ラストサムライ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アクション・アドベンチャー
『ラスト サムライ』海外版劇場予告編

ラストサムライ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ラスト サムライ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ラスト サムライ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ラストサムライ(映画)の内容

映画『ラスト サムライ』は、2003年12月に公開されました。

本作は、アメリカ映画ながらも日本を舞台に外国人と日本人との武士道を描いたハリウッド作品です。日本での興行収入は137億円で、2004年度に日本で公開された映画での興行収入年間1位を記録し、アメリカでは最大2938館で公開され、興行収入は1億ドルをも突破する記録的な大ヒットとなりました。

本作の物語は、トム・クルーズさん演じる南北戦争の英雄が、日本で侍たちと出会ったことをきかっけに武士道に惹かれていき、絆を深めていく様が描かれております。その侍たちを渡辺謙さんや小山田真さん、真田広之さん。他にも小雪さんや池松壮亮さんらが出演し、日本の俳優が海外に進出する契機を築いた作品となっております。

下手な日本の時代劇より面白い、言わずと知れた大ヒット映画。間違った日本を描くことなく、渡辺謙さんら日本俳優陣が演じる日本は芯がキチンを通っているので、違和感を全く感じない作品です。

何度も観てますが、その度に泣けてきます。やっぱり日本語は世界で一番難しくもあり、綺麗だなと心底思い、ネットでの誹謗中傷が増えているこんな世の中だからこそ大事に使いたいと思いました。

キャストの中でも小雪さんの心情を抑えた演技がたまりませんでした。

瞑想している渡辺謙の姿から入ることが素晴らしい。アメリカ人から見た正義感や精神世界を分かりやすく描いてくれております。そんな本作の一番は福本清三さんの演技。脇役で一番おいしい役柄であり、一番泣かせてもらいました。

何ともスケールが大きく、エキストラを本物の日本人で採用しているところに好感が持てました。また、日本の描写が全くと言って良いほど不自然でなく素晴らしかったです。

あらすじ

幕末から明治維新にかけて、日本は急な文化の転換期を迎えておりました。南北戦争の英雄であるネイサン・オールグレン(トム・クルーズ)は、戦争で果たした自らの役割によって、失望と悔いに満ちあふれてしまい、酒に溺れる毎日を送っていました。

魂を失ったオールグレンのもとに、近代化を目指す日本政府が訪れ軍隊の教官として招きました。彼はさっそく、西洋式の武器の使い方を教えるのですが、勝元盛次(渡辺謙)率いる侍たちの不穏な動きに焦る政府は、オールグレンの忠告を無視して、即席の軍隊を侍の盗伐へと送り出します。

しかし、経験不足な兵士たちは侍の前になす術もなく、最後まで戦い続けたオールグレンは勝元に捕らえられました。勝元は近代化の波によって、武士道が崩壊しかけていることに焦りを感じており、また、オールグレンも勝元に対して自分を見ているかのような気持ちになりました。

オールグレンは勝元や妹のたか(小雪)らと共に武家で生活することとなり、外国の異文化を嫌う武士の氏尾(真田広之)と対立しつつも、武士道に惹かれていき、やがて侍たちとの絆を深めていくとともに、彼らの静かで強い精神に心を動かされていたいました。

そして、侍たちが政府軍を相手にした最後の戦へと臨むときがきました。そこには、オールグレンも姿もあり…。

見どころ

ハリウッド発の日本文化

明治維新の日本を舞台にしたハリウッド大作。本作の主役はまさに侍であり“勤勉さや礼儀正しさ”、“一瞬を生き抜く武士道精神”、“禅的な心のあり方”などの日本文化をメインテーマとしております。

ラストサムライは日本人にとって日本の文化や歴史だけでなく、外国人から見た日本の侍の姿がよく表現されており、とても新鮮な気持ちで見ることが出来ます。海外の方々が日本をどう見ているのかを知るのにも、非情に参考になる貴重な映画作品となっております。

教材に最適

本作の内容は大人はもちろんですが、小学校の高学年向けに向けて取り扱うのがベストだと思います。フィクションではありますが、『国家・社会の発展に大きな働きをした先人の業績について興味・関心と理解を深める』『国土に対する愛情を育てるようにする』という意味で、5・6年生の社会の学習内容にも一致していますし、“勤勉さや礼儀正しさ”などの“道徳”についても、たっぷり学べます。

さらに、日本人が観ても素晴らしいと感じる美しい自然や、日本人ならではの礼儀正しさや勤勉な姿が多く描かれた名シーンや名セリフも沢山あります。

また、英語は『習うよりも慣れろ』が個人的に良いと思っており、渡辺謙さんや真田広之さんたちの素晴らしい演技は勿論のことですが、彼らが繰り出すお手本のような英語も勉強にもなります。

幸いにも、トム・クルーズさんと小雪さんのラブシーンも和風で控えてにしてくれているので、子供にも安心して見せられます!

スタッフ

原案:ジョン・ローガン
監督:エドワード・ズウィック
脚本:ジョン・ローガン / エドワード・ズウィック / マーシャル・ハースコビッツ
音楽:ハンス・ジマー

キャスト

ネイサン・オールグレン:トム・クルーズ
日本にやってきた元アメリカ陸軍大尉。

勝元盛次:渡辺謙
明治維新の立役者の1人で、日本で反乱軍を指揮する侍。

氏尾:真田広之
勝元の家臣。戦では大きなツノのついたカブトをかぶる。

たか:小雪
勝元の妹であり、勝元の命令でオールグレンの世話をする。

信忠:小山田真
勝元の息子で村の長を任されている。

飛源:池松壮亮
たかと広太郎の長男。少年ながら剣の筋がいいと言われている。

孫次郎:湊葵
たかと広太郎の次男。人見知りしない。

サイモン・グレアム:ティモシー・スポール
オールグレンの通訳を務める。

大村松江:原田眞人
日本の政治家で実業家。政府の要人として大きな力を持っている。

明治天皇:中村七之助
勝元が忠誠を誓っている天皇。

ベンジャミン・バグリー:トニー・ゴールドウィン
元アメリカ陸軍の大佐。オールグレンのかつての上司。

ゼブロン・ガント:ビリー・コノリー
元アメリカ陸軍の軍曹。オールグレンに信頼されている元部下。

寡黙なサムライ(ボブ):福本清三
オールグレンのそばに常にいる見張り役。

中尾:菅田俊
さまざまな場面で活躍を見せる勝元の家臣。

長谷川大将:伊川東吾
政府軍の大将。

スワンベック大使:スコット・ウィルソン
駐日アメリカ合衆国大使。

ウィンチェスター宣伝員:ウィリアム・アザートン
ウィンチェスター銃の販売員。

政府軍指揮官:二階堂智

侍:高良隆志

『ラスト サムライ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ラストサムライ(映画)の感想

40代男性
40代男性

2003年公開の映画です。キャストはトムクルーズが主演でアメリカより将校としてやってきて明治新政府の兵隊を教育するためにやってきました。また、渡辺謙さんが新政府の反乱軍の大将として演じています。小雪さんも渡辺謙さん演じる勝元の娘として演じます。初めて見た時、なぜアメリカから来た兵士が甲冑を着てラストサムライと謳われているのかさっぱりわかりませんでした。しかし、観ていく中でサムライとは何か、信念とは何か、忠義を尽くすとは何か、ということをトムクルーズ演じるネイサンは囚われて侍の集落で生活をする中で学びます。その中で勝俣と話をするうちに自分もサムライとしての生き方をするようになり、最後は勝元達と共に生死を共にする戦いに参加して新政府と戦います。皮肉なのは、新政府の兵士を鍛えに来たアメリカ人が最後のサムライとなりもっとも日本人とは何かを伝え、新政府の日本人はそれまでの日本をすべて否定するという全く相反する立場にあることです。この映画は自分とは何かを考えさせてくれる映画です。また、当時の日本を再現した映像はとても美しく、サムライ達はとてもカッコよく描かれています。物語もわかりやすく引き込まれるので何度でも観たくなります。

 

40代女性
40代女性

ラストサムライは正直見る前はハリウッドで侍モノってどうなんだろうって少し思っていたのですが、すごく良かったです。物語の舞台あ明治維新の日本で、長く続いた江戸時代、武士の文化が失われていくといった時代背景があります。そんな中で革命を拒絶して、武士であり続けようとするサムライとそれを助ける米国軍人を描いています。出演者がとにかく豪華でトム・クルーズ、渡辺謙、真田広之が共演していて、殺陣のシーンがとにかく迫力があります。特にラストの合戦シーンは、これはハリウッドならではですね。殺陣とか武士なら日本映画と思っていたけど、やるなハリウッドと思ったものです。史実に沿った内容ではなく、忍者とか出てくるのは外国人がイメージするサムライモノだなってツッコミどころは満載でした。ですが泣ける映画だし、迫力満点のアックションモノという認識で見れば十分楽しめる作品です。あとトム・クルーズや渡辺謙、真田広之は言うまでもありませんが、どの俳優も役に嵌っていたので配役が絶妙だと言えます。メインの見所はバトルシーンですが、トム・クルーズが言葉が通じない村人と試行錯誤しながら交流するシーンも好きで、緊迫するシーンと和むシーンとのギャップも見事です。

 

30代男性
30代男性

ハリウッドと日本が合同で制作したという日本人として胸の熱くなる映画です。黒船の来訪によって、鎖国状態がなくなった日本で、もはや必要とされなくなったサムライにスポットをあてています。サムライは最後のレジスタンスとして、政府の対立勢力に戦を仕掛け続けていて、トムクルーズの演じるアメリカの将校が対応にあたるのですが、サムライに囚われてしまいます。そのサムライの村で、渡辺謙演じるに客人としてもてなされながら過ごしますが、最初敵対心の多かった村人やサムライ達と打ち解けていく様はよかったです。小雪演じる村の女性と親密な関係も発展していき、ついにはサムライ側について、政府と戦う決意をします。サムライ達は少数精鋭である点が非常にカッコよく、1人で何人もの敵をなぎ倒すところはとても気持ちがいいです。しかし、最終決戦では近代兵器のガトリング銃には成す術もなく、最後まで引くことはなくトムクルーズ以外全滅します。ただ、渡辺謙が最後に桜を見て、見事だ、といったシーンは非常に印象に残っています。忠義を通したサムライを描く作品ですが、アメリカ人目線である点がとても斬新で、歴史に残る名作と言っていいと思います。是非みなさまにも視聴していただきたい作品です。

 

40代男性
40代男性

日米の代表的な俳優が共演したスケールの大きい映画です。主役はトム・クルーズが演じる軍人オールグレンで、あることから日本にやってきます。そこで、渡辺謙が演じる侍の勝元盛次と出会い、日本の侍や武士道について学んでいきます。オールグレンはアメリカの戦争で無差別に人を殺したせいで、生活が荒れていたのですが、勝元との交流で徐々に心の変化が生まれていきます。話しの序盤では、この辺りの描き方がかなり丁寧です。海外の人から見ると、日本の武士の考え方はとても興味が惹かれるようで、トム・クルーズがそんな外国人をうまく演じています。勝元たちは日本の明治政府軍と戦争をすることになるのですが、侍たちに魅了されてオールグレンもそこに参加します。今作では渡辺謙さん以外にも、注目の日本人俳優が多く登場します。真田広之さんがその一人で、見事な殺陣を見せてくれます。真田広之さんは、昔から多くのアクション映画に出演しており、戦などのシーンではかなり素晴らしい演技を見せています。しかし、真田さんのアクションの演技が素晴らしすぎて、トム・クルーズより目立ってしまうため、真田さんの出番が減らされたという話があります。話は西郷隆盛の西南戦争が元になっているそうです。西郷隆盛には最後のサムライと言える、哀愁と魅力があります。渡辺謙さんは、それを意識して演じたのかもしれません。

30代男性
30代男性

ハリウッドが作った、明治初期時代に残る最後の侍の姿と、「武士道」を描いた映画で、主演にトム・クルーズ、日本からは渡辺謙・真田広之・小雪・中村七之助等が出演した映画です。南北戦争でのトラウマを折ったネイサン(トム・クルーズ)が来日し、日本政府の依頼でアメリカ式に軍隊を訓練するが、侍の集落の長、勝元(渡辺謙)との出会いにより、多くの価値観に変化が生まれ、侍の持つ武士道精神に心惹かれていきます。随所に侍の魂が籠った発言や行動、特に勝元の天皇に対する忠誠心には心揺さぶられるものがあり、日本人が日本人たる由縁を見せつけられる熱い映画です。主演はトム・クルーズですが、渡辺謙はもちろん、その家臣として出演する真田広之の存在感にも凄まじいものがあり、鬼気迫る演技に戦闘シーンは必見。当時の撮影現場では真田広之の存在がトム・クルーズを食ってしまうとも言われた渾身の演技が見れます。明治政府との最終決戦は涙無くして見られず、忘れてしまった日本の侍魂と忠誠心、仁義等、あらゆる感情が沸き上がってくる名作です。また、夫を亡くした未亡人役で出演する小雪の奥ゆかしく艶やかな存在が印象深く、男が中心の世界に時折哀愁と花を添えてくれます。ハリウッドが作ったとは思えないほど、日本の美しさと力強い侍の姿が見事に描かれた最高の映画です。

40代男性
40代男性

トム・クルーズ主演、渡辺謙、真田広之、小雪といったそうそうたる役者が出演することで話題になりました。日本人から見ると首をかしげたくなるシーンが多々あるのですがそこはご愛敬。むしろ本作はアメリカの開拓時代を、日本を舞台にして作ったドラマだと見れば面白い「ストーリー」が見えてきます。つまり西部劇だということです。渡辺謙らのサムライはアメリカンスピリットを代表するカウボーイ、対する敵はカウボーイを襲うネイティブアメリカン(インディアン)だと考えれば腑に落ちます。そう考えれば本作は「アラモ」のようなエンタメ作品として上々の出来です。なのに日本の評論家は本作を歴史大河のようにとらえるので不評となったのです。ストーリー自体は非常に単純で、西部劇に近い造りです。変に勘ぐって深読みしないことが楽しむ秘訣です。要はカウボーイに見立てたサムライのアクション活劇なのです。そして往年の西部劇好きの人にとっては思わずニヤリとさせられるシーンが多く見受けられます。過去の名作西部劇をオマージュしたと思われるシーンがあちこちにみられるからです。そういった意味で本作は、西部劇好きな方にとっては何とも言えないノスタルジックな気持ちにしてくれる作品と言えるでしょう。

30代男性
30代男性

アルコールに溺れて無為な日々を送る主人公ネイサン・オールグレンには、南北戦争で華々しく活躍した頃の面影はありません。遠い昔に戦場で生命を奪った数多くの兵士たちの亡霊に、今になって追いかけられているようで痛々しいです。再起をかけるために銃を普及するビジネスを始めたネイサン、廃刀令が公布された後も刀を手放すことができない勝元盛次。敵として出会ってお互いに相容れない価値観を抱きながらも、不思議な絆で結ばれていくふたりの男に胸が熱くなりました。捕虜となって傷を負ったネイサンを迎える、勝元の妹・たかの清楚な佇まいと豊かな自然に囲まれた吉野の地にも癒されます。本国にいた頃とは見違えるように変貌を遂げている、ネイサン役のトム・クルーズの精悍な表情にも注目してみてください。武士の時代から文明開化へと突き進んでいく世の中の流れに乗れない、勝元の不器用な生きざまも印象的です。すべてを「勝ち負け」や「損か得か」で判断してしまう、今の時代への痛烈な批判が込められていました。政府からの武装解除の通告を受けた勝元、雇い主であるはずの帝国陸軍に疑問を感じていくネイサン。ふたりが下した決断と、最新式兵器・ガトリング砲に古来からの武士道で挑んでいく最終決戦が圧巻です。

30代男性
30代男性

映画『ラスト サムライ』を視聴した感想は非常に熱いサムライ映画だと思いました。主演がトム・クルーズというのも非常に素晴らしかったと思いますしトム・クルーズと共演した渡辺謙さんの演技も負けていなかったと思います。映画のストーリーとしてはトム・クルーズ演じるネイサン・オールグレンはサムライを討伐するために政府軍と当初は協力して戦うことになるのですが、紆余曲折の末、ネイサン・オールグレンもサムライたちの棟梁である勝元と共に政府軍と戦うことになります。この映画を見て感じたことは絶対に勝てない戦であったとしてもなんとか勝利をつかみ取ろうとあがくサムライたちの姿を見て人生の生き方を教えてくれているような気がしました。命と結果が欲しいだけであればネイサン・オールグレンは政府軍に協力すればよいだけだったのですが、本当に自分はどちらの味方につきたいのか?どう生きたいのかを自分に問いかけた結果、勝本と政府軍に命を懸けて戦いを挑むシーンは非常に迫力が満点で政府軍のガトリング砲に散っていくサムライたちの姿も悲しくもあり、勇壮な姿であったと思います。最後に天皇とネイサン・オールグレンが会話するシーンで勝本の「死にざまはどうだった」と問いかけられますが、「生き様を話しましょう」と返したシーンはこの映画の本質が描かれていたと思います。

50代男性
50代男性

ラストサムライは武士の生活や美意識などを知りたい場合にはものすごくおすすめです。時は明治維新で武士の世界が終わりを迎える時で、どのようにサムライとして最後を飾るのかが大きなテーマになっていると思います。主人公であるトムクルーズは戦争で素晴らしい戦いをしてきた人なのですが、その際に起きた悲劇が大きなトラウマになっています。圧倒的に強い軍隊で大した武器を持たない原住民を殺してしまったという部分が心に引っかかっているのです。彼が日本に来たのは祖国にいるとその部分をどうしても思い出してしまうので、逃げ出してきたのではと感じでしまいます。大きな変化があるのは捕虜として捕まってからです。西洋からきた主人公にとって田舎の日本の原風景は相当なカルチャーショックだったでしょう。ここでびっくりしたのは、日本人からみてもかなり新鮮だったということです。現代人は西洋人と変わらない生活をしているからです。質素でありながら凛としていて人々が生き生きしている。戦いでも相手に対する礼儀を持って戦うから潔い感じがします。最後は戦力差で厳しい戦いになりますが、本当の勝者はどちらなのかわかります。サムライ精神とはどういうものか、少しでも知りたい場合は必見です。

30代男性
30代男性

『ラスト サムライ』は、トム・クルーズが主演し、エドワード・ズウィックが監督したハリウッドによる時代劇です。その舞台は明治時代に入って間もない日本で、政府による軍事力の強化に協力するため来日したアメリカ人で南北戦争にも従軍した主人公が、日本政府に抗い、武士としての誇りを守り貫き通そうとする人々の精神に共感し、ともに政府軍に立ち向かう物語が展開されます。往々にして繰り返されてきたハリウッドによる偏見に満ちた日本と日本人の描写はほとんど見られず、硬派な作品制作で知られるズウィック監督によって追求されたリアリティーは、当時の日本を知らなくても違和感なく説得力をもって迫ってきます。また、南北戦争によって傷を負った主人公の心と、政府によって迫害され忘れ去られようとしている武士たちの心が共鳴し合い、反目していた立場が徐々に歩み寄り、ついに足並みを揃え政府軍との最終決戦に挑む展開には日本人でなくとも胸に迫るものがあります。渡辺謙や真田広之など日本を代表する俳優たちが当時の武士たちを体現し、迫力ある戦闘シーンでもそれぞれ力強い存在感を放っています。映画史を振り返ってみても近代化に進む途上の日本を舞台に武士たちと近代日本の政府軍との衝突を迫真をもって描いた作品はあまり聞いたことがなく、知られざる日本史の裏側を知ることもできる上質で稀有な作品のひとつと言えるかも知れません。

 

まとめ

『ラスト サムライ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました