キツツキと雨(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

コメディ
映画『キツツキと雨』予告編

キツツキと雨(映画)の動画フルを安全に見る方法

『キツツキと雨』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『キツツキと雨』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

キツツキと雨(映画)の内容

映画『キツツキと雨』は、2012年2月に公開されたコメディ映画です。

監督・脚本は、『南極料理人』の沖田修一さんが務めました。本作で第8回ドバイ国際映画祭にて、最優秀脚本賞と最優秀編集賞を受賞いたしました。

主演は役所広司さんと小栗旬さんで初共演を果たしております。二人の見事な演技をサポートしてくれるのは、山崎努さん、高良健吾さん、伊武雅刀さん、臼田あさ美さん、古館寛治さん、嶋田久作さん、平田満さんら、クセ者ぞろいの豪華キャスト陣。
結果、役所広司さんが第8回ドバイ国際映画祭にて、最優秀男優賞を受賞いたしました。

クスっと笑えてちょっぴり泣ける、そして元気が出るほんわか映画となっております!

日常の中である何気ない会話や仕草で登場人物の“らしさ”を表現するのが得意な監督さんなんだと思いました。
面白かったので、沖田監督の他作品も観てみようと思います。

凄くリアルに感じるドタバタ加減が良かったです。
役所広司さんは若い人と共演するといい味出しますね。圧倒的な愛くるしさが全開に出てました!あの萌え走りは最高です(笑)

スト-リー自体は大して深くもないが浅すぎることもない。絶妙に丁度良い塩梅なので、最後まで楽しく見ることが出来ました。
また何回見ても飽きなくて、また見たくなる映画です。

気持ちがいいくらいにバランス良く展開していくお話しですね。
地味な日常に、ささやかな喜びを感じる内容だと思います。

ストーリー構成・展開が上手にされており、見た方は飽きることなく、最後まで楽しく見れたという方が多かったです。

また、役所広司さんの演技が素晴らしいと絶賛でした。さすがベテラン俳優さんです!

あらすじ

その日も、地元の山で木を切っている木こり職人・岸克彦(役所広司)のもとへ、映画の撮影班が現れました。撮影中なので岸にチェーンソーを止めて欲しいと頼まれ、受け入れます。それから、人がいい克彦はロケハンの案内などさまざまな手伝いをさせられてしまいます。

一方で、新人映画監督の田辺(小栗旬)は、持ち前の気弱さで、撮影現場をまとめきれずにパニック寸前です。そこで克彦と田辺、出会うはずのない二人が森で出会いました。

60歳のきこり職人と25歳の新人映画監督が撮影を通して、克彦は映画の面白さに引き込まれ、田辺は克彦と接することで成長していきます。やがて、村と撮影隊は奇妙なコラボレーションを生み出していきます。

見どころ

気弱な小栗旬

小栗旬さんといえば、実写映画『クローズ』で圧倒的な強さを誇る不良役や、『人間失格 太宰治と3人の女たち』で色気の凄さを表現したりと、男性からの支持も高い男気あるキャラを演じているイメージが高いです。

本作では正反対の伏し目がちで見るからに自信なさそうで、頼りない感じの新人監督を演じておりますが、これまたハマっており流石です!

ハリウッド出演も決まっている名俳優だけありますね!今後の活躍も期待しかありません!

本作の前日談

本作の見どころではないのですが…沖田 修一監督が、本作の前日談『キツツキと雨 ユートピアを探して』という小説が出版されております。

田辺監督のゾンビ映画を撮るために、撮影スタッフたちがロケハンに来ていたり、初めてお客様を迎える役場の人々の慌てふためく仕草など、読んでいて笑ってしまいます。

映画を観た後で読んでも、観る前に読んでも、より作品の奥深さを感じます。時間あれば是非読んでほしい一冊です。

スタッフ

監督:沖田 修一
音楽:沖田 修一 / 守屋 文雄

キャスト

岸克彦:役所広司
本作の主人公。人のいい木こり。息子と2人暮らしするも、いつもケンカばかりしている。

田辺幸一:小栗旬
気弱で頼りがない新人映画監督。いい映画を撮るために大好きな「甘いモノ断ち」するほど純粋。

岸浩一:高良健吾
克彦の息子。無職。突然、東京へ行くと言って家を出ていく。

麻生珠恵:臼田あさ美
田辺監督作品の主演女優。

鳥居:古舘寛治
田辺組のベテラン助監督。監督の田辺に厳しい。

柴田:黒田大輔
田辺組の助監督。後輩をいびる。

吉岡:森下能幸
田辺組の撮影スタッフ。ゾンビ役でエキストラ出演も果たす。

篠田:嶋田久作
田辺組のベテラン撮影監督。

小沢ヨシオ:神戸浩
酒屋。

ゴマ満春:平田満
ヒロインの父親役の俳優。

野宮:高橋努
克彦の木こり仲間。

石丸:伊武雅刀
克彦の木こり仲間。

羽場敬二郎:山崎努
ベテラン大物俳優。重い痔を患っている。

その他:りりィ / 大島蓉子 / 井上肇 / 大和田健介 / 宇野祥平 / 小浜正寛 / 杉山彦々 / 奥野匡

『キツツキと雨』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

キツツキと雨(映画)の感想

40代女性
40代女性

ゾンビが出てくる映画というと「カメラを止めるな」が思い浮かびましたが、もっと穏やかで温かい男の友情の物語です。まるで撮影隊の一員のように指示を出し張り切る岸の姿は下手すると「素人が偉そうに」となりそうですが、おじさんが水を得た魚のごとく頑張っている微笑ましい姿に映るのは役所広司さんの人柄もあるのでしょうか。大切な妻の三回忌さえ忘れて奮闘する様子に、このまま今更の職業転換かとやきもきしてしまいましたがそんなこともなく、上手い具合に収まってラストも良かったです。第3者の目だからこそ見えるものもあり、それにどっしりと立っている木たちを相手に奮闘している彼は監督という立場にありながらも本来の力を発揮できずにいる若い彼に自分が頑張らねばと張り切ってしまったのでしょう。もっと単調な日常系の作品かと思っていたので、村の人たちもエキストラとして活躍したりとどんどん活気づくにつれて面白くなりました。きっとこの村で代々語り継がれていくはず、村人のためにも大ヒットしてほしいものです。映画監督と木こり、まったく違った職業だからこそお互いに感化されるものがあるはずです。若造だから年寄りだからと軽くみることなく共に成長していく姿がいいのです。

30代女性
30代女性

沖田修一監督の最高傑作と言っても過言ではない本作、オープニングで木を切る役所広司演じる克彦の出で立ちからしてもう最高です。映画の撮影に協力していくうちに、日々の寂しさや人生観にいたるまでいい方向に進んでいく様には感動すら覚えました。「ゾンビ映画の撮影の裏側」という点でいうと、カメ止めの原型でもあります。小栗旬演じるうだつの上がらない若者・田辺と克彦の友情とも言える心の交流は、こちらを温かい気持ちにさせてくれました。ラストの撮影シーンが圧巻なのはもちろんのこと、そこに至るまでの撮影隊や木こり仲間と克彦との日常的なやりとりのクスッと笑える楽しさが本作の魅力でしょう。まさに沖田ワールド、日常で見過ごされてしまうような微かな出来事に焦点を当てて、深く考えてみることで人生を少しだけ好転させていき、色々な人の心の機微を丁寧に見せてくれます。個人的には神部浩さんが演じた酒屋のおっちゃんが、神部さんの芝居とも素とも取れない独特な語り口調で妙に面白くて好きでした。横柄なプロデューサーや気弱な監督、トロいスタッフなどのあるあるとも見受けられるようなディティールの細かさも楽しいです。克彦の言葉で始まり克彦の言葉で終わる、ザ・エンタテインメントな構成も圧巻です。

50代女性
50代女性

役所広司さんが、60歳に木こりの捷彦を、さすがの演技力で見事に演じていて素晴らしかったです。不器用で憎めなくてどこかおかしみがある絶妙な味が、最大限に発揮されていて微妙な心情の変化などが丁寧、表現されていると思いました。小栗旬さんが、気が弱過ぎてスタッフをまとめられなくて、狼狽する25歳の新人監督の幸一を熱演していてとても良かったと思いました。「やるに決まってるでしょ」と言った時にカメラマンが、ニヤっと笑うシーンが印象的でした。山崎努さんが、さすがの演技力で存在感がすごかったと思いました。孤独を感じながら生きてきた幸一が、木こりの克彦の人柄の良さに惹かれていって温かさが伝染しているように感じました。年の差の男の友情がとても良かったと思いました。2人がスイーツを食べるシーンは、なぜかウルっとしてしまいました。風呂場でのやり取りもとてもいい感じがしました。せっかく出会えて、お互いに影響を受けながら変わっていったのに、撮影が終わるとお互いがいない日常に戻っていく。きっと2人の心には、大きな穴があいたのだろうと思うと切なくなりました。見終わった後、幸せであたたかい気持ちになれる映画だと思いました。

 

50代女性
50代女性

田舎の堅い感じのおじさんが嫌々巻きこまれたのに最後の方嫌々巻きこまれたのに最あとの方には撮影隊にい感じになってて役所さん演じるおじさんが登場してから映画が、一気に面白くなった気がしました。小栗さん演じる映画監督が、役所さん演じるおじさんの温かさに触れて変わっていくだけではなく、おじさんの方も影響されていく姿が微笑ましく感じました。人を変えてくれる出会いがありますが、この二人の出会いはそんな素敵な出会いだったんだなと思います。大きな事件が起きるわけでもないのに、映画から目を離せなくなる面白さがあります。小栗さん演じる映画監督がゾンビ映画を撮影するという設定になっていますが、予算の無映画作りの可笑しき舞台裏を、キチンと撮った映画になっており予算の無い映画はこんな感じで作られるんだと分かりそういった面白さもありました。役所さんと小栗さんの演技が上手いものどうしが演じていることで、気持ちがほっこりとする面白さが生まれていると思いました。のんびりと時間が流れて行き、見ているだけで心が癒されて行く素敵な映画になっており見終わった時に、いい映画だったと思うことが出来た不思議な感覚になれる内容だったと思います。

30代女性
30代女性

独特の間やセリフ回しが絶妙な心地良さに浸らせてくれる世界観を作り上げていて、ほっこりした気持ちにさせてくれる作品でしたすがのベテランの役所広司が演じる田舎のおじさんには時折クスッと笑され、ひ弱な青年から少しづつ殻を破って成長していくさまを見せてくれた小栗旬の演技力は程よい空気を醸し出してくれていて、ふたりの掛け合いはとても魅力的だった。映画監督ときこり、親子のように歳の離れた主人公二人がお互いに影響を受け、少しずつ変化していくさまの描き方はあくまでも自然で大げささがなく、じんわりとあたたかく胸に迫ってくるような描写の連続がとても心地よかった。ふたりで温泉に入るシーン、あんみつを食べるシーンなど、少しずつ距離を縮めていくふたりの様子と映画製作の進んでいくさまは見ていて微笑ましく、穏やかな温もりに満ちている。ゆるやかな会話のテンポ、画面や雰囲気づくりがとても心地よく、日常の会話の端々でクスリと笑わせられる場面にも沢山溢れていました。特に好きなのはゾンビたちが迫ってくるシーンです。互いに目に見えるような形で救い合うのではなく、結果的に助け合っていたかのように思わされる描写の数々がとても良い。何気ない言葉ややりとりを通して、ゆっくりと登場人物たちの考えや価値観が変わっていくさまを見ているうちに、映画に流れる空気感と雰囲気と同じような優しい気持ちになることが出来ました。

60代女性
60代女性

無骨な木こりおじさん克彦(役所広司)と気の弱い青年田辺幸一映画監督(小栗旬)の不思議な友情が誕生した山村物語。。年も、職業も、住む世界も違うお互い苦手なタイプ同士の二人が映画の撮影を通して、絆を深める展開、恋愛・アクション等派手さはないけど、ジーンと心に沁みる映画でした。陰の薄い田辺監督を下っ端だと思い、動かない彼に余計にイラつき怒鳴る克彦)。それにビクビクしてしまう小栗旬の頼りないオーラ全開の演技さすがでした。低姿勢でグイグイ付け込んでくる助監督・鳥居にいやいやながら撮影隊に巻き込まれた克彦が、戸惑いながらもゾンビメイクされ真剣にゾンビになりきり他のゾンビ役者と一緒に演技する克彦に笑ってしまいました。まんざらでもない気持ちがちょっぴり伝わってきました。強面顔なのにお人好し、そんなギャップが面白い。撮影中、映画作りに苦悩する監督の姿を目にするうち少しずつ理解し、励まし支えていく克彦の監督への気持ちの変化に克彦の優しさがにじみ出ていました。風呂での二人が次第に絆が深まっていくシーン、お湯のような温かい気持ちになりました。渋々撮影隊に入った克彦だったがいつの間にか妻の三回忌も忘れてしまう程没頭してしまった克彦の映画への熱意。情の深い克彦、輝いていました。田辺幸一監督と接するうち息子の浩一と重なり、息子の気持ちに気遣い歩み寄る流れ、そして撮影成功に歓声を上げる人々に胸が熱くなりました。のどかな山村が撮影隊で一つになった町…。心温まる映画に優しい気持ちになりました。

30代男性
30代男性

役所広司演じる木こりの主人公が、近くで映画の撮影をしていた小栗旬演じる自信が無く頼りない新人映画監督と、ひょんなことから出会い交流していくことになる。そしてなぜか主人公は映画撮影を手伝うことになり、それが撮影場の雰囲気や新人監督の心に良い影響を与えていくというストーリー。ある程度展開が読める恋愛ドラマなどと違い、この先どうなるのだろうというワクワク感が良い意味で長く続く作品である。そもそも木こりと映画監督が出会うというシチュエーションが面白く、かつ撮影している映画のテーマが「ゾンビ」という謎の設定、さらには撮影クルーや木こり仲間などの一人一人も非常に個性的で、常にクスッと笑ってしまう要素が多く詰まっている。そして、コミカルな部分だけではなく、始めはお互いを煙たがっていた人同士が交流していくうちに心が通い合っていく様子や父親と息子の間で交わされる心の絆など、心が温まるハートフルなシーンも多く描かれている。ベテランの豪華俳優陣(役所広司や伊武雅刀、山崎努など)はさることながら、若手時代の小栗旬や高良健吾なども細かな部分の演技力が光り、それもまた見物である。少し自分に自信を失くしてしまっている方やちょっとした勇気が欲しい方にとって、ぜひおすすめの映画である。

30代男性
30代男性

気が弱くて頼りない若手映画監督・田辺幸一役には小栗旬が、寡黙で無骨な木こり・岸勝彦役には役所広司が。まるっきり正反対のキャラクターを、ふたりの俳優さんがそれぞれの持ち味を発揮して上手く演じていました。チェーンソーを握りしめて黙々と木を斬り倒す岸の横顔は、いかにも自分の仕事に自信を持っているプロフェッショナルですね。一方の田辺は映画への愛着は人一倍ながらも、監督としてスタッフをまとめて引っ張っていく力量はいまいち感じられません。およそ接点がないふたりが偶然にも出会って、撮影が進んでいくうちに少しずつ交流を深めていく様子が微笑ましかったです。静かな地元の森に撮影がクルーがどやどやと押し掛けながらも、おおらかに受け入れていく岸の人間の大きさも伝わってきます。嫌々ながらもエキストラとして映画出演して、バッチリとゾンビメイクまで決めてしまうノリの良さには笑わされることでしょう。多くを語ることのない岸ですが、少々訳ありな息子・浩一との関係にも注目しながら観てください。実の我が子には面と向かって言えなかった胸の内を、田辺にだけはポロリと打ち明けてしまうシーンが秀逸です。果たして無事にクランクアップを迎えられるのか、見届けてあげてください。

40代女性
40代女性

とっても大好きな作品のひとつです。小栗旬演じる頼りなさすぎる映画監督と、彼の作品のエキストラとなる林業で暮らす男性の物語ですが、人の成長物語としても、家族の再生や友情を描いた作品としても秀逸な作品です。好きなシーンはいくつもあるのですが、役所広司が演じたオジさんのオジさんぶりが素晴らしいです。役所広司と言えば冴えないサラリーマンを演じても上手な俳優ですが、今回のオジさんは彼の新しい魅力を引き出してくれました。この作品の後にこういうキャラクターの作品が増えたようにも思いますし、そういう意味でも貴重です。また、小栗旬がこんなにも頼りなくて繊細な役を演じたのもめずらしいと思います。ダメすぎる監督を見かねたオジさんが猛烈にサポートするようになり、2人の関係が育ってゆくにつれて監督の表情に力がこもるように変化するという演技はさすが小栗旬、と思わせられます。終盤の映画完成に向けたエキストラや制作スタッフとの連携や、完成に至るまでのシーンはどれも素晴らしく優しくてユーモラスです。生活のいろんなことに疲れて元気が出ない時に観ても、ほっこりするし優しい気持ちと元気をくれる、とっても素晴らしい作品です。特別な事件もないのに、ラストシーンまでずーっと観る者に集中を切らせないという点でもすごいと思います。

 

まとめ

『キツツキと雨』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました