WE ARE LITTLE ZOMBIES(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
"WE ARE LITTLE ZOMBIES" Official Trailer

WE ARE LITTLE ZOMBIES(映画)の動画フルを安全に見る方法

『WE ARE LITTLE ZOMBIES』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『WE ARE LITTLE ZOMBIES』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

WE ARE LITTLE ZOMBIES(映画)の内容

映画『WE ARE LITTLE ZOMBIES』は、2019年6月に公開されました。

短編映画『そうして私たちはプールに金魚を、』でサンダンス国際映画祭の短編部門のグランプリに輝き、その際に独創的な映像が「ネオジャパニーズ」と称された、長久允さんが監督と脚本を務めました。

長久監督は、本作でもRPGのような映像表現や独特のリズム感で放たれるセリフ回しなど、そのスタイルを貫いており、サンダンス国際映画祭で日本映画発の審査員特別賞・オリジナリティ賞を受賞。ベルリン国際映画祭で準グランプリを受賞するなど、国内外問わず注目されている方です。

本作の物語は、両親を亡くした感情のないゾンビのような四人の少年少女たちがバントを結成し、音楽を通じて失った心を取り戻していく姿が描かれており、二宮慶多さん、中島セナさん、水野哲志さん、奥村門土さんが出演しております。

ファミコンのようなオープニングやキャラクターがポップで可愛いのに反して、テーマは死というアンバランスな感じに惹かれました。ちゃんとRPGのように頭上から撮ってるのが凄く良かったです。

素晴らしいアートのような作品で、何回観たかわからないくらい観て、毎回楽しませてもらってます。

邦画はあまり見ないですが、ゲーム音楽っていうのが良かったのか好きな作品でした。また、脇役で出てくる人たちが豪華でしたね。

アイデアが素晴らしく、気の利いたセリフもところどころにあります。また、凝った創り込み見どころの1つですし、何か新しいことをやろうしているのが伝わってくる作品でした。

あらすじ

ヒカリ(二宮慶多)、イシ(水野哲志)、タケムラ(奥村門土)、イクコ(中島セナ)は、全員が両親を亡くし、火葬場で出会いました。ヒカリの両親はバス事故、イシの両親はガス爆発、タケムラの両親は自殺、イクコの両親は変質者に襲われ、それぞれが死んでしまいました。

四人に共通しているのは、両親が死んでも泣けないことで、意気投合した四人は一緒にいることを決めます。

感情がない四人はまるでゾンビのようです。ゴミ捨て場にいたホームレスの演奏を見て「つーか私たちゾンビだし、何やったっていいんだよね」と言って、バンドを結成するこになります。これが『LITTLE ZOMBIES』の誕生の瞬間でした。

彼らの才能は、大人たちの目にとまりメジャーデビューを果たします。また、両親を失ったという境遇が世間の人たちに受け入れられ、やがて社会現象になるバンドとなりますが、彼らは予想もしない運命に翻弄されていきます…。

見どころ

期待のキャスト

主人公のヒカリを演じた二宮慶多さんは、映画『そして父になる』で福山雅治さんの息子役を演じた子役俳優です。あれから成長した彼ですが、感情を押しとどめている様子が上手で、孤独がデフォルトの少年ヒカルを好演していました。また、イシを演じた水野哲志さんは、数多くのテレビ、CM、映画に出演しているだけあり安定感がピカイチ。反対に、タケムラを演じた奥村門土さんは、本作が映画初出演ということもあり初々しさを感じました。

最後にバンドメンバー四人の中でも目を引くのが、イクコを演じた中島セナさん。シンプルに背高くスタイルが良いので、最初の引きの画になった時から凛々しくて存在感を一番放っていました。そして、高打点から繰り出される冷たい目つき。真っ直ぐと前を見るときの眼力もかなり強く、これからの活躍が特に気になる方です。

しかし、13歳の中島セナさんを観られるのは本作だけ。いわば一瞬の煌きです。絶対に見逃さないでください!

音楽

本作を鑑賞する上で、何よりも惹かれたのは劇中バンドの演奏シーンです。

「先週、僕の両親はバス事故で死にました。それで作った曲です。WE ARE LITTLE ZOMBIES」

ヒカリの語りから始まる曲で、レトロさのあるエレクトロポップ感と、あどけないけれど不安定で切なくなるような歌声。歌詞も書き下ろしとあってバッチリと映画の内容を補完しています。

聞き終わってもずっと、今も頭の中で「ウィーアー、ウィーアー、リトルゾンビーズ!」のコーラスが流れ、中毒になってしまう音楽も要チェックです。

スタッフ

監督・脚本:長久允
製作:吉崎圭一 / 新井重人 / 水野道訓 / 井上肇 / 加太孝明
音楽プロデューサー:山田勝也
リトルゾンビーズ音楽:LOVE SPREAD

キャスト

ヒカリ:二宮慶多
LITTLE ZOMBIESのヴォーカル。

イシ:水野哲志
LITTLE ZOMBIESのドラム。

タケムラ:奥村門土
LITTLE ZOMBIESのベース。

イクコ:中島セナ
LITTLE ZOMBIESのキーボード。

高見弦:佐々木蔵之介
ヒカリの父。

大田理恵:工藤夕貴
ヒカリの伯母。

竹村倫太郎 – 村上淳
タケムラの父。

竹村南 – 西田尚美
タケムラの母親。

伊武侑子:菊地凛子
イクコの母。

伊武春彦:永瀬正敏
イクコの父。

加茂慶一郎:佐野史郎
LITTLE ZOMBIESのプロデューサー。

望月悟:池松壮亮
江口栗子:初音映莉子
LITTLE ZOMBIESのマネージャー。

その他:康本雅子 / 夏木ゆたか / 澤本嘉光 / 利重剛 / シシヤマザキ / 五月女ケイ子 / 山中崇 / 並木愛枝 / 佐藤緋美 / 水澤紳吾 / 黒田大輔 / 忍成修吾 / クリトリック・リス / るうこ / 長塚圭史 / 池谷のぶえ / 戌井昭人 / 虹の黄昏 / 赤堀雅秋 / 奥村天晴 / 奥村今 / 清塚信也 / 山田真歩 / 湯川ひな / 松浦祐也 / 澄海 / 渋川清彦 / プラズマ / おやすみホログラム / かっぴー / Seiho / いとうせいこう / CHAI / 菊地成孔 / 今田哲史 / 森田哲矢(さらば青春の光) / 吉木りさ(声) / 柳憂怜 / ぼく脳 / 關PS2000 / 葵 / 愛どんわなだい / 三浦誠己 / 前原瑞樹

 

『WE ARE LITTLE ZOMBIES』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

WE ARE LITTLE ZOMBIES(映画)の感想

30代女性
30代女性

公開された当社は一昔前のファミリーコンピューターみたいなポスターや映像、ホームページサイトで気になってはいました。主要キャラである子供たちは有名な子達では無いけどそれが反対に良かったかと思います。彼らの親役は佐々木蔵之介さんや西田尚美さんなどベテランの役者さんたちが支えてくれていますがやはりメインは子供たち。子供たちからみた大人たちの姿はそう見えるのか、とにかく子供たちが思った以上に冷めてる。親と子供の間の温度差を感じました。世代なのか所々にゲーム音楽を使用して懐かしい気持ちになりました。まるでゲームの中に入ったかのようです。大人たちにいいように使われていく子供達、その葛藤、映像と音楽がとてもマッチしていて良かったです。ちょっとダークな感じで意味不明な場面も多々ありましたが先に書いた主要キャストが有名なキャストでないお陰でゆったりとみられたと思います。この子たちは大きくなったらどうなってしまうんだろう、冷めたように見ていた親たちのようになっていくのだろうか、繰り返すのだろうか。子供達の先の見えない不安も描かれていて大人たちも色々考えさせられる映画だと思います。個人的にはもっと佐々木蔵之介さんの演技が観たかったです。

 

まとめ

『WE ARE LITTLE ZOMBIES』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました