海月姫(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
映画『海月姫』予告編

海月姫(映画)の動画フルを安全に見る方法

『海月姫』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『海月姫』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

海月姫(映画)の内容

映画『海月姫』は、2014年12月に公開されました。

原作は、「偽装不倫」や「美食探偵 明智五郎」や「東京タラレバ娘」なども手掛ける漫画家・東村アキコさんのベストセラー。2010年にはテレビアニメ化もされて、本作公開後の2018年1月からはテレビドラマとしても放送されました。

オタ女子ばかりが住人の男子禁制アパートに暮らすクラゲオタクの女性が、女装男子と育む不思議な友情を追い掛けていくストーリーで、極太三つ編みにメガネ姿のオタクなヒロインを演じたのは、連続テレビ小説「あまちゃん」で大ブレイクし、映画「ホットロード」で主演を務めた能年玲奈(現・のん)さん。本作公開後に事務所独立騒動があり、2016年に芸名を”のん”に改名しています。

女装男子役を演じたのは菅田将暉さん。ヒロインのオタ仲間役には、池脇千鶴さん、太田莉菜さん、篠原ともえさんなどが原作そっくりなキャラクターを怪演しています。

 

いや~、女装男子の蔵之助を演じた菅田将暉の美しさには驚いたなあ。

ここは映画版がいいな〜、こっちはドラマ版がいいな〜と配役やストーリーなどに比較しながら観てしまった。蔵之介の菅田将暉の体がきしゃできれいでした〜。存在感が圧倒的!能年玲奈ちゃんはピッタリ。

眼を見張るようなシナリオでもなく、ツッコミどころや安っぽい演出も多いけれど、テンポがよく欠点を覆い隠す勢いがある。これは脚本の力だと思う。素直に脚本家の力量に拍手したい

能年玲奈がこんなにも”可愛い”が似合う女優がいたのかと思いました。しかし、この話は横道それ過ぎというか、誰が主役なのかわからない!

あらすじ

男子禁制の古びたアパート「天水館」は、管理人の娘の和物オタク・千絵子(アジアン・馬場園梓)を筆頭に、三国志オタクのまやや(太田莉菜)、鉄道オタクのばんば(池脇千鶴)、枯れ専のジジ(篠原ともえ)と、クラゲオタクの月海(能年玲奈)が住むオタクパラダイス。全員独身で恋人なしの5人は「尼〜ず」を結成していて固い絆で結ばれています。さらに奥の部屋には、決して姿を見せない売れっ子BL漫画家の目白先生も住んでいて尼〜ずに“男子禁制”の人生訓を伝授しています。

月海は近所の熱帯魚ショップにいるタコクラゲを勝手にクララという名前を付けて勝手に可愛がっていました。ある晩、この熱帯魚ショップでひと悶着あったところをオシャレ女子に助けてもらいます。翌朝、目覚めた月海は部屋に泊ったオシャレ女子が蔵之介(菅田将暉)という女装男子だったことを知り驚愕します。

女装した蔵之介はその日以来、天水館に入り浸るように。しかし、オシャレ人間の存在にビビりまくった尼〜ずのメンバーは、完全に心を閉ざします。そこへ、蔵之介が最高級松坂牛を持参してくると、尼〜ずの態度が一変。

月海や尼〜ずたちと蔵之介が交流を深め始める中、天水館の取り壊しが決まってしまいます。

見どころ

尼~ずが誰だかわからない

鑑賞コメントにも多くありましたが、尼~ずのメンバーが誰だか分からない状態に。顔がちゃんと見える月海(能年玲奈)と千絵子(アジアン・馬場園梓)はギリわかりそうですが、まやや(太田莉菜)、ばんば(池脇千鶴)、ジジ(篠原ともえ)は、全くかわかりません。

目が隠れるほど長い前髪のまややを演じた太田莉菜さんは、本作の前には能年さん同様、映画「ホットロード」の綺麗な先輩・宏子を演じていて、役のギャップがスゴイ!ばんば役の池脇千鶴さんは、アフロヘアでこちらも長い前髪で目が見えず、誰だか不明。ジジを演じた篠原ともえさんは、目は見えるけれど、誰だかわかりません。

ちなみに、蔵之介演じる菅田将暉さんは、女装していますが、本人だとわかります。しかし、菅田さんはこの役のため、10kg減量したそうなので、少しは違って見えるかもしれません。

クラゲドレス

劇中のファッションショーで登場するキュートなクラゲドレスのデザインとスタイリングは、きゃりーぱみゅぱみゅや椎名林檎さんなどの衣装デザインで知られる飯嶋久美子さんが手掛けています。

スタッフ

原作:東村 アキコ「海月姫」
監督:川村 泰祐
脚本:大野 敏哉、川村 泰祐
音楽:前山田 健一
ドレスデザイン・スタイリスト:飯嶋 久美子
主題歌:SEKAI NO OWARI「マーメイドラプソディー」

キャスト

倉下 月海:能年 玲奈
主人公。クラゲオタク。

鯉淵 蔵之介:菅田 将暉
気の強い女装をした男性。大物政治家の鯉淵慶一郎の愛人の子。

ばんば:池脇 千鶴
鉄道マニア。天然パ。まややと仲が良い。

まやや:太田 莉菜
団塊ジュニア世代。三国志おたく。身の回りのものや人間を三国志の登場人物に当てはめる。

ジジ:篠原 ともえ
枯れ専。地味。

千絵子:馬場園 梓(アジアン)
天水館の管理人代行を務める。着物好き。市松人形を収集。

鯉淵 修:長谷川 博己
蔵之介の異母兄。父親の政治秘書を務めている。女性が苦手。

鯉淵 慶一郎:平泉 成
修・蔵之介の父親。

花森 よしお:速水 もこみち
鯉淵家の運転手で、修の幼なじみ。

熱帯魚店店員:中村 倫也
月海行きつけの熱帯魚店員。

稲荷 翔子:片瀬 那奈
天水地区の再開発を計画しているデベロッパーの女性。

柏木:内野 謙太
手段を選ばない稲荷に翻弄される彼女の部下。

 

『海月姫』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

海月姫(映画)の感想

20代女性
20代女性

少女漫画が原作の、実写映画です。オタクの女子たちが一緒に暮らし趣味を共有している家では、突然立ち退きを言われてしまいます。それをきっかけに、彼女たちは自分の居場所を確保するために奮闘します。海月の絵と女装男子蔵之介のアイデアで、皆はクラゲのドレスをつくり、ファッションショーを行うことを決意します。クラゲのドレスは独創的ながらとても可愛いものでした。オタクたちである彼女らにはそれぞれ得意分野があり、力を合わせて頑張る姿が印象的でした。またオタクゆえのマニアックな知識も面白く、皆キャラクターが際だっていました。部屋の中にはそれぞれがコレクションした物たちが集まり、見ていて面白かったです。一からオリジナルのドレスを作る難しさを度々感じながらも、オタク女子のアイデアや技術と、蔵之介の行動力で物語は良い方向へ向かっていきます。最後のファッションショーは一番の見せ場でもあります。また、彼女たちは家の立ち退きを防ぐことができるのか、努力はどういった形で実るのかが見所です。目標に向かって日々努力し、チームワークを大切にする姿に感動させられる映画です。海月と蔵之介の恋愛模様も、進展はあるのかないのか、最後まで気になるところです。

50代男性
50代男性

東村アキコの同盟人気少女コミックの映画化。その当時にNHK朝ドラ「あまちゃん」に人気絶頂だった能年玲奈を主演に迎えて実写化しました。鹿児島からイラストレーターを目指して上京した倉下月海は幼いころからクラゲに憧れるクラゲ命女子。彼女住むのは、鉄道オタクや三国志オタクなどオタク女子集団「尼~ず」が暮らしているオタクの巣窟と化した男子禁制のアパート「天水館」。彼女たちは男を必要としないことをモットーに、それぞれのオタク道を極める生活を送っていました。極度の人見知りのオタク女子、倉下月海を演じる能年玲奈はまさに適役で三つ編みメガネがかわいらしいキャラクターです。恋やお洒落に縁のない特殊な環境の中でもそれなりに楽しく暮らしてした倉下月海は、ある日、一人の美女と出会います。なんとそれは女装した男子である鯉淵蔵之介でした。全く美女にしか見えない鯉淵蔵之介を演じるのは、今をときめく若手実力派人気俳優の菅田将暉。その美しい女装ぶりは一見の価値ありです。ストーリー展開は倉下月海が初めての恋や地上げ騒動に巻き込まれる中で成長していく痛快シンデレラストーリーになっています。監督は「のだめカンタービレ最終章」「映画ひみつのアッコちゃん」の川村泰祐です。

20代女性
20代女性

まさに引きこもりを経験した音楽オタクですが、引きこもりの女子たちに希望と夢を与えてくれるお話で、とても面白い作品でした。蔵之介やオタク達を見ると、ひとりひとりの人間には個性があり、それぞれの個性は大切で、例え変わっていたとしても社会の役に立つ部分も必ずあるという事を気づかせてくれる作品でした。引っ込み思案な女子たちを勇気づける蔵之介の優しさやニートに対する偏見のなさには本当に慰められますし、彼自身が抱えるマイノリティーの重さを全く感じさせないさっぱりとした性格や、大胆にふるまえる勇気やたくましさは同じ特性を持っている人から見ても大きな勇気付けになる作品だと思います。月海の純粋さはとてもかわいらしいですし、命の大切さにも気づかせられます。蔵之介や海月の創造性や柔軟性にはとても感心させられましたし、オタク女子達の危機の乗り越え方を見ると、実は引きこもりはとてもたくましいのではないかとも思えました。蔵之介のリーダーシップやまややを見ると、人には特性に合わせた役目というものがあるんだという事がとてもよく分かります。この作品はとても面白い作品でしたが、映画を見終わると、社会的なマイノリティーを重さを感じさせることなく考える機会を与えてくれる作品だという事に気が付かせられました。作品自体はコメディ要素が強く、始終明るい気持ちで見れる映画で深みが感じられる良作だと思います。

 

30代女性
30代女性

漫画原作ということは知っていましたが、原作を読んだことがない状態で視聴しました。クラゲオタクの主人公が新しい出会いを経て成長していくというシンプルなストーリーですが、登場人物のキャラクターが濃いので最後まで飽きずに楽しめます。映画の魅力を支えているのは主役の能年玲奈さんと菅田将暉さんです。能年さんが美人であることは周知の事実ですが、きちんとオタク女子に化けており、メイクやファッションで変身したときのギャップをうまく出せていました。菅田将暉さんと長谷川博己さん演じる兄弟が、きれいに変身した主人公を見てドキドキする気持ちに共感できます。また、菅田さんの女装姿は非常に完成度が高く、必見です。メインの二人を取り巻く主人公のオタク仲間も個性豊かで、誰が演じているのかわからないくらいそのキャラクターになりきっています。このオタク仲間たちのおかげで笑える要素も満載なのですが、彼女たちは好きなことに没頭する情熱を持ちながら、社会ではその個性を受け入れてもらえず自分に自信が持てないという人たちです。その葛藤がよく描かれており、映画を見ているうちに主人公と仲間たちを心から応援している自分がいました。とても前向きなメッセージが込められた映画で、見た後は自分も頑張ろうと思える、元気になれる作品でした。

40代女性
40代女性

腐女子たちの巣くうアパート、なんか独身を謳歌しながらずっとこんな生活を続けていくのも楽しそうです。馬場園梓さんや篠原ともえさんなど役者陣も個性派がいっぱいで、きっと面白い現場だったことでしょう。お洒落な美女の正体が菅田将暉さん演じる男性、原作の漫画だったらともかく実写化されると絶対すぐに分かります。細身で華奢なイメージがありましたが、やっぱり彼も男らしい骨格をしているわけです。まあ菅田将暉ファンには一種の目の保養となることでしょう。海月姫という幻想的なタイトルですが、さすがは東村アキコ先生の作品で裏切られることはありませんでした。登場人物が皆濃くって面白いです。女装男との恋とか天水館の存続危機とか知っちゃかめっちゃかしながらもテンポよくストーリーが進んでいきます。オタクの地位を上げろとか女装趣味を認めろといった壮大なテーマがあるわけでもなく、あるがままに軽く観ていられるのでらくちん、このメンバーで更に続いてほしかったです。それぞれの部屋で趣味に没頭する姿を描いたスピンオフ作品とかも面白そう、クラゲのドレスは素敵だしといいです。取り合えず何かに一生懸命打ち込む姿はなぜか涙が出てきてしまいます。

40代女性
40代女性

東村アキコ原作漫画の実写映画化「海月姫」。その感想を一言でいうなら眼福でしょうか。蔵之介役に菅田将暉、蔵之介の兄・シュウシュウに長谷川博己、花森さんに速水もこみち等々。ちなみに、冒頭すこーしだけ登場する熱帯魚店の店員も今大人気の俳優さんです。もちろん、女性陣のキャスティングも◎。主演の能年玲奈は可愛いし、アジアンの馬場園さんに至っては当て描きか?と思うほどピッタリの役どころです。とにかくキャスティングが素晴らしいこの映画ですが、注目すべきは菅田将暉の女装姿。イケメンは女の子になってもやっぱり可愛い!濃いメイクがバッチリ似合うし脚がキレイ。加えて言うなら、シュウシュウの破壊力もすごいです。あんなにかっこよくてチェリーとかどうなってるの!と悶絶する事まちがいなし。大河を始め数々の役を演じてきた長谷川博己ですが、女子がキュンとする役トップ3に入るのは間違いないでしょう。さて、肝心なストーリーはと言えば連載中の映画化ということで、原作の冒頭部分のみに焦点を当てた内容となっています。ですので濃度は薄目。そこに物足りなさを感じる方はいるかも知れませんが、映画としてはこのぐらいが丁度良いように思いました。また、冒頭の熱帯魚店の店員はじめ、意外な人が尼~ずを演じていたりするので、ぜひエンドロールまで見ることをおすすめします!

30代女性
30代女性

面白いですよー!好きな映画です。オタクの女の子のシンデレラストーリーで、お化粧してオシャレしたら、イケてる側の人間から「か、かわいい」と言われるようなお話。キャストがいいです。出てくる人物みんな、いい味が出ていて存在感もあるんです!主役は能年玲奈!月海ちゃんです。彼女の脇を固めるのが、菅田将暉、長谷川博己。オタクの仲間に、池脇千鶴、篠原ともえ、太田莉菜、アジアン馬場園。誰が誰だか分からない、えーそうだったの?となりますよ。その他、速水もこみち、片瀬那奈。なんと豪華なんでしょうか!ちょっとした役で、よく見れば中村倫也まで見れちゃうという映画。名すらない登場人物だけど、名演光ります!中村倫也は、今の人気を考えたらほんと、ちょっとの役ですから、贅沢とさえ感じます。愛されキャラの大集合映画だと思います!漫画原作ならでは、コミカルでぷっと笑える人物像。どの人物のファンになるかは、見る人次第。誰が好きになるか楽しみなところです。あたしが、好きなのは長谷川博己です。長身でスマートなかっこいい大人俳優なのに、この作品ではハイスペックだけど30歳童貞であるという役が見れますよ!これは嬉しい。お化粧してかわいくしてもらって、脱オタクしてる間の月海に一目惚れしたり、ぽやーっとしたり、おどおどしたり、メガネずれたり。この映画の中で、マイベスト愛すべきキャラです。2人の恋も、なんかくすぐったく甘酸っぱくいいです。クラゲがメインになっているから、癒し効果もある映画。楽しく、ほんわかで、かつキラキラしています。おタクの石化も傑作。余すとこなく、豪華なメンバーによる漫画ストーリー楽しんでほしいです。

50代女性
50代女性

能年玲奈さんが、オタク女子の月海を自然体で演じていてとても良かったと思いました。眼鏡で三つ編みが似あっていて、いい味を出していたと思いました。あまりにもオタク過ぎて、積極的になれない月海が、蔵之介に出会ったことによって少しずつ成長していく姿が可愛かったです。はまり役だと思います。菅田将暉さんの、女装がきれいで似あっていたと思いました。華奢な菅田将暉さんなので、どんな格好をしてもきれいだと思いました。自由奔放な蔵之介をさすがの演技力で上手く演じていて、とても良かったと思いました。存在感がすごかったです。長谷川博己さんが、修を熱演していてとても良かったと思いました。片瀬那奈さんが、怪演していてすごかったと思いました。速水もこみちさんが、いい味を出していて良かったと思いました。くらげドレスがほんとに可愛いかったです。コメディ要素があって、とても面白い映画だと思いました。子供が見ても楽しめるので、家族で一緒に見ても楽しい映画だと思いました。目標に向かって一生懸命になっている姿がすごく良くて、夢を共有出来る仲間がいるということは素晴らしいことだと思いました。全体的にほのぼのした雰囲気が漂っていて、ほっこり出来る作品だと思いました。

 

20代女性
20代女性

菅田将暉さんの女装が最高です。美しすぎます。女ですが、勝てる気が全くしません。女装男子、クラゲオタク、鉄道オタク、三国志オタク、和物オタク、枯れ専、BL作家、そして童貞エリートなど登場人物のキャラがみんな濃すぎるのですが、それでも話が綺麗にまとまってしまうのがすごいなと思うし、おもしろかったです。片瀬那奈さん演じる稲荷も最高でした。修へのアプローチも全く効いていなくて、残念な美人はこれほどの人材はいないのではないでしょうか。尼~ずは天水館を自分たちの居場所だと思っていて、誰でも自分の居場所を奪われるのは許せないと思います。天水館を守るためにみんなで一致団結するのですが、それぞれの個性がうまくいかされていてよかったです。普通の人にはなかなか理解されないけれど、何かをとことん好きになり、それを突き詰められるのは素敵だなと思います。尼~ずと蔵之介が作ったドレスはどれも個性的ですが綺麗で、好きという気持ちが詰まっているような気がしました。修は綺麗に着飾った月海に一目ぼれしますが、普段の月海にあっても全く気付かなかったのは寂しかったです。やはり素の自分を出せて、それでも好きだと言ってくれる人と一緒になるのが一番幸せだろうなと感じました。

30代女性
30代女性

最後まで笑って観れるハッピーな映画でした。主役の倉下月海を演じた能年玲奈さんのコミカルな演技が可愛らしくてとっても魅力的でした。能年玲奈さんの持つ透明感と子犬のような可愛らしさがよく活かされていました。瞳がとっても美しくてアップのシーンになると見惚れてしまいました。他のオタク女子たちを演じた太田莉菜さんや池脇千鶴さん、篠原ともえさんもしっかり役になりきっていて始めは彼女たちが演じていることに気がつかない程でした。女装趣味のある鯉淵蔵之介を演じた菅田将暉さんは女装のために体を作ったのかかなり痩せているように見えました。明るいキャラクターも彼にぴったりでした。鯉淵修を演じた長谷川博己さんも普段のクールなイメージとは違いクスッと笑える可愛らしい役でした。天水館のノスタルジックな雰囲気やふわっとした照明やブルーが綺麗な水族館のシーンなど絵本のようなかわいい映画でした。挿入歌を歌っていたSEKAI NO OWARIの深瀬さんの優しい声が映画の雰囲気にとても合っていて心地よかったです。オタク女子たちのそれぞれの個性を尊重し合いながら仲良く暮らし、みんなで協力してファッションショーを作り上げる姿にほっこりしてしまいました。

 

まとめ

『海月姫』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

能年玲奈のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • あまちゃん

 

菅田将暉のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました