マエストロ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画「マエストロ!」予告編

マエストロ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『マエストロ!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『マエストロ!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

マエストロ(映画)の内容

映画『マエストロ!』は、2015年1月に公開されました。

原作は、さそうあきらさんの漫画。不況のあおりで解散したオーケストラの再起を若手コンサートマスターと謎の指揮者を中心につづる感動のドラマ。

監督は、上岡龍太郎さんを父に持つ「毎日かあさん」を手掛けた小林聖太郎監督。脚本は、2014年「バンクーバーの朝日」や2018年「コーヒーが冷めないうちに」などの映画や、テレビドラマなども担当する奥寺佐渡子さん。

コンサートマスター役に松坂桃李さん、指揮者役に西田敏行さん、寄せ集めの演奏者たちには、miwaさんや中村倫也さん、濱田マリさんなどが扮し、さらに、日本映画初参加となる日本を代表する指揮者・佐渡裕さんが指揮指導や指揮演技監修を務め、オーケストラのイメージを一新する、笑いあり涙ありの感動オーケストラ・エンタテインメントとなりました。

 

王道的なテーマですが、テンポよくラストまで一気に見せてくれました。原作コミックとは一味違う脚色や演出になっていて、原作を読んでいても、映画らしいオリジナリティが十分に楽しめました。

miwaは予想以上にハマり役でしたね、変な恋愛要素を含ませなかったのもこの作風の良さだったのかも。とにかく程好く心地が良い作品でした。

欲を言えば最後もう一押し感動があっても良かったかな。

もっと、笑い満載のコメディーストーリーだと思ったら、違う違う、ヒューマンな映画だった。いい意味で期待を裏切られましたね。

あらすじ

若きヴァイオリニスト香坂(松坂桃李)のもとに、解散した名門オーケストラ再結成の話が舞い込みます。復活コンサートはわずか1か月後。しかし、練習場は廃工場で、集まったメンバーは再就職先も決まっていない「負け組」楽団員たちと、アマチュアフルート奏者のあまね(miwa)です。

久しぶりに合わせた音は、とてもプロとは言えないもので、香坂は不安になります。そこへ、天道(西田敏行)という謎の指揮者が現われます。天道は再結成を企画した張本人。経歴も素性も不明で、指揮棒の代わりに大工道具で指揮をとります。

その自分勝手な進め方に、楽団員誰もが猛反発しますが、練習を重ねるうちに天道の作り上げる世界に、誰もが引き込まれます。そんな時、香坂は以前、名ヴァイオリニストだった父と天道が同じオケにいた事や、父親の死に天道が関係していた事を知り、反発を強めてしまいます。

そして、迎えた復活コンサート当日、楽団員たちが知らなかった、天道が仕掛けた“本当”の秘密が明らかになります。

見どころ

miwaの映画デビュー作

本作は、2010年に歌手デビューしたmiwaさんの映画デビュー作となりました。miwaさんはヒロインの天才フルート奏者あまねを天真爛漫に演じ、さらに、阪神淡路大震災で両親を亡くした過去があり、そのことを思い出し涙しながら独奏するシーンも演じきり、初めての演技とは思えなかったと絶賛されました。

また、神奈川県の葉山育ちのmiwaさんが、劇中では流暢な関西弁を披露していて、こちらも見どころです。

吹き替えなしの楽器演奏

楽団員を演じたキャストの皆さんは、吹き替えなしで楽器演奏に挑んでいます。松坂桃李さんに至っては、撮影開始の1年前からヴァイオリンを受け取り練習を始めていたそうです。

そして、吹き替えなしだったからこそ、ひとりひとりが演奏する指までわかる寄りの映像を撮ったり、そのまま引きの映像になったりと、ジェットコースターに乗っているかのようなカメラワークも可能となりました。

そんなキャストの指元やカメラワークなども見どころです。

スタッフ

原作:さそうあきら「マエストロ!」
監督:小林聖太郎
脚本:奥寺佐渡子
音楽:上野耕路

キャスト

香坂真一:松坂桃李
若きヴァイオリニスト。コンサートマスター。

天道徹三郎:西田敏行(青年時代:木下半太)
異端な指揮者。

橘あまね:miwa
フルート奏者。天真爛漫。

榊涼子:河井青葉
チェロ奏者。

村上伊佐夫:大石吾朗
老いた第1バイオリン奏者。

谷ゆきえ:濱田マリ
第2ヴァイオリン奏者。

阿久津健太郎:古舘寛治
ヴィオラ奏者。

今泉徹:池田鉄洋
コントラバス奏者。

鈴木稔:モロ師岡
フルート奏者。

一丁田薫:斎藤暁
ホルン奏者。

島岡脩三:嶋田久作
ホルン奏者。

可部直人:村杉蝉之介
クラリネット奏者。

伊丹秀佳:小林且弥
オーボエ奏者。

丹下浩:中村倫也
ティンパニ奏者。

相馬宏明:松重豊
オペラハウスのマネージャー。

香坂一彦:淵上泰史
真一の亡父。

天道ハル:宮下順子(青年時代:中村ゆり)
徹三郎の女房。

金さん:でんでん
整備士。

【そのほか】
石野:鹿野真央
丸尾:梅舟惟永
浅田:池田大
水上:南拓哉
米田:テント
新井:長原成樹
ドルチェのマスター.:綾田俊樹
オペラハウス館長:石井正則

 

マエストロ(映画)の感想

 

20代女性
20代女性

不況で解散したものの、再結成することになった名門オーケストラ。しかし団員は他のオケへの就職にもあぶれてふてくされた、ひと癖もふた癖もある者たちばかり。このメンバーを謎の新任指揮者、天道はどうまとめていくのか…?「オーケストラもの」の映画にはよくあるストーリーですが、印象に残るのはところどころに散りばめられた、きらめくようなセリフのおかげだと思います。「お前ら、これが最初で最後の演奏やと思って弾いたことあるか」「人間は誰でも必ず死ぬ、音楽も一瞬のものだ」そして、「この世で一番美しいのは音楽である」…。一度きりで始まってしまえば戻れない。音楽と人生が、セリフを通してリンクしていきます。どうして人は音楽を奏でるのか。あの一瞬の舞台のために何か月も練習をするのか。それは自分が死んでも、音楽は残るように思うからだと思います。音は空間に溶けて消えてしまっても、聞いた人の心の中にいつまでも残る。音楽をやっている人間はなんとなく心の底で感じていることを、感動的な演奏とともに取り出して見せてくれる映画です。歌手のmiwaさんの女優デビュー作でもありますが、私は彼女が演じた天真爛漫な「あまね」がとても好きです。彼女にも音楽によって救いがもたらされることが本当に嬉しい。

 

20代女性
20代女性

私は、映画『マエストロ!』を観て、「破天荒な指揮者の姿」と「オーケストラに懸ける人々の情熱」が特に印象に残りました。まず、破天荒な指揮者の姿です。この映画では、ある指揮者の発案で、名門オーケストラの復活を目指す日々が描かれます。名門オーケストラだったとはいえ、集まった人々は再就職できなかった演奏者たちばかりです。しかし、そんな中でも指揮者は独創的な指導法によって集まった人々の音楽を劇的に変えていきます。従来の指導法や音楽の常識にとらわれない独自の方法でオーケストラの復活を後押しする指揮者の姿に、思わず夢中になって観ていました。次に、オーケストラに懸ける人々の情熱についてです。名門オーケストラに所属していたとはいえ立派な演奏をすることができないオーケストラの人々は、オーケストラの復活にあまり乗り気ではなく、復活を諦めようとさえしてしまいます。しかし、オーケストラや音楽が好きであるという気持ちは強く、指揮者の手を借りながら少しずつ本気でオーケストラの復活のために団結していきます。オーケストラの復活のために日々練習に励む人々の様子から、オーケストラや音楽が心の底から好きであるということが感じられて、応援しながら観ていました。

 

まとめ

『マエストロ!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました