ラブドック(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
【映画 予告編】 ラブ×ドック

ラブドック(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ラブ×ドック』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ラブ×ドック』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ラブドック(映画)の内容

映画『ラブ×ドック』は、2018年5月11日に公開されます。この映画は女お笑いトリオ「森三中」のメンバーである大島美幸さんの夫で放送作家として活躍し、『ブスの瞳に恋してる』などの小説やエッセイの執筆、そして『ハンサム★スーツ』『新宿スワン』などで脚本を手掛けてきた鈴木おさむさんが監督をしたラブコメディです。

エンターテイメントとして面白いから良かった!
でも映画ではなくてドラマでもいいんじゃないかな
出演者は話題の方々なので女性ウケしますね!

恋愛偏差値が低いヒロインが活躍を見せる辺り、さすが『ハンサム★スーツ」を脚本した鈴木おさむさん作品という感じがします。
才能があって仕事としては成功はしていくものの、恋愛は成功しないヒロインが、架空の薬ラブ×ドックの助けも借りながら、次第に本当に大切なものを考えていく姿が、見ていて楽しめました。
「人生に無駄な恋なんてない!!」これは名言です(笑)

私はおじさんと呼ばれる年齢ですが、ある程度の経験をした人ならば、恋愛のチャンスに掴んだり掴めなかったり、掴めたとしても結末が最悪だったり、逆に本当の友人に出会ったりといった経験は必ずあるもので十分感情移入できます。

何と言っても今旬の美人女優さんである吉田羊さんの定評のある演技力により作品の完成度を増しています。ただ若者が観た場合「ありふれたおばさんの演技」というイメージになり、中高年が観た場合「魅力ある女優さんの演技」という事にならないか心配です(笑)

良作です。最近の邦画では一番です。監督の鈴木おさむさん、キャストの皆さん、スタッフの皆さんに感謝です。ありがとうございます。

人気放送作家・脚本家である鈴木おさむさんの初監督と人気女優の吉田羊さんの主演作、そして美人女優・イケメン俳優出演を多数の話題性がありヒットしたようです。

あらすじ

ある日IT企業のCEOに振られてしまった女性がいました。その名は剛田飛鳥、36歳のパティシエです。

そんな飛鳥は、ある日ネット広告で「ラブドック」というありそうもない謎の恋愛クリニックを見つけます。なんとしても理想の恋愛をしたい飛鳥は疑心暗鬼でその「ラブドック」を訪ねます。

「ラブドック」では飛鳥の遺伝子を分析し、恋愛体質を診断したという院長の冬木玲子に、飛鳥は30代後半での失恋により本能を制御できなくなると告げられます。しかしその危機を無効にできるという25万円の注射を薦められるのでした。

飛鳥は当然その注射が気になるのですが、なんだか胡散臭い感じもするし何と言っても25万円という高額すぎるという理由から断ります。

そんな中飛鳥はパティシエをしていた勤務先のオーナーである淡井涼治と恋愛関係になってしまいます。しかし彼は妻がいる身つまり既婚者だったのでした。

当然大学時代からの親友の細谷千種に「不倫は幸せを生まない」と言われるのですが、馬耳東風で淡井の言葉を信じてしまう飛鳥。

淡井の妻に気づかれないようにお忍びデートを重ねますが、当然バレてしまいます。

淡井の妻から「夫と別れてほしい」と泣きながら言われ、その上淡井からは店を辞めてほしいと言われてしまいます。

結局、恋も仕事も失った飛鳥は再び「ラブドック」を訪れます。

院長の冬木に「次の恋でも何か大切なものを失う可能性がありますよ」と予言され、またしても怪しげな注射を薦められますが、「もう絶対に恋でミスなんか犯さない」と啖呵を切り断ります。

またもや恋に落ちたのは、親友の千種が好きである整体ジム「BONEアイデンティティー」の野村俊介でした。

その後、野村とは付き合うことになるのですが、そのことを千種に伝えたところ千種は激怒し友情は終わってしまいます。

千種と絶交したことを伝えた野村からも別れを切り出され、友情と恋人を同時に失うことになります。

万策尽きた飛鳥は、ついにラブドックで怪しげで高額な注射を打ってもらうことにしました。そして、「もとの状態に戻るという謎の箱」をもらうのです。

その後、飛鳥は小さな店「trad」を開業します。ようやく仕事に集中できるようになった飛鳥の前に年下の花田星矢が現れます。

見どころ

映画『ラブ×ドック』の見どころですが、監督である鈴木おさむさんがおっしゃるには、映画に出てくるエピソードはブログにて募集をしたものだそうです。

30代の女性が、計算をして生きてきてそこそこ成功しているにもかかわらず。不用意な恋をしてしまいすべてを失っていきます。そんな経験をした後、最後に恋するのが女性がもっとも臆病になってしまう年下男性との恋愛です。そこで主人公である飛鳥がどう考え、どう行動するのか?これが見どころと言えるでしょう。

スタッフ

監督:鈴木おさむ
脚本:鈴木おさむ
音楽:加藤ミリヤ

キャスト

剛田飛鳥:吉田羊
36歳のパティシエ。人生で成功を収めていますが、恋愛では失敗続き。

花田星矢:野村周平
飛鳥の店のパティシエ。若いながら腕は確かで、飛鳥のことを気になっている。

淡井淳治:吉田鋼太郎
カリスマパティシエで、昔飛鳥が働いていたスイーツ店「シンフォニスト」のオーナー。飛鳥の才能を認めていて、不倫関係に・・・

野村俊介:玉木宏
飛鳥の親友の千種が恋しているジムのトレーナー。その距離が急接近しますが・・・

細谷千種:大久保佳代子
人気グルメブロガー。飛鳥とは親友。飛鳥のことをいつも心配していますが・・・

冬木玲子:広末涼子
年齢不詳の医者(?)。恋愛についてのデータを集め研究するラブドックの女医院長

桜木美木:成田凌
通称ミッキー。院長冬木の助手として冷静に立ち振る舞うミステリアスな青年。

権田健一:篠原篤
通称ゴンちゃん。サラリーマンをやめ飛鳥の元でパティシエ見習いとして働いている。

 

『ラブ×ドック』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ラブドック(映画)の感想

40代男性
40代男性

アラサー独身女子、吉田羊の恋愛模様をコミカルに描いているのですが、かなりいたいやくどころを、上手に演じていると思いました。年上の男との不倫、同世代の体育会系イケメンにもて遊ばれ、年下の一途な男の子とはすれ違い等、なかなか大変だなと感じました。こういう設定の映画、なかなかないですよね。ラブコメって中高生向けのものが多いのですが、等身大のアラフォー女性が主人公はないかなと。これも吉田羊という存在があってからこその設定だったと思います。ストーリー的には、難しいことは考えては駄目ですね。純粋に笑いと考えて楽しもうと思えが良い映画になります。恋に落ちる時、アラフォーの痛い感じ、好きなのに怖くて進めない気持ち、別れても忘れられない想い。ちょっと切ないところもあり良かったです。また、音楽について、色々な人が出てきて、大友康平やケミストリーの川畑の歌も、楽しめました。ちょっと残念に思えたのは、鈴木おさむ初監督作品とのことで期待していたのですが、正直テンポが悪いのです。いらっとするような展開もあり、特にその中でも太鼓の達人とか過去の恋愛の実況の場面とか絶望的に寒いのです。もう少し、違う演出を期待していただけに、今回は駄目と言いたいです。

40代女性
40代女性

森三中の大島さんの旦那としての認識しかなかった鈴木おさむさんですが、監督も出来るのですね。吉田羊さん大好きなので彼女の主演ということもあり期待していました。ただ、結構ワンパターンな内容で薄っぺらいです。ようは、40代になっても今だ独身という主人公が恋をしては振られてまた恋をしてというお話です。今のご時世ですから、仕事を失ってしまうというのも良くあること、別れた恋人が友人のことを好きになって結婚するという展開だってありえるしとごく普通の展開なのです。というか、羊さんほどのそう明で美しくてという女性がことごとく振られるというストーリーこそがありえないことだったりします。鈴木おさむさんの力なのか、出演者たちはとことん豪華でびっくりしました。今田耕司さんに広末涼子さん、いったいどこまで出てくるのでしょう。ただこの二人のくだりは必要なかった気はします。ゲスト出演といった感じなのでしょう。ラブドックというタイトルながら、あのクリニックこそ必要なかった気がします。ごく普通のラブコメでも良かった、それで十分お話は出来上がります。吉田羊さんのキスがエロくて大人な女性といった感じ、ここではドキドキさせられました。

50代男性
50代男性

「ハンサムスーツ」が割りと好きなので、鈴木おさむさん初監督というのがどういうものなのか興味もあり鑑賞しました。巣鴨にあるケーキ屋さんが舞台で、主演は吉田羊さん。彼女が演じる郷田飛鳥という中年パティシエの恋愛物語といったところでしょうか。まず第一印象としては、画面が明るいというか、色彩感覚がポップでした。軽いラブコメディーなので、鈴木おさむ監督は意図的にそうしたのだろうと思いました。冒頭から、良くも悪くも話題の唐田えりかさんが店員さんとして登場します。彼女、実に可愛らしいです。これはモテますね、間違いなく。そして、次に登場する若いパティシエの野村周平さんと恋に落ちるというナレーションが入ります。出だしから深夜ドラマのような、ゆるゆるな展開です。しかし、鈴木おさむさんの人脈は実に凄いと思いました。広末涼子さん、吉田鋼太郎さん、玉木宏さん、大鶴義丹さんと大物俳優が続々と投入されています。お笑い方面からも、大久保佳代子さんがかなり重要な役どころで出演しています。有名グルメブロガーの役でしたが、意外とお芝居が上手なので驚きました。今田耕司さんは微妙でしたが。ラストはハッピーエンドなのでよかったです。

50代女性
50代女性

吉田羊さんが、アラフォー独身女子郷田を熱演していてとても良かったと思いました。すごくきれいで、演技が上手いと改めて感じました。年上男との不倫、体育会系イケメンに遊ばれたり、年下の可愛い一途な男子とのすれ違いなど、わかるわかるとうなずいてしまうシーンが、たくさんありました。ファッションが素敵で思わずチェックしてしまいました。吉田鋼太郎さんは、さすがのベテラン俳優としての渋い、味のある雰囲気でカッコ良かったと思いました。男の色気がすごかったです。玉木宏さんが、とてもカッコ良かったです。広末涼子さんの、コメディエンヌぶりがすごくて最高に良かったと思いました。大久保佳代子さんが、一生懸命に演じているのが伝わってきてなかなか良かったと思いました。笑えるところもたくさんあるのですが、さわやかで最後にはしんみりして、とても大切なことを教えられる映画だと思いました。現在恋愛が上手くいっていない人や、自分に自信を持てずにモヤモヤしていろいろ悩んでいる人ほど、共感できる部分が多いのではないかと感じました。加藤ミリヤさんの曲が、とても良かったと思いました。ストーリーのテンポが良くて、最高まで飽きることなく観ることが出来ました。

30代男性
30代男性

まず、肝心のドックの存在意義がイマイチわからない。このストーリーなら、極論、ここなくても成立してしまう気がします。これ、大問題じゃないかなと思いました。脚本教室だったら、怒られるヤツですよね。大事なタイトルを担うシチュエーションが脚本に活かせてないっていうのは、ちょっといただけない。アマチュアの脚本ならともなく、仮にもプロを名乗るなら、そこは最低限クリアしてほしいポイントでした。それを差っ引いたとしても、これはひどく退屈で冗長なストーリー展開。チカチカした絵づくりも、カラフルというよりはチープ感が目立ってしまっています。ここはB級映画なら、そこも含めて楽しむんですが、これだけ豪華なキャストを使っておいて、B級もないだろうなと思うと、やっぱり絵づくりが下手だとしか言いようがありません。キャラクターにもちょっと共感できない。特に気になるのが、主人公が女友達をブスブス言ってからかっていること。大事な友達のことを、こんな風に言う人には好感は持てません。これを“イジってる”とか、笑いがわかってないとか、冗談なのに本気にするなよとか、そういう自分勝手なコミュニケーションは是非とも昭和で終わらせたいですね。本当に。ここは本気で見ていて気分が悪かったです。セリフ回しも演出も、滑りまくってて痛々しかったです。誰も指摘できないんですかね。撮影現場でも、下っ端をイジって笑ってるような気がしてしまいます。ヒロインは感じ悪い、セリフもダサい、演出もサブい、登場する男たちもなんかダサい。一流俳優を使ってここまで酷いものを作れるのはある意味才能なのかもしれません。この世界にこの映画が存在する意義がわからない。人生の中でとても貴重な時間をこの映画に提供したかと思うと腹立たしくて仕方がありません。これを他人にオススメする人がいたら、今後のお付き合いを考え直すことをオススメします。

20代女性
20代女性

郷田飛鳥(吉田羊)が年上、同世代、年下の3人の男性と恋に落ちるストーリーを楽しめました。年上の男性とは不倫関係で、奥さんにバレて別れることになり、なかったことにしてほしいと頼まれた飛鳥が発狂していたのが印象的でした。同世代のジムトレーナーの男性に恋をしていた友達の細谷千種(大久保佳代子)から奪う形で付き合うことになり、最低な男性だったのでお別れして友達も失ってしまったのが可哀そうなポイントでした。一緒に働く年下の男性、花田星矢(野村周平)とデートに行き、二人が付き合うことになったのがとても魅力的だったけど、若い女性といる姿を見て疑ってしまい、別れることになったのが切なかったです。飛鳥はたくさんの恋をしてきたけど、どの恋もしてよかったと思っている姿がかっこよくて素敵でした。たくさん恋をして、泣かされることになった飛鳥だけど、恋をしてよかった、無駄ではなかったと思う姿が本当に魅力的でした。飛鳥には幸せになってほしいし、これからどんな男性が現れるのか、最後まで気になるストーリーを楽しめました。飛鳥はきっと、これまでの恋愛を活かして、いい人に巡り合うことができるはずだと思ったので、飛鳥のその後も気になりました。

30代女性
30代女性

ラブ×ドックは鈴木おさむさんの脚本、監督作品というコメディ映画です。まさに紅一点、出演者では主演である広末涼子さんの女医としての美しさが光っています。ですがこの作品は恋愛体質で不幸の道を選んでしまうという主人公に対しておくる処方箋のような物語。映画のタイトルのあるラブ×ドッグのドックは、医師ということ、ドクターという意味合いです。ちょっと変わっている内容とタイトルですが、遺伝子レベルで恋に落ちるという、女性に送るストーリー。面白くおかしく見るにはちょうどいいエンターテイメントです。主演者には玉木宏さん、広末涼子さんという美男美女のほか、話題の唐田えりかさんも登場。美術的にも美しい映像にまとまり、エンターテイメントとして仕上がっています。恋愛がわからない、うまくいかない、という全ての女性のため、そして女性にもてない、恋愛がうまくいかない、という全ての男性のためにこの作品は衝撃的な影響があるでしょう。悩める恋愛難民のためにこの作品をおすすめします。ポップで明るく描いている美術は漫画感覚で視聴できるほどの明るさです。恋愛の悩みなんて笑って済ませようという方にもみんなでわらいとばしてみれば楽しめます。

50代男性
50代男性

2018年に公開された日本の映画です。吉田羊さんが主演を務めていて話題となりました。恋愛が不得意な女性パティシエが、遺伝子レベルで恋愛を操作するクリニックのラブドックによって、本当の幸せを掴もうとする女性の物語です。簡単なあらすじは、36歳というアラフォーにて失恋をしてしまったパティシエの剛田飛鳥は、妻子持ちの淡井と不倫して破局し仕事まで失ってしまいます。さらに、親友の千種が好きな男性の野村と恋に落ち、友情まで失ってしまうのです。もう失敗したくないと考えた飛鳥は「ラブドック」という恋愛クリニックを訪れ、「危険な恋は遺伝子が判断してブレーキを掛ける」という魔法の注射を打ってもらいます。その後、15歳年下の部下の花田に言い寄られた飛鳥は、彼と付き合うのですが、傷つくのが怖くて早い段階で別れを告げてしまいます。花田はそのあとで、千種に求婚し、飛鳥は千種の恋を応援するというストーリーです。この映画は、飛鳥に運命の人が現れないのが残念ですが、実は、飛鳥の恋というよりも、飛鳥の人間としての成長が描かれていました。次々と現れる恋の相手に対する飛鳥の反応は時には可愛らしく、コミカルでもあり魅力のあるキャラクターでした。

 

まとめ

『ラブ×ドック』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました