小さな旅7/5岐阜・和傘の見逃し無料動画配信と再放送情報|Youtube/Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuよりオススメ

NHK

『小さな旅』の見逃し動画フルを安全に見る方法

『小さな旅』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『小さな旅』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『小さな旅』の番組内容

こころのふるさとをみつめて。
昭和58年から放送が始まった「小さな旅」。
日本各地の美しい風景と、そこに育まれる人々の暮らしをご紹介します。

引用元:NHK

『小さな旅』7/5の番組内容

「骨とろくろと雨の花~岐阜和傘~」
長良川が流れる岐阜市周辺は、江戸時代から続く、全国一の和傘の産地。良質な竹と美濃和紙を使った岐阜和傘。職人たちは分業制でその技を守り継いできました。竹で傘の骨を作る老職人。和傘を開閉する要の部品・ろくろを作り出す全国でたった一人の職人。完成した和傘に仕上げる女性職人は、次の世代へと岐阜和傘を受け継ごうと奮闘を続けます。ふるさと岐阜の和傘の伝統を守り生きる人々の物語です。

引用元:NHK

『小さな旅』7/5の出演者

『小さな旅』7/5の放送日時と再放送情報

【放送日時】

NHK総合 2020年7月5日(日) 午前8:00~午前8:25(25分)

【再放送日時】

NHK総合 2020年7月11日(土)午前5:15~午前5:40(25分)

 

『小さな旅』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『小さな旅』7/5の感想

50代女性
50代女性

今回の旅は岐阜県。岐阜県の有名人と言えば野口五郎に岡田奈々、あいざき進也に清水ミチコ。武将では織田信長でしょうか。織田信長と言えば「美濃」です。美濃和紙が有名で美濃和紙を使って作る和傘の生産が盛んだそうです。和傘は自分では使うことはありませんが、差している人を見かけると「素敵」とか「粋」とか思いますね。和傘を作るには美濃和紙の他に傘の中心になる「ろくろ」を作る職人がいて、骨を指して美濃和紙を張り付けて和傘を完成させる職人がいます。急死した父親の跡を継いでろくろ職人になった。でも、それは本人では無く母親の希望。別にそれを不服とも思わなかったけれど、母親が亡くなる時に「済まない」と思っていたことを知りました。切ないですね。就職難の時代に和傘と出会い和傘職人に弟子入りした女性は2年の下奉公のあと仕事をおしえて貰い、10数年を経て独立して結婚・出産をしました。可愛い息子に作ってあげた小さな和傘を持って「ボク、これ気に入った」と言うのを見て目を細める和傘職人の母親の顔。天気の良い日に日傘として和傘を指す女性達。和傘は日傘にもなるんですね。日本の中心である岐阜、破天荒な武将達を生んだ美濃地方で可愛いらしいカラフルな和傘が名産であることを知った『小さな旅』でした。

40代男性
40代男性

岐阜和傘の職人の世界の紹介でしたが、優れた品質の高さを誇りながら職人の数がほとんどいない状態に、さもありなんと思いながらももったいないと思いました。骨組みを作っている男性は、作業で使用する刃物を作れる職人がいないために、自分で作らざるをえないそうです。そうして作られた傘の骨組みを束ねて一品の華麗な岐阜和傘を完成させる職人として、ひとりの40歳女性にスポットが当てられていました。岐阜和傘に見惚れて人生を捧げることになった彼女は、外国語系の大学を出て通訳を目指していたそうですが、バブル崩壊後の就職氷河期で自分の目指すところを見つめ直したそうです。しかし、両親からは反対され、おまけに和傘の職人からは弟子入りを拒まれてなかなか受け入れてくれずに相当大変だったそうです。しかも、3年間は使い走りで傘には指一本触れさせてもらえなかったと言います。よく耐えれたなと感心しました。3年間も使い走りをさせるというのは、嫌がらせをしてやめてほしかったのかもしれません。おそらく給料もほとんどなかったのではないでしょうか。それでもめげずに彼女は、傘の作り方を見つめ続け、ついに30歳半ばで独立しました。現在は結婚もしてかわいらしいお子様にも恵まれています。そんな彼女の作った岐阜和傘は、可憐な華がここぞと咲いた日本の4季に映える美しいものでした。

40代女性
40代女性

岐阜県の長良川の中流に織田信長は城下町を作ったそうです、それが今では和傘の職人が住む町となっています。木材や和紙なども名産で漆を使った工芸品もあるそうで山中の町という感じですね。竹を水に漬けて置かないと柔らかくならないし、まっすぐに割れないとは最初に気づいた人は凄いですよね。岐阜和傘の骨組みは48本もあるなんて作るのが大変ですね、竹筒に何も見ないで線を引くなんて流石プロですね。それを細く切っていきますが全部、目見当で簡単そうにやるから職人技って感じなのに、それでも満足にできるやつばかりじゃないって尊敬します。傘を開閉するための繋部分の轆轤を作っている人は全国でたった1人って大変じゃないですか、この人がいなくなったら岐阜和傘はなくなるってことは悲しいですね。一ミリ感覚で切り目を手で動かしてやていて凄い、3個に1個は出荷できないって難しいんだね。専用の刃物を作ってくれる職人さんもいないから自分で作るのも凄いです。ほっと一息つく昼食に奥さんの手作りお弁当を一緒に食べるのは温かくて笑顔になりました。傘を組み立てる職人は40歳の女性で若い人がいた事に安心しました、就職氷河期の時代に岐阜の和傘を見て弟子にしてくれと頭を下げたのは偉いですね。3年の下働きに10年の修行ってよく絶えましたね、今は独立して結婚もしているようで良かったですよね。日傘としても使って良いならお洒落ですよね、女性が作ったからか柔らかい色合いで綺麗ですね。

40代女性
40代女性

日本の伝統的な文化や芸術などもそうですが、だんだん高齢化が進んできていることが気になります。今回の「小さな旅」で紹介されていた『岐阜和傘』も同じだなと思いました。しかも、『岐阜和傘』は分業制で1本の傘が作り上げられていて、竹で傘の骨を作る職人、和傘の開閉をする要の部品である“ろくろ”を作る職人、そして、完成した和傘に和紙を貼って作る職人と1人では完成させることができない作り方になっているので、この技術を継承していくのは大変だなと思いました。この中で、“ろくろ”と言われる傘の開閉に重要な部品のことをはじめて知りました。特に、これができる方は現在、既に全国でたった1人となっているそうで、早急に考える必要があると思いました。和紙を貼って傘に仕上げる女性のように、傘づくりに憧れてこの技術を継承してくれる人が出てくれば良いなと思います。以前、岐阜県を訪れた時に、飛騨高山のあたりも古い町並みが続いていて、街中が協力して守っていこうとしているのだろうと感じましたが、今回紹介されていた岐阜市でも同じように町全体で保存していこうという雰囲気が感じられるなと思いました。古い街並みと和傘がとてもよく似合っていて、この和傘を使えば、憂鬱な雨も少し楽しくなるかもしれないと思いました。

 

40代男性
40代男性

この題名を見て「骨と傘」は分かるけれども「ろくろ」と何の関係があるのか謎であるはず。この「ろくろ(轆轤)」は陶芸に使うそれではなく、和傘製作に欠かせない謂わば「心臓部」となる部品の名称であり、エゴノキという木を削って作る「直径3cm」のこの部品を作れる職人も、日本全国でたった一人という事実に驚きます。1mmの等間隔で48本の刃を刻むという細かい作業は、50年近いベテラン職人であっても完成品の1/3は失敗するという高い技術力を要するもの。製品を作る職人がいなくなれば、必然的に刃物を研ぐ鍛冶屋もいなくなるわけであり、穴あけ用の刃も加工して手作りするほどです。傘の骨は、水に浸けた真竹を目見当で割り続け、幅2mmの骨を48本作ってしまう職人の技術力によって作られます。いとも簡単に作ってしまう「御年85歳の熟練工」が見せる見事な手さばきに感動します。最後の仕上げはこれらをつないで完成させる40歳の女性。職人に弟子入りし厳しい下働きを経て独立したという彼女が、当初描いた夢とは大きくかけ離れた「傘職人」となったのは、立ち寄った先で和傘の美しさや骨組の繊細さに魅せられたから。一人の女性の運命までも変えてしまう「魔力」を持った岐阜和傘というものを手に取って見たくなります。「傘」という漢字のように、人との繋がりで出来上がる素晴らしい日本の伝統工芸に携わる人々の厳しい現状にも、傘を愛する彼らの笑顔に救われる気がしました。今回担当したのは山田敦子アナウンサー。いつもは現地でインタビューする彼女も、今回はナレーションのみで少し寂しかった。出来立ての美しい岐阜和傘を手に取り、感動する彼女の生の声が聞きたかったです。

 

40代女性
40代女性

和傘は日本の伝統工芸品であることは知っていたものの、実物を見たことはありませんでした。しかし今回番組で岐阜和傘を取り上げると知り、どんなものかと見てみたら、職人芸の凄さに圧倒されてしまいました。工程ごとにそれぞれの職人さんがいて、自らの仕事に魂を込めていました。傘の「骨」を作る職人さんは、竹を手で細く細く割っていき、絶妙な加減で削っていきます。骨が完成したときに、もとの竹のように丸く収まるようにしているというのが驚きでした。骨をまとめて閉じる部分の「ろくろ」を作る職人さんは、作業のための道具も自分自身で作っています。ミリ単位の細かい穴開け作業は息をのんで見入ってしまいました。最後に部品を組み立てて完成させる職人さんは、糸を巧みに操りながら、丁寧に傘のかたちに仕上げていきます。この仕上げの職人さんが少しずつ作り上げていく姿は、なんだかその姿そのものがひとつの作品のようだと感じました。そして、出来上がった和傘の美しいこと。美濃和紙が光をやわらかく透かして、淡いステンドグラスのようで、思わずため息が出るほどでした。ぜひ多くの方に知ってほしいと思いました。番組はコンパクトにまとまっていてとても見やすかったです。おすすめです!

 

まとめ

『小さな旅』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました