あゝ荒野 完全版(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
「あゝ、荒野」本予告編

あゝ荒野 完全版(映画)の動画フルを安全に見る方法

『あゝ、荒野 完全版』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『あゝ、荒野 完全版』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

あゝ荒野 完全版(映画)の内容

映画『あゝ、荒野 完全版』は、2017年10月に「あゝ、荒野 前篇」と、「あゝ、荒野 後篇」がそれぞれ公開された映画に未公開シーンを追加し、全6話のドラマに再編集された作品です。

原作は、1966年に刊行された寺山修司さんの長編小説で、企画を立案したプロデューサーの河村光庸さんが、2021年の近未来へ改変し、2020年の東京オリンピックを終えた日本を舞台に制作されました。

監督を務めたのは岸善幸さん。映画「二重生活」の監督を務めた岸監督は、「二重生活」のプロデューサーを務めた河村さんから本作の話がありました。当初は、50年前の小説なら新解釈と打ち出さないとやりづらいと思っていたそうですが、近未来へ改変していることでオファーを受けました。

映画『あゝ、荒野 完全版』は、2020年の新宿を舞台に、孤独なふたりの若者がボクシングに出会い、過酷な運命にあらがっていく姿を圧倒的熱量で描いた作品となり、主演のふたりに菅田将暉さんと韓国の俳優ヤン・イクチュンを起用。

この作品は、AMDアワード・AMD理事長賞受賞や、菅田将暉さんが日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、各賞を総なめにしました。

 

ただのボクシング映画ではなかった。生い立ちや環境に恵まれなかった2人が、ボクシングを通じて精神的にも肉体的にも強くなって、芽生えた友情や信頼関係を築き生きる意味を見つけていくという、かなりドラマチックな作品だった。最後、2人の対決は死闘と呼ぶべき戦いで見てるだけで涙が溢れてきた。男性は好きな作品だと思うので、ぜひ観ていただきたい。

菅田将暉がイケメンすぎて辛いと思ってたらヤン・イクチュンもいい。前半はユースケ・サンタマリアがいい。園子温や岩井俊二も影響を受けた寺山修司唯一の小説の映像化は難しい世界だった。新宿の名前を背負って戦う菅田くんと新宿のデモをリンクさせるのは何かダサいと思った。

きれいな登場人物は誰一人いない。そのお陰で現実味が溢れていて、とても納得のいく映画でした。

ボクシングシーンは、本気でボクシングしていると思えるくらいだった。ラストは少し過剰演出と感じたけど闘ってる感は半端なかった。それぞれの人物の悩みが、画面全体の空気から伝わってくる名作だと感じました。

あらすじ

少年院から出たばかりの沢村新次(菅田将暉)は、自分と立花劉輝(小林且弥)を裏切った山本裕二(山田裕貴)に復讐しようとしますが、ボクサーとなった裕二の返り討ちにあいます。新次を助けたのは吃音症の青年、二木健二(ヤン・イクチュン)。それを目撃していた片目こと堀口(ユースケ・サンタマリア)は、2人をボクシングに誘います。

堀口の運営するボクシングジム「海洋拳闘クラブ」で暮らし始めた新次。建二もまた、暴力的で自分を支配する父親と決別し、ジムに移り住みます。寝食を共にしながらボクシングに没頭していく2人は、共にプロテストを目指します。

2人はデビュー戦に臨みます。弱腰の建二に対し、新次はすぐに頭角を現していきます。すべて上り調子に思えたある日、新次と共に裕二に裏切られたはずの劉輝が、当の裕二と屈託なく笑いあっている姿を目にしてしまいます。

新次は、かつて自分を捨てた母親から、建二との親同士の因縁を聞かされます。一方、建二は図書館で倒れた妊婦・恵子(今野杏南)を助けます。そんな彼らの知らないところで、海洋拳闘クラブには廃業話が持ち上がっていました。

建二は、癌で死を前にしてもなお高圧的な態度をとる父親との再会し激しく心を乱されます。一方、新次は宿敵・裕二との決戦を前に、憎しみに心をみなぎらせていました。そして、孤独を感じた建二はある決断をします。

建二は徐々に才能を発揮、プロとして勝利を重ねていきます。新次は海洋拳闘クラブの廃業後、アルバイトをしながら漫然と暮らしていました。そんな彼のもとに堀口が試合の話を持ってきます。その相手は建二でした。

見どころ

ボクシング

本作は、ボクシング映画だと岸監督は撮影前に全スタッフの意識を統一したそうです。それは、ボクシングを軸にしないとリアリティが出せないと思ったから。そのため、菅田将暉さんもヤン・イクチュンさんも対戦相手の役者たちも撮影が始まる半年前からトレーニングし、肉体改造をしています。

リングに上がった役者はみんな実際にパンチが当たっても大丈夫な体を作っていたことでリアリティある映像が撮れています。劇中にも出演していたレフリーは、実際に世界戦のレフリーをしているJBC(日本ボクシングコミッション)の方で、役者たちのパンチのスピードなどプロテストが通るレベルだと言われたそうです。

スタッフ

原作:寺山 修司「あゝ、荒野」
監督:岸 善幸
脚本:港 岳彦、岸 善幸
音楽:岩代 太郎
主題歌:BRAHMAN「今夜」

キャスト

新宿 新次(沢村新次):菅田 将暉
幼少時に父親が自殺し、母親に捨てられ、孤児院で育った。孤児院で出会った劉輝と共に高齢者詐欺を働き、仲間の裕二が裏切り、裕二の仲間を刺傷した罪で少年院へ入れられていた。

バリカン 健二(二木 健二):ヤン・イクチュン
自衛隊員の父親と韓国人の母親を持つハーフ。内気な性格で吃音症。理髪店で働く。

曽根 芳子:木下 あかり
ラーメン屋で働きながら新宿で売春をしている。新次と恋仲。

京子:木村 多江
新次を捨てた母親。宮本の秘書兼愛人。

片目(堀口):ユースケ・サンタマリア
ボクシングジム海洋拳闘クラブを運営。

馬場:でんでん
片目の現役時代の師匠で、片目が雇ったトレーナー。

二木 健夫:モロ 師岡
健二の酒乱の父親。元自衛官。

宮木 社長:高橋 和也
主人公2人を抱える貧乏ジムとラブホテルを居ぬきで使うケアホームのインチキくさい社長。

西口 恵子:今野 杏南
図書館で倒れた妊婦。自殺研究会。

山本 裕二:山田 裕貴
物語の鍵を握るボクサー。

曽根セツ:河井 青葉
芳子の母親で福島の被災者。

石井 和寿:川口 覚
ケアホームの2代目オーナー。

七尾 マコト:萩原 利久
自殺研究会、高校生。

立花 劉輝:小林 且弥
裕二により下半身不随となる。

真熊:山本 浩司

オルフェ:鈴木 卓爾
バー楕円のマスター。

川崎 敬三:前原 滉
自殺研究会主催。

為永 猛 : 松浦 慎一郎
健二の対戦相手。

まり:山田 杏奈
為永の妹。八百屋。

神山 佐助:大内田 悠平
新次の対戦相手。山本裕二と同じジム。

檜垣:井之脇 海
新次の昔の仲間。

福島:山中 崇
東都電力の部長。お客様苦情係。

 

あゝ荒野 完全版(映画)の感想

40代女性
40代女性

菅田将暉さんは「あゝ荒野」で最優秀主演男優賞を取っています。それだけあってギラギラと血がみなぎっていて役に憑りつかれたような演技が見どころです。それと同じくらい好演しているのが健二役のヤン・イクチュンさんです。演じているように全く見えませんでした。そこにいるそのままの人物のようです。健二のエピソードが見たくないけど見たくなるようなもどかしいけれど応援したくなるようなそんな感じです。生い立ちと環境が悪くとも根が優しい健二。健二はボクシングのおかげで変わっていきます。一見とてもうさん臭い元ボクサーのコーチ(ユースケ・サンタマリア)と新次(菅田将暉)がありのままの健二を受け入れてくれて、優しくされたことのない健二は泣き出してしまうのですが、その雰囲気がまるで子供みたいでとても可哀想に感じました。新次は健二を兄貴と慕いとても良い関係を築くのですが、ずっとそのままの良い関係でいて欲しかったと思ってしまいます。「あゝ荒野」は自分の意志ではなく運命に翻弄されてしまった人達の物語です。そこから立ち上がるためには、強い意志と強健な体が必要です。新次にはそれがありました。ラストはとても嫌な感じで終わります。しかし、希望も悲観も観た人次第です。舞台は、近未来の新宿ですが、一昔前のようにも感じます。寂れた新宿が今後の日本のようにも感じられ不気味です。

 

まとめ

『あゝ、荒野 完全版』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

菅田将暉のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました