L デスノート(実写映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
L CHANGE THE WORLD – Trailer

L デスノート(実写映画)の動画フルを安全に見る方法

『L change the WorLd』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『L change the WorLd』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

L デスノート(実写映画)の内容

映画『L change the WorLd』は、2008年2月に公開されました。

本作は、2006年に公開された「DEATH NOTE」のスピンオフ作品で、天才・Lの最期の23日間を描く完全オリジナルストーリー

監督はホラー映画「リング」などを手掛けた中田秀夫監督、脚本は小説家でもある小林弘利さんが担当しました。

主演のLには、松山ケンイチさんが続投され、そのほか工藤夕貴さん、平泉成さん、高嶋政伸さん、鶴見辰吾さんなどが共演し、「DEATH NOTE」から夜神月役の藤原竜也さん、弥海砂役の戸田恵梨香さん、ワタリ役の藤村俊二さん、そして、リュークの声を中村獅童さんなども少し登場します。

 

Lのファンやデスノート映画ファンには面白い作品だと思う。血が出て死んでいく姿が生々しかった。さすがホラー映画の監督作品!ラストシーンはスッキリするけど切なさが残った。

全体的には良かったのですが、FBI捜査官のナンチャンの役に疑問が。演技も気になっちゃった。他の俳優陣たちはとても良かった。

工藤夕貴演じるKを改心させるLの説得や、ニアに語りかけるところとか、Lのセリフが結構良かった。

Lが主人公なのに頭脳戦、心理戦がなくて、Lが必要だったのかと思った。賛否あるけど、シリーズファンが憤るのも無理ないかな。
やっぱり「デスノート」は、デスノートと死神がないとなと思った。

あらすじ

L(松山ケンイチ)の究極の選択によって、世界を震撼させたキラ事件は終結しましたが、同時にワタリ(藤村俊二)を失いました。事件の終結と引き換えに残されたLの最期の23日間。Lは、残りの時間をかけて世界中の難事件を1人で解決していきます。

タイのある村で新型ウイルスによるバイオテロが発生。事件の証拠隠滅のため某国は村を爆撃し焼き払いました。そのウイルスはインフルエンザのような流行性とエボラウイルスくらいの致死率の恐るべき物でした。

この事件で生き残った少年・BOY(福田響志)がLのもとに尋ねてきます。また、同じ頃、ワタリに託される予定だったウイルスを携えた少女・真希(福田麻由子)もやってきます。

Lは、人類削減計画を掲げる環境保護団体「ブルーシップ」が関わる事件の解決に動き出します。

見どころ

Lのファン必見

本作のタイトルは『L change the World』です。直訳すれば、”Lが世界を変える”ですが、Lも変っています。

演じたのは「DEATH NOTE」から続投の松山ケンイチさんで、演じる役者は変わりないのですが、本作は、前作と全く違う事件に向き合うLということで、違った見せ方になりました。

この変ってしまったLに、「DEATH NOTE」ファンからは酷評が多くあるようですが、Lという1人の人間をどうすれば、より深く見せられると考えられて出来上がった本作のキャラクターです。「DEATH NOTE」とは変ったLを堪能できます。

子供が苦手なLが、本作では子供たちになつかれて困惑したり、無類の甘党だったことも発覚したり、自転車に乗ったり、普段猫背のLが、背筋を伸ばしたりと、残り23日間の命を全うするLの様々な表情は見どころです。

FBIのナンチャン

ウッチャンナンチャンの南原清隆さんは、FBI捜査官というLと行動を共にする役柄で出演しています。このナンチャンの役も評判があまり良くありません。鑑賞コメントには、江口洋輔をマネしたつもり?なんて声もちらほら。

ナンチャンは、Lが元々好きだったそうで、オファーがあり、ラッキーと思ったとか。FBIってことで、綺麗に演じようとしたようですが、ナンチャン曰く、ルパンの銭形警部みたいになってしまったそうです。そんなナンチャンの江口洋介風銭形警部(?)にも注目してみて下さいね。

スタッフ

監督:中田秀夫
脚本:小林弘利
音楽:川井憲次

キャスト

L(エル):松山ケンイチ
世界中の難事件を解決してきた名探偵。

K(ケイ)/久條希実子:工藤夕貴
アジア感染症センターの研究員で二階堂公彦の助手。

二階堂真希:福田麻由子
公彦の娘。

松戸浩一:平泉成
ウイルス学の研究者。

BOY:福田響志
タイで起きたバイオテロ事件の唯一の生き残った少年。

F(エフ):波岡一喜
タイのバイオテロ事件調査中にBOYを保護する。

ワタリ:藤村俊二
Lの代理人。

二階堂公彦:鶴見辰吾
アジア感染症センター所長。

的場大介:高嶋政伸
人類削減計画の首謀者。環境保護団体・ブルーシップのメンバー。

【環境保護団体・ブルーシップのメンバー】
加賀見シン:石橋蓮司(所長)
小西朝夫:正名僕蔵
吉沢保:金井勇太(新入り)
三沢初音:佐藤めぐみ

【FBI捜査官】
駿河秀明:南原清隆(ウッチャンナンチャン)
南空ナオミ:瀬戸朝香(友情出演)
レイ・イワマツ:細川茂樹(友情出演)

【友情出演】
弥海砂:戸田恵梨香
松田桃太:青山草太(登場シーンがすべてカットされているのでクレジットのみ)
佐々木:田中要次(真希を乗せたタクシー運転手。)
リューク:中村獅童(声)
夜神月:藤原竜也(TV画面の映像のみの登場)

【そのほか】
諏訪太朗、柳憂怜、小市慢太郎、谷津勲、安部賢一、村田尚史、桂ゆめ、津村和幸、蒲生純一、
舩木壱輝、川野直輝、秋本裕介、久松信美、古澤裕介、棚橋幸代、NIC WRITTE、
ELODIE ATTIAS、SOMPRONG PINSUWRAN、SAYCHON SRICHAROEN、
豊田順子(日本テレビアナウンサー)

 

『L change the WorLd』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

L デスノート(実写映画)の感想

 

20代男性
20代男性

原作のdeath noteが好きだったので映画の方も気になり視聴しました。なかなか面白かったです。原作にはないオリジナリティがあり原作に忠実かと聞かれると少し違うとは思いますが、death note外伝としてはとてもいい作品だったと思います。death noteは名前を書くだけで人を殺せる死神のノートを拾った主人公の夜神月がノートを使い世界を変えていくという話ですが、今回の映画の主人公はストーリーに出てくるもう一人の主人公Lが主役の話になっています。Lという人物は驚異的な観察力と推理力で難事件をいくつも解決に導いた名探偵です。対する主人公の夜神月も驚異的な頭脳の持ち主でこの二人の掛け合いがdeath noteの醍醐味と言ってもいいかもしれません。しかし、今回の作品では夜神月は出てこないので夜神月vsLが見たいという人にはおすすめできないかもしれません。しかし原作には描かれなかったLという人物像が描かれていて原作ファンであれば見て損はない作品かと思います。なによりL役の松山ケンイチさんがめちゃくちゃハマっていて、演技もさながらまさに実写版のLです。この演技を見るだけでも価値はあると思います。近年の漫画実写化は大いにコケていますが、death noteに関しては珍しく成功した作品だと思います。

50代男性
50代男性

映画「DEATH NOTE」のスピンオフですが、すでに「DEATH NOTE」を見ていて「L」という人物が気になったという人ならば絶対に見るべきだし、もしまだ見ていないのならば、先にこれを見たら絶対にそちらも見たくなる映画です。やはり松山ケンイチさんの怪演ぶりが印象的です。松山さんは身長180センチと大柄ですが、この「L」という役ではわざと猫背にして、あえて小さく見せることで身体的な存在感を減らすことで、逆に「L」らしさをうまく作り上げています。独特の所作も原作の雰囲気を取り入れながら、更に拡張して、これぞ「L」という形を表現しています。芝居は肉体表現だというのがよくわかる名演技だと思います。内容は「DEATH NOTE」によって自ら選んだ死までの間に、バイオテロを解決するという話ですが、死が確定している「L」だからこそ、BOYこと後のニアに未来を託した気持ちが伝わってきます。どこか達観した感じのある「L」ですが、この事件で彼の人間性がよくわかります。また敵役として工藤夕貴さんと高嶋政伸さんが異様な存在感を見せてくれます。もちろん「DEATH NOTE」に出てくるキラ、ミサミサ、リューク、ワタリらも少しだけ顔を見せます。スピンオフとして以上に単体の映画としても素晴らしい作品です。

 

30代女性
30代女性

映画デスノートで、主人公のライバルとして登場したエルの物語です。個性的なキャラクターですが、漫画からそのまま出てきたように松山ケンイチが演じていました。三白眼で目の下にクマがあり、猫背。甘党で、チョコやキャンディ、ドーナツなど、カラフルなお菓子をいつも食べています。コーヒーには角砂糖を大量投入します。そのおやつやコーヒーカップを、腕と肘を伸ばして親指と人差し指で摘みます。椅子には膝を立てて座っています。頭のきれる探偵として、デスノートの事件を解決しました。理詰めで考えて動く人で、感情的になることはありませんでした。目的のためであれば強引な手段も取る方です。そんなエルの、周囲の人間との心の交流が描かれます。代理人のワタリと呼ばれる藤村俊二さんとの関わりは、デスノートの時から見ているので、淡々としたシーンでしたが心打たれるものがありました。今回エルが解決を目指したのはバイオテロです。父を殺され、ウィルスを保有する少女福田麻由子と、タイで起きたバイオテロの村の生き残りの少年が、エルを頼ります。逃走を助ける過程で、エルと少女と少年が少しずつ心を通わせます。エルはそれまで探偵としては、犯人を捕まえることが目的だったように思います。今回は人を助ける、守るという要素が大きく、エルの心の成長が見れた気がしました。ずっと部屋で座っていただけのエルが、電車に乗ったり、自転車こいだり、動いている姿は少し異様でしたが、少女と少年を守るために動いている様子が伝わってきました。

 

20代女性
20代女性

映画『デスノート』の続編作品であることから、最初は怖い作品、頭脳戦中心の難しい内容なのかな、と思っていたのですが、思いの外癒し要素満載のほんわかシーン満載の映画で驚きました。ウイルスがらみのパニックシーンや、組織との攻防戦などはらはらする展開もある一方、事件の鍵を握る二人の子供と逃亡生活をする「L」にほっこりする時間も多いです。『デスノート』でも、お菓子を独特のつまみ方で食べたり、茶目っ気ある動きなどで人気を博した「L」ですが、この映画ではそんなシーンが盛り沢山です。純粋な子供たちに「なんで猫背なの」「お菓子ばっかり食べてる」と言われて、ちょっとしょんぼりするような「L」や、がんばって背筋を伸ばしてみようとする「L」など、『デスノート』からは考えられないほど人間らしく柔らかい表情の「L」を見ることができます。子供たちのために奔走する、活発な姿を拝めるのも、この映画の特徴です。事件解決のために頭脳を働かせ、子供たちを助けにやってくる「L」は、『デスノート』の天才「L」というより、一人の優しいお兄さん、といった雰囲気です。原作で登場した「ニア」という「L」の後継者に関するシーンも出てくるので、この部分を知っていると、よりわくわくが止まりません。ほっこりあり、涙あり、ハラハラあり、感動ありの、名作でした。

20代女性
20代女性

『L change the WorLd』はデスノートのLのお話を描いた映画です。この作品の好きなところはまず、松山ケンイチさん演じるLがアニメから出てきたかのような本物のLで、原作ファンでも何も違和感を感じることなく観れたところがまず好きなところです。動きや目線、一つ一つがLそのもで、Lがもってる特有の愛嬌みたいな部分まで松山ケンイチさんが見事に演じ切っていたところがすごいと思いました。そして、このお話はとにかくLが頑張るお話なのです。自分の命とワタリの死と引き換えにキラ事件に終止符を打ったLは残りの時間をかけて、一人で世界中の難事件を解決していました。Lは普段、机の前から動かず、頭脳だけ使って的確な判断をくれます。それでも十分頼もしいのですが、『L change the WorLd』でのLは頭脳だけではなく、体も張って人類を救ってくれます。作中の中のLはまさにヒーローでした。すごく感動したのを覚えています。そして、人類を救った後の最後のシーンがとても泣けました。Lは人類は救ったけど、デスノートに自分の名前を書いた為L自身は死を免れることはできません。見ている側はこれからLとお別れしなきゃいけないからお通夜状態だったのですが、当のL自身は何事もなかったように普段通り、飴を舐めながらフレームアウトします。最後までLらしくてすごく泣いたのを覚えています。

 

30代女性
30代女性

大ヒットした映画『DEATH NOTE』のスピンオフ作品。自らの名前をデスノートに書き込むことでキラに勝利した名探偵Lだが、デスノートに名前を書かれた者は23日後に必ず死ぬ運命を迎えてしまう。残された23日間に巻き起こるLの最後の事件が描かれています。『DEATH NOTE』ではLは椅子に座り周りに指示を出しながら天才的な頭脳でキラを追い詰めていく姿が印象的だったのに対し、と『L change the WorLd』では事件解決のためにLが自ら外に飛び出します。そして自ら動くことで人と接し、Lに人間らしさがでてくるところがこの作品の魅力だと思います。キラとの戦いのような頭脳戦を期待する方にはもしかしたら物足りなさを感じるかもしれませんが、『DEATH NOTE』では描ききれなかったLを知ることができる作品なので是非見て楽しんでほしいです。Lのファンの方はより一層楽しめるはずです。自分の余命がわかっていながら最後の事件に立ち向かう姿は素敵でした。その中で人とふれあうことのあたたかさを知りながら静かに自分の運命を迎えるLを松山ケンイチさんが素晴らしい演技力で表現されています。新たなLの姿を知れる楽しい作品であり、『DEATH NOTE』を知らなくても楽しめるストーリーになっています。

30代男性
30代男性

「デス・ノート」本編でキラと壮絶な死闘を繰り広げた世界的な名探偵のLが、本作品では主人公になって舞い戻ってきました。Lを演じている松山ケンイチは前作から引き続いて無表情で、実の親子のような絆で結ばれていたはずのワタリが亡くなった時にも涙ひとつ見せることはありません。残り僅かとなった自分自身の生命をも惜しむことなく、淡々と日々の仕事を片づけていく姿は完全無欠のサイボーグのようですね。いかなる事件の真相も一瞬にして見抜いてしまうLの、唯一の弱点が他人の心を理解することです。故郷を生物テロによって失ったタイ・バンナム村の少年、壮絶な死を遂げた父親の復讐に燃える少女・二階堂真希。行き場のないふたりと不器用ながらもコミュニケーションを取っていくうちに、少しずつLの胸の内にも人間らしい感情が宿っていく変化に注目してください。「脳を活性化させるため」といって四六時中甘いものを口にしている姿は相変わらずですが、ドーナツやポテトチップスが言葉の通じない異国の少年との触れあいに役立つアイテムになっているのも面白いです。前半はウイルスのパンデミックというタイムリーな話題で緊迫感を高めつつ、後半には空港を舞台にしたアクションも用意されているので楽しめますよ。

 

40代女性
40代女性

デスノートの映画版前編後編がとても良かったし、松山ケンイチさんの演じているLがストーリー展開を含めて原作のコミックを超えるほど非常に良かったので『L change the WorLd』は当時非常に楽しみにしていました。原作の方はLは頭も冴えてるし身体面ではテニスで月を圧倒すると言った文武両道で、出来が良すぎるにもほどがあるキャラクターで映画を見て読んだ身からするとガッカリでした。でもこの映画でのLは、優れた頭脳を持つが運動はからっきしではないがあまりいただけない事をK(久條希実子)が説明していて完璧キャラではなくてよりLに親しみを感じるものでした。演じている松山ケンイチさんが、Lがダッシュする様を無理がありそうな姿勢でやったとかで実際妙ちきりんな走り方でキモくて良かったです。目立たないように移動するため電車に乗るのですが、普通子供の方が電車ではしゃぐのが一般的だと思うのですが、Lが猿の様に静かにはしゃいでいてその有様が受けました。ウッチャンナンチャンのナンちゃんが駿河秀明として出ているのですが、映画でぼやく通り囮ばっかりやらされてお笑い芸人的キャラクター的で映画にいい味を出してるなと思いました。この後Lは死ぬのですが安心して逝く感じで良かったですね。

 

まとめ

『L change the WorLd』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました