小さな旅の見逃し無料動画配信と再放送情報6/28山梨県・市川三郷町|Youtube/Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuよりオススメ

NHK

『小さな旅』の見逃し動画フルを安全に見る方法

『小さな旅』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『小さな旅』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『小さな旅』の番組内容

こころのふるさとをみつめて。
昭和58年から放送が始まった「小さな旅」。
日本各地の美しい風景と、そこに育まれる人々の暮らしをご紹介します。

引用元:NHK

『小さな旅』6/28の番組内容

選「花火師たちの大舞台~山梨県 市川三郷町~」
山梨県市川三郷町は、甲斐の国を治めた戦国武将・武田信玄の“のろし”に起源をもつといわれる花火づくりの里。夏、地元の花火師たちが、自慢の花火を披露する大会には、毎年20万人以上の観光客が訪れます。魅力あふれる華やかな打ち上げ花火づくりにかける老舗花火会社の若社長。昔ながらの線香花火作りを守り続ける女性。その線香花火に使う和紙をすく職人。花火とともに生きる人々の物語です。

引用元:NHK

『小さな旅』6/28の出演者

【旅人】山本哲也(アナウンサー)

『小さな旅』6/28の放送日時と再放送情報

【放送日時】

NHK総合 2020年6月28日(日) 午前8:00~午前8:25(25分)

【再放送日時】

NHK総合 2020年7月4日(土)午前5:15~午前5:40(25分)

 

『小さな旅』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『小さな旅』6/28の感想

40代女性
40代女性

今年は、新型コロナウイルスの影響で、既に全国各地の花火大会の中止が決まっているので、少し早いですが、うっとうしい梅雨の時期に、きれいな花火の映像が見られるのは良いなと思いました。全国で開催されていた花火大会などを見ると、山梨県には花火を作っているところが多いのだなと感じたことがありますが、それは、戦国時代の武田信玄が使っていた“のろし”に起源をもつと言われているという説明を聞いて、納得しました。以前は、単調な感じだった打ち上げ花火も近年は、どんどん新しいタイプの花火が出てきていて、より華やかな打ち上げ花火をつくろうとしている老舗の花火会社の若社長の努力とアツイ思いが伝わって来て、良いなとおもいました。また、昔ながらの線香花火を手作りの和紙を使って丁寧に作っている女性も良かったです。花火と言っても、巨大な打ち上げ花火から、静かに楽しむ線香花火まであり、老若男女どんな人でも楽しめる娯楽が、古くから続いているというのは、幸せなことだなと思いました。緊急事態宣言が解除された後、全国でサプライズの打ち上げ花火が上がりましたが、梅雨明けしたら、またそんなイベントが開かれると良いなと思います。打ち上げ花火を見て楽しむ観客も、全国で花火を作っている花火会社の人も嬉しくなるようなイベントを「密」にならないように企画して欲しいと思いました。

50代女性
50代女性

まず、花火の発祥が山梨県だとは知りませんでした。それも武田信玄がのろしを挙げたことによるものから、花火が始まったそうなのですが、私は中国から渡っていたものだと思っていました。また、徳川家康が花火を広めたのは何となく知っていました。徳川家康の生まれた愛知県岡崎市は花火造りが盛んだからです。市川三郷町は花火造りが盛んで、資料館まであるそうですが、それもちゃんと先駆者がいて、その人が花火を作ったのはやはりすごいと思いました。その子孫が海外の安い花火に押されながら、今でも花火作りをしていて、それも地元の和紙にこだわっているのが良かったです。また、和紙を作っている人が、高齢になっても「和紙作りは今も勉強だ。」と言っていたのが、印象に残りました。決してマネの出来ることではないと思いました。それから、打ち上げ花火を準備しているところを初めて見ましたが、電気を使って、上げることに時代の変化を感じました。人々を喜ばせるために図案などを考え、エンターテイメント性を感じます。花火はものすごく原始的なのですが、今も26万人も集まって、人々に見られていることに花火はプロジェクションマッピングにも負けないと思いました。

40代女性
40代女性

このテーマソングと落ち着いた雰囲気。日曜の朝にふさわしい番組です。かつて花火の街として栄えた山梨県市川三郷町。毎年夏に開かれる花火大会の、町を上げての盛り上がりが印象的でした。恒例の場所取り合戦と、花火について語る町の人たちの誇りに満ちた表情。江戸時代、市川三郷町から花火が日本中に広まっていったという歴史の重みを感じさせます。特に印象的だったのは、町の売店で売られている昔ながらの手作りの線香花火です。線香花火に使うためだけに、特別にすかれた和紙と、それを使って花火を作る町の女性。外国製の安価な花火に押され、手作りの花火は作られなくなっていきました。しかしそれでも、こうして細々と作られ、子供たちで賑わう売店の片隅で売られ続けているというのは嬉しいことです。「花火のための紙」を追求し、薄く薄く、と紙をすき続ける職人さんの年老いた手。それを使って花火を作る高齢の女性が語る、懐かしい思い出たち。見ているだけで郷愁をそそります。もしかしたら、全ていつかは消えていく文化なのかもしれません。そんなことに思いを馳せながら、夏の夜にゆっくりと昔ながらの線香花火を楽しみたいな。そんなことを思いました。外国製の安価な花火にはない、独特の情緒が感じられそうです。

50代女性
50代女性

大野雄二さんのおなじみのテーマ曲に乗せて始まる「小さな旅」は、いつも日本各地の様々な情景を映し出して心にしみ入ります。今回の舞台となる山梨県市川三郷町も、古くからの伝統の花火と、それを受け継ぐ人々の暮らしが丁寧に描かれていました。毎年20万人もの観光客が訪れるという花火大会について尋ねられたときの、住人の皆さんの誇りに満ちた答えがとても印象的でした。短い夏を彩る花火を心待ちにして1年を過ごす人も大勢いるのではないかと思います。また、打ち上げられた花火を見るたびに、かつて一緒に花火を見上げた人に思いをはせたり、また懐かしい思い出を胸によみがえらせたりするのではないでしょうか。花火を見つめる人たちがそれぞれに抱える思いが、夜空をさらに美しく輝かせているのではないかと感じました。また、家庭で楽しむ手持ち花火のエピソードも心に残りました。夏休みにやって来る孫と一緒に、一本一本花火を選べるお店があるのはうらやましいことです。手持ち花火の中でも、最後に必ずやりたくなるのが線香花火ではないでしょうか。手すきの和紙を作る職人さんや、その和紙を使って作る線香花火は本当に素晴らしいと思いました。細やかな日本の伝統をつなぐ手仕事を、これからも残していってほしいと、しみじみと感じました。

50代女性
50代女性

山梨県市川三郷町は武田信玄ののろしに起源を持つとされる花火の里として有名です。夏になると花火を楽しみにしている人々のために花火師たちが自慢の花火を披露します。観に来てくれる観客はなんと20万人以上。人々の心を癒し、励ます打ち上げ花火です。この花火を見て人々は「一年間頑張ろう!」と思えるのかもしれません。打ち上げ花火だけではなく、昔からある線香花火を作る人、その線香花火に使う和紙の職人もこの町にはいます。町を上げて花火作りに精を出しているのです。花火には不思議な力があります。江戸時代から人々の心を掴んできました。観ると元気がわいてきます。今、日本は未曾有の大ピンチを迎えています。しかし、夏祭りは軒並み中止になり、花火を作る職人も苦境に立たされています。先日、日本各地で花火が打ち上げられ、人々の心に勇気を与えたというニュースを目の当たりにしました。人が密になる花火大会は無理かもしれません。しかし、花火は人の心に勇気を、希望をもたらします。夏に限らず定期的に日本全国で花火を打ち上げることを提案します。人々の心に希望を与えつつ、花火業界の人をも活性化させるためには必要だと感じました。コロナには負けないぞ!という結束も出来ると信じています!

40代女性
40代女性

最近の打ち上げ花火は、色も形も様々に増えて文字通り多彩になりましたよね。音楽に合わせて踊るように打ち上ったり、色が変わったり、きらめきながら消えていったり。そんな大掛かりな仕掛け花火が、さかのぼれば武田信玄の”のろし”につながるのだとは驚きました。市川三郷町の人々が、この地に根付いた花火を誇りに思っている理由がとてもよく分かります。山の花火工場で準備されていた打ち上げ用の筒は、整然と並んでおり、シルバーに輝きとてもクール。その背景にある地道な家族の努力物語とは対照的に見えました。花火の世界にも、時代に翻弄された時があったんですね。打ち上げ花火はどのように考えられるのだろうと思っていましたので、若社長がスケッチブックに書かれた図案を見せてくれたシーンはとても興味深かったです。今わたしたちが楽しんでいる多彩な花火は、このような努力の賜物なのですね。和紙で包まれた昔ながらの線香花火は、品よくとても素敵でした。和紙を漉く作業や、線香花火に撚っていく作業にかけられた手間を想うと、火をつけた時にはそのはかなさが一層感じられるのではないかと思います。24万人を集めた神明の花火はもちろん素晴らしかったですが、線香花火に集まる家族の輪も、とても良い風景でした。

 

まとめ

『小さな旅』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

小さな旅6/14

小さな旅6/21

小さな旅6/28

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました