ラストレター(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
映画『「ラストレター」』予告【2020年1月17日(金)公開】

ラストレター(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ラストレター』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ラストレター』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ラストレター(映画)の内容

映画『ラストレター』は、2020年1月に公開されました。

原作・監督・脚本・編集を務めた岩井俊二さんが、1995年に公開された故郷である宮城県を舞台に原体験を詰め込んだ初の長編映画『Love Letter』に対するアンサー動画にもなっている本作。

手紙の行き違いをきっかけに始まったふたつの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長が描かれており、松たか子さん、広瀬すずさん、庵野秀明さん、森七菜さん、小室等さん、水越けいこさん、木内みどりさん、鈴木慶一さん、中山美穂さん、豊川悦司さん、神木隆之介さん、福山雅治さんと豪華すぎるキャストが紡ぎ出す、珠玉のラブストーリーとなっております。

人生ってこんなもんかな。と思えるほどリアルなすれ違いが描かれております。また、凄い面子のキャストが揃ってますが、森七菜さんの演技は圧巻でした。彼女が居なければこの作品は成り立たなかったと思います。

綺麗な映像と心地よい空気感に耳障りの良い音楽。ラストシーンも小説のラストを読み終えて、本をパタン。と閉じる感覚で本当に素敵でした。贅沢な時間を味わせてくれてありがとう。

劇中の福山雅治さんに感情移入しすぎて、思わず泣いてしまいました。今の時代だからこそ、手紙の良さがわかる。今度、手紙を書いてみようかな?と思いました。

いい映画は何度見てもいい。人生を積み重ねて、大切な何かを失ってしまったことのある方に観て欲しい作品です。

あらすじ

裕里(松たか子)の姉・未咲が亡くなりました。葬儀の場で、未咲の娘・鮎美(広瀬すず)から、未咲宛ての同窓会の案内と、娘に残した遺書の存在を告げられます。

未咲が亡くなったことを伝えるために裕里は同窓会へと行きました。すると、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまい、その死を言い出せずに姉のフリをしたまま会場を後にしようとしたとき、初恋の相手・鏡史郎(福山雅治)に声を掛けられ、再会しました。

姉と勘違いしたことから始まった、裕里と鏡史郎の不思議な文通。裕里は、姉・未咲のふりをして、手紙を書き続けます。その内の1つの手紙が鮎美に届いてしまったことをきっかけに、鏡史郎(回想・神木隆之介)と未咲(回想・広瀬すず)、そして裕里(回想・森七菜)の学生時代の淡い初恋の思い出を辿りだすことになりました…。

見どころ

一見の価値あり

岩井俊二監督の最大の魅力は、自然光を巧みに使うなど映像の美しさを最大限に表現できることだと思います。特に、女性を美しく撮影することにかけては、右に出るも者はいないのではないでしょうか。本作においても、どの女優も素敵な人間として撮影されております。

また本作の物語は、現在と学生時代の回想とで別れており、その2つを一人二役・二人一役というように役者が入り組んで表現されているのですが、混乱することなく見れるのが凄いです。役者は違うが同一人物は同じ人間性、同じ役者だけど違う人物は違う人間性と、鑑賞者が把握できるように演じ分けられているのが見事です。

物語全体としての美しさはもちろん、クライマックスでの鏡史郎が再会のような初めての出会いを果たすところは、思わず涙が出てくる感動があり、一見の価値がある作品となっております。

主題歌

「この映画からどんな音楽が生まれるのか」

当初より、岩井監督が話し合っていたそうです。撮影が進んでいる中でも、主題歌を歌うアーティストが決まらない中、カラオケで森七菜さんの歌声を聞いた岩井監督が、本作の理想の歌声と、主題歌の歌い手として抜擢しました。

主題歌「カエルノウタ」は、すれ違いの苦しやさ、それでも届けたいという想いの詰まった、手紙を歌ったものとも解釈ができ、岩井監督の作家性が表れた歌詞にも、是非注目していただきたいです。

スタッフ

原作:岩井俊二「ラストレター」
監督・脚本・編集:岩井俊二
音楽:小林武史
主題歌:森七菜「カエルノウタ」
製作:市川南

キャスト

岸辺野裕里:松たか子 / 森七菜(高校生時代・回想)
遠野未咲の妹で、夫・宗二郎と娘・颯香、息子・瑛斗の4人暮らしをしている主婦。

遠野鮎美:広瀬すず
母親である未咲が亡くなり、祖父母の過ごす未咲と裕里の実家に身を寄せている。

遠野未咲(回想):広瀬すず
裕里の姉。学校のヒロイン的存在。

岸辺野宗二郎:庵野秀明
裕里の夫で漫画家。裕里と鏡史郎の浮気を疑っている。

岸辺野颯香:森七菜
裕里と宗二郎の娘。

岸辺野瑛斗:降谷凪
裕里と宗二郎の息子。

波止場正三:小室等
岸辺野昭子の学生時代の教師。

岸辺野昭子:水越けいこ
裕里の義母。

遠野幸吉:鈴木慶一
裕里の父。

遠野純子:木内みどり
裕里の母。

阿藤:豊川悦司
未咲の元恋人。

サカエ:中山美穂
阿藤の同居人。

乙坂鏡史郎:福山雅治 / 神木隆之介(高校生時代・回想)
全く書けていない小説家。高校時代は、裕里と未咲の高校に転入してきた転校生。

『ラストレター』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ラストレター(映画)の感想

 

20代男性
20代男性

そうそうたるキャストを揃え、世代も、時間軸も飛び越えた、とある行き違いから生まれる淡く美しいラブストーリー。単品で見ても、たいへんに素晴らしい作品ではありますが、是非とも他の岩井俊二作品にも触れたうえでみてもらいたいと思う、そんな映画です。かつての名作「スワロウテイル」を見れば、確かに本作にも通ずるような、どこか雨上がりの木立をほのかな陽光が照らすかのような、独特な淡い雰囲気が根付いています。本作の根源に存在するかと思われる「Love Letter」を見れば、本作の展開、仕掛け、そしてとある登場人物たちに、このうえない共感と懐かしさを感じられるはずです。これら岩井俊二作品の魅力を十分に引き継いだ今作は、神木隆之介や広瀬すずといった瑞々しいキャストを迎えながらも、それが決して軽い若者の恋物語に終始しない、見事なまでに重層的なストーリーの構築に成功しています。人生のどこかに、何か大切な忘れ物をしてきたことを思い起こさせるような感覚、誰にでも感じられるそのような淡い憧憬を呼び起こし、それでいて最後には手紙の朗読から長閑な田舎の風景へとシフトしていくその見せ方は、もはや芸術としか形容できません。良い作品、美しい物語を欲する人には、このうえなくオススメしたい一作です。

 

60代男性
60代男性

おだやかな気持ちで泣ける素敵な物語でした。最近はピュアな純愛物の映画が、沢山出て来ていますので、嬉しい限りです。ピュアな映画はやはり、劇場の大画面で観ると本当にのめり込みますので良いですね。つまり、ある意味毎日の雑念を無くして、気持ちを少年のようにして大画面を観ると、作品の制作者たちの熱い思いがビンビン響いてきて、たった一言でさえ、涙をこらえきれなくなったりしますが、これがピュアな映画の醍醐味です。そもそも初恋がテーマですから、観る側もそれなりの心構えで観ると、様々な感情が湧き上がって、ジェットコースターに乗っているような気分になることもあります。この映画の手紙は、物凄く人の人生を左右します。ある時は納得したり、ある時には違和感を持ったりしました。たとえば、違う人が手紙を書いたりするという設定は、とても気になりました。松たか子しかり、娘役の広瀬すずもそうです。それでも、ちゃんとつじつまが合ってきて、最後にはそれぞれの初恋に終止符が打たれて、また新しい世界に過去を抱えながら前進して行きます。物凄く作り込まれたストーリーですが、最後の完結が見事としか言いようがありません。一番の感動の場面は、すずちゃんが自転車に乗ってきて、神木が初めて彼女を見た瞬間です。恋に落ちる瞬間というのは、やはりその人が持つ波動の魅力であると改めて思いました。すずは過去と現在2役やるわけですが、まさにすずの世界の爆発でした。

 

40代女性
40代女性

『ラストレター』は岩井俊二監督の作品で、あの傑作映画「ラブレター」の現代版と言えるような物語でした。ラブレターが大好きな私は、ドキドキ&ワクワクしながら映画館に足を運びました。最初のシーンから、ザ・岩井ムービーといった感じで、ああ、やっぱり観にきて良かった!と思わさてくれるんです。こんなロマンチックな映画を撮れる監督は日本に彼以外思いつきません。それぐらい、甘酸っぱい青春映画を彼は作り続けてくれるんです。本当に大好きな監督です。中でも印象に残っているのは、松たか子と福山雅治の会話でしょうか。お互い何十年の時を重ねて再会し、それぞれ別の人生を歩んできた二人が過去を振り返りながら会話をするシーンが何度かあります。人はたとえ離れたとしても、縁があればまたいつか会えるんだ。生きている限り。自分の人生とシンクロさせながら、私もグッと感情移入してしまったシーンでした。苦しい思いをするのなら、出会わなければ良かったのにと思うこと、誰しもあると思うんです。でも、きっと何かを経験するため、感じるために、その出来事は起こるべくして起こった。この映画を観て、私はそう思うようにしようと強く感じました。意味のない出会いなどないのだと…。『ラストレター』は、大切なことを気づかせてくれた、私にとって宝物みたいな映画です。

40代女性
40代女性

青春の恋物語において定評のある岩井監督ですが、『ラストレター』を鑑賞し、定評どころかこの手の演出において右に出る者はいない!と実感した岩井ファンの一人です。初めて恋をした時の初々しさ、ちょっとした交流だけで胸が躍ったピュアさ、好きな人の好きな人が自分の身近な人だったという切なさ…。それら全部が見事に詰まった作品で、ドキドキワクワクさせられながらも、痛烈に胸がチクチクともなりました。鏡史郎が美咲と初めてまともに対面する場面では、スローモーションと俯瞰映像を駆使し、まさに恋の始まりを表現していて、まるで自分が恋をしたような感覚に。あの演出は下手にやると、ただ大げさでわざとらしくなってしまうはずですが、ロマンチックの旗手・岩井監督が手掛ければ、恋の名シーンになるわけです。この場面を見ただけでも、かなり満足でした。一方で青春時代の恋はキラキラと輝いていた反面、その後の人生模様は人間の悲しい部分がくっきりと描かれており、これが人生だよな…と実感しました。終盤では予想外に、涙もポロポロと(泣)。手書きの手紙という昔ながらのツールを使って、過去と現在、人と人とが繋がっていく光景は、岩井監督ならではの美しい表現ではないでしょうか。ロマンチックでありながら、リアルな人間ドラマを求めている人に見てほしい作品です。

 

50代女性
50代女性

いまはもうどこにもいない美咲。その存在に捕らわれているかのような裕里と、そして乙坂。大人になった美咲…苦労を重ねた上に病気で亡くなったという彼女の姿を描かないことで、この物語にはどこかファンタジーのようなテイストが漂っていました。青春時代の幼かった恋に囚われた大人たちの姿と、かつての美咲にそっくりなその娘・鮎美の存在がリンクしていくことで、古い記憶が昇華され、ようやく次のステップに踏み出せるのかもしれない、という予感がしました。とはいえ、乙坂はもう十分に足踏みし尽くして枯れてしまっているかのようではありましたが。せめてもの救いは、鮎美の素直さと、その心根の優しさが滲み出るような笑顔でしょうか。その存在があって、初めて、乙坂は自らの恋をきちんと振り返り、終わらせることができるような気がします。仙台の街のもつ透明感のある空気がとても美しく、乙坂を、そして裕里を優しく包み込んでいるかのような情景が素敵でした。岩井俊二監督が紡ぎだしてきた数々の作品の末にこの映画があるのです。まるで、過去作に対して自ら返事を書いたかのような、素敵な物語。観終わったとき、自分の人生を振り返ったかのような不思議な感慨にとらわれるかもしれません。

30代男性
30代男性

「Love Letter」「スワロウテイル」などの話題作を手掛ける岩井俊二監督の映画ということで気になって観てみたところとても素晴らしい作品でした。監督の出身地でもある宮城を舞台としており、手紙の行き違いから始まった二つの世代の男女の恋愛模様を描き、それぞれが人間として成長していく姿を見ることが出来る純粋なラブストーリーになっています。姉の死の後に送られてきた同窓会の案内に気づいた裕里は姉である未咲の死を告げる為に同窓会へと参列しまうが、なんと姉と勘違いされてしまいそこで初恋の相手であった鏡史郎と出会いそこから文通をすることになります。姉のふりをしながら手紙を続ける裕里は申し訳ない気持ちと初恋の想いでとで複雑な心境でどうなっていくの最後まで楽しく見ることが出来ました。主演の裕里を演じる松たか子はじめ、学生時代の未咲役に広瀬すず、その他にも豊川悦治・神木隆之介など実力派の俳優ぞろいでそこらへんも見どころの一つですね。姉の死を知らせるために同窓会に行くっていうのも中々珍しいことですが、そこで成りすまして初恋の相手と文通を始めちゃうなんて携帯電話が主流の今、中々珍しい恋愛模様でなんだか懐かしい気持ちになります。

 

まとめ

『ラストレター』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました