くちづけ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『くちづけ』プロモーション映像

くちづけ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『くちづけ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『くちづけ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

くちづけ(映画)の内容

映画『くちづけ』は、2013年5月に公開されました。

本作は、演劇や映画、テレビドラマなどの演出・脚本・俳優としてマルチに活躍する宅間孝行が、実話を元に原作・脚本を手掛け、知的障害のある娘を持つ父娘愛を描いたヒューマン・ドラマ。知的障害者たちの自立支援のためのグループホーム<ひまわり荘>を舞台に繰り広げられる温かな交流や、衝撃的なラスト、強い親子愛に涙せずにはいられない感動作です。

監督は、『トリック』『20世紀少年』シリーズなどのヒットメーカー・堤幸彦。主人公の知的障害を持つ娘・マコを演じるのは、本作が映画初主演となった貫地谷しほり。娘に精一杯の愛情を注ぐ父・愛情いっぽん役を竹中直人がユーモアを交えながら好演します。その他の共演者に、宅間孝行や田畑智子、橋本愛など実力派キャストが顔を揃えています。

何度見ても泣ける。切なくて、切なくてどうしようもない。

今までで一番泣いた。40過ぎのオッチャンなのに。

障害で幼児のような行動しかとれないことを、痛々しさではなくコメディのように笑えるようにする構成部分はさすがの堤監督。でも、ラストはやっぱりあまりに切なすぎて辛すぎて、声を上げて泣いてしまった。悲鳴のように泣ける。

私は精神医療従事者ですが、長年、精神医療の世界で知的障害者に接することも多い中、知的障害者の行動や彼らを取り巻く現実を非常に正確に描いていて「見事」というほかありませんでした。

厳しい現実の中でも、それぞれの登場人物がお互いに思いやり助け合い、何とか平和な日々を守っていこうとするストーリーには本当に心打たれました。涙なくしては見られない感動の一本でした。

単純なお涙ちょうだいモノだけでなく、当事者にしか分からない現実問題も突きつけ、ただそれには具体的な解決策など無いのだけれど、観た人全てがどーしたらいいか考える切っ掛けになりうる、そういった意味で素晴らしい作品だと思います。

障害があるなしに関係なく、観る人全ての心を揺さぶる名作です。明るくコミカルに笑いを誘うシーンも多々ありますが、それがまた切ない・・・まだ観ていない方は、翌日、目が腫れる事を考慮して観る日を決めた方が良いかもしれません。

あらすじ

知的障害を持つ娘のマコ(貫地谷しほり)を、男手ひとつで育てる愛情いっぽん(竹中直人)は、かつては人気漫画家でしたが、休業して30年が経ちます。心は7歳児のままのマコは、父親と一緒に知的障害者のためのグループホーム「ひまわり荘」に身を寄せます。無邪気で陽気な住人たちに囲まれ、のびのびと日々を送るマコは、そこで出会ったうーやん(宅間孝行)に心を開くようになります。ようやく見つけた理想の場所で娘が幸せになれば、いっぽんも漫画家として復帰できるかとほのかな期待を巡らせていたものの、ひまわり荘の経営難や、厳しい運命が彼らを待ち受けます。そして、いっぽんにも病気が見つかって、こんなに冷たい社会の中でマコをひとりにできないと、苦しむ父が選んだ決断とは?

見どころ

ゾッとする貫地谷しほりの名演技

今回初主演を務めた貫地谷しほりさんの役・マコは、30才でありながら7歳の知能を持つ知的障害者という難役です。兼ねてから実力派女優として人気が高かったしほりさんですが、今回のマコ役には絶賛の嵐でした。

「貫地谷しほりの演技力はぞっとするほどうまい。」
「違和感が一つもなかった。」
「どれだけ研究したら、あんな顔つきや台詞回しができるんだろう。」
「とにかくしほりさんの演技がすごい。とくに施設へ行くのを嫌がるところは迫真の演技。」
「知的障害の視線の合わない演技は秀逸。」

など、役が乗り移ったかのような役者魂を感じる演技に注目です!

スタッフ

原作・脚本:宅間孝行
監督:堤幸彦
主題歌:「グッド・バイ・マイ・ラブ」熊谷育美(TAKUMI NOTE)

キャスト

阿波野マコ:貫地谷しほり
心は7歳。ピュアでおしゃまな30歳。父・いっぽんが大好き。

阿波野幸助 / 愛情いっぽん:竹中直人
マコの父。元漫画家でペンネームが「愛情いっぽん」。妻がマコを産んですぐ亡くなったため、漫画家を休業し、マコを育てる事に専念。マコと共に「ひまわり荘」で住み込みで働き始める。

うーやん:宅間孝行
ひまわり荘の住人。35歳だが精神は子供のまま。マコが父以外に唯一心を開いた男性。

宇都宮智子:田畑智子
うーやんの妹。うーやんのことが理由で婚約破棄される。

国村はるか:橋本愛
国村先生の高校生の娘。

国村真理子:麻生祐未
国村先生の妻。ひまわり荘の母親的存在。

国村先生:平田満
ひまわり荘の主人。国村医院の院長。

袴田さん:岡本麗
ひまわり荘の従業員。住人達には現実的でドライに接している。

アナウンサー:宮根誠司
愛情いっぽんとマコの悲しい事件をニュースで伝える。

仙波さん:嶋田久作
夏目ちゃん:伊藤高史
島ちん:谷川功
頼さん:屋良学
南:尾畑美依奈
酒巻くん:万田祐介

『くちづけ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

くちづけ(映画)の感想

 

50代男性
50代男性

相模原の事件の後に、地上波で深夜に放送されていたので、どのような内容の映画かは知らずに視聴しました。「東京セレソンデラックス」という劇団の舞台を映画化したものとのことです。監督は堤幸彦さんで、出演は竹中直人、貫地谷しほり、宅間孝行、田畑智子さんたちです。知的障碍者のグループホームを舞台にした映画ですが、時々見かける知的障碍を持つ子供が大人になった後にどのように過ごしているかを知らなかったので、大人になってから本人や親族、周囲の人がいかに大変かが解りました。実際に知的な障碍があると日常的にどのような困難やトラブルがあるのかがユーモアを交えてわかりやすく描かれていました。竹中直人と貫地谷しほり演じる親子を中心にストーリーは進みますが、何かとコミカルに軽妙に描かれていますが、内容はとても重く、考えさせるものです。成人した障碍者の生活に関しては、これまでは主に親が世話することが多かったそうですが、高齢者介護がビジネスとして広まったように、障碍者介助もさまざまなグループホームなどができて広まっているようです。それでも一人で生きていけない人をどうするのか、というのはまだまだ答えが出ていないことのようです。

30代女性
30代女性

あらすじなど何も知らないで見始めてかなり衝撃的でした。この作品の自然な演技で貫地谷しほりさんが好きになりました。障がいを持つ子供と親の生き方をテーマにした作品です。そうしたものをテーマにした作品はあってもなにかとうまくいったり、生きていくのは大変だけどピュアさでそれをカバーしていたりといった作品が多いように感じますが、こちらは現実が描かれているように思います。どこで生きるのか、親が先に亡くなった時子供はどうするのか。かなり核心に迫った作品だと思いました。コミカルなタッチで描かれるところもありテンポも良くどんどん観てしまいますが最後は衝撃です。ニュースを見ていてもこれが現実だと思います。最後のほう、娘が父にべったりとくっついて二人で座っている場面は目に焼き付いてしまって離れません。半年以上前に観た作品ですが今でも思い出すと胸が締め付けられ、現実を変えていかなくてはいけないということや、自分が知らないことの多さを思います。社会的なテーマを扱った作品に笑いを入れ、全体的に明るいムードにしているのが良いと思いました。真面目や暗いムードばかりより伝わってくるものがありました。ぜひ沢山の人に観て頂きたい作品でした。

 

30代男性
30代男性

堤幸彦監督は好きすぎて個人的な考えや生活スタイルまで調べてしまうほどなので、当然この映画も監督ありきで拝見いたしました。やはり堤監督だなというテーマですばらしい作品でした。普段目にするニュースやドキュメンタリーでは上っ面をなでるだけのテーマを、現実に当事者が直面する汚い部分を描き切り、社会の課題の核心に迫る迫力ある映画です。障害者自身や、障害者を抱える家族が直面する問題は、決して今の行政や社会のありかた、もしくは生活保護などで解決するものではなく、壮絶な問題だと考えさせられました。骨のあるドキュメンタリーやノンフィクション作品がなかなか見られなくなった今、社会の暗闇に光を当てる重要な作品です。こういった社会のはざまに生きる弱者にスポットを当てる作品はすべからく息子が大きくなったら見てほしいと思います。キャストもすばらしく良かったです。昔から好きな竹中直人さんはもちろん、貫地谷しほりさん、田畑智子さんが特に印象に残りました。貫地谷しほりさん、若手を代表する演技派ですね。個人的に興味があるテーマで、キャストの演技もすばらしいので感情移入しすぎて終盤は涙が止まりませんでした。せつない、しかしひとりひとりが考えなくてはいけないテーマです。

30代男性
30代男性

障害者を取り扱う難しいテーマの映画にも関わらず、暗くなり過ぎずかといってリアルなところはしっかりと表現してありとても深い作品だなと感じました。物語としては発達障害で知能的には7歳児のまま大人になっているマコ(貫地谷しほり)と元売れっ子漫画家の父親(竹中直人)が知的障碍者の自立支援を行っている「ひまわり荘」にやってくることから始まるのですが、最初は自由でのびのびとした施設の生活にマコも満足し、父親も漫画家と復帰しそうになり順風満帆となるはずが厳しい現実が待ち受けておりそれでも頑張る父の背中に心を打たれます。知的障碍者という難しい役どころにも関わらず違和感なく演じる貫地谷しほりの演技力は目を見張るものがありました。また父親役の竹中直人さんも安定の演技力で身を呈して娘の為に行動する父は本当にすごいな~と感心します。また見る人の受け取り方次第で大きく映画のテーマが変わってくる作品だとも感じました、これまで障害者やそれを取り巻く環境などに殆ど興味がなかった自分でしたがこの映画を見ることで少しですが知ることが出来、実際はそれ以上に過酷な状況で生活している人もいるであろうと思わずにはいられませんでした。

 

まとめ

『くちづけ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました