LDKひとつ屋根の下(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』予告【3.21(木・祝)公開】

LDKひとつ屋根の下(映画)の動画フルを安全に見る方法

『L DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『L DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

LDKひとつ屋根の下(映画)の内容

映画『L DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は、渡辺あゆによるマンガの映画化第2弾として、2019年3月21日に公開されました。

第1弾は、2014年4月に西森葵役に剛力彩芽さん、久我山柊聖役に山﨑賢人さんが出演し大ヒットとなりました。第2弾の『L DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は、西森葵役に上白石萌音さん、久我山柊聖役に杉野遥亮さん、第1弾には登場しなかった久我山玲苑役に横浜流星さんが出演しました。

第1弾は、女子高生の西森葵が学校一のイケメン久我山柊聖と同居することから始まるラブストーリーでしたが、今回の第2弾『L DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』では、柊聖のいとこ・久我山玲苑が登場し3人での同居がスタートします。

キャストが最高。
きゅんきゅんするし、登場人物の葛藤なども感情移入して見れました。

1作目が好きで2作目は横浜流星くんに釣られて見に行きました。軽率にキュン死しました。ちょいちょい笑ってしまいましたが(笑)玲苑もかっこよかったけど、やはり柊聖が優勝でしたね。葵は本気で可愛すぎた。あと、エンドロールの流星くんが神でした。映画はエンドロールありきです。最後まで見た方がいい。

杉野遥亮くん、あんまり知らなかったけど良かったよ。
主題歌は上白石萌音が歌ってるんだね。上手い。

山崎賢人くんのイメージが強すぎて中々手を出していなかった作品。意外と良い。
ここのカップルはちょい気の強い女子に振り回されつつその子溺愛彼氏っていう意外と居るよね!っていうタイプのカップル!
王道の取り合い展開 みたいなのもいいですね、原作未読でも前作未視聴 でも楽しめる!

王道のラブストーリーで胸キュンして見られると好評ですね。しかし、映画を鑑賞した人の中にも酷評する人もいるようです。

昔はこういう感じの映画にキュンキュンしてたけど、
年取ったからかな〜。キュンキュンしなくなったなぁ〜。
子どもっぽく感じてしまった。(笑)

気になるところが多すぎて話に集中出来なかった

 

少女漫画が原作だから当たり前だけど、アラサーの私には内容に現実味がなくてこんな展開ありえないなぁと何度もつっこみたくなった。高校生の頃の私ならおそらくキュン死していたであろう。

女子高生のキラキラとしたストーリーに現実味がなく、年齢を重ねた人にとっては子供っぽくみえたようですね。他にもキャスティングについて、上白石萌音さんがパッとしないとか、横浜流星さんはドラマ”はじ恋”の無敵ピンクのイメージが強いなどのコメントも多くありました。

あらすじ

女子高生の西森葵(上白石萌音)は、学校一のイケメン久我山柊聖(杉野遥亮)と内緒で交際し、秘密の同居生活を送っています。

同居生活もますますラブラブになってきていた頃、柊聖のいとこの久我山玲苑(横浜流星)がアメリカから帰国。玲苑は柊聖をアメリカの大学に誘っていましたが、柊聖が付き合っている彼女がいるからアメリカには行かないと断ります。

アメリカに連れて行くため葵や柊聖の高校に転校し彼女を探す玲苑。そして、柊聖の家にいる葵が彼女だと知ります。玲苑は、「葵を平凡な70点の女」と評して認めようとしません。柊聖の発案で葵の良さに気づくまでと3人での同居が始まります。

見どころ

パワーアップした”壁ドン”

”壁ドン”の火付け役となった第1弾『L♡DK』の第2弾とあって”壁ドン”もパワーアップ!原作通りの名シーンがちりばめられていて、「あごクイ」や、壁ドンの合わせ技「ハイブリッド壁ドン」など胸キュンシチュエーションでドキドキが止まりません。

2人のイケメン

久我山柊聖役の杉野遥亮さん、久我山玲苑役の横浜流星さんの2人のイケメンと、西森葵(上白石萌音)の視点で同居生活を妄想できるのも魅力のひとつです。

主題歌「ハッピーエンド」

上白石萌音さんが歌っている主題歌「ハッピーエンド」は、柴咲コウさんやAimerなどをプロデュースしている、andropの内澤崇仁さんが、映画を見て歌詞を書き下ろしています。

上白石萌音さんがこの映画で初めてのキスシーンがあると聞いていたので、葵の思いを入れたそうで映画をさらに盛り上げてくれる楽曲です。

スタッフ

原作:渡辺 あゆ
監督:川村 泰祐
脚本:江頭 美智留
音楽:遠藤 浩二

キャスト

西森 葵(上白石 萌音)

高校3年。素直で明るく、正義感の強い女子高生。彼氏の柊聖と同棲中。

本名:上白石 萌音(かみしらいし もね)
年齢:1998年1月27日生まれ
血液型:AB型
身長:152cm
出身地:鹿児島県鹿児島市
【代表作】映画「舞妓はレディ」「ちはやふる」、ドラマ「恋はつづくよどこまでも」

久我山 柊聖(杉野 遥亮)

学校一のイケメンで成績優秀、スポーツ万能。ツンデレな葵の彼氏。

本名:杉野 遥亮(すぎの ようすけ)
年齢:1995年9月18日生まれ
血液型:O型
身長:185cm
出身地:千葉県
【代表作】映画「キセキ -あの日のソビト-」「羊とオオカミの恋と殺人」

久我山 玲苑(横浜 流星)

柊聖のいとこ。アメリカで生まれ育つ。イケメンだけど口が悪い。

本名:横浜 流星(よこはま りゅうせい)
年齢:1996年9月16日生まれ
血液型:O型
身長:174cm
出身地:神奈川県横浜市
【代表作】「烈車戦隊トッキュウジャー」、映画「キセキ -あの日のソビト-」、ドラマ「初めて恋をした日に読む話」

久我山 草樹(町田 啓太)

柊聖の兄。葵に手を出したこともあったが今は二人を応援中。

本名:町田 啓太(まちだ けいた)
年齢:1990年7月4日生まれ
血液型:O型
身長:181cm
出身地:群馬県吾妻郡東吾妻町
【代表作】映画「jam」、ドラマ「女子的生活」、大河ドラマ「西郷どん」

渋谷萌(高月彩良)

葵の同級生で、同性の秘密を知っていいて何かとサポートする。

本名:高月 彩良(たかつき さら)
年齢:1997年8月10日生まれ
身長:168cm
出身地:神奈川県
【代表作】映画「人狼ゲーム クレイジーフォックス」「翔んで埼玉」

佐藤亮介(堀家一希)

柊聖の幼馴染で、今は萌の恋人。

本名:堀家 一希(ほりけ かずき)
年齢:1997年11月21日生まれ
身長:170cm
出身地:岡山県
【代表作】ドラマ「初めて恋をした日に読む話」「俺のスカート、どこ行った?」

 

登録時にもらえる600ポイントで
今すぐ見れます!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

LDKひとつ屋根の下(映画)の感想

40代男性
40代男性

この映画を見ようと思った人の半分以上は横浜流星目当てだと思います。たしかに、秀才役も不良役も難なくこなしますし、何といってもかっこよいですね。多くの人の目当てになる理由は良くわかります。しかし、私は上白石萌音目当て。上白石萌音さんは可愛く、良い意味でも現実に居そうな可愛らしさがあります。、とても親近感を持てる存在ですし、適役だなと思いました。4日会えないのも嫌なのに、4年も会えないなんて…みたいなセリフ、言われてみたいですね。しかも、この映画の演技だけを考えてみれば、実力派ともいえる上白石萌音さんが居なかったらどうなっているだろうと思うほど、男性陣の演技力はひどかったですね。実際、横浜流星の演技については、ちょっとオーパーアクションで、下手です。ただ、この人の演技を期待してみている人も少ないのかと思いますし、それならそれで許されるのでしょう。ストーリー的には、設定上あり得ないことたくさんありますし、突っ込みどころも多くありつつも、こういうちょっとくだらないけど真剣な恋愛映画も良いかと思いました。最近の恋愛映画は病気や死別などが多いので、この作品はその点では安心して観ることができて、ハッピーエンドで良かったです。

20代女性
20代女性

これがまさに青春!といった内容で、キャストもの横浜流星くんや杉野遥亮くんがかっこよすぎて二人の演技にはきゅんきゅんしました。葵役の萌音ちゃんもとっても可愛くて演技は上手だったし他の方の演技も棒読みで演技している方などはいなくてとても演技力は良かったと思います。流星くんと遥亮くんに囲まれて2人に思われている萌音ちゃんが羨ましくて自分自身も葵役になってイケメンに思われてちやほやされたいと思ってしまいました。ですが、やっぱりこういう手の映画は原作の漫画を読んだ後に映画を観るとストーリーが何か物足りなくて、漫画ではここがこういう風に描かれているのに!とかカットされてしまっている箇所を観てしまうと色々考えてしまう所も多々あったので内容は少し薄いところもありあまりきゅんきゅんせず残念な感じでした。内容が薄いなと感じたところとしては、修聖がアメリカの大学に行きたい理由やそれを応援できない葵に対してもなんだかうーん。と思ってしまうことがあって、なんとなくうっすい映画だなと、せっかくキャストは良い感じなのにストーリーや設定で面白味を削ってしまっていて勿体ないなと思ってしまいました。2回目にまた観たいとは思えない映画でした。

20代女性
20代女性

上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星が好きで、胸キュンストーリー好きな人にはたまらない映画でした。上白石萌音ちゃんの前髪ぱっつんがすごくかわいらしくて、本当に女子高生に見えました。萌音ちゃんの身長が低くて、特に杉野くんは高身長なので、2人のキスシーン、壁ドン、ハグは、身長差がありすぎて演技がしづらそうだなと思って見てしまいました。流星くんと萌音ちゃんの身長差はほどよかったです。イケメン2人の上裸姿、頭ポンポン、壁ドンなどなど色々なシーンが均等に描かれていたので、どっち派でも楽しめました。個人的には、杉野くんの完璧で紳士で優しいイケメンよりも、流星くんの、不器用で強引だけど次第に萌音ちゃんに惹かれていくイケメンのほうにキュンとしました。また、流星くんの眼鏡姿にキュンとしました。こんなイケメン2人と暮らすなんて絶対にあり得ないシチュエーションですが、そうなったらめちゃくちゃ毎日楽しいだろうなと思いながら見ていました。萌音ちゃんはめちゃくちゃな美人ではないので、見ている女子は、自分に置き換えたときの共感がしやすいなと思います。萌音ちゃんは正義感が強くて心優しい役でしたが、演技している感じがあまりなく、違和感がありませんでした。杉野くんと流星くんの撮影のシーンはよく意味が分かりませんでした。

 

30代女性
30代女性

ひょんな事から葵(上白石)と柊聖(杉野)の同居が始まった。互いに引かれあい、二人は付き合うことになり、甘く幸せな同棲生活を送っていた。でも友達にも親にも内緒。葵と柊聖が少しずつ距離を縮めていた矢先、柊聖の従兄弟の玲苑(横浜)が柊聖を取り戻しに日本にやって来た。二人の同棲を知り、柊聖には相応しくないと邪魔しにやってくるが葵のおっちょこちょいで健気な所に惹かれてしまい、三角関係が。3人の言いたくても言えない心の内を、もやもやさせながら見いってしまいました。漫画を見ていたので内容はだいたい分かっていましたが、ドキドキ、キュンキュンな所と、思い通りにいかないもどかしい所に、最後までハラハラしちゃいました。上白石さんは表現がすごく上手でついつい応援したくなる、そして途中からすごく可愛く見えてくる所にも是非注目してほしいです。杉野君の役はカッコいくクールだけど、自分に正直になれないところがもどかしかった。お薦めは横浜くん、最近ずっとドラマに出演多いだけあって、いろんな表情が上手くそしてキュンと来る演技にも是非注目、良きライバルを演じてます。3人の同居生活どんな展開になるか是非たくさんの人にドキドキして欲しい作品です。

20代女性
20代女性

とにかく、思わず泣いてしまう、切なく、ドキドキもする作品でした。初めは好きでなかった人が同じアパートの隣人で、それがまさかのハプニングで同居するときになってという、漫画だからこその展開は鉄板ですが、見ている側のドキドキも止まらないです。また、その同居を隠さないといけないのもスリルが満点でドキドキします。イケメンと同居していたら、どんな女の子だって、知らないうちにドキドキしてしまうのが当たり前ですね。自分の頭の中でどんどん妄想が進んでしまいます。一緒にいる時間が長いからこそ、お互いの大切さや良いところに気づけなくなってしまい、それを失いかけて始めてきたからこそ気づいて、心を取り戻そうと必死になってみたりと、同棲している今のパートナーの大事さを改めて考えてしまいました。必死になって、恋をして、一緒にいる時間が宝物で、お互いの貴重さについて思い知って、、とそうやって、私も今の彼とちゃんと愛を育みたいと、少女漫画のストーリーで心が動きました。原作を知らなかったからこそ、初めて見たときは、感情移入が激しくなってしまい、思わず泣いた作品です。甘酸っぱい青春を過ごして来なかったからこそ、高校の時に恋をしたかったです。

50代女性
50代女性

山崎賢人くん、剛力彩芽さんの映画、「LDK」の続編です。イケメンで秀才の久我山柊聖(杉野遙亮くん)と、ごく普通の女の子・西森葵(上白石萌音さん)は恋人同士で、学校には内緒で一緒に暮らしています。そこへアメリカから柊聖のいとこの久我山玲苑(横浜流星)が転校してきます。そして、2人を別れさせようと一緒に暮らし始めます。玲苑もイケメンで当然英語が話せて、時々日本語に英語が混じったりして。こんなかっこいい二人の男子と一緒なんて、みんなうらやましくなるでしょう。始めのうちはあまりに普通な葵を認めないと言っていた玲苑も葵にひかれるようになり、だから、「スキがふたつ」なんですね。きっと見ている女の子は、杉野くんと流星くん、どっちがいいとか友達同士で話すのでしょう。2人ともかっこいいだけでなく、成績優秀です。柊聖はアルバイトもしているし、玲苑も恵まれた環境ながら将来について悩みがあるみたいです。上白石萌音さん、ドラマ「恋はつづくよどこまでも」でもドSな天童先生と幸せになっていましたが、こちらもモテモテです。付き合い始めの柊聖はドSだったのに、優しくなってたみたいです。杉野くんと萌音ちゃん身長差がすごくてかわいいです。3人で歯を磨いてる姿が何とも言えずいいです。しあわせな気持ちになれる映画です。

50代男性
50代男性

見る前に分かっていることでしたが、これはいい歳をしたオジサン向けの映画ではありませんでした。横浜流星さんや杉野遥亮さんが好きな女子向けに作られた作品です。それなのになぜ私が見たかと言いますと、ひとえにヒロインの上白石萌音さん見たさからであります。なので「隠れ彼女ファン」のオジサンたちにはぜひ見てもらいたいいう想いから、今回レビューを書こうと思いました。上白石萌音さんの魅力は、その「どこにでもいそう」な「普通感」にあります。そして、一緒にいるとだんだんと魅力が分かってくるという「遅咲きな魅力の伝わり方」を自然に演じられる稀有な女優さんであります。映画自体は青春そのものをドストレートに描いていて、原作はマンガでもあるので非現実的な展開についていけなくなりがちでしたが、私のような50過ぎのオジサンには胸が見ていて苦しくなるような、妙な「ドM」心を刺激されることとなりました。気恥ずかしいセリフの応酬に、こそばゆくなりながらも我慢してラストまで鑑賞しました。キュンキュンはオジサンでも充分しました。特に横浜流星くんはカッコいいです。男でも惚れてしまいます。脳内が束の間修学旅行したような、不思議な感じがした映画でした。

20代女性
20代女性

同じ高校の同級生2人が突然同じ部屋で暮らすようになって、それまで全くお互いを意識していないふたりが、意識をしはじめて、至近距離や相手の意外な一面を知って、ドキドキの毎日をすごすシーンがとてもキュンキュンしました。2人が一緒に住んでいることを周りにバレないようにするシーンも、とても面白く楽しいシーンでした。マンションの住人などとの交流も楽しく、主人公たち以外の恋愛もきになるし、応援したくなる映画でした。主人公の女の子を好きな年上のひともいて、その人が切なくなったり期待したり、登場人物のことを大事にしているのが見ていて、とてもよくわかり羨ましいととても思いました。いろいろな2人の中をかき回す登場人物がでてきて、2人に溝ができたりすれ違いや勘違いなどしますが、やっぱり2人はお互いが特別だとわかり最後にくっついてくれてハッピーエンドのこの物語がとても好きです。主人公が泣いているときの涙につられ泣きをしてしまったり、見ているこちらも感情が溢れ出してしまうシーンがとても多かったです。なによりもたくさんのシーンにドキドキしたりキュンキュンしたり、とにかくこういう恋愛がしたいなと思える物語の映画でした。

 

まとめ

『L DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

上白石萌音のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 怪談牡丹燈籠
  • 記憶捜査~新宿東署事件ファイル~

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました