北の桜守(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『北の桜守』 本予告

北の桜守(映画)の動画フルを安全に見る方法

『北の桜守』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『北の桜守』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

北の桜守(映画)の内容

映画『北の桜守』は、2018年3月に公開されました。

主演は、本作が120本目の映画出演となる吉永小百合さん。北海道の雄大な風景の中で描かれた映画、2005年の「北の零年」、2012年の「北のカナリアたち」に続く“北の三部作”の最終章となります。

監督は「おくりびと」で世界を沸かせた滝田洋二郎監督で、脚本は北の三部作の全てを手掛ける那須真知子さん。また、舞台演出として劇団「ナイロン100℃」主宰のケラさん(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)が参加しています。

今回、描かれるのは大戦末期から高度経済成長期という激動の時代を生き抜いたある親子の物語。厳しくも温かく息子を見守る母・江蓮てつ役を吉永小百合さんが、苦難を乗り越えて成功し、老いた母と再び時を過ごすことを決める息子・江蓮修二郎役には堺雅人さん。

そのほか、修二郎の妻役に篠原涼子さん、てつの夫役に阿部寛さん、岸部一徳さんや佐藤浩市さんなど豪華キャストが出演しています。

 

所々に出て来る舞台シーンにハテナと思ったら、史実に基づいた話で、戦後の話が重くならないようと舞台シーンが入る演出したそうです。小椋佳の主題歌、吉永小百合だけでなく、阿部寛の歌声も聴けて良かった。堺雅人の新しい一面が見られ、他のそうそうたる役者達に支えられて、吉永小百合の120作目が、素晴らしい映画に仕上がっています。

賛否両論ある舞台シーンですが、私にとっては良いものになり、はじめの合唱の場面から涙が止まらなくなりました。小百合さんだからこそ、この美しさ清らかさを出せたんだと思いました。こんな良心的な映画がまだ作れるんだな、と嬉しくなり感動しました。

文句無しにキャスト皆がそれぞれの魅力とパワーで惹き付ける。そんな中でも圧巻なのは堺雅人さん。不思議で、吉永さんと何とも言い表せない関係と距離感を築き、隣に、時には後ろに、真正面にと寄り添うように立ち続ける。彼の演技力なしでは成立しなかったのではないでしょうか。

小百合さんはやっぱり美しいです。舞台シーンがいい味出していました。心に響く素晴らしい作品でした。鑑賞直後は余韻がスゴい。周囲の人に優しい気持ちになれました。影響力のある作品で記憶に残る名作ではないでしょうか。

あらすじ

1945年5月、南樺太に住む江蓮家の庭に待望の桜の花が咲きます。夫と息子たちと暮らす江蓮てつ(吉永小百合)が大切に育てたその花は、やがて家族の約束となります。しかし、8月の終戦に向かう中、樺太にはソ連軍が迫っていました。樺太に残るという夫(阿部寛)とは再会を約束し、てつは二人の息子を連れて網走へと逃げ延び、凍てつく寒さと飢えの中、てつたち親子は必死に生き延びました。

1971年、次男の修二郎(堺雅人)はアメリカで成功を収め、米国企業のホットドッグストアの日本社長として帰国します。15年ぶりに網走の母の元へ訪れると、一人ぼっちで夫を待ち続け、慎ましい生活を送る年老いたてつの姿がありました。

一人暮らしが心もとなく思えるその様子に、母と一緒に暮らすことを決意する修二郎でしたが、二人は、すれ違いを重ねてしまいます。てつは立派になった修二郎に迷惑をかけたくないと、一人網走に戻ろうとします。母に寄り添うため修二郎は、母と二人で北海道の各地を巡り、一緒に旅を始めます。

再会を誓った家族への想い。寒さと苦難を共にした懐かしく温かい人々との再会。そして、満開の桜の元で衝撃の真実が明かされます。

見どころ

今作はフィクションですが、実際に起きた出来事のいろんな史実を取り入れて物語が作られています。終戦の1945年生まれの吉永小百合さんが、戦争とは人を殺すことなんだという事実を、絶対に忘れてはいけないという思いから、ソ連軍の飛行機に狙い撃ちされる民間人や、引き揚げ途中で餓死する老人群がって強奪する場面など生々しく描かれています。

そのような悲惨な出来事の比重が重くなり過ぎないよう抽象化し舞台表現として、ケラさん演出の舞台演劇が披露されています。8人のパフォーマーにより抽象的に列車の車輪になったり、ソ連兵や看護師にと、様々に変身し表現しています。

スタッフ

監督:滝田 洋二郎
脚本:那須 真知子
舞台演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
音楽:小椋 佳、星 勝、海田 庄吾
主題歌:「花、闌の時」歌:吉永 小百合 / 阿部 寛 / 北の桜守隊

キャスト

江蓮 てつ:吉永 小百合
厳しくも温かく息子を見守る母。心の均衡を失い記憶障害に陥ってしまう。

江蓮 修二郎:堺 雅人
てつの次男。年老いた母と一緒に時を過ごすことを決める。

江蓮 真理:篠原 涼子
修二郎の妻。グローバルな女性で会社経営にも携わっている。

江蓮 徳次郎:阿部 寛
戦地に赴いたてつの夫。

菅原 信治:佐藤 浩市
樺太から引き揚げてきた、てつ達親子の生活の手助けをし、気丈なてつにいつしか惹かれていく男。

山岡 和夫:岸部 一徳
駐在所に勤務していた元警察官。

島田 光江:高島 礼子
かつて網走で江蓮家の隣人であった女性。

三田医師:永島 敏行

居酒屋たぬきの主人:笑福亭 鶴瓶
てつと修二郎が思い出の地を二人で巡る道中、立ち寄る居酒屋の主人。

岡部 大吉:中村 雅俊
真理の父。

杉本 久:安田 顕
少年時代に修二郎をいじめていた過去がある、修二郎の同級生。

木村 学:野間口 徹
修二郎が日本で開業したミネソタ24の社員で社長である修二郎をサポートする。

岩木:毎熊 克哉
てつとその修二郎を救う闇米商・菅原信治の助手。

 

『北の桜守』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

北の桜守(映画)の感想

40代女性
40代女性

戦争によって、そして戦争が終わった後も国に振り回され続けた人々の悲哀を描いたこの物語、きっと少しずつ形を変えながら本当にあったことなのでしょう。歴史の教科書では1行で終わってしまうような内容ですが、大切なことですからこうして映画化されて皆に提供されるのは本当に良い事だと思います。戦争というのは本当に良く無い事なのです。元々は裕福な家で家族仲良く暮らしてきた主人公たち一家にも、次々と不幸は訪れます。そんな彼らを支えたのが桜の木、そんな数十年で花が咲くまでに大きく成長するのかというと疑問ですが、最後の場面は幻想の世界といった感じもあるのでこれはこれでいいのでしょう。死体が埋まっているといわれることもある桜の木、満月の日に花咲かせるというのはこの作品ならではのオリジナルの言い伝えなのでしょうか。聞いたことがありませんでした。美しいけれどもどこか不気味でそして幻想的で、そんな桜の木がこの作品にはぴったりです。戦後の様子とハンバーガーというのが結びつかない、かなり昔といったイメージがありますが確かに現代でも生きている方がいて戦争の怖さを伝えてくれているのですから当然かもしれません。違和感と言えば、吉永小百合さんと阿部寛さんの夫婦設定も慣れませんでした。

 

20代男性
20代男性

まず、キャスト陣の豪華さに目が行きました。吉永小百合、堺雅人、篠原涼子、岸部一徳らなど日本の芸能界きっての実力派が取り揃えられており魅力的に感じました。華があり、演技力も高い人ばかりで見ていて感動を覚えました。役柄にきちんとイメージが合致しており、まるでその役柄になりきるようなシンクロ性がありました。日本の映画にありがちな安っぽさは全く感じられず、どこまでも高貴な印象を強く受けました。物語としては終戦後の樺太のいざこざや日本の混乱などをうまくテーマとして扱っていながらも、初見の方や知識がない方でも親しめるように分かりづらい表現を省き、見やすい作品になっていたのが印象に残りました。物語の特色なのか寸劇や劇中歌が入ることがあり、これもまたこの映画ならではの特色だというふうに感じました。これらが入ることにより作品のアクセント的な要素になっていて最後まで飽きずに見られたきっかけでもあります。これくらいのギミックが話の途中に盛り込まれてるとユニークでいいなと感じます。戦争の悲惨さを分かりやすく伝えてくれる芸術性の高い映画でした。このような戦争を題材にしながらも、わかりやすい作品は非常に好印象です。

30代女性
30代女性

泣きました。オープニングで違和感があった舞台演出でしたが、ラストで号泣です。ケラリーノ・サンドロヴィッチさん演出のクレジットで納得しました。堺雅人さん見たさに気楽な気持ちで見始めました。吉永小百合さん主演で太平洋戦争が背景にあるし、年配の方向けの演出かもしれない、という予想は軽やかに裏切られました。吉永小百合さんが主演となると、日本の最高峰が集まるのかもしれません。少し見方が変わりました。なぜ戦争をするのか小学生の頃から疑問でした。アニメ映画や講演から、苦しい経験を学んできました。市井の人たちが苦しむのに、なぜ戦争をするのか、その問いに対する答えは得られないままです。人間の本能だとか、国を守るためだとかが答えとして用意されることもあります。人が一生をかけて苦しみを背負ってしまう、それを上回る位に大切なことなのか、いつまで経っても理解が出来ません。吉永小百合さん演じるてつさんと同じ時代を生きた女性は、多かれ少なかれ似たような経験をしながら今に繋いでくれたのだと思います。戦争ものはどうしたって涙を誘う物語になりますが、この映画は自然と尊敬と感謝の気持ちが湧いてきます。二十歳前後の人たちに見る機会があれば見て欲しいです。太平洋戦争のことを知る機会が減ってきて、これから家族を築いていくことを意識する世代に。とても上質な俳優、音楽、映像、脚本、演出に触れることができた映画でした。

50代女性
50代女性

吉永小百合さんが、極寒の地での渾身の演技力が圧巻でした。存在感がすごかったです。ラストに近いシーンで、総白髪の吉永さんが黙々と桜の手入れをするのですが、思わず息をするのを忘れてしまうほどの美しさがあり引き込まれてしまいました。この世のものとは思えない表現のしようがない美しさだと思いました。堺雅人さんが、いつもと違う新しい顔を見せていて、素晴らしい演技だと思いました。どんな役柄でも毎回観る者の想像を越えてくるのは、ほんとにすごいと思います。日本の母親は内に炎のような強さを秘めて、ただ淡々と生きていく。吉永さんがそれを淡々と演じているのがすごかったです。夫を亡くし、子供を亡くし、とことん自分を責めて生きてきた母親というのは、世の中にどれくらいいるのか、子供は親より先に死んではいけない。ただ生きていてくれるだけでいい。小椋佳さんの主題歌が作品にマッチしていて、とても良かったと思いました。子供たちにも観せて、戦争があった大変な時代の悲惨さ、その中でたくましく生き抜いた人たちのことを伝えていかなければならないと思いました。必ず人間は誰もが老いていきます。自分が相手に対してできること、また逆に自分がしてもらいたいサポート、今自分はほんとに人に優しく出来ているのかということを深く考えさせられる作品でした。

 

40代女性
40代女性

まずは戦中時代が舞台です。当然その時代に想いを馳せて鑑賞していたのですが、突然劇中劇が始まったため正直混乱しました。映画と演劇では発声の仕方やセリフ回しなども違うと思いますので、どうしてこんな演出にしたのだろうと当初は疑問でした。私は一作品をなるべく複数回鑑賞するようにしているのですが、2回目以降の鑑賞時にこの演出についてハッとさせられました。樺太からの引き揚げ船が爆撃されたことによって長男を失った主人公のてつさんが、その後PTSDを発症してしまいます。てつさんが心に閉まってしまった記憶を表現したのが、劇中劇のシーンなのではないかと思いました。(違っていたら、すみません。)凡人の私では、これは1度見ただけでは気付けなかったなぁと実感しました。あくまでストーリーはフィクションですが、前述した小笠原丸の爆撃は実際に起きた事件とのこと。多くの日本人が犠牲になった事件にも関わらず、私はこの史実を全く把握していなかったので、大変勉強になりました。その他にも、樺太でソ連軍の襲撃があったこと、シベリアにはたくさんの日本人抑留者がおりそこで命を失った人、生き延びるために手を汚した人がいたという歴史も綴られています。本編の半分は戦後の話ではありますが、今作は紛れもなく戦争の恐ろしさを描いた映画なのだと感じています。

 

20代女性
20代女性

戦争の悲惨さや戦後の貧しく厳しい生活の描写もあり、見るのが辛いシーンもありましたが、懸命に生きる親子の姿にだんだんと引き込まれていきました。第二次世界大戦に関連する映画はこれまでいくつか見てきましたが、樺太や北海道など日本の北の地を取り上げたものは見たことがなかったので、今まで知らなかったこともこの映画を通して知ることができ、歴史の勉強にもなりました。主演の吉永小百合さんの演技がとてもお上手で、息子たちを連れて樺太から逃げ、懸命に生きる凛とした姿も、年老いて少しおかしな行動をとってしまう姿も、どのシーンの吉永小百合さんもとても自然体で、「激動の時代を生き抜いてきた一人の女性の人生」を見ているのだと感じられました。最初の演劇のシーンは唐突に感じられてびっくりしてしまいましたが、2回目以降はこういう演出もありなのかなと思うようになりました。吉永小百合さん演じるてつさんは二人の息子を連れて逃げたのに、成長した息子は堺雅人さん演じる次男しか出てこないので、どうしてかなと思いながら見ていましたが、てつさんが記憶を取り戻していくにつれ、てつさんたち親子に何があったのか明らかになっていきます。胸が締め付けられるような辛く悲しい気持ちになりましたが、それと同時に母の愛を強く感じました。映画を見ながら少し物悲しい空気感に包まれましたが、吉永小百合さんの美しい笑顔に心が救われたような気がします。

30代男性
30代男性

この映画の背景となっているのは、終戦時の南樺太からの引き揚げ時の悲劇です。ソ連の対日参戦によって、満州に暮らしていた日本人たちが悲劇に見舞われ、中国残留孤児といった今に至る問題に繋がっていることはよく知られていますが、当時日本領だった南樺太でも同様の悲劇が起きたことはあまり知られていないと思います。その引き揚げ時に家族を失った、吉永小百合さん演じる江蓮てつと、息子で堺雅人さん演じる江蓮修二郎の親子が主人公。一時的に離れて暮らしている間に、記憶障害に陥ってしまった母を、江蓮修二郎が原因である終戦時の悲劇の思い出を乗り越えさせることで、回復させようと苦闘しますが、その過程で親子の絆を再確認することにもなっていますね。時々舞台的な演出のシーンが挟み込まれていたり、過去の回想シーンが頻繁に出てきたりして、集中して見ていないとついていくのが大変ですが、それだけに作品に没頭する効果があるのかも知れません。最後は感動的な結末で綺麗に締めていますし、主演の2人以外にも、江蓮修二郎の妻である江蓮真理を演じた篠原涼子さんが、最初は母のことばかり考えている夫の行動に戸惑いつつも、最後には理解を示す女性の変化を上手く演じ分けていて感心させられました。

 

まとめ

『北の桜守』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の「北の三部作」

 

堺雅人のU-NEXT配信作品

【映画】

  • DESTINY 鎌倉ものがたり
  • 鍵泥棒のメソッド
  • ツレがうつになりまして。
  • クヒオ大佐
  • ジェネラル・ルージュの凱旋
  • 壬生義士伝
  • 武士の家計簿
  • 大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]
  • 北の桜守
  • ひまわりと子犬の7日間
  • プロメア(声の出演)
  • 手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく(声の出演)

【ドラマ】

  • アフタースクール
  • ヒミツの花園
  • BS時代劇 塚原卜伝

 

佐藤浩市のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 記憶にございません!
  • 64-ロクヨン-前編
  • 64-ロクヨン-後編
  • 町田くんの世界
  • THE 有頂天ホテル
  • ザ・マジックアワー
  • 清須会議
  • 天然コケッコー
  • 少年メリケンサック
  • 闇の子供たち
  • 海猫 umineko
  • アンフェア the answer
  • アンフェア the end
  • GONIN
  • 愛を積むひと
  • 楽園
  • 壬生義士伝
  • あなたへ
  • 誰も守ってくれない
  • 亡国のイージス
  • 起終点駅 ターミナル
  • 忠臣蔵外伝 四谷怪談
  • 暗いところで待ち合わせ
  • 大鹿村騒動記
  • 文学賞殺人事件 大いなる助走
  • 魚影の群れ
  • あ、春
  • らせん
  • 草原の椅子
  • 道頓堀川
  • 新・仁義なき戦い。
  • 青春の門
  • 青春の門 自立篇
  • KT
  • これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫
  • 友罪
  • 北の桜守

【ドラマ】

  • 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~
  • 最後の晩餐 刑事・遠野一行と七人の容疑者
  • ハッピー・リタイアメント
  • 陽はまた昇る

 

笑福亭鶴瓶のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました