恋の門(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
恋の門

恋の門(映画)の動画フルを安全に見る方法

『恋の門』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『恋の門』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

恋の門(映画)の内容

映画『恋の門』は、2004年10月に公開されました。

原作は、マンガ「ファミ通のアレ(仮題)」で多くのファンを獲得した羽生生純さん作の漫画「恋の門」です。

監督・脚本は、劇団「大人計画」を主宰し、俳優、劇作家、演出家、脚本家などマルチに活躍する松尾スズキさん。映画「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」では、日本アカデミー賞・最優秀脚本賞を受賞され大きく注目されました。。

映画「恋の門」は、石で漫画を描く童貞男がコスプレイヤーに恋するの姿を描いた作品です。そんな主人公の童貞男を演じたのは、映画「探偵はBARにいるシリーズ」でおなじみの松田龍平さんです。ほかにも、酒井若菜さんや忌野清志郎さん、市川染五郎さんなど、豪華俳優陣が共演し、注目を集めました。

酒井若菜ちゃんがめちゃめちゃかわいかったです。松田龍平さんもコミカルだけど色気がありました。何回見てもくぎ付けになる映画です。

全てのキャラクターがいい意味で変人。原作の良さも残しながら松尾スズキ節も炸裂していました。かなりカオスな作品で、何度みても飽きないです。

最高のサブカルギャグ映画です!キャストも豪華すぎます。クールなイメージだった松田龍平のイメージも変わりました。

どの場面もすべてがシャッターチャンスみたいな作品でした。酒井若菜ちゃんがかわいすぎます。松尾スズキさんの濃度が濃すぎて中毒になります(笑)松尾スズキファンなら一見の価値あり!

豪華なキャストがギャグ映画に出演しているとあって、驚きと笑いでくぎ付けになる人が続出していました。松尾スズキさんの独特の世界観も存分に炸裂しているので、ファンならば必ず鑑賞すべきといっても過言ではありません!

あらすじ

カネなし職なし童貞男である自称漫画家、門(松田龍平)。バイト先へ初出勤する途中、ハート型の石を見つけて拾おうとしたところ、恋乃(酒井若菜)に指を踏まれてしまいます。これが2人の出会いでした。そして偶然にも、初出勤したバイト先は恋乃が働く会社でもありました。しかし、門はいきなりクビになってしまいます。

その後、恋乃の家で飲みなおしているうちに2人はいい雰囲気になり、一夜を共にしました。翌日目覚めた門は、恋乃がコスプレイヤーであり、同人誌で工学を稼いでいることを知ります。同じ漫画家としてショックを受けた門は恋乃の家を飛び出します。

恋乃は、門の荷物の中にあったハガキを頼りに、門のアパートを訪れます。しかし、門の部屋は石だらけで、理解しがたい作品であふれていました。一生懸命理解しようとする恋乃に欲情する門ですが、出会った夜に実は結ばれていなかったことを知らされてしまいます。

ある日、恋乃は門に推しのファンの集いに一緒に来てほしいと頼みます。門はその一泊ツアーの費用を捻出するため、毬藻田(松尾スズキ)がマスターを務めるマンガバーのバイトに志願します。ひょんなきっかけでマンガバーを訪れた恋乃。恋乃と知り合った毬藻田は、恋乃に恋心を抱きます。果たして、門と恋乃と毬藻田の三角関係の行方は…!?

見どころ

酒井若菜ちゃんがはまり役!松田龍平のコスプレも

普段は脇役が多い酒井若菜さんですが、本作ではセクシーなコスプレを惜しげもなく披露しています。顔や声が萌え系な酒井若菜さんが恋乃役にハマっていて、目の保養になること間違いなしです。めったに見られない松田龍平さんのコスプレ姿も見られます。

さりげなく豪華な俳優陣

脇を固める共演者も非常に豪華です!門と恋乃の父親役を演じる大竹まことさん、平泉成さんに加え、門のアパートの住人役として忌野清志郎さんが登場します。忌野清志郎さんは作中で歌も披露しています。さりげなくチラリと映る登場人物にもぜひご注目ください!

スタッフ

原作:羽生生純「恋の門」
監督・脚本:松尾スズキ
主題歌:サンボマスター「月に咲く花のようになるの」

キャスト

蒼木門:松田龍平
石で漫画を描くことにこだわる自称「マンガ芸術家」。貧乏なうえに童貞。

証恋乃:酒井若菜
同人作家でありコスプレイヤーでもあるOL。浪費する癖がある。

毬藻田:松尾スズキ
マンガバー「ペン」でマスターをしている。昔は売れっ子の漫画家だった。

浴衣:忌野清志郎
浴衣を着ている男。門と同じアパートに住む。

「ウレシー商会」幹部 : 尾美としのり
門がかろうじて始めたバイト先の幹部。

門の父:大竹まこと
地方では有名な日本画家。

園決理/メジナ:小島聖

野呂:塚本晋也

登山者1:田辺誠一

登山者2:片桐はいり

本屋の店員:市川染五郎

恋乃の父:平泉成

居酒屋のおやじ:小日向文世

 

『恋の門』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

恋の門(映画)の感想

30代女性
30代女性

原作も好きで全巻もっているのですが、主人公の門を演じられるのは松田龍平しかいないと感じるくらいハマっている役でした。陰鬱な雰囲気や頑固で社会と反りが合わないのもぴったり!対してコスプレマニアで漫画オタクの恋乃は門と対照的に要領が良くチャッカリしている部分を酒井若菜がコミカルに演じていました。不器用な年下の門をリードして手玉にとっているかのような恋乃ですが、実はしっかりしていなく外側はうまく取り繕っているけれど中身は人に騙されるわ、風俗で働くはとボロボロ、、。そんな恋乃と石を集める変人の門くんの恋模様がほほえましく観られる映画でした。門くんも浮気したりとやっていることは最悪なんですけどどこか憎めなく許してしまうという恋乃の気持ちがちょっとわかるような気がします。ヒトとしてはちょっとどうなの?という部分も無きにしも非ずですが、そこが純愛を際立たせる要素なのかなと思います。サンボマスターが主題歌で二人を応援する青春ソングのようにも聴こえてしまいますがどこかコメディタッチで笑える映画です。マスター役に松尾スズキが出ているのも独特で原作に負けない味のある作品でした。純愛がテーマの作品なら松尾スズキが恋乃に対する恋心も純愛なのか?と思わないでもないです。

 

30代男性
30代男性

サブカル感がかなり強い。そういうのが苦手な人は見ないほうがいいですね。千鳥のノブじゃないけど、クセが強えです。過剰なくらいに斜め上をいく設定が積み重なっているので、超絶カオス。庵野秀明と安野モヨコ夫婦とか、しりあがり寿とか、ジョージ朝倉とか、有名人というか、サブカル系の人もいっぱい出てくるのも、こういうの好きな人からするとたまらないんだろうなって思います。忌野清志郎が出てるのはホント胸熱。ひとえに松尾スズキの人脈のなせる業なんですかね。カオスもここまで渦を巻いていると、ある種の爽快感があります。やりきったなあという感じ。スルメのように噛めば噛むほど味がするものであもり、フルコースのような満足感もある。サブカルをそこまで深く知らない人でも、サブカルが嫌いとかじゃない限りは楽しめると思います。キュウソネコカミのようにサブカル女子に異常な偏見と憎しみを持ってるような人はちょっと控えていただいた方がいいですが、そうでなればそれなりに楽しめると思います。酒井若菜めっちゃかわいいし。ストーリーもクセはあるけどシンプルだし、そんなに頭を使う必要はないんですが、ただ、良くも悪くも盛り盛りなので、コンディションが整ってない人が見るとかなり疲れます。見るときは体調を整えてからの方がいいと思います。

 

50代女性
50代女性

2004年と、少し古い映画ですが、こだわりなく見て爆笑できるラブコメディです。海のモノとも山のモノともつかない、正体不明の漫画家”門ちゃん”(松田龍平)が、コスプレ美少女の恋乃(酒井若菜)に恋をしたことから始まる奇想天外な物語。オタクならきっと理解できるだろうツボがたくさんちりばめられており、ときどき門ちゃんと恋乃がフレームアウトしても全く気にならなくなるほどのドタバタがつまっています。特に「凄いの連れてきたな!」と思ったのが恋乃の両親です。パパ(平泉成)とママ(大竹しのぶ)がコスプレイベントで、伝説巨人イデオンのユウキ・コスモとキッチ・キッチンのガチコスプレをしていました。平泉成さんに、真っ赤なアフロのウィッグをかぶせるなんて…!松尾スズキ監督、ぶっ飛んでるなぁ、と思った次第です。そしてもう一組。コスプレイベント会場になった温泉旅館の主と女将として、エヴァの庵野秀明監督と妻の安野モヨコさんが登場していたのです。ノリノリで演じていた様子がコミックエッセイに綴られており、出演者が楽しんでいたからこそのこのぶっ飛びか、と納得しました。意味とか考えなくていいから、とりあえず見てみて!とお勧めしたいですね。登場するコスプレイヤーさんたちのレベルも当時としてはかなり高いものでしたよ。

 

まとめ

『恋の門』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました