この国の空(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
映画『この国の空』予告編

この国の空(映画)の動画フルを安全に見る方法

『この国の空』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『この国の空』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

この国の空(映画)の内容

映画『この国の空』は、2015年8月に公開されました。

原作は、谷崎潤一郎賞を受賞した高井有一さん著の小説「この国の空」です。この小説は1983年に発表され、映像化までに30年近くかかったそうです。

監督・脚本は、映画「海を感じる時」や映画「共食い」の脚本を手掛けた大人気脚本家・荒井晴彦さんです。

映画「この国の空」は、終戦間近の東京が舞台。主人公の女性が、妻子を疎開させた隣人の男性を世話していくうちに女として目覚めていく姿を描いた作品です。主人公の女性を演じたのは、映画「渇き。」や映画「私の男」などで圧倒的な存在感を示した二階堂ふみさん。その相手役は、映画「セカンドバージン」や映画「シン・ゴジラ」などで演技力が光る長谷川博己さんです。他にも工藤夕貴さん、富田靖子さんなど、演技力に定評のある実力派俳優陣が脇を固めています。

 

観終わってしばらく立ち上がれませんでした…。二階堂ふみさんはいつ観ても素晴らしい女優さんですね。

長谷川博己さんの色気がすごくて、適役でした。長谷川さんは、優男というか、弱くてずるくて格好いい男性を演じさせたら天下一品ですね。

戦時下という異常事態での本能がうまく描かれた作品でした。主演の二階堂ふみさんの昭和感が良かった。

19歳のリアルがうまく描かれていたと思います。男性を知らないままこのまま死ぬのだろうか?という漠然とした不安。たとえ戦時下であろうと、人間の本能は果てしないことを貪欲に見つめた作品でした。母親の思いが伝わる工藤夕貴さんの演技もとてもよかったです。

主演の二階堂ふみさんと長谷川博己さんだからこそ、この作品が成り立っているという評価が多く見られました。戦時下について今までの作品とは違う視点で描かれており、人間のリアルで複雑な面に気付かされる作品です。

あらすじ

昭和20年の東京。里子と市毛は隣人として、窓ガラスの爆風対策を手伝ったり、食べ物を分け合ったり、困ったときは互いに助け合う仲です。里子は知り合いの結婚式に出席し、自分は男性を知らないまま死ぬのだろうか、と漠然とした不安を抱いていました。その頃、横浜に住んでいた里子の伯母が、里子の家に転がり込んできます。配給がもらえなくてもいい、と言う伯母を居候させることに決めますが、生活はどんどん苦しくなるばかりです。

ある日、里子と母は川で沐浴を始めますが、里子は恥ずかしくて服を脱ぐことができません。大人の女性に近づいてきた里子に対し、母は「市毛に気を許してはいけない」と忠告しました。里子は市毛を世話していくうちに、次第に惹かれていたのです。市毛と闇米の調達に出掛けた里子は市毛に迫られ、自ら市毛に抱きつきました。

毎日続く空襲や、明日死ぬかもしれない恐怖に不安になる里子と市毛。そして二人は愛し合うのでした。そんなある日、戦争の終わりが見えてきて…。

見どころ

二階堂ふみさんの昭和感

「二階堂ふみさんの昭和感に目を引かれる」という評価が多くありました。実際、二階堂ふみさんのセリフ回しや声の出し方がいい意味で「昭和」です。二階堂ふみさん自身はとても美人でかわいいのですが、決してかわいく演じようとしていない、リアルな19歳の演技が皆さんの心にスッと入ってくるようです。

監督がこだわった食事シーン

作中には、お米を食べるシーンが多く登場します。この描写に戸惑う方もいらっしゃるようですが、監督の荒井晴彦さんはインタビューで「戦時中もお酒を飲んだり、贅沢をしている人もいた。そうした日常もきちんと撮りたかった」と話しています。こうした監督のこだわりが、リアルな戦時下をより際立たせているのでしょうね。

スタッフ

原作:高井 有一「この国の空」
監督・脚本:荒井 晴彦
音楽:下田 逸郎

キャスト

里子:二階堂 ふみ
父を病気でなくし、東京の杉並で母と二人暮らし。役所の事務手伝いをしている。疎開をするための書類の書き方を市毛に教えてあげたことから、市毛と親しくなる。

市毛:長谷川 博己
里子たちの隣人。丙種で兵役に取られず、銀行に努めている。妻子を疎開させたが、世話をしてくれる里子に惹かれていく。

里子の母:工藤 夕貴
夫をなくし、里子と二人暮らし。市毛に惹かれる里子に、市毛に気を許してはいけないと言いながらも、男を知らないまま死ぬよりは良いとも思っている。

里子の伯母:富田 靖子
里子の母の姉。空襲のせいで横浜を追われ、里子の母を頼ってきた。他の家族は死んでしまったと思っている。

 

『この国の空』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

この国の空(映画)の感想

 

40代女性
40代女性

戦争ものは泣かせようという制作側の意図がありありと伝わってくるし、何より悲惨すぎる状況を黙視するのも怖いしとあまり見ることがありません。でも二階堂ふみさんは嫌いではなく試してみました。するとどうやら不倫もののよう、騙されました。戦争中だからこそすべての男性が闘いに連れ出されているわけでは無いのです。奥さんや子供といった大切な人は田舎に逃がして自分だけは残っているという状況は、逆パターンの単身赴任といった感じです。爆弾が落とされたりといった究極の状況で吊り橋効果もあるでしょう。こういった許されない恋に落ちてしまう男女というのは当たり前にあったのかもしれません。戦争のまた違った側面を観ることができました。丁寧なセリフや上品な雰囲気・きちんとした身だしなみは戦争を忘れさせられることもあります。裕福な家庭のお嬢さんという設定ですが、二階堂ふみさんだとピッタリです。そんな彼女が妻子ある男性、それもいくつも年上の相手と恋に落ちていく様はそれだけでエロいです。なんだかドキドキしてしまいました。ちょうど戦争が終わることとなったからこそ元通りの生活が戻ってくることになります。それ数年あとだったら、どうなっていたのでしょう。

 

40代男性
40代男性

わたしは、こちらの映画は、大変大変、感動をいたしました。まさに、まさしく、終戦の映画を再現していました。わたしは、特に、二階堂ふみさんの演技が、昔から大好きだったので、彼女の戦時中の底力あふれる、演技に、圧倒されておりました。彼女は、結婚するくらいの年齢ではありましたが、なかなか、終わらない戦争の中で、やはり、婚期が遅れるのではないかと、大変やきもきしていて、見ていてわたしも、それでも前向きに頑張っている、彼女の素晴らしい演技で、心を打たれました。彼女のお母さん演じる、工藤夕貴さんも、美しい、繊細な演技力に、大変魅力を覚えました。娘が嫁にいって、安心して、生活したいと思うのが普通ですが、戦争を知らないわたしにとっては、なかなか納得いかない現実でしたが、すごくリアリティに演出されている、素晴らしい映画でした。二階堂ふみさんも、隣に住むある1人の男性の世話をしたり、お手伝いをしていく中で、何故か彼を恋なのか、愛なのかわからない、じわりじわりとそのような不思議な感情が、湧いているシーンも、素敵でした!二階堂ふみさんは、いつもかっこいい演技をしていて、どんな役柄にも彼女らしさを感じます。だから、戦時中の娘役も素晴らしかったです!ありがとうございました。

50代男性
50代男性

映画の設定は太平洋戦争時の東京。映画では戦争の悲劇を描いているのではなく戦争で混乱した時期の日本人が必死に生きぬいた様子を2人の男女と、女性の家族を通じて描いています。里子という女性と隣人の男性の市毛のかかわりが主なドラマの中心となり、市毛は妻子ある男性ではあるものの戦火から逃れるため妻子を疎開させ一人で生活している。戦争は人の価値観をどんどん変えていきます。映画の途中で里子が次第に市毛に好意を寄せる事を肯定的に思わない里子の母も、平和の時代ならばともかく、ひっきりなしの空襲でひょっとしたら人生が終わるかもしれないくらいなら女性として一人の男性を愛する事も認めてやってもいいのではという気持ちに変化していく。平和な時代しか知らない今の世代の人からは否定される価値観も戦時下では決して否定されず、この映画と多かれ少なかれ似たような事はあったのではと考えます。戦死や生き別れそしてもう会えないかもしれないとあきらめていた人との再会などから人生が大きく変わっていった当時の日本人はたくさんいたはずです。この映画は、里子が、愛する男のため葛藤は抱えながらも疎開先から帰ってくるであろう市毛の妻との女性の戦いを示唆する場面が出てくるが、戦後の混乱期には生きるだけで必死の時代。日本中の至ることろで起きたであろう、従来の価値観はいろんな意味で戦後に崩壊し、里子のような男女の関係で考えられないような事が起きたはずである。そうした様々な事がこの国の空に下で起きつつ日本は少しずつ平和になっていった事をこの映画の製作者は描きたかったのかもしれないと考えました。

 

40代女性
40代女性

この国の空、戦争下で生きているという異様な緊張感、飢餓感、ともに性への欲望を掻き立ててゆく、これは想像と経験上でよくわかるように思えた。極限状態では性への理性が効かなくなるのだろう。戦争中に女性の妊娠、出産が増えていくという現象も危機的状況で命を残そうとする人間の本能であるとも言われているのだから。主人公の女性もまた理不尽な時代で、残された欲望に忠実になったのだ。当人もそのつもりではなかったであろう。女としてはそこが面白みだ。一方で長谷川氏はアンニュイ雰囲気と一変してすっかり中年男性だ。それでも若い女には、大人の男に見えるのだろう。性へ乱れていく女、この国の空というタイトルとどう結びつけていくのか。戦争という状況が生み出した男と女の関係、19の女が知った女としての喜び。同性としては理解できるものの、相手は妻子あるおじさんだ。若い女の理性を狂わせたのは男の色気か、あるいは戦争か。身も心もを手がけた荒井監督だけあり、男女のシーンは濃く、現実的でもある。長谷川氏のファンではないが、彼の主演作品からしてイメージは一転。それでもファンであれば、セクシーな長谷川氏がここでもまた見れる楽しみがあるのだ。

30代女性
30代女性

平成・令和に生きながら昭和を感じられる映画です。二階堂ふみさん、長谷川博己さんの醸し出す独特の影と色気のある演技に引き込まれました。お二人とも昭和の俳優さんのような言葉遣いをされていて、また映画の撮り方も昔の日本映画を感じさせます。戦争ものでありながら激しい空襲や戦闘シーンはなく、重苦しい気分にはなりませんでした。戦争のむごさや悲しさを表現した作品というよりは、戦時に生きる人々の心理描写を中心とした作品で、人間ドラマ的な側面から見るほうが楽しめると思います。長谷川博己さん演じる市毛は真面目な銀行員で疎開した妻と離れて暮らす男ですが、近所に住む二階堂ふみさん演じる里子に惹かれていく様子がずるくも、色っぽくもうまく描かれていると思います。長谷川さんのような洗練された容姿で物腰の静かで理知的な市毛ではあるけれど、疎開した妻と離れていることを理由に里子を手に入れようとする彼の欲望が対比的に描かれていました。二階堂ふみさんは里子の純朴などこにでもりう少女の表情を演じながらも、大人の男への愛情とそのずる賢さを知っていくにつれて感じる感情に機微を見事に演じられていました。戦争といういつ命が奪われるかわからない時代で不安や憂いをまといながらも生きようとし、生を確かめようとする人々の静かな物語だと思いました。

20代男性
20代男性

2015年の作品で、有名女優の二階堂ふみが主演した映画で、今では彼女は朝ドラの主役を張るまでに進化していて、この時点でも既に完成された才能の高さを感じることができます。大まかなストーリーとしては戦時中の話となっており、どちらかというと終戦間近のタイミングとなっています。世の戦争映画らしく、明日死んでしまうかもしれない、殺されてしまうかもしれないというような、どこか全体的に一瞬たりとも気を抜けない、緊迫感に包まれたテンションのある作品になっています。ただ、そういった類の映画でありながらも、男女の禁断の恋をえがいた官能的な作品でもあります。二階堂ふみの色気が強く、彼女の持つ魅力の一面が濃く描き出されているような気がします。どんな危険な状況下であっても人間同士の愛を止めることはできないという情景を明確に描き出しています。脇を固めるキャストも目を見張るような実力派の俳優、女優だらけで、より作品の強度を高めているなと感じています。特に長谷川博己なんかは女性ファンもとても多いと思うので、かなりセンスのある配役だなと今でも感じます。またこういった雰囲気の作品があれば、いつか見てみたいなというふうに思います。

50代女性
50代女性

昭和20年、戦争が厳しくなってきている頃の話です。里子(二階堂ふみ)は母(工藤夕貴)と女2人で暮らしています。隣の家には、銀行の支店長・市毛(長谷川博己)が1人で住んでいます。妻子は疎開させたのでした。戦時中の不安な中で、何かと助け合うようになる2つの家族ですが、里子と市毛の間に、何とも言えない空気が流れています。里子は19歳ですが、戦時中で、若い男性はほとんどが戦争に行っている中で、出会いもありません。普通なら、もっとかわいい、プラトニックなところから、恋は始まるものだと思うのですが、初めから、何か淫靡な雰囲気が流れていて、里子は自分でそれを恋だと理解しているのでしょうか。食べるものもなく、農家に物々交換に行く様子や、身内のところへの疎開も断られたり、厳しい生活の状況も描かれていて、全体的に暗く感じます。思い出すと、モノクロだったのではないかと思うほどです。里子の母は、市毛の危険さを感じていたのか、娘に気を許すなと言っています。娘の気持ちはわかるのでしょうか。また、空襲に合い、家族も亡くした伯母と母の確執も、つらい現状ではしかたないのかもしれません。自分の命さえ危ないと感じる中で、愛する人を見つけようという、本能のようなものが働いているのでしょうか。

50代女性
50代女性

二階堂ふみさんが、いい演技をしていてとても良かったと思いました。戦時中のことなので、現代の19歳とはかなり違うと思いますが、このまま恋愛も知らないで処女のまま死んでしまうのか、という何とも言えない焦燥感のようなものはどんな時代であっても少女のリアルな気持ちなのではないかと思いました。不安定な女性の感情を上手く表現していたと思いました。戦争という現実に向き合い、立ち向かう女性の強さが良く出ていたと思いました。長谷川博己さんは、ズルい大人ですごくセクシーさがあったと思いました。80年代を代表する演技派の工藤夕貴さんと富田靖子さんの共演が、とても良かったと思いました。2人とも歳を重ねてもきれいだと思いました。貫禄がついて、大人の女優になっていて時の流れを感じました。時代的な要因もあると思いますが、二階堂ふみさんと長谷川博己さん絡みはとてもいんびで魅力的な雰囲気があったと思いました。里子の母親と叔母のいがみ合いのシーンは、迫力があってなかなかよかったと思いました。戦争はほんとに悲惨なことで、全てを破壊したことは間違いないのだと思いますが、異常な事態であるからこそ、生まれるものというのもあるのではないかと思いました。

 

30代男性
30代男性

戦時中、空襲に人々が脅えている東京の町が舞台の映画です。そんな状況で、死ぬかも知れない、結婚できないかも知れないという不安に突き動かされた主人公の少女が、隣人の妻子ある男性との、許されない恋に足を踏み入れてゆく物語です。映画の中では、空襲でたくさんの人々が死ぬような残酷なシーンは描かれていません。ただ、不安を抱えながら日々の生活を送る人々の日常が描かれています。ただし、死ぬかもしれないという恐怖感は、人々の言動に影響を与え続けている訳で、この作品の主人公である里子は、「女」としての自分を強く意識し、それが不倫へと繋がってゆく訳です。ただし、相手の隣人男性を演じた長谷川博己さんは、とても包容力のある大人の男性ですし、たとえ戦時下でなくても、身の回りの世話をしながら日常的に接していれば、里子のような年代の少女が恋心を抱くのはごく自然なようにも感じました。トマトを食べるだけのシーンなのに、とてもセクシーですし、それが役者としての長谷川博己さんの凄さなのでしょう。また、里子を演じた二階堂ふみさんも、揺れ動く少女の心情の変化を、巧みに演じ分けていて、女優としてただ者ではないなと感じさせられましたね。キャスティングに成功した映画だと思います。

 

まとめ

『この国の空』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました