LDK(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
映画『L・DK』本予告編

LDK(映画)の動画フルを安全に見る方法

『L・DK』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『L・DK』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

LDK(映画)の内容

映画『L・DK』は、2014年4月に公開されました。

原作は、講談社出版の『別冊フレンド』にて、2009年から2017年まで連載された、渡辺 あゆさんによる漫画作品となっております。単行本は470万部以上の大ヒット作品です。

監督は『のだめカンタービレ最終楽章 後編』にてデビューをし、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『映画ひみつのアッコちゃん』 など、コミック原作の映画化に定評のある川村 泰祐さんです。

映画「L・DK」は、女子高生・西森 葵(剛力 彩芽)とツンデレ気味な校内でも有名なモテ男・柊聖(山崎 賢人)が、ある事件をきっかけに始まった秘密の同居生活。ツンデレな彼に翻弄されながらも心惹かれていく様子を描くラブ青春コメディです。

本作の主演である剛力 彩芽さんは、 原作で描かれているヒロインと比べると髪が短く、監督とウィッグの長さは何度もテストを重ねて選んだそうです。また、イケメン俳優である山崎 賢人さんが劇中で起こした“壁ドン”は大きな話題を呼び、流行語大賞のトップ10に選ばれるほど社会的な現象を巻き起こし、話題を集めました。

 

とてもロマンチックな学生の愛情のストーリで、山崎賢人さんの演技が上手くて、かっこいい!剛力彩芽さんは正直、あまり好きではなかったが、映画を見て印象が変わりました!内容がすごく面白いので、何度も見てしまいます!

山﨑賢人さんがとても可愛くて、そしてカッコ良い。こんな夢みたいな生活してみたい。何度も何度もキュンキュンしてます。ニヤニヤしながら見れる、お勧めの恋愛映画です。

最近の少女漫画は影のあるヒロインが多い印象ですが、そうした背景のない、どこにでも居そうな感じの主人公が描かれていて、肩を入れずに見ることが出来ました。

「笑えるだけでいい」という剛力彩芽さん演じる葵が言ったセリフが印象的でした。恋をしたら笑い合えて楽しいことだけがあればいいと思います。突然の同居生活から恋心が生まれる素敵な作品だと思いました。

ツンデレのモテ男・柊聖を演じた山崎 賢人さんですが、キュンキュンされているのも女性が非常に多いです。彼は男性から見てもカッコいいので納得ですね。

また、花火のシーンが非常に高評価で、ザ青春ラブコメの代名詞となっている作品です。

あらすじ

恋にはちょっと奥手、さらに直情型な性格でことあるごとに暴走してしまう女子高生・西森 葵(剛力彩芽)は、家庭の事情で学校近くのアパートで1人暮らしをしていました。

ある日、ボヤ騒ぎを起こしたことがきっかけで、隣に住む一番のツンデレにしてモテ男である・久我山 柊聖と同居生活をすることになりました。

彼と同居していることがバレれば学校を退学になりかねない葵は必死でその秘密を守ろうとするが、柊聖は右往左往する彼女の姿を楽しみ、何かとちょっかいを出します。

最初のうちは、自分勝手でマイペースな柊聖のことが大嫌いだった葵でしたが、ドタバタ生活の中で柊聖の意外な一面を知り、心惹かれていきます。

しかし、柊聖の元カノ・桜月(石橋 杏奈)や、密かに葵に想いを寄せていた同じアパートに住む大学生・三条 亘(桐山 漣)の出現で、葵の恋心は複雑に絡み合っていきます。

果たして葵と柊聖の秘密の“ラブ同居”の行方はどうなるのか?

見どころ

ラブコメ定番シーンが連発

少女漫画に頻繁に登場する、胸キュンシーンのひとつで、男性キャラクターが女性を壁際にドンッと押し寄せる様を“壁ドン”と言います。

実際に体験する人は少ないかもしれませんが、漫画やドラマ、映画の中で見て憧れた経験のある女性は多いのではないでしょうか。

本作でも、柊聖くんが葵ちゃんにこの荒技を披露し、最初は強気に出ていた葵ちゃんも、手慣れた彼の“壁ドン”に思わずドキッとしてしまうなんてシーンがあります。

そのほかにも、川縁に2人寝そべったり、遊園地デートをしていたりと憧れのシチュエーションが次々登場しております。あなたのお気に入りのシーンを見つけてください!

ちなみに、2014年の新語・流行語大賞トップテンにて“壁ドン”が受賞し、火付け役と評価され、山﨑 賢人さんが授賞式に登壇しております。

モテの定番はツンデレ!

イケメン俳優の山崎 賢人さんが“ツンデレ王子”に扮して、ツンツンしまくっている姿はまさに必見です!

口では「うざい」と言いながらも、肝心なときにちゃっかり手を差し伸べてくれる。そんなギャップが女性にはたまらないんです!

また、主人公・葵目線でいけば、曰わく付きかつ美人な元カノである桜月の存在がチラつく辺りも、切ないけれどモテるオーラを増幅させてもどかしい気持ちにさせてくれます!

青春っていいな。と再確認させられること間違いなしです。

スタッフ

原作:渡辺 あゆ『L♡DK』(講談社『別冊フレンド』連載)
監督:川村 泰祐
脚本:松田 裕子

キャスト

西森 葵:剛力 彩芽
本作のヒロイン。親の仕事の都合で一人暮らしをすることに。

久我山 柊聖:山﨑 賢人
学校一のモテ男。バイトをしながら一人暮らしをしている。

佐藤 亮介:中尾 明慶
柊聖の同級生で中学時代からの親友。映画オリジナルキャラ。

渋谷 萌:岡本 玲
葵の同級生で大親友。柊聖に告白したが失恋。

三条 亘:桐山 漣
葵に好意を寄せる大学生。葵と同じアパートに住んでいる。

水野 桜月:石橋 杏奈
柊聖の幼なじみで元カノ。

久我山 草樹:福士 誠治
柊聖の兄。

恩田先生:藤井 隆
葵たちが通う学校の先生。

星野 カズミ:白石 美帆
葵と柊聖のアパートの大家さん

小夜子:高島 礼子
着物屋の店主。葵の恋を応援。

 

『L・DK』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

LDK(映画)の感想

 

40代女性
40代女性

ツンデレ対応や壁ドン、山﨑賢人君の魅力満載の映画です。彼と同じ部屋で寝起きなんて、原作がマンガだけあってかなり都合のよすぎる設定に突っ込みを入れずにいられません。だからこ観てて楽しいのかもしれませんね。この映画を観て、剛力彩芽さんはショートカットの方が魅力が際立つのだとつくづく思いました。劇中はセミログなので他の女優さんたちに紛れてしまいます。親と離れて一人暮らしの高校生で、料理上手で男子の胃袋を掴むって、設定が昭和女子。しかも、年上のカッコイイお兄さんに告白されちゃうなんて、うらやましい限りです。しかし、演技が・・・。ごく普通の高校生の役を演じているのでしょうけれど、ねぇ。なんともコメントしずらいです。物語は、女の子なら一度は想像したことがあるような、青春ラブコメディーです。嫌なアイツに段々気になって、いつの間にか好きになっていくってお話。お祭りで人でごった返す遊園地、クライマックスの花火が上がる中、人混みの中で自分をみけて名前を叫ぶ彼。これで感動しない女子がいるわけありません。想定通りのハッピーエンドにホッとしつつ、自分もこんな青春だったら良かったのになぁと始終うらやましい思いで観ました。素敵な青春ラブストーリーとして楽しめる映画です。

30代女性
30代女性

山﨑賢人さんファンが暴動を起こすのでないかと思う位にかっこよさを振り撒き、剛力彩芽さんに迫るシーン満載の映画でした。渡辺あゆさんの人気少女漫画を、実写化ということで期待に胸を膨らませ観ましたが、期待以上に良かったのは久我山柊聖役の山﨑賢人さん。あの壁ドンブームをブームにした程でした。学校一のイケメン&ツンデレ王子の柊聖は、山﨑賢人さんそのものに見えました。ツンツンしている時は、コイツは何を考えてるのかという位に冷たいと思わせておきながら、デレデレとのギャップにやられちゃいました。直情型暴走気味の女子高生西森葵役の剛力彩芽さん。ロングヘアーのイメージとマッチするまで時間が掛かりましたが、やはり可愛い剛力彩芽さん。ひょんなことからこの二人が一緒に住むことになりますが、イケメンとの生活にドキドキが止まらないのは剛力彩芽だけじゃないと思います。同じ屋根の下で同じ空気を吸うだけで、気絶しそうです。あんな時間があったら時を止めたくなるとも思いました。のだめの映画を監督したあの川村泰祐監督がメガホンを取ったとのことで、カメラワークと切り替えは抜群に良かったです。またタイトル「L・DK」のハートマークがお洒落で、そこもポイントだと思いました。二人の愛の巣という意味を込められたような気もしました。

40代男性
40代男性

漫画の原作を読んでから見ました。漫画と映画では登場人物の設定やキャラが随分違うので、原作が好きな私としては、別物の恋愛物語として観ていました。映画の方は、ストーリー自体は何の抵抗もなく観ることができましたが、山崎賢人くんの演技はスムーズに観れましたが、剛力彩芽ちゃんの髪型(カツラ?)や演技にはちょっと不自然さがあって抵抗がありました。高校生が一人暮らし、そして同じアパートの隣人からのボヤ騒ぎで同居という非現実的な設定は多少違和感はありますが、純粋な高校生の純愛映画という点では、非常に楽しめた作品でした。前半部分ではコメディタッチな部分が多くほのぼのして、後半からは、他者を巻き込んでのシリアスな雰囲気の恋愛物語になっており、原作を知らない人でも純粋に楽しめる映画になっていたと思います。友達役の中尾明慶くんや岡本玲ちゃん、恋敵の桐山蓮くんの演技はすごく自然でよかったと思います。全体的には、よくある青春恋愛映画にありがちな、好きじゃないものの同志からお互い惹かれ合うものの、2人の間に誤解やハードルが発生して、最後にはハッピーエンドになるという典型的なストーリーではありますが、自分もこんな純愛もしたかったなあと思える作品でした。

30代女性
30代女性

漫画原作の作品です!主演は、剛力彩芽さんと、山崎賢人さん。上白石萌音さんバージョンでリメイク?続編?もありますが、原作のキャラに近いハイテンションなのは剛力さん、ナチュラルなのは上白石さん、という感想です!どちらがお好みかで選んでみても楽しいかもしれません??肝心なストーリーですが…現実にはなかなか起こらない展開、さすが少女マンガ!という感じ。L・DKとは、ラブ・同居のこと。タイトルも中々に面白いですよね(笑)突然同級生のイケメン男子と同居することになり、そこからはじまるあれやこれや…そもそも、お年頃の高校生が揃いも揃って一人暮らしするなんて…ある?!というツッコミは頭の隅に置いておいて笑、あくまでフィクション!と思って観るとなかなか楽しめると思います!2人の思いは通じるか?!と思うと離れ、また近づいたかと思うと離れ…紆余曲折、色んなアクシデント?があるので最後まで飽きずに見ることができます♪剛力彩芽ちゃんのハイテンションと、山崎賢人くん演じるちょっと俺様なクール男子。こういう、クール男子って、マンガの世界だと好きな子が出来るとデレデレになっちゃうんですよね~この作品のなかではどんなツンデレを見せてくれるのか、お楽しみに?

 

20代男性
20代男性

2014年の作品で主役の剛力彩芽さんと山崎賢人さんの華やかさを街中の広告で見かけて、思わず見た作品です。まさに主役陣目当てで見たといっても過言ではありません。剛力彩芽さんは非常にヒロインらしい存在感を作品の中で発揮しておりましたし、山崎賢人さんはいうまでもなくルックスが素晴らしく、同棲の私から見ても魅力的だなと感じます。演技力も高くまさに完璧な俳優さんだなと感じました。もとは少女漫画が原作らしく、その当時読んだことはなかったのですが、どうやら人気作品だったらしく今でもファンが多いそうです。ストーリーの大筋は王道をいく青春ラブコメものでどこか甘酸っぱいストーリー展開が目立ち、若者ウケするだろうなとという印象が強いです。学園もので元カノや恋人とも話がからんでいき、展開として飽きさせません。あまり珍しい題材とは言えませんが、その分シンプルでストーリーが非常にわかりやすいものとなっているので、どの層の人が見ても初見でパッと見進められるものになっていることは間違いありません。特に胸キュンもののラブコメを見たい人がいれば是非世代問わずこの作品を見て欲しいなと思います。きっと話題作りとして記憶に残る作品になるでしょう。

40代女性
40代女性

もう思いっきり少女漫画な展開と言えるでしょう。こんなご都合主義は無い、でも実際に自分の身に起こったらいいのになと妄想しながらキュンキュンしてしまう映画です。何しろ同級生の超イケメンとおうちが隣同士なことはあっても、うっかりして部屋を水浸しにしてしまったからと同棲することになるなんてありえません。高校生の男女を一つ屋根の下に入れてはいけないのです。隣同士でも、屋根を伝っていい感じになんて展開が多数あるのでパパさんは娘が心配なら頑丈な鉄の壁でも間に置いておくべきです。普通ならばそんな関係はずっと隠し通すもの、見つかれば退学というドキドキが更に吊り橋効果をもたらしてくれるのでしょう。それでうまくいくかと思いきや、親友も彼のことが好きと知ってしまったり幼馴染みに彼の従兄が出てきたりと様々な罠が次々と仕込まれてきます。そういった点もお約束、そうは思いながらもハラハラして観てしまうものです。剛力彩芽さんがロングヘアなのが新鮮でいい、可愛らしい方はどんな髪型でも美しいものです。意外と高校教師役の藤井隆さんが演技が上手かったり、役者陣も良かったです。こういった王道ものもたまにはいいのです。水戸黄門を毎度見るのと同じ心境かもしれません。

40代女性
40代女性

剛力彩芽さんと山崎賢人さんはフレッシュで良かったです。山崎賢人さんが登場した時、ジャニーズの人と間違えました。思春期の夢物語がリアルに描けています。私の年代でもきれいな設定で安心して見れました。ふたりのお部屋はそれほどリッチなものではないですね。そこもいいところのように感じます。若いころはあまり贅沢しないという設定も道徳なのと考えました。剛力彩芽さんの役の女の子は料理を作るという女性らしさをもたらします。でもキャベツの切り方が甘いですよ。火災報知器がなったり、ドジなところが愛くるしいです。健気さもありました。この映画でロングヘアからショートカットになるところを演じていて煮詰まっていますね。山崎賢人さんもいつもながらドSです。ファッションからライフスタイルまで女子の参考になります。いろいろあった日のお弁当はご飯にきゅうり?笑えました。高校生ってそんなところなんですね?レベル的に?でもいきなり自分が生活しているお部屋に同級生男子が住んでくるというのはパニックですね。あり得ない設定が面白く夢をもらたらすというのでしょう。最初から最後まで泣いたり笑ったり喜怒哀楽たっぷりで良かったです。私も楽しい高校生時代送りたかったなと思いました。

30代男性
30代男性

こちらの作品は人気漫画を実写映画化したものとなっていて、主人公に山崎賢人さん、ヒロインに剛力彩芽さんといった役者を起用し原作に近いような形で役者陣もチョイスしているめ、原作版を知らない方も楽しめるようになっています。なんといっても人気漫画を実写映画化しているものとなっているので原作版を知ってる方は色々と比較することができつつ、作品を楽しめ、実写映画化版のみのオリジナル要素とかも楽しめるようになっているので、まさかのシーンとかシチュエーションを見つけることができたりします。ラブコメ及び恋愛映画となっているので女性にとっては胸キュンなシーンとかシチュエーションもあるので創造性がかなりある作品となっていたりします。また、恋愛を経験してきている女性にとっても、こういった場面を経験したことあるとか、あるあるなんだよねみたいな気持ちになったりするところも多々あるので見どころが満載となっています。男性も楽しめるようになっていて、男性の恋愛の価値観と女性の恋愛の価値観をしっかりと見極めることができる作品でもあるため、カップルで見てもいいし、友人同士で見るのもありです。そして、夫婦とか家族でみたりするのもおすすめです。

 

20代女性
20代女性

学校一のモテ男との恋愛・友達の好きだった人・ツンデレ・手ごわい元カノと王道の学園ラブコメディを突き進んでいる映画です。さらにトラブルで同棲するなどとちょっと現実離れした設定で楽しませてくれます。剛力彩芽はショートヘアの印象が強いですが、この映画ではロングヘアの葵役で、ロングヘアも似合うんだなと思いました。元々親友が好きだった人、さらに公衆の面前でこっぴどく親友を振った相手を好きになってしまったと、大好きな親友とはいえ、伝えるのはかなり勇気がいるだろうなと思います。うまくいったらの事後報告ではなく、ちゃんと先に好きになったことを伝えた葵はえらいなと思います。友達の好きな人だったというかなり重めの障害をやっとの思いで乗り越えても、次は可愛い元カノが出てくるなんて、学校一のモテ男をゲットするのはかなり大変なんだなと思い知らされます。元カノなのにしゃしゃりでてくる子って、たいてい同性からは嫌われている印象だなと改めて思いました。山崎賢人さんの演じる柊聖はとてもはまり役だったと思います。葵をからかってるときのいじわるな笑顔がたまりません。柊聖が本当の自分の気持ちに気づいた後のフィナーレの舞台が七夕の花火大会なので、花火も綺麗でロマンティックでした。

 

30代女性
30代女性

原作の漫画が好きで、映画化されると聞き楽しみにしていました。主演キャストも剛力彩芽さんや山崎賢人さんが出られるのでどんな風になるのだろうとワクワクしていました。とにかく、山崎賢人さんがかっこいい!そう思いながら最初から最後まで楽しめました。壁ドンも山崎賢人さんがやるからきゃーってなるんだと思います。ツンデレでSっけのある山崎賢人さんが見れてカッコ良さにずっと目を奪われてました。剛力彩芽さんの演技ははじめて見ました。ショートヘアのイメージしかなかったですが、ロングヘア姿も似合っていて可愛かったです。作中に、浴衣姿も出てきましたが素敵でした。演技は初々しさがあり、それが高校生感にも繋がり実際にこんな子いそうだなと思えました。友達カップルとして出演されていた中尾さんや岡本礼さんも爽やかでとても良かったです。ひとつ屋根の下で生活する2人が恋に落ちていくというなかなかない非日常を、映画の世界で存分に楽しめました。とにかく、山崎賢人さんファンにはたまらない作品だと思います。特に難しい展開にはならないので、細かなことを考えずに、純粋な高校生の恋愛物語として楽しめて良かったです。この2人の続編があるならぜひ見てみたいです。

 

まとめ

『L・DK』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

剛力彩芽のU-NEXT配信作品

【映画】

  • L・DK
  • カルテット!~Quartet!~

【ドラマ】

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました