今度は愛妻家(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
今度は愛妻家 予告編

今度は愛妻家(映画)の動画フルを安全に見る方法

『今度は愛妻家』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『今度は愛妻家』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

今度は愛妻家(映画)の内容

映画『今度は愛妻家』は、2010年1月に公開されました。

中谷まゆみ原作の大ヒットを博した舞台『今度は愛妻家』を「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が待望の映画化。結婚10年目を迎える夫婦の愛情を描いた切ない大人のラブストーリーです。

仕事も家事もせず、妻への愛情も微妙なダメ夫を演じるのは豊川悦司。そんな夫を献身的に支える明るくて気だてのいい妻役に薬師丸ひろ子がキャスティングされ、ダメ夫婦から誰もがうらやむ理想の関係に変わる、夫婦のきずなに心動かされるコミカルでハートフルな夫婦のドラマが描かれています。

共演者には、水川あさみ、濱田岳、城田優、井川遥などの若手や、実力派の石橋蓮司らが脇を固め、個性を光らせています。

人間とは愚かなものですべてのことにおいて失って初めてそのありがたさに気付く。当たり前も当たり前でなくなってはじめてそのありがたさに気付く。この映画を見てまず妻に実行したいと思ったのは、食事がうまかったら「おいしい」、家に帰ってきたら「お帰り」を心をこめて言いたいと思った。

薬師丸ひろ子が可愛かった。笑い声も泣き声も、本当にかわいい。
夫に邪険に扱われても挫けず頑張る妻が健気で哀れ。自分に重なりちょっと惨めに感じるほど。家の中の雰囲気も素敵でした。

薬師丸ひろ子演じる奥さんについての衝撃の事実がちょうど半ばで明らかになるのですが、ここの豊島悦司さんの演技に泣かされました。上手な俳優さんだと
思いました。薬師丸さんは本当にキュート。石橋蓮司さんもとても素敵でした。

相手を想う切なさに温かな気持ちになる。そんな映画でした。夫婦愛ってあるよね!自然と涙が溢れました。

あらすじ

かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然の生活を送る俊介(豊川悦司)は、健康マニアの妻さくら(薬師丸ひろ子)に日々ニンジン茶を注がれ、子づくり旅行をせがまれていました。半ば強引に子作りのための沖縄旅行へ連れて行かれるのですが、その日を境に、二人に微妙な変化が訪れます。

結婚10年目を迎えたある日、夫から酷いことばを投げつけられて愛想を尽かしたさくらは、一人で旅立ってしまいます。彼女をうるさく思っていたはずの俊介でしたが、さくらが何日待っても戻らないことに次第に不安を募らせ、そんな彼の前に「離婚する前に写真を撮って」と、思いがけずさくらが帰ってくるのですが・・・。

見どころ

石橋蓮司のオカマが最高

シリアスからコミカルな役まで器用に演じるベテラン俳優の石橋蓮司さんですが、本作では還暦のオカマのブンちゃん役を演じ、「最高に良かった」と高評価。彼なくしてはこの作品はありえなかったと思わせるほど、いいフックとして存在感を現わしています。

そんな石橋さんは、本作で第53回(2010年度)ブルーリボン賞助演男優賞(『アウトレイジ』と併せて)、第34回(2010年度)日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞しています。

オカマ役がぴったりはまった石橋さんに注目です。

井上陽水の主題歌と挿入歌

本作の主題歌は、井上陽水が映画の為に書き下ろした新曲「赤い目のクラウン」。ラストシーンに絶妙のタイミングで流れる「赤い目のクラウン」は、イントロだけでゾゾ~っとするくらいの鳥肌もの。陽水さんの声、歌詞に余韻に浸され、エンドロールの時に席を立つ人はいないと評判でした。どうぞ最後まで鑑賞して下さいね。

また、劇中で役を演じる豊川悦司と薬師丸ひろ子がそれぞれのシーンで口ずさむ「夢の中へ」も見どころです。こちらも井上陽水さんの代表曲ですが、それぞれのせつない思いが込められた歌い方はジーンとします。

スタッフ

原作:中谷まゆみ
監督:行定勲
脚本:伊藤ちひろ
音楽:めいなCo
主題歌:「赤い目のクラウン」井上陽水

キャスト

北見俊介:豊川悦司
自宅に写真事務所を構える有名なプロのカメラマン。女好きで浮気癖がある。

北見さくら:薬師丸ひろ子
俊介の妻。元教師。少々要領が悪く出かける直前によく忘れ物をしてドタバタしている。

吉沢蘭子:水川あさみ
芸能事務所に所属する若手タレント。

古田誠:濱田岳
俊介の事務所に所属する若手カメラマン。蘭子の恋人。

原文太:石橋蓮司
愛称:ブンちゃん。新宿二丁目オカマバーの経営者。家庭料理が得意な還暦を過ぎたオネェ。

西田健人:城田優
さくらの元教え子。中学の頃からさくらを敬愛している。

井川ゆり:井川遥
俊介の知人。服飾雑貨店経営。

『今度は愛妻家』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

今度は愛妻家(映画)の感想

30代女性
30代女性

かつては売れっ子カメラマンだったが、今は仕事も家事もせず、プータローの生活。ダメ夫、俊介を演じるのが豊川悦司。そんな夫を献身的に支える健康オタクの妻、さくらを演じるのが薬師丸ひろ子。舞台を映画化した涙と笑いのあるラブファンタジードラマ。俊介は日々、さくらに人参茶を飲まされ、子作り旅行をせがまれていた。やがてクリスマスの直前のある日、沖縄旅行へ行く。それから、夫婦の間に微妙な変化が訪れる。薬師丸ひろ子の歌を聞くのが好きで、あの声を聴くと痺れてしまう。その優しく語り掛けるような声だけではなく、おっとりとした雰囲気もこの役にピッタリだと思う。素直になれない俊介の悲しさ・天真爛漫なさくらの可愛さ、しみじみと心に響く素敵な作品だ。豊川悦司と薬師丸ひろ子のどちらもさり気ないけれど、最高の二人に見える抜群な演技力も見どころだ。後から気付くことばの大切さ、夫婦とは何かと考えさせられる。淡々と話が進むことが、余計に悲しさを誘う。相手を想う切なくも温かみのあるラストになっている。映像を通して、お互いを想う気持ちがビシビシと伝わる。アドリブも含まれているという素晴らしい夫婦の会話一つ、一つに注目して、観て欲しい。

 

30代女性
30代女性

はじめて映画館で見た時、号泣、号泣、嗚咽を我慢するくらいの号泣でした。切なさ、哀しさもありながら、やさしい気持ちになれる映画だと思います。妻をあまり大事にしているように見えないダメ夫(豊川悦司さん)と、そんな夫を明るく支える妻(薬師丸ひろ子さん)の物語。ストーリーももちろんですが、とにかく豊川悦司さんと薬師丸ひろ子さんの雰囲気が素敵です。豊川悦司さんはダメ夫でありながら、いや、ダメ夫であったからこそ、その心の変容が胸にぐっとくるものがあります。ダメ夫なんだけれども感じる愛情、ダメ夫だったからこその後悔…。また、薬師丸ひろ子さんはとても可愛らしく、表情が素晴らしいです。その表情が胸に突き刺さります。また、そのまわりを囲む役者さんも素敵で、雰囲気のある映画になっています。はじめて見た時は学生の頃でした。2回目は夫と結婚する前に付き合っている頃。自分の状況によっても受け取り方、感じ方が変わってくる映画かな、というように思います。結婚してからは見ていないのですが、またそろそろ見てみたいな…と思っています。そうやって数年に一度見返して、何度も味わうことのできる映画なのではないでしょうか。人を想うということ、夫婦の関係、自分の身にも置き換えて考えさせられる映画だと思います。

30代女性
30代女性

女を家に連れ込んで堂々と浮気しつつ、偽エピソードを持ち出して女の心をこちらに向かせようとする俊介の話術には、サイテーだなと思いつつ、ちょっぴり笑えました。妻に言い訳している俊介の姿もとても情けなく見えましたが、世の中にはこういう出来事がよく起こっていそうだなと冷静に観ている自分がいました。また、夫の健康にかいがいしく世話をやく妻・さくらをうっとうしがる俊介にも共感できるし、邪険にされつつも、そんな夫をそばで支えるさくらの明るさも見ていてとても微笑ましかったしかわいらしかったです。また、俊介に愛想をつかしてさくらが出ていくシーンでも、本当は出ていってほしくないし、そばにいてほしいと素直に言いたいのに、見栄が邪魔してなかなか言えない意地っ張りな俊介の気持ちが、豊川悦司さんの演技と言葉によく表れてて素晴らしいと思いました。当初はこんな感じで夫婦の物語が進んでいくのかな?と思いながら観ていましたが、さくらの真実を知った瞬間は愕然としました。と同時に、今までの俊介の行動にもすべて納得がいきました。さくらが「ありがとう」と俊介と抱き合うシーンでは、不器用な俊介がどれだけ妻に対して深い愛情を持っているかが痛いほど伝わってきて、涙なしでは見ることができなかったです。夫婦の愛を再確認できるような、心温まる作品だと感じました。

 

40代女性
40代女性

主要な登場人物がみな切ない気持ちを抱えていて、こちらの胸も”きゅぅっ”と音を立てるようにセンチメンタルな感情に包まれました。特に俊介とさくらに隠された秘密が解き明かされた時、切なさが頂点に達し涙が溢れました。勘の鋭い方ならば話の展開中になんとなく先が読めるかもしれませんが、鈍感な私は判明した事実に驚くばかり。俊介のダメダメっぷりも、さくらがプリプリとしているのに離婚を決意しきれていない様子も、真相がわかった時に全て納得する事ができ、伴侶の大切さがじんじんと伝わりました。とてもキュートなのだけど小柄なこともあって、ごく普通の女性にも見える薬師丸ひろ子さんの妻感が生々しかったなぁ…。だらしない俊介を演じた豊悦さんは、今作のために増量したらしく、これまた素晴らしい!おかまの文太役の石橋さんもいい味を出していました。個人的にはお人好しな文太のキャラが一番好きです。今作を見た当時は独身だったので妻の立場はなかなか理解できませんでしたが、結婚した今となってはさくらの想いが痛いほど理解できます。家事は妻の仕事、妻は家にいて当たり前、多少の女遊びは男の甲斐性などと思っている世の中の殿方!!ぜひそんな方に観ていただきたい映画です。

 

まとめ

『今度は愛妻家』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました