そしてユリコは一人になった(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回までイッキ見

国内ドラマ
『そして、ユリコは一人になった』予告編

そしてユリコは一人になった(ドラマ)の動画フルを無料で見る方法

『そして、ユリコは一人になった』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『そして、ユリコは一人になった』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

そしてユリコは一人になった(ドラマ)の内容

2020年3月から4月まで、毎週木曜深夜に関西テレビで放送されていた『このミス』大賞ドラマシリーズ第5弾「そしてユリコは一人になった」は、小説家・貴戸湊太のデビュー作がドラマ化されたものです。

もともと貴戸さんは、貴志祐方名義で「ユリコは一人だけになった」というタイトルで第18回『このミステリーがすごい!』大賞に応募したのですが、U-NEXT・カンテレ賞を受賞したことがきっかけで改題し、ドラマ化を前提として加筆修正されました。

そして2020年2月6日に宝島社より発刊され、小説家デビューとなった記念すべき作品です。

 

百合ヶ原高校を舞台に繰り広げられる「そしてユリコは一人になった」は、〝生き残れる”ユリコ”はただ一人。 その条件は、ほかの”ユリコ”を淘汰すること。ただそれだけ。〟というサブタイトル通り、学園内で次々と連続死が勃発する衝撃の展開に巻き込まれる主人公が、親友と共に真相と「ユリコ様伝説」の謎に挑んでいく様を描いた学園オカルトミステリーです。

原作では矢坂百合子(岡本夏美)が主人公になっているのですが、ドラマでの主演は嶋倉美月を演じる玉城ティナ。その他、神崎真歩(野々村はなの)・木下壮太(小平大智)・進藤あきら(松井健太)などのドラマ版オリジナルキャラクターが登場し、原作からは大きく改変されていますが、原作を読まずにドラマを観た人も多かったようで、その配役や演出に引き込まれ、逆に原作に興味を持ったという視聴者の声も聞かれました。

 

お嬢学校という閉鎖的な空間に清楚な制服を着た可愛い女子たちがいるこの耽美な感じ。雰囲気作りは大成功。岡本さんめっちゃ制服似合ってたなあ。可愛かった。ツッコミどころも楽しくて、後半の畳みかけも良かった。

原作みてなかったけど、楽しめました。 綺麗な百合を追求したカメラワークに引き込まれました。美しさにこだわった演出で、最後までどうなるのか気になってみちゃいました。原作も見てみたくなった。

最後の伏線回収を観て、更に評価アップ!良かった!よく考えられとる!玉城ティナはまさにハマり役!

色味がとても好きだった。
玉城ティナちゃんのミステリアスさに磨きがかかっていて良かったとおもう!原作を読んでみたいと思わせるようなラストだったな。

あらすじ

神戸市灘区にある嶋倉美月(玉城ティナ)の通う百合ヶ原高校は、もともと女子校だった名残りか、今も男子生徒より女子生徒が強い風潮がある進学校です。この学校では、「ユリコ様伝説」というオカルトめいた伝説が語り継がれていて、生徒の中では深く信じ込まれていました。

「ユリコ様」とは学園のトップに君臨する特権的な身分の生徒のことで、彼女に逆らう者には不幸が訪れる、と言い伝えられています。そんな「ユリコ様」になれるのは学園内でたった一人。その条件は、「ユリコ」という名前の女子生徒であることで、百合ヶ原高校に「ユリコ」が複数いる場合には、一人になるまで「ユリコ」は転校や退学、あるいは不慮の死を遂げて自然に淘汰されていくというストーリーです。

そんな不思議な伝説を持つ百合ヶ原高校には、それまで「ユリコ」は筒見友里子天野はなただ一人でした。そこに、新入生の矢坂百合子(岡本夏美)他「ユリコ」の名を持つ生徒が4人入学してきたことで物語がスタートします。

部活の先輩から「ユリコ様伝説」について聞いた百合子は、親友の嶋倉美月に相談を持ちかけるものの、美月は「ただの伝説」と取り合ってくれませんでした。しかし、三年生の浅香樹里(紺野彩夏)が学校の屋上から飛び降りたのを皮切りに、不幸な出来事が次々と連鎖していきます。

見どころ

「そしてユリコは一人になった」の見どころは、キャストとして関わっている佐藤二郎さんの役どころです。

『このミス』大賞ドラマシリーズの過去4作に全て特別出演している佐藤二朗さんは、今回もクリエイティブ・アドバイザーとして脚本開発に参加しています。毎回、重要な役柄でドラマの中に登場しますが、本作では今までにないような重要な役で登場するようですので、いったいどのような役で出演するのか注目です。

スタッフ

原作/貴戸湊太 「そして、ユリコは一人になった」(宝島社刊)
クリエイティブ・アドバイザー/佐藤二朗
脚本/杉山嘉一
監督/下山天・杉山嘉一
音楽/Qyoto「Lily girl」(主題歌)

キャスト

嶋倉美月(百合ヶ原高校 1年3組) – 玉城ティナ
演劇部で脚本を担当。小学生の頃からの矢坂百合子の親友。「ユリコ様伝説」の謎を論理的に推理し、ユリコ様候補になって怯える百合子を元気づける。

矢坂百合子(1年4組、ユリコ様候補) – 岡本夏美
親友の美月と同じ高校に入学するもクラスが別れ、クラスメイトからいじめを受けるようになる。ユリコ様候補となり「ユリコ様伝説」に巻き込まれていく。

由利小太郎(2年1組、白百合の会) – 小越勇輝
百合ヶ原高校に通う男子生徒。ユリコ様を崇拝している。名前に「ユリコ」が入っているため「ユリコ伝説」に深く関わっていく。

浅香樹里(3年2組) – 紺野彩夏
筒見友里子を敵視している。

岼子美咲(2年5組、白百合の会) – 柴田杏花
「白百合の会」所属。嫌いな同級生が大怪我したことを「ユリコ様」による天罰だと信じ込み、ユリコ様伝説に傾倒する。

光野沙良(1年4組) – 森迫永依
百合子のクラスメイトで、百合子をいじめている。

筒見友里子(3年2組、現ユリコ様) – 天野はな
百合子が入学するまで、学園内で唯一の「ユリコ様」だった。新入生が入学してからも「ユリコ様」の座を守るため、他のユリコ様候補を敵視する。

岸ゆり子(1年1組、ユリコ様候補) – 中尾有伽

西島揺子(1年2組、ユリコ様候補) – 大原梓

神崎真歩(1年4組) – 野々村はなの
光野沙良と同様に百合子のクラスメイトで、百合子をいじめている。

松沢佑璃子(1年5組、ユリコ様候補) – 村山優香

木下壮太(3年4組) – 小平大智
美月の演劇部の先輩。

高見沢友利夫(3年2組担任) – 平岡祐太
百合ヶ原高校の化学教師。ユリコ様伝説に対しては中立の立場だが、ユリコ様がいればいいなと思い、「白百合の会」の顧問を引き受けた。

 

『そして、ユリコは一人になった』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

そしてユリコは一人になったの感想

 

40代女性
40代女性

毎年「このミステリーがすごい」大賞は注目していて、なのでこちらの作品も原作を読んでいました。何しろ表紙の絵にも惹かれましたしタイトルだけでも気持ちが掻き立てられます。やはり大賞作品はおもしろい、引き込まれて一気に読んだ物語です。でも原作が素晴らしければそれだけ、実写版には過度の期待がかかってしまいます。でも原作ファンでもそうでなくとも見て損することはありません。結末は知っているはずなのにやはり引き込まれてしまいました。プロローグと対比してのエピローグの描き方がさすが、最初から最後まで一秒たりとも見逃してほしくは無いのです。主演は玉城ティナさん、若手の女優さんですが下手さはありません。きちんと役どころをつかんでいてさすがです。その他の女優さんたちも皆さん可愛い、こんな素敵な同級生に囲まれるのであれば怪しげな言い伝えがあるような学校でも入りたがる方は大勢いそうです。ただ可愛いだけでなく演技の素晴らしさ・キャストの豪華さで引き込まれていきました。不気味で、緊張感も抜群でとみ始めたら次はどうなるのだろうとやはり原作同様に最後まで目を離すことは出来ません。最近の中ではとても面白いドラマだったと思います。

40代男性
40代男性

学校の中だけで言い伝えられている伝説を題材にしたミステリー作品です。物語の最初から学校内に不穏な空気が流れており、画面も青みが強く冷たい印象を与える演出が施されていました。そして、ユリコ様が選ばれるまで事件が終わらないため、常に緊張感の張りつめた状態が続きます。さらに、連続殺人という猟奇的な世界観の為か異質な特徴を持った人物が登場してもあまり違和感を持ちません。その中でも玉城ティナさんが演じた美月の存在感は突出していました。彼女の特徴は、優秀さとユリコ様伝説に対する執着です。彼女の優秀さは、物語が進んでいくうちに彼女がすべてを裏で糸を引いているのではないかと疑ってしまうほどでした。そして、そのような疑いを持つ理由は、ユリコ様伝説の真相にこだわっていたからです。もし、彼女がこの伝説に恨みを持つ人物だったとすると、ユリコ様伝説が偽物であると証明するための連続殺人の可能性があるからです。しかし、結果は別人が犯人でした。ただし、最終回の内容には引っかかるところがあります。入学をしてから美月が行ってきたことのすべてが語られたわけですが、なぜ学校内部にはじめから協力者がいたのかという理由が分かりません。次の展開を予感させる最後でもありました。さらなる伝説の始まりを期待しましょう。

30代女性
30代女性

とある高校で繰り広げられる驚くようなストーリーが新鮮で、見ごたえのある作品です。学校で語り継がれている「ユリコ様伝説」と呼ばれている謎の伝説の存在に、生徒が翻弄されていく様子は怖さを感じました。現実に学校にこのような伝説があったら、安心して通うことは難しいと思います。ユリコ様候補である矢坂百合子役の岡本夏美さんは、恐怖に怯えながらも立ち向かって行く姿を上手に演じられていたと思います。そして何といっても、この作品では百合子の親友である嶋倉美月役を演じられた玉城ティナさんの存在感が光っていました。上品でありながらミステリアスな雰囲気を醸し出せる役者はなかなかいないと思うので、この役はハマり役だったと思います。百合子のことを誰よりも心配している優しい性格である一方、美月が時折見せる冷酷な表情に魅せられました。ユリコ様の呪いは本当に存在するのか、それとも誰かが裏で操っているのかが予想できないので緊張感を持って見ることができます。真相について考察を楽しめることができるのも、この作品の魅力的なポイントです。登場人物全員が怪しく思えてきて、誰が味方なのか分からなくなってくる点にハマる方は多いと思います。普通の学園ドラマとは違った面白さがあるので、ミステリー好きな方におすすめしたい作品です。

 

50代女性
50代女性

高校で語り継がれる伝説をもとに次々と事件が起こり、その渦中に普通の女子高生が巻き込まれてしまう、ミステリー系学園ドラマです。主人公は矢坂百合子と嶋倉美月という女子高生の二人で、百合子は控えめで大人しく、美月はクールで賢い女の子という設定です。二人は中学からの親友で、物語が進むにつれ百合子はさまざまな悩みを抱え、美月はその相談に乗り、百合子を支えていきます。百合子役は岡本夏美さんが演じており、抑え気味な表情と女子高生らしからぬ落ち着いた雰囲気がこのドラマのトーンを作っています。そして最も出色なのが美月役を演じる玉城ティナさんです。とても美しく、お人形のようなルックスに役柄がぴたりとハマっています。ちょっとした仕草やポーズも美月らしさが感じられ、セリフ回しや抑揚などもとても巧みで、ドラマの内容に力強さや説得力を与えていると感じました。その主演の二人がドラマをぐいぐいと引っ張っており、オカルト的な言い伝えや狂気に満ちた展開の裏に、どういった事情があるのか気になり、ついつい見入ってしまう面白さがあります。最初からミステリアスで厳かな雰囲気に満ちており、最後まで目が離せない展開が続きます。ミステリーだけでなく、呪いや謎解きが好きという方にもおすすめです。

50代女性
50代女性

女子高ではないが、数で負けている男子は常に女子に圧倒されているというヒロインの一人ユリコのモノローグが印象的でした。親友である美月と挨拶する様子も、美しく二人はまさにタイトルどおりにユリっぽい関係なのかと邪推してしまったくらいです。しかし実をいうとこの話は、いじめ問題から進化していくミステリードラマでした。同じ学校にいるユリコの名前を持つ女子高生が次々と死んでいく中で、親友を守ろうとする美月が格好よいのです。そしてユリコ様伝説に秘められた真実が、徐々に明らかになっていく様子が圧巻でした。最初は女子高生によるいじめ問題を少々こじらせて、怪我人が出るくらいかとたかをくくっていましたが話数が進むにつれてそれどころではなくなっていきます。死亡者が多数出る上に、ユリコ様伝説の真実がなんともいえずにえぐいなあと思いました。最もえぐいと感じたいのは、ヒロインの一人美月によるラストシーンです。伝説となった最初のユリコ様の謎も全て明らかになりますが、どうにもこうにも救いが少ないです。その少ない救いはヒロインユリコが、最後に見せる笑顔でしょう。最初の話しでは悲しい顔ばかりだったので、全てがすっきりと終わったと信じているユリコの笑顔は唯一の救いになりました。最後まで親友ユリコのためにクールに頑張る美月には、脱帽するしかありません。

 

20代男性
20代男性

はじめはホラーな要素を多く含んだドラマと思いきや、サスペンスやスリラー的な展開も楽しむことができる。犯人が誰なのか推理しながら、鑑賞することができるのも魅力的な部分である。ユリコ様伝説により、1人ずつ「ゆりこ」という名前の人が、消されていき、それはなぜなのか、登場してくる人物達の特徴についつい見入ってしまうような感じになってしまう。ユリコ様伝説が何なのか、一緒に考察を進めていくのが、楽しくなるような作品構成になっている。最終回までに、衝撃の展開が残されているなど、見所が沢山あった。私は1話を見てから、次の話が待ち遠しくなるほど、見応えのある作品だと思う。また、主人公(百合子)の親友である、美月役を演じる玉城ティナさんの演技に大変見惚れた。美月の役柄から天才女子高生であることから、百合子を守るための作戦がいろいろ行われる。それが伏線となって、後になって分かるのが、見ていて気持ちが良いところでもある。豪華なキャストが出演しており、自身の好きな俳優さんや女優さんが出演しているのが、さらにこの作品に引き込まれる理由となった。学園ものの恋愛ドラマが苦手な人でも楽しめるような内容になっており、子どもから大人まで楽しめるドラマになっているのではないだろうか。

50代男性
50代男性

ミステリードラマとして見始めましたが、どうにも雰囲気が違うなと違和感を感じながら見続けました。1話の「ユリコ様伝説」というフレーズが、どういう風に物語をリードしていくのだろうかという部分は興味がありました。最初は1回目で見るのを辞めるかもと思っていましたが、2話から自殺やいじめ、ストーカーなどなどミステリーらしい展開が続き、ぐいぐいと話しに引き込まれていきました。次々と襲われる「百合子様候補」たち。しかし、50歳もとうに過ぎたオジサンからすると、出てくる学園の生徒たちは、皆眩しすぎました。特に玉城ティナさんの凛とした美しさは見ているだけで癒されました。女性同士の恋愛感情という部分は、男ということもあり正直ピンとは来ませんでしたが、こういう世界もあるんだなと感心しながら見ていました。ラストについてですが、原作は読んでいないので何とも言えませんが、少し不満が残りました。学園もののミステリーとしては及第点だとは思います。謎めいた美少女に目のない、私のようなオジサン世代にも意外と刺さるドラマでした。ただ、簡単に人が死んでしまうというのが少々気にはなりました。ミステリーとはいえ「学園」ですから。

20代女性
20代女性

ユリコ様伝説からはじまって、どんどん人が死んでいくストーリーですが、学校の怪談みたいな種類になるのかなと思って見ていたんですが、犯人が意外な人であったりすごく、内容が分かりやすくて、毎週見るのが楽しみでした。ホラー感はあんまりないので怖いの苦手な私でも見ることができました。玉城ティナちゃん演じる、美月が百合子を以上なまでに守るシーンが、ティナちゃんの顔がめちゃくちゃ可愛いのになんか男前に見えました。八坂百合子を演じる、岡本夏美さん、本当にきれいで可愛い。いじめられてる時の演技とか、同情してしまうくらいリアリティがあり、演技もとても上手だなと思いました。ちょっと、美月が百合子に対しての気持ちが友情以上になりそうで見ていてドキドキしました。初代ユリコが女性ではなかったというのには衝撃がありました。ちょこちょこボーイズラブもあったりと展開が分からず、でも犯人を予想できる感じがとても面白かったです。ユリコ様伝説の謎明かしの時間が少なかったように感じました。もっとしっかり、伝説が生まれた経緯を教えてくれると良かったかなと思いました。最後、百合子が、ユリコ様スタイルで登校してるシーンに、伝説は終わってないんだとびっくりしました。とても面白いドラマでした。

30代女性
30代女性

学校で伝わっているユリコ様伝説。学校で「ユリコ」が1人になるように淘汰されていくお話です。次々とユリコが怪我をしたり、亡くなったり、日を追うごとに「ユリコ」が学校からいなくなっていきます。美しく見えるように演出はされていましたが、なかなか酷い殺され方をされていたりもしました。しかし、話の展開がとても分かりやすく、1話見終わる頃には早く次のお話が見たくなっていました。途中から、学芸会での出し物のために、学校で伝わる「ユリコ様伝説」を理解するため、聖典と呼ばれる初代ユリコ様の日記を読むことになる主人公・八坂百合子。百合子の親友の嶋倉美月が、「ユリコ様伝説」の謎を解くために奔走します。ユリコ様伝説を知らないまま入学してしまったために悩む八坂百合子と嶋倉美月の関係も少し違和感があり、気になるポイントの一つでした。八坂百合子がクラスで虐められており、嶋倉美月がいろんな策をこらして、守ろうとするのも、不思議な感じもあり、また自分が学生時代にこんな強くてかっこいい女の子と友達だったらなと羨ましかったです。最後の最後までドキドキする展開で、最後まで見終わった今、また初めから全て見返してみたい気持ちになっています。

 

まとめ

『そして、ユリコは一人になった』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

玉城ティナのU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • そして、ユリコは一人になった
  • わたしに××しなさい

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました