キセキ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『キセキ ーあの日のソビトー』予告編

キセキの動画フルを安全に見る方法

『キセキ -あの日のソビト-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『キセキ -あの日のソビト-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

キセキの内容

映画『キセキ -あの日のソビト-』は、2016年10月に公開されました。男性4人組ボーカルグループ・GReeeeNの楽曲「キセキ」の誕生までの実話がもとになっている映画です。

GReeeeNは、2002年にGReeeN(当初はeが3つでした。)を結成し、2004年に現メンバーで始動しました。結成当初まだ歯科医師を目指す大学生で、2007年にシングル「道」でメジャーデビューしました。この時、顔や姿を見せずデビューし、今もなおその姿を見せてはいません。2008年からメンバーがそれぞれ、歯科医師免許を取得していき、現在も歯科医とアーティストを両立しています。

そんな、GReeeeNのメンバーを演じるのは、菅田将暉さん、横浜流星さん、成田凌さん、杉野遥亮さん。さらにGReeeeNのプロデュースを手掛ける、リーダーヒデの実兄・ジンを松坂桃李さんが演じます。

 

彼らの誕生について描いた映画を見て知らないことだらけで驚いた。「キセキ」が作られた秘密を知れた感じでよかった。この映画を見て、自分も夢に向かって必死に頑張ろうと思えた。自分のやりたいこと、好きなことを夢中に追いかけてる彼らを観てすごいカッコイイ。確かに人の才能によってできるできないはあるけど。それでもそれに関係する何かはきっとある。

そんなにファンってわけではなかったけれど、「キセキ」の曲が出来上がるくだりは涙モンだった。松坂桃李てこんなイケメンだったっけ?(笑)

いや〜良かった。でも、前半長く感じたし、物語はどう展開して行くのかな?と心配もしたけど、後半はぐいぐい惹きつけられて、同じみの曲が流れ涙。その割に、エンディングは、超あっさりで拍子抜けの感があった。平凡な人を演じたらピカイチの野間口さんが、今回は音楽プロデューサー役で、なんか新鮮だった。

ただ一言 感動しました!GReeeeNの馴れ初め、こんなに大変だったんだ~。人との繋がりや自分のやりたいことを貫く気持ちの大切さを教えてもらいました。GReeeeN!すごすぎる!

 

あらすじ

ジン(松坂桃李)は、メタルバンド「ハイスピード」のボーカルとして活動し、ライブ中にレコード会社の目にとまりメジャーデビューのオファーを受けます。ところが、医師で厳しい父・誠一(小林薫)に反対され、バンドをやりたいジンは家を出ます。

ジンの弟・ヒデ(菅田将暉)は、医大を目指す受験生で父と同じ道に進むため、勉強に励みます。浪人しながら、無事に歯科大に合格し、仲間のナビ(横浜流星)、クニ(成田凌)、ソウ(杉野遥亮)と出会い、音楽を始め「グリーンボーイズ」という名前のバンドを結成。自分たちの楽曲も作り始めます。

一方、ジンは、自分のやりたい音楽とレコード会社の意向が合わず、また仲間たちと意識のズレも生じ、なかなか上手くいかず、とうとうメンバーのトシオ(奥野瑛太)が脱退します。

そんな時、ヒデがグリーンボーイズのアレンジをジンに頼みます。ジンは、彼らのデモテープを聴いて、彼らの才能に気付き、グリーンボーイズを手伝い始めます。そして迎えた初ライブ。グリーンボーイズがオリジナル曲「声」を歌うと、観客が一斉に沸き、そんな姿を客席の隅からジンとトシオが見守ります。改めてトシオにバンドとの決別を告げられたジンは、ステージで歌う4人に自分の夢を託し、プロデューサーとしてグリーンボーイズのサポートに徹する事を決意します。

そして、ジンは自身のバンドのデビューの際に関わったレコード会社の売野(野間口徹)に、当時は、嫌味を言われましたが、グリーンボーイズをデビューさせたいという思いから頭を下げ、ようやくデビューへの道が開かれようとした頃、歯医者になるはずのヒデがデビューしてしまったらあの厳格な父がまた反対するだろうと、ジンはメンバーの顔を一切出さないことを思いつきます。

そして、ヒデが作詞した楽曲「道」を、”GReeeeN”の名前でデビュー曲としてリリースします。

しかし、ヒデは歯医者になるため歯科大に進んだ大学生。学業のためバンド活動を終わりにしようかと考え始めると、「ホントは何がしたいの?」とガールフレンドの理香(忽那汐里)が言ってきます。歯医者とアーティスト。自分が本当にやりたいことは何なのか、揺れ動くヒデの前に現われたのはジンの姿でした。

見どころ

この映画は、松坂桃李さんと菅田将暉さんのダブル主演です。兄のプロデューサーのジンを松坂桃李さんが、弟のヒデを菅田将暉さんが、厳しい父親のもとで音楽への道を志す兄弟の姿を演じています。

松坂桃李さんは、2009年の「侍戦隊シンケンジャー」、菅田将暉さんは、同年「仮面ライダーW」に抜擢されデビューも同じ頃で、事務所も同じ。

プライベートでは、連絡先を知っているけれど連絡を取り合わない仲だとか。不思議な関係でお互いのプライベートには踏み込まないという兄弟のような関係だそうです。そんな2人のナチュラルすぎる兄弟感が一番の見どころとなっています。

スタッフ

監督:兼重 淳
脚本:斉藤 ひろし
音楽:GReeeeN
音楽プロデューサー:JIN

キャスト

ジン:松坂 桃李
ヒデの実兄。プロデューサー。

ヒデ:菅田 将暉
ジンの実弟。歯科者を目指し歯科大に進学。

理香:忽那 汐里
CDショップで働いていたところヒデと出会う女性。ヒデのガールフレンド。

結衣:平 祐奈
ジンとヒデの父・誠一の患者。難しい心臓病と闘っている。

ナビ:横浜 流星
グリーンボーイズのメンバー。特技はピアノ。歯医者の息子。

クニ:成田 凌
グリーンボーイズのメンバー。元DJ。常にノリが軽いけど周りをよく見ている。

ソウ:杉野 遥亮
グリーンボーイズのメンバー。天真爛漫。無意識にあらゆるものを触る。

ふみ:早織
ジンとヒデの姉。

トシオ:奥野 瑛太
ジンの親友。メタルバンド「ハイスピード」のメンバー。

売野:野間口 徹
レコード会社のディレクター。

森田 珠美:麻生 祐未
ジンとヒデの母親。

森田 誠一:小林 薫
ジンとヒデの父親。医師。

 

『キセキ -あの日のソビト-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

キセキの感想

 

20代女性
20代女性

GReeeeNの話ということで顔が分からない方たちだったのですごく興味があって楽しみにしていた映画でした。出ている俳優さんは人気な方ばかりでその俳優さん目当てに観に行ってる子もたくさんいました。横浜流星さんがメガネをかけていてとてもかっこよく感じました。お兄さんの夢をかなえてあげるといっても学校へいきながらミュージシャン活動をするのは大変そうだなと思いました。どこかのスタジオでレコーディングをするわけでもなく、家でレコーディングをするのをみて工夫すればどうにでもなるんだなと思いました。顔を出さないアーティストってどういうことって初めてGReeeeNを見た時に思ったのですが、いろんなことが重なってそういうことになったんだなと改めて知らされました。兄弟で音楽を初めてこんなに成功すると思ってなかったんだろうなと思いましたし、顔を出さなくても人気って出るんだなと思ったと思います。出演俳優さん四人で作ったグループ、グリーンボーイズの歌が主題歌になっていたしとても気に入って聴いていましたしかわいいPVも何度も観ていました。良く考えたらみなさん俳優さんなのにとてもうまいなと思っていましたしみなさんがもっとグリーンボーイズで活動するんじゃないかなと思ってました。

40代女性
40代女性

「キセキ -あの日のソビト-」という映画はまず出演者が豪華ですよね。松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で、メンバーの顔出し不可の異色のボーカルグループGReeeeNの「キセキ」の誕生秘話を描いた作品です。兄のジン役を松坂桃李、弟のヒデ役を菅田将暉が演じていて、ジンはヒデの音楽的才能を見抜き自分の夢を弟とその仲間に託して、プロデュースをするんですが2人ともイケメンな上に演技が上手なので物語に引き込まれていきます。それにこの映画で知ったのですが、菅田将暉って歌声も素敵で、多彩な人だなと思いました。そういえば以前洋服も作っているって情熱大陸で作業している様子をオンエアーしていました。そしてこの映画の一番の見所はやはり松阪と菅田のリアルな距離感と言えるでしょう。兄弟で2人とも音楽を志すライバルでもあるジンとヒデを見事に演じていると言えます。だからこの2人のファンやGReeeeNのファンは勿論として、映画としての出来もいいので多くの人が楽しめる作品です。でも人気バンドのメンバーでありながら歯科医師っていう設定が実話というのにも驚かされて、両立しているその努力が凄いと素直に思いました。それにキセキという曲はとてもいい曲で、この映画を見てより好きになりました。

50代女性
50代女性

GReeeeNが結成され、デビューするまでを描いた映画です。当時は菅田将暉くんしか知らなかったグリーンボーイズのメンバーですが、横浜流星くん、成田凌くん、杉野遙亮くん、今ではみんな大活躍です。こんなにみんながブレイクしてるのも珍しいですね。現在もGReeeeNのプロデューサーとして活躍している・松坂桃李さん演じる・Jinさんの音楽、父との関りも心打たれるものがあります。Jinの弟ヒデ(菅田将暉)も音楽に目覚めていき、仲間と歌っているのが楽しそうです。兄が弟の才能に気づいてサポートしていって、歯科医師と音楽の両立を目指すことになるのがすごいです。今も音楽を続けているというところも、素晴らしいと思います。顔を出さずにライブまでやっています。医者である父は、息子にも医者になってほしいと思っていて、ヒデもそれに応えよう思っています。父にどうやったら音楽をやることを認めてもらうかということが一番の悩みでした。でも、意外な形で認めてくれることになります。そこが感動的でした。すでに3回観ていますが、定期的に見たくなるだろうなと思う映画です。ラストがどうなるのか分かっていて、というか、わかっているからこそ安心して観ることができるのかもしれません。

20代女性
20代女性

Greeenのファン度合いに限らず、楽しめる映画です。ビートルズやクイーンなど、過去に素晴らしい功績を残したアーティストの当時の様子などが映画で描かれることはあると思いますが、今も健在で、老若男女問わず人気のアーティストの軌跡が映画になるのはすごく珍しく、意外でした。たしかにデビューから20年近く経っているのに、顔も名前も出していないというグループだけあって、それだけ興味のある人が多かったのかなと思います。私自身はGreeeenの曲はもちろん好きですが、曲を知っていて、素顔は歯科医ということぐらいしか知識はありませんでしたが、それでも彼らの軌跡に興味が湧き、映画を見たことでGreeeenの曲がより好きになりました。Greeeenをあまり知らない人でも興味が湧くんじゃないかなと思います。Greeeenの役の4人の俳優さんは、今では誰もが知る人気俳優ですが、映画が放映されていた当時は、菅田将暉以外はそこまで誰もが知るというより、顔は見たことあるぐらいの俳優さんでしたので、今見るとすごいメンバーだなと思えます。劇中では実際に4人がGreeeenの曲を歌うシーンが度々出てきますが、YouTubeやテレビ番組でも、俳優さんが誰かの曲をカバーして歌うことがほとんどないので、かなり貴重な歌唱シーンでした。アーティストの苦悩と、学業との両立という、ありきたりでも、他のアーティストとは違うストーリーがあって、最後まで飽きることなく見ることができます。

40代女性
40代女性

GReeeeNと言えば人気のバンド、彼らが歯科医師をしながら音楽活動もという二足の草鞋を履いていることは知りませんでした。正に兼業している彼らの奇跡の実話だからこそ、真に迫っているのでしょう。とても面白かったです。兄JINが音楽プロディーサーとして関わっているそうですが、音楽のクオリティーも高いです。人の命を助けるのは医者だけでは無いのだなと改めて感じました。気持ちも伴ってこそ病気に打ち勝とうという強い心は生まれます。このドラマそのもののストーリーがあったかどうかは分かりませんが、彼らの歌で助けられ勇気づけられた人がいるのは事実なのです。音楽一本でいた方が楽だし近道かもしれませんが、両親の気持ちも大切にしている彼らは本当にすごいです。そして更にすごいのが兄JINでしょう。元々は自分自身が音楽の道で活躍したかったのです。しかしながら弟の方が才能があると分かったら裏方に回って支えてくれて、人間としての強さがあります。同じ音楽の道を進むと言っても向き不向きはあります。それぞれに自分の道が定まって良かったです。彼らを演じるのは松坂桃李君に菅田将暉君、かっこよさも奇跡でした。ソビトというのが何なのかは分からないままなのはちょっと気になります。

20代女性
20代女性

この映画は改めてGReeeeNってすごいアーティストだなと実感することができました。GReeeeNが誕生するまでもいろんな苦悩があったのが、見ていて驚きました。音楽の道を進みたいけど、父親に反対されて時にはぶつかり合っていたのが印象的です。音楽だけで生活していくことは大変だとわかっているけど、父親に理解されなくて兄弟でも本音をぶつけていたのが心にグッときました。川沿いでみんなと歌を歌っているところは、まさに青春だなと感じました。本当に音楽が好きで楽しんでいるのが、画面から伝わってきました。キセキの楽曲が生まれたのも、それぞれの想いがこもっていて素敵だと思いました。諦めずに音楽をやっていって、成功したというのはとても素晴らしいと思いました。どんなに反対されたとしても、自分の道を貫いて耐えていくところはとてもかっこよかったです。しっかり気持ちが固まっていたのを強く感じました。キセキをみんなが笑顔で楽しそうに、ライブハウスで歌っていたのが良かったです。大変な時期もあったけど、最後は父親も理解してくれていたのが親子だと思いました。この映画を見るとよりGReeeeNのことを好きになると思いました。

 

30代女性
30代女性

松阪桃李と菅田将暉のイケメン兄弟のいきがぴったりで、2人とも演技がとてもうまく、それだけで見ていて飽きませんでした。GReeeeNが結成されるまでのドラマがとてもわかりやすく、肩の力を抜いて気軽に見られる映画です。挿入歌の曲が全てGReeeeNの曲なので、まるでドラマ仕立てのPVを見ているような気分になり、曲を聴いているだけでとても楽しかったです。この映画をみるとGReeeeNの曲をもっと知りたくなり、ファンの方にとってはさらに4人を好きになれる映画だと思います。GReeeeNが4人とも歯科医師であることは有名な事実ですが、学業と音楽を両立させること、デビューの裏側にあった兄弟の奇跡、兄の弟を思う優しさ、最後には理解を示してくれる両親との確執、など知られざるドラマが詰まっており、デビューまでの道のりがとてもわかりやすく構成されており、とても感心しました。メインではありませんが、恋愛模様の描かれ方が個人的には好きでした。彼女役に忽那汐里さんが抜擢されており、彼女目線で描かれるGReeeeN像もとてもよかったです。兄弟、親子、友達、彼女、それぞれの愛の形が誰もにとってわかりやすく描かれており、前向きになれる映画です。

 

20代女性
20代女性

GReeeeNのファンには嬉しいストーリーだったと思います。私はGReeeeNの歌が好きでよく聞いていますが顔出しをしない経緯や結成の裏話などは全く知らなかったので色々なことが知れて面白かったです。メンバーの一人であるHIDEにお兄さんがいることも知らなかったのでとても驚きました。2人の兄弟らしい姿や、兄である仁さんの音楽への愛や熱意などが伝わり感動しました。GReeeeNを結成していく過程はまさに青春といった感じで爽やかな後味なのが良かったです。紆余曲折ありますが、それもドキドキ出来ますし、最終的には大スターになることを私たちは分かっているので安心して見れるのも良かったです。菅田将暉さんたち、グリーンボーイズが歌っている「声」や「道」もGReeeeNの人たちとは違った歌声で素敵でした。また、みんな演技も上手だったので臨場感がありました。日常から感じている人も多いかもしれませんが、音楽が与える勇気や感動を強く感じることが出来る映画でした。病気など医師にしか治せない病気もありますが、心など目に見えない部分を支えることが歌にはできるのだと思い、改めてGReeeeNをはじめとする自分が好きな歌を聴きたくなります。

40代女性
40代女性

あのヒット曲を連発するグリーンがどのように誕生したのか、今まで謎が多いバンドだっただけに、この実話を元にしたという作品は、とても興味深かったです。出演している俳優も、菅田将暉さん、松坂桃李さんといった主役級の俳優が出演していて、まだブレイク寸前の横浜流星さんも出演していて、とても豪華な俳優陣に目をみはるばかりです。音楽を楽しそうに作る姿がとても印象的であり、松坂桃李さんは、少しメンバーのお兄さん的な存在で、メンバーを引っ張っていくという姿が頼もしい感じでした。最初は楽しい音楽作りという感じで純粋に始まって行くもののの、やはりそれを本格的にやるのか、どうなのかというところで、親子のやり取りなども、現実感がありました。親の立場からすると、これからどうなるのかわからない世界へ子供を送り出すのはとても心配だと思うので、親の思いもわかる気がしました。そこで、反抗するだけではなく、新たなやり方にして挑戦したグリーンの皆さんはある意味、とても親想いの、優等生だなあと思います。この映画を見て、ますますグリーンの曲に親近感を覚え、これまで何気なく耳にしていたグリーンの曲も改めてじっくり聴いてみようと思いました。

 

20代女性
20代女性

医療従事者っていう安定の仕事を得られながらも社会人になっても音楽をプロとして続けられるのってなんかすごいなって感じます。音楽自体は好き嫌いがわかれる歌声だけど、歌詞が素直な感じがいろんな人に受け入れられるんんだと思います。そしてその音楽を作ったのは仲間であり、家族であるという点をこの音楽を通して恩返しの一環になっているのかなという風に考えると人生黄金ロードとしか考えられない。そしてそれを獲得したのも本院の力なんだろうなというのをこの映画から思います。普通に起きた出来事を得ギガにしているわけだから少し無理くりな感じにしていたいドラマチックさが足りなかったりというところがあると思うけど、それもまたグリーンの味なのかなとも思います。菅田将暉さんがご本人を忠実に演じ切ろうとしているのが歌声から感じることができました。ほかの表現者がしていることを表現するのってプロとしてはかなりのプレッシャーだと思うけど、見事に乾燥しきったと思います。こういう風に物語を知ったうえで楽曲を聴くと改めて聞くとより気持ちが乗って応援したくなります。きっとインディーズってこんな風に人気とか認知されるようになるんでしょうね。

 

まとめ

『キセキ -あの日のソビト-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

松坂桃李のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

菅田将暉のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました