小さな旅の見逃し無料動画配信と再放送情報6/14秋田県田沢湖|Youtube/Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuよりオススメ

NHK

『小さな旅』の見逃し動画フルを安全に見る方法

『小さな旅』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『小さな旅』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『小さな旅』の番組内容

こころのふるさとをみつめて。
昭和58年から放送が始まった「小さな旅」。
日本各地の美しい風景と、そこに育まれる人々の暮らしをご紹介します。

引用元:NHK

『小さな旅』6/14の番組内容

秋田県田沢湖は、深さ423mと日本一。透明度も高く、四季折々に表情を変える神秘的な“青の絶景”が、多くの人々を惹(ひ)きつけます。自転車の魅力を伝えながら湖の豊かな自然とともに暮らす80代の女性。戦前まで田沢湖だけに生息していた幻の魚・クニマスとともにあった暮らしと、ふるさとの自然の再生を願う元漁師一家の男性。変わりゆく湖を記録し続ける写真家。時代に翻弄されてきた田沢湖とともに生きる人々の物語です

引用元:NHK

『小さな旅』6/14の出演者

【旅人】山本哲也(アナウンサー)

『小さな旅』6/14の放送日時と再放送情報

【放送日時】

NHK総合 2020年6月14日(日) 午前8:00~午前8:25(25分)

【再放送日時】

NHK総合 2020年6月20日(土)午前5:15~午前5:40(25分)

 

『小さな旅』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『小さな旅』6/14の感想

20代女性
20代女性

日本にこんな綺麗な湖があるとは知りませんでした。ものすごく綺麗なブルーでした。小さな旅では毎回知らない日本のよさをたくさん教えてもらえます。また静かな語りと穏やかな雰囲気の中番組が進んでいくので、綺麗な景色や趣のある街並みがより一層魅力的なものに感じられます。今回の田沢湖も番組の穏やかな雰囲気と相まってより神秘的なものに感じられました。この番組は余計なBGMもないので、自然のそのままの息遣いを感じることができます。また地元の人たちの生の声も聞くことができます。田沢湖に魅了される人たちの声も聞くことができて、より田沢湖に行ってみたい気持ちが大きくなりました。日のあるうちの田沢の綺麗なブルーも素敵でしたが、朝日が登る前の田沢湖の様子もとても綺麗でした。写真を撮るためにあんなにたくさんの人たちが集まっているのには驚きでした。朝陽が登る頃は綺麗なブルーはあまり映えて見えないのですが、湖ならではの穏やかな水面となんとも言えない綺麗な色の空が素敵でした。田沢湖に魅了される人たちも湖と同じように穏やかな人柄だなと感じました。色んな顔を見せてくれる広大な湖を見ていると心も穏やかになるのではないかと思いました。

30代男性
30代男性

日本で最も深い湖である田沢湖は、不思議な湖でもあります。まず湖の成因ですが、位置的にも形状的にも火山活動の産物であるカルデラ湖と考えられますが、対応する噴出物が見つかっていません。そのため、隕石によるクレーター説が唱えられたこともありました。またクニマスという固有種の魚が生息していたものの、人工的な環境変化で絶滅に追いやられてしまいました。しかし、絶滅したと思われたクニマスの放流個体が2010年になって山梨県の西湖で生存が確認されるという奇想天外な経緯をたどっています。そんなワンダーレイクとも言うべき田沢湖ですが、今回の番組では四季の変化による湖岸の風景の移ろいが特集されていましたね。感想を一言で表すなら、溜め息が出るような美しさです。ほぼ円形に近い丸みのある湖には、番組で「水鏡」と喩えられているような青い湖水が湛えられ、見ているだけで吸い込まれそうな気分になってしまいました。そんな視聴者を魅了してしまう田沢湖に、地元に暮らす人々が魅了されないはずがありません。自転車と湖が大好きなお婆さん、クニマスの復活を願う元漁師、そして湖の変化を写し続ける写真家など、湖と共に生きる人々の生き様が紹介されました。美しい湖と、湖岸の人々の暮らし。それらが一体となって土地の魅力を高めているのだと思いました。

40代女性
40代女性

青い湖の上でSAPを楽しむ人々の背景に青緑の山々があり、それが晴天の青い空につながる清々しい美しさは素晴らしいものでした。日本で最も深い湖でありながら、どうやってこれほどの量の水が溜まったのかは未だに分かっていないなんて、本当に神秘的です。1年の半分は雪でままならないと聞くと、湖の青と草木の新緑を同時に見ることのできる時は、とても価値のあるものだと感じました。番組に登場した土屋さんは日本各地を巡った方だそうですから、終の棲家としてなにも半年雪と闘わなければならない大変な場所を選ばなくても良かったはずではないかと思いますが、それでも田沢湖を選んだ理由がわかります。美しい風景を楽しみながら強く生きる女性は、とても素敵だと思いました。湖のどの映像もとても美しく、まるで絵画のようでしたが、なぜ現在の田沢湖がこんなにも青いのか。元の自然に人の手が加わった結果の副産物であるということは、忘れてはなりません。クニマスがダム建設からわずか1年で絶滅してしまったということを知り、ショックでした。湖の質が変化したことによる神秘の青ですから、現在の私たちはその美しさを受け取りながら、人が便利さを手に入れると同時に消えていった生き物たちについても思いを馳せなければならないと感じます。自然と共にどう生きていきたいのか、考えるきっかけをくれる番組です。

50代女性
50代女性

「小さな旅」という番組だけあって本当に田沢湖を近くで見ている様な気分になりました。鮮やかなブルーの湖。423mと日本1深い湖。湖面に差し込む光によって変化し、淡い瑠璃色、濃藍色がとても美しく神秘の湖と呼ばれ海外からも年間200万人訪れる人気の湖だそうです。田沢湖を愛してやまない81歳のロードバイクのインストラクターの女性は「春から冬、雪が降るまでの変化が何事にも代え難い。湖と陸が近い事が素晴らしい。」と、年をとってから田沢湖近くに住み「終の棲家」として「風と、空気と、緑を日々見ながら住めている事に感謝している。」と生きる事を楽しんでいて、私も日々の過ごし方を見直したくなりました。「みそたんぽ」は地元の方のおやつとして愛されているそうで70歳の男性が茶屋を営み出したのが昭和中頃から。かつては湖で魚を採っていたそうで特に「クニマス」を高級魚として、生活の糧。天からの授かり物。であったのですが戦争のため湖に水力発電所が作られ川の水が流れ込み酸性化し1年で魚全てが全滅してしまったそうです。神秘のブルーに秘められた光と影を感じる歴史です。79歳の男性は湖を撮り続けて50年。田沢湖に魅了されフィルムに焼付けて来たそうで「母なる湖、包まれる様な宝の湖。自分達の心の鏡。耐える事、待つ事、急ぐなと言う事を教えてくれる。」と田沢湖に感謝しながら撮り続けているそうです。私も是非田沢湖に行ってみたいと思いました。

 

50代女性
50代女性

田沢湖は東北にあることと名前だけは聞いたことがあるという程度の知識しかありませんでしたが、こんなにも美しい湖なのかと、まずはその青さに驚きました。NHKの美しい風景を美しく撮影する技術は本当に素晴らしいと思います。ご当地グルメはもちろんですが、「人」にスポットが当てられており、まずはロードバイクで走る女性に会いたくなりました。この土地には定年後に移住し、四季折々の風景をより立体的に教えてくれる女性。颯爽とロードバイクを漕ぐ姿からは年齢が想像できませんでした。この風景の中を走り続けることが若さの秘訣でしょうか。田沢湖の歴史についても取り上げられていました。昭和の高度経済成長以降、全国で開発が進み、自然や伝統文化、伝統的な仕事が失われたのはこの田沢湖も同じ。当時を記憶している人、当時お年寄りから話を伝え聞いた人が、失われようとしている在りし日の田沢湖と、失ってしまった取り返しのつかないものを、現在子ども達に伝えている。伝えなければならないと、命をかけている・・・そんなふうに見えました。田沢湖の歴史を知った時、どこまでも青い美しさが、あらゆる出来事を飲み込んで、沈めて、そこにあるのだと、胸がいっぱいになりました。

 

まとめ

『小さな旅』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました