苦役列車(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『苦役列車』予告編

苦役列車(映画)の動画フルを安全に見る方法

『苦役列車』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『苦役列車』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

苦役列車(映画)の内容

映画『苦役列車』は、2012年7月に公開されました。

原作は、西村賢太さんによる芥川賞を受賞した同名中篇小説です。自身の実体験を織り交ぜた“私小説”としての伝統を受け継ぎながらも、ユーモラスで現代的な作風は多くの共感を集め、純文学としては異例のヒットを記録した作品です。

監督は『天然コケコッコー』『マイ・バック・ページ』など独特の世界観を持つ原作に挑戦する気鋭・山下敦弘さんが務めました。

物語は、1980年代後半を舞台に、19歳の日雇い労働者で酒と風俗に有り金を費やす主人公を中心に、その友人と主人公があこがれる女性の青春模様が描かれております。主演を『モテキ』の森山未來さんが務め、ほかに『軽蔑』の高良健吾さん、AKB48の前田敦子さんと演技力が高い俳優たちによるコラボレーションから目が離せません。

小さい頃に、しかも物心がついてから家族も信じる心も無くす。愛を知らない、家族を知らない、友達を知らない、恋人を知らない。生きる術を学べなかった青年の物語。
もちろん全てとは言いませんが、人間性というのは生まれ育った環境も大きく関わってくるものだと考えさせられました。

鑑賞動機は「モテキ」を見てから森山未來さんにハマったこと。本作の森山未來さんも凄いですね。この役作りのために狭い部屋を借りて、風呂も入らない日を続けたとかなんとか。今まで見てきた彼の格好良さが全て消えていて、凄い役者さんだなと再認識しました。大好きです!
また、夢を捨てなかった貫太に頑張れ!って言いたいけど、友達にはなれないかな(笑)

特に何も起こらないけど、観ていて惹きこまれる。激しい展開なんて一切ないが、何かが胸に残る。だからこそゆっくり観れるし、たまに無性に観直したくなる映画です。

世界観が最高!三人の掛け合いが大好きです!主人公を演じきった森山さんは最高の役者だと思いますし、高良さんもハマり役、あっちゃんは可愛い!とにかく最高の映画でした!

作品の世界観に魅了された方が多くいらっしゃいましたね。またキャスティングも高評価!とくに役作りに余念がなかった森山未來さんの評価がずば抜けておりました。

物語も改変されているとはいえ、芥川賞を受賞した作品だけあり、素晴らしい内容となっております。

あらすじ

1980年代後半、19歳の貫多(森山未來)は、幼いころに父親が犯した性犯罪により一家離散となり、中学卒業後は日雇い労働をしておりました。また、そこで得たお金も酒と風俗に費やしその日暮らしの生活を続けておりました。そんな彼の唯一の楽しみは読書です。

貫多は同じ日雇いの仕事を始めた専門学校生・正二(高良健吾)に声をかけられ、徐々に親しくなっていきます。貫多にとって初めて友達といえるかもしれない存在になります。

ある日、貫太がよく行く古本屋でバイトしている大学生・康子(前田敦子)に一目惚れした貫太。そこへ正二が二人の間を取り持ち友達になることに成功します。しかし、貫多にとっての友達とはなんなんだろう?戸惑いながらも不器用に19歳らしい日々を送っていくのですが…

見どころ

究極の底辺男

「友ナシ、金ナシ、女ナシ。この愛すべき、ろくでナシ」キャッチコピーにもなっている通り、主人公・貫多はどこまでもダメなクズ男なので実際に近くにいてもなかなか仲良くはなれないかと思います。

呆れるほど落ちぶれていき「俺には何もない」というキャラを演じ続けた森山未來さんが素晴らしく、貫多という人間の嫌な部分をさらけ出し続けるので、目が離せません。森山未來さんの演技力という意味では、非常に魅力的に映っております。

コラムニストで映画評論家の中野翠さんも「森山未來は線が細すぎて最初はミスキャストだと思ったが、時として見せる黒目が何も考えていないように見え、金とセックスのことしか頭になく友情や恋愛には粗雑な考え方しかできない主人公をうまく表現できていた」と高く評価するほどで、キネマ旬報ベスト・テン 主演男優賞をはじめ、公開年の4つの賞を個人で受賞しました。

そんな卑屈な底辺男が、最後に自ら机に向かう後ろ姿は非常に頼もしく、これまでのギャップにやられてしまうことでしょう。

オリジナルキャラを評価

原作にはいない貫多の憧れの美少女・桜井康子を演じた前田敦子さんに惚れてしまう方が続出することでしょう。

康子は、貫多の一筋の希望となるヒロインで、コミュ力が低く友だちもいない男が正二の助けがあったとはいえ、あっさり友だちになってくれる女神のような存在なのです。

もちろん、貫多と正二、康子の三人で海に行くシーンも映画のみの展開となっていますが、いかにも青春映画的でありながら、原作の味を損なうこともしずにうまく収まっております。

本作の試写を見た映画関係者たちも大絶賛する前田敦子さんに要注目です。特に男性の文筆業者たちはメロメロになること間違いなし!

スタッフ

原作:西村賢太「苦役列車」
監督:山下敦弘
脚本:いまおかしんじ

キャスト

北町貫多:森山未來
実父の性犯罪により一家離散となった19歳の青年。日雇い労働をしながらその日暮らし。

日下部正二:高良健吾
貫多にとって生まれて初めての友達で、ともに日雇い労働をしている専門学生。

桜井康子:前田敦子
貫多行きつけの古本屋の店員で貫多が好意を抱いている女性。

高橋岩男:マキタスポーツ
貫多と正二と一緒の労働者。歌手を目指している年上の男性。

志賀:田口トモロヲ
古本屋の店長。

大家のババア:藤井京子 / 二宮弘子(3年後)
オッサン:佐藤宏
老人:橘屋二三蔵
熊井寿美代:伊藤麻実子
大家の息子:古澤裕介
鵜沢美奈子:中村朝佳
寺田:柳光石
古本屋の女:野嵜好美
番組司会:辻本耕志
番組アシスタント:我妻三輪子
前野健次:高橋努
番組出演しているバンド:イエローコックローチ
客引き:宇野祥平
日雇い人足:松浦祐也
3年後の若者A:中村昌也

『苦役列車』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

苦役列車(映画)の感想

40代男性
40代男性

森山未來が一癖も二癖もあるろくでなしの主人公を見事に演じきった作品。原作を読んで相当研究しただろうと思う。彼以外にはあの顔つきは無理でろうと思うし、個人的にツボだった紙袋を持って歩く姿勢や、薄汚いシャツの着こなしや居酒屋での奇行など彼以外には無理なキャラクターだったと確信をもって言える。原作小説を先に読んだ私にはその俳優としての凄さがよくわかった。もちろん、森山未來を登用した制作陣も素晴らしいし、ある意味原作に忠実であるストーリーもまた、懐かしいというより古臭い時代背景も相まって物語の雰囲気の作り方が素晴らしかった。前田敦子のあの可愛らしいんだけどバタ臭さい顔や演技もベストキャストだった。主人公の年齢に近い私は、あの昭和の小便臭い舞台が染み入るように、自分の青春時代を思い出させてくれた。きっと同じような年代の方は、共感できる部分が多い映画ではなかったかと思う。もちろん、昭和を知らない世代にとっても、この映画は私とは映る景色が違うかもしれないが、森山未來の演じた主人公の生きづらさや閉塞感に共感する方も多いはずで、ある意味、生きる希望をも湧かせてくれる映画かもしれない。特にラストの裸で降ってくるシーンは、主人公の再生がメタファーとして描かれていたと思うし、この絶望的な世界に一筋の光明を与えるヒントとなったかもしれない。いい映画だった。

40代女性
40代女性

原作者の西村賢太さんが実際に経験したストーリーだそうですが、あまりの壮絶さに絶句しました。映画冒頭から父が性犯罪を犯したことや、そのせいで家族が離散してしまったことが告げられるので、初っ端から度肝を抜かされました。中卒で日雇いの仕事に就いて自立したものの、安い給料でのその日暮らしを強いられたという西村さんの苦労を思うと、非常に胸が痛みます(涙)。映画の主役である西村さん自身をモデルにした貫太は、正直言って性格がひん曲がった最低な野郎なのですが、こんな人柄になってしまったのも仕方の無い事だと実感しました。またそんな酷い男である貫太を演じた森山未來さんの演技が凄まじい!人生に悲観してやさぐれており、周囲の人の気持ちなどお構いなしで、とにかく自分勝手。森山さんのイメージからは程遠い荒くれ者を見事に演じ切っていて、ただ見惚れてしまいました。俳優ならば多少は自分を格好良く見せたい存在だと思いますが、今作の森山さんからはそんなものは微塵も感じられず、鑑賞者にも徹底的に嫌われてしまうだろう貫太になり切っていたと思います。風貌も本当に30年ぐらい前の青年に見えるし、森山さんの演技力の高さを強く感じる作品となりました。

30代女性
30代女性

高良健吾さんが好きなのと、映画のキャッチコピーが面白そうだと思い、映画館へ観に行きました。内容は、とくに盛り上がるところもなく、平坦に過ぎていく感じでしたが、森山未來さん演じる北町貫太多のくずっぷりが見ていて救いようがなかったです。女性からすれば、こんな男性本当に嫌いです。本当にゲスい感じが役柄ににじみ出ていて、ある意味面白かったです。昭和の古い感じがなんだか懐かしく思いました。風俗好きなところや、性格の悪さも、ダメ人間あるあるで、そういう点では観やすい作品だと思いました。それとは反対で、高良健吾さんの役どころがかっこよくて、この映画を観て、さらに好きになりましたね。とても素敵でした。もう少し青春っぽい感じをイメージしていましたが、森山さん演じる貫多の苦い人生をゆっくり味わう作品だと思いました。ここまでダメっぷりを演じれる森山さんの役者魂に感激しながら、こちらの映画を楽しんでもらえたらいいと思います。貫多の人生、最後はどうなっていくのか、何が待ち受けているのかを想像しながら、この作品を観るとまた違った一面が見れるかもしれないですね。前田敦子さんは、かわいい役どころがぴったりはまっていました。この列車はいったいどんなレールを走っていくんでしょうか。

 

30代女性
30代女性

日雇いでその日暮らしをする、20歳そこそこの青年の物語です。お金はないけど、お酒は飲みたいし、女性ともお付き合いをしたいという欲はあります。でも中卒だし、人足だし、と言い訳をしながら毎日を暮らしている、森山未來です。古本屋に行くことが好きで、そこの店員の前田敦子が気になり始めますが、声をかけることも出来ません。職場で話すようになった大学生の高良健吾を通じて、少しずつ一緒の時間を過ごすようになります。時代背景は服装から、70から80年代くらいかと思いました。原作では父親とのつながりに言及していたり、その日暮らしに陥ってしまう悪循環などが描かれていて、重苦しい気持ちになります。それでも文章や文体が独特の形式美のようなものがあって、それが癖になり、読み進めてしまいます。これは西村賢太さんの作品に共通します。ですが、3人の俳優たちがとても爽やかで、軽やかな印象に変わっています。とはいえ、森山未來のアプローチの仕方はやっぱり気持ち悪いと思ってしまいました。自分の気持ちを正直に伝えることは出来るようになってよかったと思います。もう一歩踏み込んで、相手の気持ちを考えるというところまで到達して欲しい、と応援したくなるような気持ちになりました。その日暮らしをする人たちの気持ちは、時代が変わっても共通した鬱屈したものがあることが伝わってきました。

30代男性
30代男性

正直な話、主人公の北町貫多という男に共感は持てませんでした。映画のキャッチコピーは「この愛すべき、ろくでナシ」となっていますが、作品を通してその言動を見ても、愛着を感じることはありませんでしたね。不器用で人付き合いが下手なのは分かりますが、それでも周囲の人間に与える害の度合いが大きすぎます。ただし、共感できないにしても、世の中にはこのようなタイプの人間が少なからず存在していて、折り合いをつけながら共存していかなけれはならないということも考えました。北町貴多という男がこうなってしまった原因の多くは不幸な家庭環境や、人との出会いに恵まれなかったことが大きいのだと思いますが、だからと言って周りの人々がそれによってもたらされる他害性を受忍するのも間違っていますね。理想を言えば、こういった境遇の少年を救い出せるような社会のシステムを作り出さなければならないのですが、既に成人間際の北町貴多にとって、そんな新しいシステムの創設など手遅れでしょう。結局、本人が努力して、そこに幸運という要素が加わることでしか、救いの道はないのでしょう。映画の最後は、主人公は何か書き出していて、未来に希望を見い出したかのような終わり方でしたが、本当に良い方向へ進めるのかどうかは誰にも分かりませんね。

 

まとめ

『苦役列車』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました