出る面白い映画。真骨頂を見た気がします。

50代女性
50代女性

劇場公開当時、映画館でみました。映画の内容よりもたった1シーンがみたかった一心で。日本一遅筆なSF小説家である火浦功のファンで、彼のSFにはクレイジーキャッツが繰り返しでてくるのです。その影響で車ではクレイジーキャッツをきいたりさいざんすっていうのもきいてましたね。そんな頃に植木等さんが亡くなって。私がみたかった1シーンは植木等さんがでてくるシーンで。京都の粋な旦那さんとしてでてくる。着物を着ててほんとに粋な感じ。泣くような映画じゃないのに泣いちゃいましたね。どんないきさつで出演されることになったのかわかりませんが、感謝って気持ちでした。映画の内容そのものは、思ったより面白かったです。舞妓さん遊びに関してわかりやすく、一見さんお断りで、独特の支払いシステムとかなるほどでした。ただ、男同士の見栄の張り合いで美しくない。植木等さんの遺作になってしまったのだけど、別な映画であってほしかったなって思う反面、そういう映画だったから出演されたんだと思うジレンマ。魅力は十分でてたのだけど、1シーンではなくて、もっとたくさん出演して、歌も歌ってほしかった。人気のない映画は映像配信でみえなくなってしまう。またみたいから、また植木等さんにお会いしたいからまたみようかな。

30代女性
30代女性

始まってすぐに、バナナマン日村に似ているカメ男がいるなぁと思って見ていたら、本人で爆笑しました。冒頭からこんな大盤振る舞いのネタを仕込んで笑わせてもらえるコメディ映画で、最後まで楽しく見れます。京都で舞妓さんと野球拳をやることが人生の目標という会社員が阿部サダヲです。京都の工場へ異動が決まり、付き合っていた柴咲コウとも別れ、舞妓さんに会うことだけを目指して京都へ来ます。スケールが大きすぎて、振り切っているので、もう割り切って最後まで見るしかないっ!という気持ちでした。30手前の会社員が、プロ野球デビューして記録的な活躍したり、映画の監督や主演やったり、プロレスデビューしたり、型破り過ぎて突っ込みどころ満載でした。クドカン脚本なので、やりたい放題やって、それで笑わせてもらえるなぁと思いながら見てました。それでも、堤真一と小出早織の過去や、柴咲コウの気持ちを思うと、胸にぐっとくるシーンもあります。ラストのオチも、前振りや伏線の回収と、主要人物のその後が描かれていて素晴らしかったです。あとはカップラーメンがとても食べたくなりました。日清の協賛があったみたいで、さすがです。京都市長の執務室や、かやく工場はおそらく龍谷大学の大宮学舎ではないかと予想しています。古くからある建物の雰囲気や、重厚感を感じました。寺町や京極商店街をはじめ、三条から四条、五条にかけてロケで撮影されたことも垣間見れて、関西人としてはうれしくなりました。

 

40代女性
40代女性

舞妓さんを目指して修行を頑張るという物語は他にありましたが、こちらは男性側からのアプローチで京の街の敷居の高さを改めて感じさせられました。お金さえ払えばだれでもお客様・神様という全国的な発想とは違い独自の文化を持つところです。と言ってもこれほどまでに過激なのかどうかは疑問、何しろ終始馬鹿っぽいストーリーの連続なので面白いのは面白いけれどどこまでを信じれば良いのかとすべてを疑ってかかってしまいます。京の町で舞妓さんに会って優しくしてもらえたら恋してしまうのは分かる、でもそこでの狂信っぷりは激しすぎます。裏切られたらストーカーとなりがちな男といった感じ、そんなやつを演じるのは阿部サダヲさんですから妙にリアリティもあるのです。何しろタイトルからしてすごいですが、そのイメージのままにというかノンストップで駆け抜けていきます。終始テンションマックス、疲れている時の暇つぶしに観ようと思ったら更に疲れが出るのではといった感じでした。こんなやつなのに柴咲コウ演じるフジコとか駒子と魅了するのはどういった魅力からなのでしょう。柴咲コウさんの舞妓さんも美しい、目の保養にもなりと盛沢山の内容で情報量たっぷりすぎます。

20代女性
20代女性

舞妓マニアの主人公を演じる阿部サダヲさんの怪演が見どころです。舞妓にかける思いが強すぎて空回りして周りを混乱させる様子や、突然ミュージカル調のシーンが始まって歌ったり踊ったりと、これでもか!というくらい、とにかくコメディ要素が詰まっています。監督は宮藤官九郎さんなので、彼らしいエンターテイメント要素が強く、老若男女問わず楽しめる作品だと思います。堤真一演じるライバルとの大人気ない戦いも必見です。一歩先を行く堤真一を追いつこうと、野球選手やボクサー、ラーメン屋など一貫性のない転職を繰り返し、最終的に選挙に出てしまったりする展開は、とても馬鹿らしい展開で爆笑必至でしょう。どう頑張ってもライバルに勝てないあたりも、人生のうまくいかなさ・世知辛さをよく表しており、少しだけ切なくなります。映画の中では舞妓さんたちの日常や置屋での生活も描かれており、普通の生活を送っていては知ることはないであろう「舞妓の世界」を知ることもできるので、職業ドラマという側面もあるかもしれません。大変なお稽古を積んで、可愛い舞妓さんたちが活躍しているのだなあと実感します。このえいがをみ実際に京都へ行ったり、舞妓さんや芸姑さんと触れ合ってみたいと思うこと間違いありません。

30代女性
30代女性

宮藤官九郎脚本・阿部サダヲ主演で面白くないはずがない!!舞妓と野球拳をするという夢をかなえるために人生のすべてをかける男(阿部サダヲ)の話です。舞妓と野球拳をするために、野球選手になったり、市長選に出たり、犯罪者になったりと、かなりのぶっとんだ変態男です。この役は、阿部サダヲにぴったりとかそういうレベルじゃなくて、阿部サダヲにしかできないですね。ほかのキャストの方も、ちょい役でも名のある方ばかりで、しかも癖のある衣装や髪形にされているので、それを観るだけでも楽しいです。とにかくテンポがよくて飽きないです。突然ミュージカルのごとく歌い始めたり、テンドンがあったり、これなのよ、クドカン作品は!!というぶっ飛び具合とくだらなさで、期待を裏切りません。途中胸焼けしそうなくらいのクドカンワールドです。最終的には、舞妓遊びをしたいのか、堤真一に勝ちたいのか、意味が分からなくなりますが、そのカオスを含めて面白いです。とにかくくだらない(誉め言葉)ので、思いっきり笑いたいときや、気軽に映画を観たいときにはぴったりの作品です。ラストシーンは「そうきたか!!」という感じで、さすが宮藤官九郎だと思いました。

 

まとめ

『舞妓Haaaan!!!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました