ラブマイライフ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ

 

LOVE MY LIFE

ラブマイライフの動画フルを安全に見る方法

『ラブマイライフ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ラブマイライフ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ラブマイライフの内容

祥伝社『FEEL YOUNG』で連載された漫画家・やまじえびね原作の「ラブマイライフ」は、2006年秋に実写映画として公開されました。

本作は、ガールズ・ラブをみずみずしいタッチで描いたピュアな青春ラブストーリーで、2007年11月のカナダモントリオール国際LGBT映画祭にて「20/20 VISION AWARD」を受賞しました。

当時はまだ今ほど認知されていなかったLGBTをテーマに、さまざまな困難を明るく乗り越える女性同士のピュアな恋愛を、温かく軽めのタッチで描き出すことで、重たくなりがちな同性愛の問題が爽やかに表現されています。

主人公であるガールズカップルを演じるのは、吉井怜とカリスマモデルの今宿麻美。美しい二人のセミヌードやベッドシーンは、いやらしさよりも自然な可愛らしさが強調されていて、女性が見ても好感が持てるものでした。

 

性的マイノリティを題材にしているけれど、重くなったり暗くないのが良かった。

同性愛がテーマの作品ですが、明るく捉えている所が良かったです。流れてる曲の感じもその頃の雰囲気で、個人的に懐かしくて好きでした。

同性愛がテーマなのにストーリーは淡々と進む。
そのストーリーの中で、揺れ動く2人の女性の心が染み出ているようだ。
特筆すべきは、吉井玲さん。ほとんどすべてのシーンでみせる表情の豊かさが素晴らしい。吉井玲さんを観るだけでも、この映画は価値があると思う。

ただの同性愛を描いたものではなく、すごく共感した。「自分が自分のままに生きていくこと」すごく大切なことだと思いました。服装とか部屋とかすごくかわいくて、しかも女の子同士のキスは美しく見えました。不思議ー。

 

あらすじ

翻訳家をめざして語学学校に通いながら、CDショップでアルバイトをしている泉谷いちこ(吉井怜)18歳。母を亡くしてから男手一つで育ててくれた、大学教授で翻訳家のパパと二人暮らしです。

そんないちこが恋をしました。相手は大学の法学部に通いう弁護士志望の城島絵里子(今宿麻美)ことエリ―。そう、女性なのです。エリーは文学の才能にも長けていて、外国語の小説も原書でよみこなし、いちこに色んな世界を教えてくれます。

パパにエリーを交際相手として紹介する決心をしたいちこでしたが、パパはあっさりと理解を示してくれて一安心。ところがその後「やっぱりいちこもパパとママの子なんだな。」と、自分はゲイで、亡くなった母親はレズビアンだったと衝撃の告白をされてしまいます。

見どころ

好きな相手がたまたま同性であるだけ、という自然な気持ちに正直に、様々な葛藤と矛盾に翻弄されながらも愛をまっとうしていく主人公の二人。彼女たちを脇で固める共演者は、秋本奈緒美や浅田美代子、小泉今日子など、ベテラン勢の活躍が目立ちます。

同性愛に悩む姿を、まるでお菓子のようにスイートなタッチで可愛らしく描き、気の効いた会話や同性同士の幻想的で大胆かつ美しいベッドシーンは見どころのひとつです。

スタッフ

監督:川野浩司
原作:やまじえびね
脚本:金杉弘子

キャスト

泉谷いちこ:吉井怜
語学学校に通う18歳。パパと二人暮らし。同性であるエリーと恋に落ちる。

城島絵里子(エリー):今宿麻美
法学部に通う大学生。いちこの交際相手。

タケちゃん:高橋一生
いちこの大学の友達。ゲイであることを周囲に隠して、いちこと付き合っていることにしている。

ユカコ:平岩紙
いちこの大学の友達。タケのことが好き。

いちこのパパ:石田衣良
大学教授でプロの翻訳家。妻が亡くなってから、家事の一切をもこなす。
レズビアンであるいちこに理解を示し、自らも同性愛者である事をカミングアウトする。

エリーの父:寺泉憲
完璧主義者で女性差別的な堅物の弁護士。いちことの関係を否定している。

千波さん – 秋本奈緒美
いちこのママの元カノ。

冴子教授:浅田美代子
昔パパと同じ研究センターに勤めていた大学教授。千波さんの今の彼女。

いちこのママ:小泉今日子

 

『ラブマイライフ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ラブマイライフの感想

50代女性
50代女性

性的マイノリティを題材にしているのに、全然重たい作品ではなく、恋愛映画として楽しむことが出来ました。容は基本的にレズビアンカップルの話ではありますが、一般的な恋愛の映画として楽しめました。イチコとエリーの住む世界は違和感を感じる世界ではないかと少し偏見を持っていましたが、この映画を見ていたらそんな偏見を持っていた自分が不思議な気分になりました。イチコが勇気を出してお父さんに告白したら、お父さんとお母さんも同性愛者だったという展開も何も感じることなくすんなりと受け入れることが出来ました。若い人が、頑張っている姿は見ていて気持ちがいいものだとこの映画を見て感じることが出来ました。カメラワークがとても上手く、素敵な映画になっているんだと感じました。映画で流れている曲も素敵で、映画をより魅力的にしてくれていた気がしました。同性愛というと、昔ならこんな素敵な映画にはならなかったはずですが、時代が代わり同性愛も普通の恋愛としてとらえることが出来るようになりこの映画はその代表のような映画に仕上がっていました。恋愛することが人にとってどんなにすばらしいことかを感じることが出来て楽しむことが出来た映画でした。

 

30代女性
30代女性

漫画の映画化だそうですが、漫画は未見です。なんか、バカップルばかりでした。いや、女同士とかそういうこと関係なく、男女でも飴玉交換なんてしないし、外でキスもそんなしないでしょう。常識に囚われないイコール同性愛者ではないと思います。異性愛者でも、同性愛者でも外でイチャイチャして、みている人を不快にさせる人らはいるだろうし、はっちゃけてるイコール同性愛者みたいなかんじなのはいかがなもんなんでしょうか。あんまり良くないと思いました。あんまり葛藤とかも描かれていないし、何が書きたかったのかよくわかりません。ただの恋愛など物語として見たいでしょうか。同性愛者だから辛いはずだとかいうのは良くないた思います。楽しく生きてるってのもいいと思いますが、よそさまの恋愛のただ、ラブラブなのーと聞かされてもおもしろくないのと同様にたいしておもしろくない映画でした。好きなことをしているだけでは良くないと思うし、ちよっとわがままな人たちの話を見せつけられている感じです。もう少し、物語に深みを出してほしかったです。高橋一生さんをはじめ、キャスト陣は良かったと思います。石田衣良さんは役者じゃないのにすごいと思いました。

50代男性
50代男性

漫画原作の映画化で女の子同士の恋愛を描いた青春ガールズラブストーリー。登場人物のほとんど同性愛者でこんな世界は現実ではまずあまりないだろうなという感じです。題材が性的マイノリティなので、暗くなったり重苦しくなったりするのかなと思ったのですが、思ったほどさらりとした感じで、後に何も残らず感想もないような作品で拍子抜けした。内容は単なる恋愛映画といえる内容で、男女間の恋愛を同性同士の恋愛映画として作っただけのような感じがして、あまり心に残らない映画だったかなと思う。自分自身は同性愛者ではないのでわからないが、この映画のようにピュアな感じだけではなく、もう少し心の葛藤や苦悩、悲しみがあると思うのだが、そこをもう少し掘り下げて描いてほしかったかなと思う。全体的にメリハリが感じられず、吉井怜と今宿麻美がいちゃいちゃしているだけの印象が強い。父親役として素人である石田衣良をどうして採用したのか不思議。この作品だったらもう少し演技力のある役者さんが脇を固めたほうが良かったのではないのかなと思う。あまり見る価値はないのかなと思うけど、時間つぶしでももったいないかなと思うが、メリハリのない映画が好きな人は見てみるのもいいかなと思います。

 

20代男性
20代男性

こちらは、同性愛・LGBTなどの価値観を描いた映画となっています。近年は、注目されていることもあり映画になったのかなと思っています。自分も新たな価値観を学ぶことができました。知らない世界を知ることができました。自分の周りなどもLGBTの友達もいますので親近感を持つことができました。自由な社会になった象徴にふさわしい内容となっています。LGBTが恥ずかしいことではなく、もっと表現していいことを感じることができます。自由で生きるということはこんなに素晴らしいと感じる映画でした。特に、差別的な考えや偏見なども持っている人も少ないと思います。そんな人にも見てもらいたい映画となっています。新しい世界を発見することが出来ます。自分の視野を広げるにあたり見たい映画でした。また、キャストさんの演技も素晴らしいので感動することができました。見ごたえがありましたし、なによりも感情が入っている演技でしたので非常に楽しみながら見ることが出来ました。また、子供の教育にも素晴らしいと感じました。多様性を見に付けるために見せたい映画となっています。人にやさしくなれる映画でした。勉強や教育にも必要な映画で満足のいく映画内容でした。

 

40代女性
40代女性

やまじえびねさんの描く同名コミックが原作という映画です。いちこ、という主人公の女のこは父親とだけ暮らしていました。ですが、いきなり同性愛に目覚めてしまう。。。という衝撃的な内容ながらも、その悩みを告白した両親も実は昔そうだったということが発覚していくという、結構なエキセントリックな設定です。これは同性愛でも性の問題を描いていながら、エロさ、いやらしさはまったく感じないのは女性としても安心できたし、見ていて好感が持てました。今宿麻美さんという女優さんが結構中性的なビジュアルで中身もそういう女性に見えたので、それなりに中性的な人を選んでいるのかなということは感じてしまいました。レズビアンというマイノリティな内容でしたが、主人公いちこはとても可愛いし、好きになった相手もそこそこ綺麗で可愛くて、お似合いのカップル。まさしく同性愛と言ってもプラトニックラブを描いているようでした。テーマこそ重たい印象でしたが軽く描いているのでコミックを読むように現実ばなれしていて、結構面白かったです。吉井怜さんという女優さんは他作品ではあまり見ていないのですが、醸し出す雰囲気もまたレズビアンぽくてはまっていました。

50代女性
50代女性

女子大生同士の同性愛カップルが朝を迎えたところから始まる導入は、少々ドキッとする。同性愛に対する偏見はもちろん承知の上だが、主人公には同性愛の男友達がいる、父親も同性愛に対する理解があるなど比較的恵まれた環境でもある。それでも自分の両親もそれぞれに同性愛者であること、そして子どもが欲しいという共通の思いだけで婚姻の形を取り親として共同生活をしていたことに少なからずショックを受ける。そして父の恋人と会い、亡き母の友人と思っていた元恋人と再会することで、自分が自分であることを確立していくように思える。主人公を取り巻く同性愛者はなんと8人。それぞれの思いが丁寧に描かれる中、厳格な弁護士一家に育った恋人のみが苦難を抱えている。ここからは一般的な恋愛ドラマとして展開する。前半で恋人が語る「一番嫌なもので成り立っている」という言葉からラストに主人公のモノローグとして語られる「自分の中の自然な気持ちを否定しない。いつでも、どんな時でも」という言葉の間に、恵まれた環境下にある主人公と茨の道を生きぬこ王とする恋人のそれぞれの葛藤があり、半分子どもの女子大生から社会に飛び立とうとする半分大人へと、心のウェイトが移行していく。父親役の石田衣良のセリフの演技が始め気になったが、話が進むうちになんとも言えない味となっていった。

 

まとめ

『ラブマイライフ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

今宿麻美のU-NEXT配信作品

【映画】

  • ラブ・マイ・ライフ
  • 空中庭園

浅田美代子のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

小泉今日子のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • あまちゃん
  • 監獄のお姫さま
  • セーラー服と機関銃(2006)
  • 贖罪
  • センセイの鞄
  • 富士ファミリー
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました