空母いぶき(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アクション・アドベンチャー
映画『空母いぶき』予告編

空母いぶき(映画)の動画フルを安全に見る方法

『空母いぶき』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『空母いぶき』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

空母いぶき(映画)の内容

映画『空母いぶき』は、2019年5月に公開されました。

原作は、恵谷治さん監修のもと、かわぐちかいじさんによる同名漫画作品です。本作の相手国は架空の国家「東亜連邦」となり、いぶきに記者が乗り込む、護衛艦が全て架空の艦に変更されるなど、ストーリーはオリジナルのものとなります。

監督は、映画『ホワイトアウト』や『沈まぬ太陽』を手掛けた若松節朗さんが務めました。

本作の物語は、「東亜連邦」の工作員に日本の領土が占領されてしまい、それを死守するために出航した「いぶき」と、その乗組員を中心にそれぞれのやり方で平和を守ろうとする人々の熱い闘いが描かれております。西島秀俊さんと佐々木蔵之介さんのW主演を筆頭に、本田翼さん、髙嶋政宏さん、玉木宏さん、市原隼人さん、深川麻衣さん、中井貴一さん、佐藤浩市さんと若手からベテランまでの俳優さんが勢ぞろいした豪華な作品となっております。

いずも型空母が出るというので、ただそれだけの理由で見ました。こんな最新鋭の武器を見せて良いの?と思うくらい、さまざまな武器が登場してとても楽しめました。

凄く批判が多く見られるコンビニのシーンも、日本の日常の平和の象徴として良い味を出していると私は思いました。全世界の平和を願う者として、全世界に発信してほしいと思える作品で、沢山の方に見てもらいたいです。

物語のあらすじでわかると思うが、非常にデリケートで扱いづらい題材を上手にまとめています。さまざまな考えがある中で、登場人物たちの葛藤も出演者たちが好演してくれている。迫力も申し分なく、絶対に観て損はない面白い映画です。

原作既読で視聴しましたが、日本人らしさが表現されていて良かったです。改めて、自衛隊の皆さんに感謝しか言いようのない映画でした。

あらすじ

世界が再び「空母の時代」へと突入した20XX年。

10月。「東亜連邦」の船団と船員が遭難者のふりをして、日本の領土に上陸した工作員は、巡視船「くろしま」の乗組員を拘束し「ここは自国の領土である」と宣言し、日本に向かって発砲をしてきました。

未曾有の緊張が走る中、内閣総理大臣の垂水慶一郎(佐藤浩市)は日本の領土を守るため、初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を創設することにします。

「いぶき」の艦長には元・エースパイロットの秋津竜太(西島秀俊)が、副艦長には海上自衛隊所属の自衛官・新波歳也(佐々木蔵之介)が務めることが決まり現場に向かわせます。

空がうっすらと白み始めた午前6時23分。この後日本は、かつて経験したことのない一日を迎えることになる…。

見どころ

現実に起こる可能性

終戦してから75年以上経った現在で、自衛隊員が戦場で死亡することなく平和であり続けている日本。

しかし、周辺各国を見渡せば軍事的脅威も増しており、恐ろしく、絶対に起きてはならないことではありますが、本作のような物語が現実世界ではならないという保証など全くありません。

決して絵空事ではない問題提訴として、きわめて興味深い作品となっております。

豪華俳優陣

主人公の「いぶき」艦長・秋津竜太役を西島秀俊さんが演じております。これまでに、バトル系作品ではドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』などが知られており、アクションに定評がある彼の熱意ある演技は見事。

もう一人の主人公の「いぶき」副長・新波歳也役を佐々木蔵之介さんの熱演は本作を盛り上げてくれております。さらに、佐藤浩市さん、高嶋政宏さん、玉木宏さん、市原隼人さんと豪華面々が脇を固めております。

また原作にはない本作のオリジナルキャラとして、本田翼さん、斉藤由貴さんらも出演しており、大変賑やかになっておりますが、その中でも、中井貴一さんがコンビニの店長を演じております。原作にどう絡めているのか注目です!

スタッフ

原作:かわぐちかいじ「空母いぶき」
企画:福井晴敏
監督:若松節朗
脚本:伊藤和典 / 長谷川康夫
音楽:岩代太郎

キャスト

自衛隊

秋津竜太:西島秀俊
航空機搭載型護衛艦「いぶき」艦長

新波歳也:佐々木蔵之介
航空機搭載型護衛艦「いぶき」副長

湧井継治:藤竜也
第5護衛隊群群司令

中根和久:村上淳
航空機搭載型護衛艦「いぶき」船務長

葛城政直:石田法嗣
航空機搭載型護衛艦「いぶき」砲雷長

淵上晋:戸次重幸
第92飛行群群司令

迫水洋平:市原隼人
アルバトロス隊隊長

柿沼正人:平埜生成
アルバトロス隊パイロット

井上明信:金井勇太
海幕広報室員

浦田鉄人:工藤俊作
護衛艦「あしたか」艦長

山本修造:千葉哲也
護衛艦「あしたか」砲雷長

浮船武彦:山内圭哉
護衛艦「いそかぜ」艦長

岡部隼也:和田正人
護衛艦「いそかぜ」砲雷長

瀬戸斉明:玉木宏
護衛艦「はつゆき」艦長

清家博史:横田栄司
護衛艦「しらゆき」艦長

滝隆信:高嶋政宏
潜水艦「はやしお」艦長

有澤満彦:堂珍嘉邦
潜水艦「はやしお」船務長

大村正則:袴田吉彦
RF-4EJ偵察機ナビゲーター

備前島健:渡辺邦斗
RF-4EJ偵察機パイロット

政府

垂水慶一郎:佐藤浩市
内閣総理大臣

石渡俊通:益岡徹
内閣官房長官

城山宗介:中村育二
副総理兼外務大臣

沖忠順:佐々木勝彦
防衛大臣

沢崎勇作:吉田栄作
外務省アジア大洋州局局長

赤司徹:三浦誠己
外務省アジア大洋州局局員

ベイツ:ダニエル・レットン(声)
アメリカ合衆国副大統領

東亜連邦

東亜連邦兵士:中島トニー
東亜連邦兵士:ビル・フレミング(声)
MiG-35パイロット

一般人

本多裕子:本田翼
ネットニュース P-Panel記者

晒谷桂子:斉藤由貴
本多裕子の上司

藤堂一馬:片桐仁
本多裕子の先輩ディレクター

吉岡真奈:土村芳
藤堂一馬のアシスタント

中野啓一:中井貴一
コンビニエンスストア店長

森山しおり:深川麻衣
和田正幸:伊達円祐
コンビニエンスストアのアルバイト店員

田中俊一:小倉久寛
東邦新聞のベテラン記者

一之瀬隆:岩谷健司
東邦新聞記者

今井隆利:飯野智司
現代日報記者

柿沼正人の妻:横山由依(AKB48)

『空母いぶき』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

空母いぶき(映画)の感想

30代女性
30代女性

映像に映し出される大きな空母や護衛艦・潜水艦。更に、海上・海中・空中での戦闘シーンの迫力のある描写は見応えがある。「戦争をしない日本の自衛隊の戦争をしない為の戦いとは」というテーマを国民一人一人に投げ掛けている。日頃の自衛隊の訓練や警備活動についても考えさせられる。部下をまとめる力があり、万一の場合、武力行使や命を懸けることも厭わない秋津竜太一佐・空母いぶきの艦長(西島秀俊さん)。専守防衛・人命第一で行動して来たことに誇りを持っている新波歳也二佐・空母いぶきの副艦長(佐々木蔵之介さん)。相反する性格の二人のやり取りに注目だ。引き金を引くことを躊躇する自衛官の姿を通し、局所的な戦闘に留めようと努めながら、リスクを背負う自衛隊の方々の苦悩を痛感する。それぞれの立場で生じる様々な葛藤が描かれている。閉鎖的な空間で、艦長である西島秀俊さんの凛とした佇まいからは、緊迫感がヒシヒシと伝わってくる。副艦長である佐々木蔵之介さんの張り詰めた空気感は、見事だ。勢揃いした豪華なキャストたちが、暗くなりそうなテーマと画面を引き立ててくれている。戦争を知らない人たち、普段、戦争について考えることがない人たちがこの作品を通じて、平和について考えてくれたらと願わずにはいられない。

 

50代女性
50代女性

シビリアンコントロールの呪縛が、空母いぶきの手足を縛り、本来の起動性を活かせないまま終了すると、いう印象があります。文官統制とは、都合の良い言葉ですが、現場の判断が一番正しいのではないかと考えるからです。現場から程遠い安全地帯にいる者ほど、最前線の決意と危険をわかっていない。スーダンに派遣された自衛隊日誌の改ざんが国会で議論になった時にそう思いました。建前一辺倒の議論より現実はどうだったかを国民は知りたい。絵空事の改ざんされた情報では、建設的な結論は出ないし、未来を誤ることになります。この映画では、事実の伝道役として艦に偶然乗り合わせた記者らが担いますが、攻撃を受けて炎を上げ真っ黒な煙に巻かれ狼狽えている姿は一般人と何等変わりません。憲法の下で可能な限りの対処を模索し苦悩する自衛隊。煙を上げる護衛艦の映像に驚きと歓声すらあげる街のヒトビト。双方のギャップが有り過ぎて悲しいです。見ないから気付かず、解らない様に画策するチカラが働いている現状を映画のカタチを取って表わしたと言えます。私達は平和とお題目を唱えるのみで良いのか、一方で身体を張って日本国を守っている方々を影に追いやる状態が正しいのかを事実に基づいて考える時期です。

 

50代女性
50代女性

この物語は”近未来の日本”の姿の一面を描いています。では、どのくらい先の話なのか…と考えた時、秋津と新浪が”防衛大学校54期”という記述がありました。2010年に卒業しているはずの彼ら…秋津が”異例の昇進”ということで”いぶき”の艦長職に就いたというのであれば、40歳頃でしょうか。ということは、この舞台は2030年より少し前くらいなのかもしれません。その頃、日本を取り巻く世界は一体どうなってしまっているのか?コロナ禍で世の中がひっくり返るさまをまざまざと見せつけられている今、この「空母いぶき」で描かれている国際情勢の混迷が、全て絵空事とはとても言えないな、と実感しています。日本国民が気づかない間に、一夜にして世界がひっくり返ることもありうるのだと。とはいえ、エンターティンメントの作品です。肩ひじ張らずにドキドキワクワクできる、そんなシーンも沢山ありました。ことに、第五護衛艦隊の各艦長たちのキャラクターはバラエティ豊かで、その幕僚たちも自然とその色に染まっているかのよう。まるで護衛艦が一人の人間であるかのような個性を発揮していたと感じました。それが連携し、戦うさまの勇壮なこと!素直にカッコいいと思います。東京の政府中枢、そして遠い海の向こうで繰り広げられる息がつまるような攻防戦。こんな事態が起こらないことを切に願い、エンターティンメントとして楽しめることの幸せをかみしめる、そんな映画です。

30代男性
30代男性

沈黙の戦艦で知られるかわぐちかいじ原作のベストセラー漫画「空母いぶき」が満を持して実写映画化ということでこれは見逃せないと思い見たところがかなりの大当たり作品でした。国籍不明の謎の軍事組織から突然攻撃を受けるいぶき、混乱と動揺の中でそれぞれの立場から命と平和を守るために奔走する姿に胸を打たれました。舞台は日本の最南端の沖で国籍不明の軍事勢力が領土の一部を占拠し海上保安庁の隊員が拘束されるという異常事態、平和ぼけしている日本の自衛隊はなにをするにも後れを取ってしまい現代の日本の弱点が露点されています。やっと重い腰を上げた政府が航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心に護衛艦隊を現地へと送り出します。そして繰り広げらる海上や海中での戦闘シーンでは邦画では珍しい程に大迫力の戦闘シーンが繰り広げられています。敵の犠牲者を抑えるためにも最小限の武力行使しか出来ない日本、これがアメリカでしたらもう全力で排除されちゃいますよね。お国柄が良くでた映画だと感じました。そして最先端の技術が集約されている空母いぶき!ミサイルや魚雷に対する防衛システムはよく描かれておりとても興味深く見ることが出来ました。
しかしストーリーが進みにつれどんどんと戦況は厳しくなって行きます。

30代男性
30代男性

原作と違うところはありますが、「防衛には関心がないんだけど・・・」という人が、防衛について考える一つのきっかけになると思います。例えば現場の自衛隊部隊が「敵に対して先制攻撃をすべし」か、「法律で規定されているとおり、敵の攻撃があった後の反撃にすべき」なのかというシーンがあります。
「そういう考えもあるのか」と観ていただくのでも結構ですが、「もし自分が、この部隊の司令官や、艦長だったらどうする?」と、当事者、映画のキャラクターになったつもりで考えていただければ、尚、良いですね。その際に忘れてほしくないのが、「敵に撃たれたら、戦死する隊員が出る、その隊員には、家族も、友人もいる・・・」ということです。最前線で対峙している自衛官の描写の他に、コンビニという形で、民間人の描写があるのもなかなか良かったですね。欲を言えば、現場で敵と対峙している自衛官の家族の描写があると尚良かったですね。「夫や息子は無事だろうか、どうか無事でいてほしい・・・」と家族の無事を祈るシーンがあれば「隊員本人も大変だけど、家族も辛い」ということがつたわったのですが。尺の関係上でしょうか、なかったのが残念です。防衛に関してあまり良く知らない人が観るには中々良いのではないでしょうか。

60代男性
60代男性

この映画の内容は、めちゃくちゃホントにありそうなので、ドキドキしながら見ていました。実際に今、アメリカを中心に、何カ国か集まって、中国の覇権を制御しようと計画しています。それほど中国という国は、何を考えているか分からない国です。ある意味独裁国家ですから、北朝鮮と変わらないところがあります。とは言え冷静に見れば、マスコミが作り上げた虚像であるかも知れないです。しかし、中国ともし戦争したらこうなるという、シュミレーションのようで、鳥肌が立ちました。その内容に対しての批判と思われますが、見る前の評価が低すぎて、行かないで見過ごしてしまいかねませんでした。ですから、全く期待しないで映画館に入りました。しかし、見終わった時の感動、天地雲泥の差がありました。間違いなく秀逸で、観るものにたくさんの気づきを与えてくれる、素晴らしい作品だということが分かりました。確かにテーマは物凄く政治的です。安倍さんの目指している憲法の問題にも抵触するものです。ですから、それを良しとしない人にとっては、この映画は煙たいのかも知れません。この映画で考えさせられたのは、現憲法下、核の時代では、今の自衛隊の存在はベストだということなのでしょう。そして、日本人こそ世界に冠たるヒューマニズムに溢れた民族は、いないと言うことです。リーダーのギリギリの熱い戦いに、涙腺崩壊間違いありません。素晴らしい日本人に拍手喝采です。

 

まとめ

『空母いぶき』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました