コクリコ坂からの動画無料配信とDVDレンタル|Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuより確実

アニメ映画
From Up On Poppy Hill – Official Trailer

コクリコ坂からの動画フルを安全に見る方法

『コクリコ坂から』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

 

TSUTAYA TV/DISCAS
定額レンタル8+動画見放題プラン
人気の理由

  • 30日間無料お試しできる
  • 動画配信サービスと宅配レンタルで作品数が実質無限
  • 動画見放題は10,000作品以上
  • アダルト動画が5,000本以上と豊富
  • 動画配信されていない作品もレンタルで視聴可能
  • TSUTAYA全てのDVD/CDが借り放題
  • レンタルはネットで注文、ご自宅までお届け(送料無料)

※動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約 10,000 タイトルの中から見放題作品をお楽しみいただけるものです。
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。
※借り放題は月額レンタル可能枚数終了後、「旧作」が借り放題となります。
※30 日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。

 

TSUTAYA TV/DISCAS
定額レンタル8+動画見放題プラン
利用者の声

観たい作品が、どの動画配信サービスでも配信されていなくてTSUTAYAの定額レンタル8+動画見放題プランに登録しました。

DVDレンタルができるので観たい作品は「配信されてる、されていない」を気にせずほとんど観ることができますし、どこからでもスマホでレンタル注文できて自宅まで届けてくれるのでとても便利です。もちろん送料は無料で、返却期限も無いので返し忘れて延滞料金を払うなんてこともありません(笑)

レンタルだけでなく動画見放題もセットでお得です♪

なんといっても男性必見なのはアダルト作品の豊富さです!5,000本以上のアダルト動画を見放題で視聴できます。定額レンタル8+動画見放題プランだとレンタルもできるので新作や動画見放題に無い作品も借りれるのでいいですね。自宅にいながらレンタルできますので恥ずかしい思いをしなくていいのも良いですね(笑)

もちろん、映画やドラマも豊富ですしCDレンタルできるのも便利です!

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『コクリコ坂から』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

コクリコ坂からの内容

映画『コクリコ坂から』は、2011年7月に公開されました。

原作は、佐山哲郎さん原作、高橋千鶴さん作画による、月刊少女漫画『なかよし』に掲載されていた同名漫画作品です。

監督は、世界に誇る日本の映画監督・宮﨑駿さんの長男・宮崎吾朗さんが務めました。押井守さんが高く評価した『ゲド戦記』に続く、スタジオジブリ2作品目となっております。

脚本・製作は宮崎駿さんが担当し、親子二世代で完成させた作品です。

ジブリ作品は一通り見ていて基本的には全て好きです。ですが、本作はジブリの中でも珍しく、ファンタジー要素がない昭和時代を扱った作品となっておりますが、これが僕の心を掴んで離してくれない名作となっていて、好きな作品堂々の1位を飾ってます。

ベタな展開だと思ったら、急な方向転換に衝撃を受けました。
絶対にないとは思ってますが、その後など続編を見てみたいと思える作品です。

挿入歌の「上を向いて歩こう」が素晴らしくマッチしてますね。今聴いても力強い歌詞に、斬新なメロディは驚きます。
作品をさらに良いものへと昇華させてくれていますね。

こんな世の中もあるんだと思うと嬉しくなってきます。心が疲れた時に、また観て安らぎの力をもらいたいと思いました。

あらすじ

コクリコ荘に住む女子高生・海。母は仕事で多忙のため、代わりに切り盛りをしております。海で亡くした船乗りの父から教わった信号旗を、毎朝掲げることが日課となっておりました。

ある日、学校新聞に旗を掲げる少女の詩が掲載されており、自分のことではないかと胸をときめかせていました。一方で、文化部の部室が詰まった男子文学部棟の「カルチェラタン」を取り壊すべきか、それとも残すべきかで論争が巻き起こっております。

ついには、学生による取り壊し反対運動が始まり、熱気を帯びています。そのリーダー格である、1つ学年が上の新聞部・俊と出会った海は、彼に恋をし、徐々に惹かれ合っていく二人ですが、ある試練が襲い掛かります。

二人の間には一体何があるのか?戦争と戦後の混乱期に二人が導きだした答えとは…?

見どころ

恋の行方

なんと言っても、主人公の海と俊との恋の行方です。次第に惹かれ合っていく2人でしたが、海が父親の写真を俊に見せたことにより、2人が異母兄弟である可能性が発覚してしまうのです。そこからの関係はよそよそしいものへと変わってしまいます。

真実を確かめようとし、自分たちの両親はどのように出会って、愛し合い、生きていたかを探っていきます。この行方はどのようになってしまうのか…本作の一番の見どころとなっております。

コクリコ坂の舞台

時代背景は1963年の横浜。和と洋が融合した不思議な感覚がありながらも、どこか懐かしい気持ちになる風景が魅力的です。

実際に、海と俊が歩いていた「山下公園」は横浜でも有名で、港の眺望がとても開放的な公園です。また「氷川丸」という船は、塗装の色こそ違えど船内見学もできるようになっております。

俊が活動を行っていた「カルチェラタン」に関しては、架空の建物なので見ることはできないですが、外交官の家だったり、ブラフ18番館・山手234番館など洋風建築物を見て、雰囲気を楽しむこともオススメです。

是非、本作を見て、海と俊が過ごした街へ行って楽しんでみるのはいかがでしょうか?

スタッフ

原作:原案・佐山 哲郎 / 作画・高橋 千鶴「コクリコ坂から」
監督:宮崎 吾朗
脚本:宮崎 駿 / 丹羽 圭子
製作:宮崎 駿 / 鈴木 敏夫
音楽: 武部 聡志
主題歌:手嶌 葵「さよならの夏 〜コクリコ坂から〜」

キャスト

松崎 海:長澤まさみ / 渡邉葵(幼少期)
港南学園高等部の2年生。弟や妹など面倒見が良く、下宿のコクリコ荘を切り盛りしている。

松崎 花:竹下景子
海の祖母で、コクリコ荘を経営している。

松崎 空:白石晴香
社交的な海の1歳年下の妹。

松崎 陸:小林翼
コクリコ荘唯一の男子で、中学2年生の海の弟。

松崎 良子:風吹ジュン
海の母親で、大学の先生。アメリカへ研究しに留学中。

風間 俊:岡田准一(V6/Coming Century)
港南学園高等部の3年生。好青年で、「週刊カルチェラタン」の編集長。

風間 明雄:大森南朋
俊の養父。実子ではない息子ですが、しっかりと愛情を注いでいる。

北斗 美樹:石田ゆり子
コクリコ荘の下宿人で医学生。海の良き相談相手。

広小路 幸子:柊瑠美
コクリコ荘の下宿人で美大生。

小野寺 善雄:内藤剛志
物語の鍵となる写真に映っている人物で、唯一の生存者。

水沼 史郎:風間俊介
港南学園高等部の生徒会長で俊の親友。

徳丸理事長:香川照之
徳丸財団の実業家であり、港南学園の理事長。

悠子:手嶌葵
信子:冠野智美
海の同級生。

全校討論会壇上の発言者:桝太一

徳丸ビル受付係:藤巻直哉

徳丸理事長の秘書:伊藤綾子

その他:村山喜彦 / 菅谷大介 / 藤田大介 / 増岡裕子 / 蟹江一平 / 石田圭祐 / 金沢映子 / 藤側宏大 / 清水圭吾 / 木津誠之 / 西岡野人 / 柳橋朋典 / 亀田佳明 / 斉藤祐一 / 吉澤宙彦 / 植田真介 / 城全能成 / 寺尾たかひろ / 嶋田翔平 / 田中宏樹 / 反田孝幸 / 上川路啓志 / 原田大輔 / 高塚慎太郎 / 加藤満 / 玉野井直樹 / 粟野史浩 / 松尾勝久 / 佐川和正 / 神野崇 / 茶花健太 / 前田一世 / 宮下ともみ / 下池沙知 / 金松彩夏 / 館めぐみ / 坂田真裕子 / 杉浦慶子 / 菊池啓介 / 木山廉彬 / 永尾斎 / 國松卓 / 佐藤俊介 / 酒井扇治郎 / 翠真平 / 橘洋司 / 相馬一貴 / 千葉勇佑 / 櫨山俊介 / 石黒光 / 藤井和馬 / 真鍋良彦 / 諸岡貴人

『コクリコ坂から』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

コクリコ坂からの感想

10代女性
10代女性

恋愛や友情や家族などたくさんのストーリーがあり、とても面白い内容でした。また田舎や学校の雰囲気がすごく良くて、とてもみていて気持ちよかったです。時代は私が学生だった頃とは違って昭和?時代のものでしたが学生時代を思い出させてくれました。ジブリでは感じることが少ない胸キュンシーンもあり主人公の男の子が熱意が溢れていてあまりにもかっこよかったので、主人公の女の子がすごく羨ましくなりました。最初は謎が多くて自分でいろいろな推理をして、最後にはとてもすっきりするので楽しめます。一度見終わってもう一度見てみるのもおすすめです。私は、飽きを感じず、見落としていたところなどを見つけたりして違う楽しみ方があるのでとても好きです。何より時代が昭和なので今ではない木造建築の建物や賑わっている商店街は心温まりました。私もこの時代に生まれていたかったなあと思うぐらい雰囲気が良くてとすごく羨ましかったです。最初に朝ごはんを囲むシーンから始まるのですが、そこの歌や主人公の女の子が料理を作るシーンが私のお気に入りポイントの一つです。手嶋葵さんの声も聞いていて心地のいい声なので映画にすごくあってると思います。キャラクターみんなが夢や目標や恋愛に向かってまっすぐで純粋なので是非みんなにも見て欲しいです。

30代女性
30代女性

評価が大きく別れるジブリ作品だと思いますが、私は大好きです。繊細なストーリーなので、集中して観ないと、見終わった後「どういうこと?」となってしまう。子ども向けではない、大人ジブリですね。分かりづらいのだけど、説明し過ぎると野暮になってしまうので、この辺は仕方がないかなと…。とりあえず、主人公・海は友人達から『メル』と呼ばれているという事だけは事前に知っておいた方が混乱せずに観られると思います(笑)しかし、そのストーリーの複雑さ、主題の分かりづらさをもってしても、なお感動が余りある作品だと私は思っています。「坂の街」を駆け抜ける2人乗り自転車の爽やかさ、部室棟『カルチェラタン』の雰囲気、そして、海と風間の初々しいやりとり…画面上の全てが、大人にとってはもう二度と取り戻せない青春そのもの。あるものを見てしまってから急に素っ気なくなった風間にやきもきした海が彼を問い質すと、衝撃の「事実」が…なんて展開、最高に青春しちゃってる。キリキリするような初恋の痛みと、青春時代の気恥ずかしさを思い出し、何でもないシーンで何故か涙ぐんでしまう自分がいます。ジブリ映画の王道ではないですが、大人がひとりで観るジブリとしては最高の作品だと思っています。

20代女性
20代女性

始めは難しい表現もあり戸惑いました。昭和の時代背景でわかりにくいかなと思いましたが、それはそれで味があり、総じてとても胸が温まった大好きな作品です。現代の中高生とは全然違う、別の勢いを感じました。自分の好きなことに夢中になっていたり、学生運動をしてみたり、周りが見えなくなるほどの無茶な行動力。カルチェラタンの学生たちのイキイキとした活気、当時の横浜の素晴らしい描写が印象的です。ヒロインの海は、家庭でも学校でも一生懸命で活躍する強い女性として描かれていて、これも現代との女子像の違いを感じます。恋心を抱く相手となる俊はとても紳士で、個人的にジブリ作品に出てくる男性の中でもトップクラスのイケメンです。しかし惹かれ合う2人の前に、起こるいろいろな出来事は、これまでのジブリとは一味違う展開で驚きました。学生ならではの恋模様だけでなく、クラスメイトとの関わり、昭和の学生の動き、家族間の人間関係など様々な視点で楽しむことができます。どの年代の人が見ても、どこかで胸に刺さり、キュンとしたり昔を懐かしんだりできると思います。豪華声優陣もある意味注目ですし、主題歌もマッチしていて曲を聴くたびにこの作品を思い出します。

 

30代女性
30代女性

宮崎吾郎監督によるスタジオジブリ制作のアニメ映画作品。1963年の日本の横浜。主人公の女子高生、松崎海は父親を朝鮮戦争で亡くし、母親は仕事の為アメリカにいるという生い立ちの少女。丘の上にある「コクリコ荘」という下宿屋を手伝う海は、亡き父親を偲んで毎日、庭にあるポールに信号旗を掲げていました。ある日、海は学校で風間俊という一人の少年と出会います。次第に惹かれていく二人ですが、実は海と俊の間には信じがたい繋がりがあったのでした。とてもノスタルジックな雰囲気の作品でスタジオジブリ特有の壮大で派手なファンタジーさはありませんが、登場人物たちの心情を繊細に描いていて静かに胸を打つような、穏やかであたたかい青春物語でした。物語の舞台となった時代背景や世界観なども丁寧に描写していて、その作り込みの深さはさすがジブリと言いたくなるような素晴らしい作品でした。昭和ロマンと呼びたくなるような、切なくて美しい物語は感動的で思わず泣いてしまいます。そして挿入歌の「上を向いて歩こう」も作品の時代背景を表すようで素晴らしかったですが、主題歌を担当した手嶌葵さんの「さよならの夏~コクリコ坂から~」も作品の雰囲気とマッチしていて、とても切なくて感動します。

40代女性
40代女性

昭和の風景、団塊の世代とかから見ると懐かしさとほろ苦さが感じられるのではないでしょうか。正直もっと若い世代ですからピンと来なくて、歴史映像を見ているかのようでした。彼らこそが日本を近代化へと引っ張っていってくれたのです。パワーが今の若者とは全然違う、だからこそ突っ走っていくことが出来たのかなと思えました。とにかく男たちばかりで女の意見などほぼ聞いていないに等しい、そんなところにもまた時代が映し出されます。亭主関白として一家をまとめていくことでしょう。それが今や草食系男子で父親の地位も家庭で一番下、飼っている猫や犬の方が良いものを食べてちやほやされているというのが現状です。どうしてこんな風になってしまったのかと今との対比が面白かったです。スタジオジブリとはいえ宮崎駿さんが監督ではないからこその恋の物語もあり、しかも好きあったら実はお互い兄弟だったというドロドロドラマになるかと思いきやそこはやはりジブリらしいエンディングでした。これはもう子供向けアニメでは決してない、まったくといっていいほど子供には意味が分からないと思います。大人でも若い世代にはダメで年齢層はかなり上がりそうな作品でした。

20代女性
20代女性

コクリコ坂からは公開されてすぐ、映画館に見に行きました。まず、手嶌葵さんが歌うオープニングが綺麗。手嶌葵さんはゲド戦記でもテーマソングを歌っていましたが、ジブリの世界観に良く合う声をしていて、素晴らしいと思いました。一番見ててしんどかったのは、物語の中盤で長女、松崎海ちゃんが報われないところです。母もおらず、海ちゃんが1人で下宿を切り盛りしています。妹と弟は下の子の特権で、お使いを頼んでも「テレビ見てるから」と海ちゃんに甘えてばかりです。おまけに妹は、お姉ちゃんがしんどい思いをしているのにも関わらず、自分だけ男の子といい感じになっていました。お姉ちゃんは、良いなと思った人がまさかの関係で諦めないといけないかもってなってるのに、どうしてとハラハラしながら見ていました。妹と比較して海ちゃんが健気でかわいそうで、なんとか幸せになってほしいと、見ている間ずっと思ってました。また、海ちゃんのお相手の風間俊が隙のない良い男で、余計に海ちゃんと幸せになってほしいと祈らざるを得ませんでした。俊は育ての親が実の親でないことを知っています。それでも、無口で口数の少ない養父を慕って、養父母に迷惑をかけないように進学も考えて、でも、学校の方針が気にくわないならちゃんと意見を述べて、と現代ではなかなか見られない良い男っぷりに惚れ惚れしながら見てました。

30代女性
30代女性

当時、大好きなジブリの最新作だったので鑑賞しました。原作について知らないまま鑑賞したのですが、住んでいた横浜を舞台とした作品だったので嬉しかったです。ストーリーは、原作が少し古い少女漫画なので、現代の価値観から考えてう~ん、と悩んでしまうような部分もありましたが、最終的にはハッピーエンドです。それに、この頃はまだ戦争で戸籍が焼けてしまった…。という人も多かったでしょうし、実際にこういう勘違いが生じても仕方ないのかな?とも思いました。岡田准一さん、長澤まさみさんが声優を務めています。批判もあった配役ですが、私はそれほど違和感なく楽しめました。ここからは本当に個人的な趣味なのですが…主人公の片割れである風間さん(声・岡田准一さん)よりも、水沼君(声・風間俊介さん)がかっこよく見えました。メガネのインテリキャラに弱いのと、最初のセリフにインパクトがあるからだと思います。水沼君のセリフ、マネしたファンは多いと思います。60年代、まだ日本が戦争の傷から完全には立ち直り切れていない頃の作品です。また、横浜駅が現在の「桜木町」のあたりにある頃ですので、ひょっとしたら親御さんやおじいさん・おばあさんと一緒に見ると、この頃の実体験が聞けるかもしれませんね。

50代女性
50代女性

昭和30年代の横浜を舞台に、高校生の男女の恋愛を描く「コクリコ坂」。主人公の小松崎海と新聞部部長の風間俊との関係が、古き良き横浜の風景を背景にロマンチックに描かれていて、タイムスリップしたような映画でした。海は一人で下宿屋を切り盛りしながら高校に通っており、そのしっかりした姿が魅力的です。またこの下宿屋に住む人々の姿も、愉快に描かれています。古い木造の高校でみんなに長らく愛されてきた建物を壊さないように、反対運動をするといった描写は、今の若い人たちにとっては逆に新鮮に感じられるかもしれないと思いました。年齢の高い私にとっては、懐かしい感じがあったのですが…また、海と俊の恋愛を妨げるのが、隠された血縁関係の秘密である、といった設定も、昔ながらの恋愛物語の王道だな、と感じました。二人が悩みながら、横浜の街を歩いていくシーンなどは、涙ながらに見守るしかありませんでした。でも、全体的には明るく、最後にはホッとする展開になっていて、昔懐かしいと同時に、さわやかな映画に仕上がっていたと思います。若い人たちだけではなく、50代以上の人たちがみると、きっと心を打たれるし、楽しんでみてもらえるアニメ映画だと思います。

20代女性
20代女性

昭和38年の横浜を舞台に、下宿「コクリコ荘」を切り盛りしているしっかり者の高校生の松崎海を中心に描かれたアニメ映画です。海を取り巻く「コクリコ荘」の人々との生活、同じ学校に通う風間俊との恋、学生生活等が映画内では垣間見ることができ、海の青春時代を一緒に体験している気分になることができました。また、昭和レトロな街並みや独特の雰囲気を醸し出す学校の部室棟「カルチェラタン」等、その当時の風景がたくさん登場するため、今は無き昭和の雰囲気を感じることができます。特に好きなのは、海と俊が自転車の2人乗りで商店街に行くシーンです。夕飯時で買い物客で賑わう商店街がなんだか懐かしい気分にさせてくれ、自分も行ってみたいと感じてしまいました。映画では商店街にあるお肉屋さんでコロッケの海外をするのですが、本当に美味しそうです。また、海と俊の甘酸っぱい関係性も非常に良く、最初は距離があった2人がカルチェラタンの取り壊し騒動をきっかけに段々と近づいていくのがとても良いです。途中、2人の恋がどうなってしまうのか不安になる出来事が起こるのですが、映画の中で近づいたり離れたりする恋愛模様はとても情緒があり、はらはらしながらも楽しんで最後まで観ることができました。

 

20代女性
20代女性

ストーリー、演出、キャラクター達、全てが大好きな映画です。舞台である下町のごちゃっとした暖かみのある雰囲気と、対照的に透き通った美しい海の対比が素敵です。登場人物もみんなが優しくて、少し昔のちょっとおせっかいな感じがとてもいいです。戦後間もない昭和の、日本全体に活気があって人と人のつながりが強かった時代を感じさせてくれます。特に素敵なのが、劇中の優しくて穏やかな音楽たちです。テーマ曲の「さよならの夏」ももちろん雰囲気にぴったりで素敵ですが、他の挿入歌も映画にぴったりの雰囲気なので是非注目していただきたいです。映像も繊細で美しい描写と、ジブリらしい豪快で暖かみのあるタッチがうまくマッチしていて、昔のジブリ作品の流れを非常によく継いだ作品だと思います。学校のシーンは生徒たちの生き生きした様子が画面いっぱいに細かく描写されており、見ていてとても楽しいです。ストーリーはシンプルな恋愛ストーリーで、主人公たちのピュアな所や、それを応援する周りの人達のやさしさ、暖かさ、そして家族の愛にほっこりとした気持ちになります。見終わった後もすっきりとしていて、繰り返し見たくなるような心に残る、そんな作品です。

 

まとめ

『コクリコ坂から』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

 

 

本ページの情報は2020年7月時点の情報となります。最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました