北の零年(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ

北の零年(映画)の動画フルを安全に見る方法

『北の零年』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『北の零年』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

北の零年(映画)の内容

映画『北の零年』は、2004年に製作され、2005年に公開されました。

未開の地・北海道開拓の苦難を描いた壮大な歴史ドラマで、監督は、「世界の中心で、愛をさけぶ」を手掛けた行定勲さん、出演は吉永小百合さん、渡辺謙さん、豊川悦司さんという豪華キャストが勢揃いしました。

主演の吉永小百合さんは、映画出演111本目となる作品で、ひとまわり以上も年の離れた3人の俳優たちとのラブシーンも披露しています。

 

家臣団が大自然の開拓民になるまで、どれほどの苦労をしたかがよく伝わる作品でした。時間は止まることなく選択を迫られ、幸せとは言えない結果でも甘んじて受けて行く。辛酸を舐めながらも未来を見ていく姿に人間の強さを見ました。

吉永小百合さんは流石に魅せますね。待っていた夫が帰る時はピシッと着物着て髪を整えて出迎えるというシーンはもう堪らず号泣でした。ストーリーは壮大過ぎて何だかよくわかんなかったけど、武士の絆っていうのは奥深いんだなと思いました。トヨエツがかっこよすぎてヤバかった。

3時間の上映は長かったなぁ。それなりに大作感は味わえたし、決してつまらなかったと言う訳でもないけど、どうしてもストーリーに入っていけなかった。予想以上にサユリスト専用映画に仕上がっていたような気がする。吉永小百合の夫が渡辺謙で娘が大後寿々花という、この設定でもう違和感たっぷり。吉永小百合は一体何歳の設定だったのだろう。トヨエツがカッコイイ役で、香川照之のお馴染みの怪演とか、役者陣の演技や舞台設定はホント見応えあったのですが、大味な脚本・演出は正直微妙と言わざるを得ない印象の作品でした。

吉永小百合さんは別格の美しさで、そのオーラは凄まじい。メイクが特殊なのか、どのシーンも仮面のように美しい。豊悦のアイヌの衣装も侍姿もカッコ良かった。時代と信念と北海道の厳しい自然と人の心がうねりながら時が流れる様を坦々と描いた物語だと思った。暗くも湿っぽくもない映画。

歴史の狭間で絶望に生きる会津藩の男・アシリカを男らしく素敵に演じた豊川悦司さんがカッコ良かったというコメントが多くありました。また、撮影時は60歳だった吉永小百合さんと14歳年下の渡辺謙さんの夫婦役に違和感を感じた人もいたようです。

あらすじ

明治4年(1871年)。日本が大きく激変した明治維新。主筋である徳島藩との内乱(庚午事変)の末、死傷者まで出した淡路島の稲田藩家臣546名は、明治政府より、北海道への移住を命ぜられます。

豊穣温暖な四国の美しい島から荒涼とした凍てつく北の原野に辿り着いた小松原志乃(吉永小百合)は、夫・英明(渡辺謙)や娘・多恵(石原さとみ)と未開の荒野の開拓に乗り出します。

過酷な自然は作物の成長を妨げ、第二次移民団を乗せた船が難破するという厳しい状況の中、希望を取り戻そうと、志乃と多恵を残し、英明は農業技術導入のため札幌へと赴きますが行方知れずとなります。

英明を探す旅に出た志乃は、猛吹雪に遭遇しますが、アメリカ人牧場主エドウィン・ダンに救助され、それが縁で新天地における牧場経営に活路を見出します。明日への希望を失うことなく開民の人々が農地再建に着手したそのとき、志乃の前に一人の男が現れます。

見どころ

豪華キャスト

冒頭でもご紹介しましたが、この作品には豪華なキャスト陣が出演しています。主演の吉永小百合さんを筆頭に、この撮影の前年、2003年公開映画「ラストサムライ」でハリウッドに進出した渡辺謙さん、2002年公開映画「命」で日本アカデミー賞・優秀主演男優賞を受賞した豊川悦司さんなど。

他にも石原さとみさん、柳葉敏郎さん、香川照之さん、石田ゆり子さん、阿部サダヲさんなど出演しています。

美しい自然の風景

北海道ロケで撮られた厳しくも美しい自然の風景は必見です。

また製作費15億円も掛かっているだけあり、夕張市鹿島の2ヘクタールの広大な土地に、本建築で屋敷や駅逓、会所、神社、火の見櫓、開拓移民小屋などを建設。北海道の雄大な景色に建てたオープンセットは素晴らしいものとなっています。

スタッフ

監督:行定勲
脚本:那須真知子
製作総指揮:岡田裕介、坂本眞一
音楽:大島ミチル

キャスト

小松原 志乃:吉永 小百合
明治政府の命により、北海道への移住を命ぜられ、最果ての北の地に降り立つ女性。

小松原 英明:渡辺 謙
志乃の夫。

小松原 多恵:石原 さとみ、大後 寿々花(少女時代)
志乃の娘。

アシリカ(会津藩士・高津 政之):豊川 悦司
アイヌと共に暮らす謎の男。

馬宮 伝蔵:柳葉 敏郎
稲田家家臣。

馬宮加代:石田 ゆり子
伝蔵の妻。

持田 倉蔵:香川 照之
薬売りの商人。

長谷 慶一郎:吹越 満
稲田家藩士。

長谷 さと:奥貫 薫
慶一郎の妻。

内田:中原 丈雄
稲田家重臣。

中野 又十郎:阿部 サダヲ
稲田家藩士。

川久保 栄太:平田 満
農民の指導者。

花村 莞爾:寺島 進
稲田家藩士。

殿:忍成 修吾
淡路島の洲本城主、稲田邦植(くにたね)。

おつる:鶴田 真由
エドウィン・ダンの妻。

堀部賀兵衛:石橋 蓮司
稲田家家老。

 

『北の零年』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

北の零年(映画)の感想

 

40代女性
40代女性

吉永小百合さんと渡辺謙さんが夫婦役、大物カップルの誕生です。観光地も多く魅力たっぷりの北海道ですが、厳しい寒さと荒れ果てた大地の不毛の地でした。そこを開拓していく姿に感動しました。明治の初期に実際にあった史実を元としているお話、雪が降ることさえ稀な淡路島の家老たちが何の知識も無いままに飛ばされるのですからすごいことです。開拓さえすれば自分たち稲田家の領地、とはいえ大自然はそんなに甘いものではありません。それでもくじけることなく頑張ってくれたからこそ現代の姿があるのです。障壁となるのは自然の驚異だけではありません。人間の狡さ・弱さも大きな敵となります。許せないという気持ちの一方で、それぞれが生きていくために必死だったからこそ仕方ないという思いも持ちました。裏切りや嘘、そのどれもがやむを得ないものなのです。とは言え、渡辺謙さん好きだったのですが「ここにいる皆の夢をかなえるために行ってくる」と言いながらも開拓民を取り締まる役人へと変わってしまい、しかも他の女と再婚してなんて姿は見たくなかったです。たった5年でここまで変わるとは、しかも「夢から覚めてしまった」と平気で言うなんてその間に彼の心を壊してしまったのは何だったのだろうと考えてしまいました。

 

20代男性
20代男性

たまたまインターネットの広告で見つけたのが作品と出会うことになった大きなきっかけです。気になって調べたらキャストが、吉永小百合、渡辺謙、豊川悦司、石田百合子らなどが主演を張っており、これは見るしかないなと思うなと感じさせられるくらいの豪華さを見せつけられ印象に残りました。石原さとみや阿部サダヲらも脇を固めるキャストとして出演してさらに記憶に残り、思わず劇場で観に行くキッカケとなりました。話の本筋としては北海道を舞台にしており、雪の景色がとても美しくストーリーとも大きな親和性とシンクロ感がありました。アイヌなどの部族の話を大きく題材として取り扱っており、わかりやすいところもポイントでした。私自身アイヌや北海道の知識はあまりなく不安でしたが、劇中の説明もしっかりしており、すぐにストーリーに馴染めて楽しむことが出来ました。演出も冴え渡っており、迫力のあるものでインパクトを感じました。時たまミュージカルのような感じのシーンもあり、それがいい演出でした。アクセントとしてうまく機能しており、役者たちの演技力も相まって強く記憶に残るものでした。またこれくらい大きく気合の入った日本の大作映画があれば見てみたいです。

 

30代女性
30代女性

こんな時代だからこそ、逆境に負けず立ち向かっていく力が大切なのだと強く思わせてくれる映画でした。逆境につぐ逆境といっても過言ではないこのストーリー。見ていて辛くなるシーンもありましたが、出演陣たちの美しく強い演技力で最後まであっという間に見終わりました。北海道が舞台となっていたので、観光に訪れたことのある私にとってはさらに興味深い内容でした。これを見た後、また北海道旅行に出かけたくなったくらいです。もし北海道旅行を計画している方がいるのであれば、「北の零年を見てから行った方がいい!」と伝えたいくらいです。主演の吉永小百合さんはやはり美しいですよね。でも、ただ美しいだけでなく強さと弱さを合わせ持った女性というのがとても伝わってきました。行定勲監督がメガホンを取ったということもあって、映像の偉大さは素晴らしかったです。私は映画館とDVDの両方で見たのですが、それぞれの良さがあったのでどちらにしてもオススメです。石原さとみさんも出演されているのですが、元気いっぱいな彼女というイメージとは違って、こんなシリアスな表情も見せてくれるとは!というのが感動したところ。日本が本気で映画を作ると、こんな素晴らしい作品になるんだ!ということが伝わってきました。

30代男性
30代男性

庚午事変という明治維新直後に実際に起きた歴史上の事件を背景にした物語ですが、雪がほとんど降らない瀬戸内の淡路島に暮らしていた人々が、過酷な冬の気候にさらされる北海道で開拓に挑んだのは、想像を絶する苦労の連続だっただろうと思います。主人公である吉永小百合さん演じる小松原志乃の夫である、渡辺謙さん演じる小松原英明は妻を裏切った上に「夢から覚めてしまったのだ」と酷いことを言い放ちますが、過酷な現実が彼をこんなふうに変えてしまったのだと思うと、単純に批判はできませんね。映画は全体として過酷な自然環境の中で懸命に開拓する人々と、そんな彼らを翻弄する時代の変化が主軸となっているでしょうか? 開拓民が牧場を作って馬を乗り回していて、原住民であるアイヌの人々が登場するところは、アメリカの西部劇を連想するところがありました。中華圏では西部の辺境の砂漠地帯を舞台にした時代劇作品を、チャイニーズウエスタンと称するそうですが、この『北の晩年』は方角的には西ではなく北であるものの、ジャパニーズウエスタンと呼んで良いように思いました。こんな映画にあっても、吉永小百合さんは大女優として確立されたいつものキャラクターを貫いていて、何だか安心感がありました。

30代男性
30代男性

明治時代に北海道に移住することになり、北国の厳しさの中でたくましく生きる人々の姿を表現しています。北海道は現在であれば美しい観光地というイメージですが、150年以上前は居住者は少なく自然が広がり特に冬は厳しく明治時代初期には屯田兵が置かれて「開拓」をして集落や農地を切り開いた場所です。北の零年で北海道に移住する事になった集団は兵庫県の淡路島で武士をしていた稲田家に関する集団です。明治時代になると武士身分は撤廃されてしまうので平民という身分となった武士家族達が何もない北海道で慣れない農作業を行い苦労をしながら生活をする姿が、時代の変化の犠牲とはいえ苦労さに共感を感じます。世が世なら鍬や鎌などを持つこともなく農民よりかは若干平穏な暮らしができていた身分だと思いますが、武士の世が終わるとそんなことも言ってられません。移住のための移動の際に船の難破により大勢の仲間を失い、慣れない生活の中で病気になるものが増え、身分の低かったものが経済力をつけかつての上司に威張ってみたり。ある武士家族があらゆる困難に立ち向かう姿は涙を誘います。
病気で体が弱った兄妹に、時季外れの花を見せたいと赤い服の端切れを枯れ木におおく結びつけて花が満開だと伝えたシーンは私はこの作品の中で一番印象的なシーンです。かつては武士だったが、ここでは一人の平民としてたくましく生きていかないといけないのです。吉永小百合さんが演じる志乃が成長してゆく姿をぜひとも暖かく見守ってあげてほしいものです。

 

30代男性
30代男性

行定勲監督、吉永小百合主演の作品である。その他にも渡辺謙、豊川悦司と豪華なキャストが揃う。明治維新の動乱で淡路から北海道へと移住を命令された人々が、時代の流れによる厳しい現実や未開の地をゼロから開拓するという大きな試練に「人々の団結力」や「夢見る力」で立ち向かっていく感動のストーリー。移住、開拓、そして国づくりと立ち向かう壁の大きさが現代では想像できないスケールであり、そこに付随する苦労はさらにその想像をはるかに超えるものである。それが舞台設定も含めてリアルに描写されているため、それぞれの登場人物に感情移入して見ることができる。同じ一族ではあるものの、困難に局面することで生まれるそれぞれの人々の気持ちの変化、そこから生じる恨みや妬みが、かつては同じ夢を追いかけた同士の心を引き離していく。そういった状況の中でもくじけずに長い間信じて大切な人を待ち続ける主人公ではあるが、結局は大きな裏切りにあってしまう。それでも最後には同じ夢を目指す人々が団結し、助け合い、前を向き歩もうとする。その強さが大きな感動を生み、加えて今自分が抱えている悩みや直面している困難が「こんなちっぽけなんだ」と認識させ、最終的には見た人に勇気を与え、明日からの活力を与えてくれる、そのような映画である。

 

まとめ

『北の零年』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の「北の三部作」

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました