寄生獣完結編(実写映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

SF
いよいよ完結へ!映画『寄生獣 完結編』予告編

寄生獣完結編(実写映画)の動画フルを安全に見る方法

寄生獣 完結編
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

寄生獣 完結編
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

寄生獣完結編(実写映画)の内容

映画『寄生獣 完結編』は、2015年4月に公開されました。

原作は、漫画「ゴミの海」でちばてつや賞を受賞してデビューし、漫画「ヒストリエ」で第16回手塚治虫文化賞マンガ大賞、第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞を受賞された岩明均さん作の漫画「寄生獣」です。

監督・脚本は、前作「寄生獣」に引き続き山崎貴さんです。山崎さんは吉岡秀隆さん主演の大人気シリーズ「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや、堺雅人・高畑充希主演で話題になった映画「DESTINY 鎌倉物語」を手掛け、あらゆる世代から高い評価を得ています。

映画「寄生獣 完結編」は、パラサイトとの戦いを通して、「パラサイトはなぜ存在するのか」「人間とは何か」を問いかける作品です。主人公を演じたのは、映画「ヒミズ」やドラマ「麒麟がくる」などで高い演技力が好評を博した、染谷将太さん。共演には、阿部サダヲさん、橋本愛さん、深津絵里さん、國村準さんなど、豪華俳優陣が脇を固めています。

 

名作漫画を原作としているので、実写化は正直心配でしたが、文句なくおもしろかったです。アクションシーンもかっこよくて、時には涙する場面もありました。

新一がパラサイトに寄生される前編は、どちらかというとグロテスクなホラーテイストが強かったですが、後編は、人間とは何か?人間のほうが危険なのではないか?と問いかける作品に仕上がっていました。

深津絵里さんの高い演技力には脱帽です。パラサイトでありながら、人間との共存を目指す難しい役どころですが、「感情の芽生え」を見事に表現しきっていました。

エンターテイメント性と、社会問題を問いかける深いテーマが共存できていて、すごく面白い映画でした。深津絵里さん演じる田宮良子の言葉がひとつひとつ重かったです。「親子」や「人間という生き物」について深く考えさせられます。ぜひ前編とセットでみてください。

キャスティングの評価も高く、どのキャラクターも違和感がなかったと好評でした。特に、深津絵里さん演じる田宮良子について、高い評価が集まりました。ぜひ、前編もセットで鑑賞してみてください。

あらすじ

パラサイトに母親を殺害された新一(染谷将太)は、社会に潜むパラサイトを撲滅するため、戦いを続けていました。新一とミギー(阿部サダヲ)に注目していた田宮良子(深津絵里)は、倉森(大森南朋)を利用して新一の尾行を続けていましたが、失敗してしまい、田宮良子が実はパラサイトであったことが倉森にバレてしまいます。

同じ頃、新一の存在を危険視していた広川(北村一輝)は、新一、ミギー、田宮良子、倉森の殺害計画を企てていました。広川の刺客に倉森の娘が誘拐され、殺害されてしまう事態が起こり、倉森の怒りの矛先は田宮良子に向かいます。倉森は新一の反対を押し切り、田宮良子の赤ん坊を誘拐して田宮良子を誘い出し、警察の前でパラサイトであることを暴露します。

そのころ、同時に行われていた警察対パラサイトネットワークの戦い。広川はパラサイトに間違われて射殺されてしまいますが、後に残った後藤(浅野忠信)が警察を一掃します。反撃を試みた新一は破れ、ミギーが後藤に取り込まれてしまいます。

果たして、新一は後藤との戦いに勝利できるのか!?ミギーとの結末やいかに…。

見どころ

ベテラン豪華俳優陣と競演した若手俳優・染谷将太

パラサイトに寄生されるという難しい役柄を見事に演じきった染谷将太さん。監督の山崎貴監督にも「深津絵里さんや浅野忠信さん、ピエール瀧さんなど、俳優としても強敵ばかり。真っ向勝負できる若手は他にいない」と言わしめています。主演の染谷将太さんの演技は一見の価値ありです!

田宮良子の感情の芽生え

深津絵里さん演じる「田宮良子」も人気キャラクターのひとつです。特に完結編では、感情を持たなかった田宮良子に「感情」が芽生えます。感情を持たないパラサイトだからこそ、観客は大きく心を揺さぶられます。そんな繊細な役柄を演じきった深津絵里さんにも大注目です!

スタッフ

原作:岩明 均「寄生獣」
監督・VFX:山崎 貴
脚本:山崎 貴、古沢 良太

主題歌:BUMP OF CHICKEN「コロニー」

キャスト

泉 新一:染谷 将太
平凡な高校生。パラサイト・ミギーに右手に寄生され、共生していくことになる。母親をパラサイトに殺害された経緯から、パラサイトを憎んでいる。

ミギー:声・阿部 サダヲ
新一の右手に寄生したパラサイト。新一を守る形で、後藤に取り込まれてしまう。

田宮 良子:深津 絵里
パラサイトネットワークに所属しているパラサイト。人間と共存する方法について模索しており、ミギーと共生している新一に注目している。パラサイトの繁殖方法に疑問を持ち、自ら妊娠することでその謎を解明しようとする。

倉森:大森 南朋
田宮良子に恋愛感情を抱いている。娘をパラサイトネットワークに殺され、事件に巻き込んだ田宮良子に復讐する。

村野 里美:橋本 愛
新一の幼馴染。新一の異変にいち早く気づき、新一にどこまでも寄り添う。

広川 剛志:北村 一輝
パラサイトには寄生されていないが、パラサイトネットワークに与する政治家。完結編では市長に当選する。パラサイトが牛耳る社会をつくろうと企んでいる。

平間警部補:國村 準
パラサイトが引き起こした事件を追う警部補。新一のことを、パラサイトではないかと疑っている。

山岸:豊原 功補
パラサイト撲滅のため、SATを指揮している。

後藤:浅野 忠信
パラサイトネットワークに所属しているパラサイトで、広川の警護役。頭部と四肢に合計5体が結合しており、触手を操っている。

三木:ピエール瀧
後藤の右腕を構成するパラサイト。

草野:岩井 秀人
パラサイトネットワークに所属しているパラサイト。広川の側近。

辻:山中 崇
平間警部補の部下。

浦上:新井 浩文
人間の快楽殺人者。パラサイトと人間を見分ける超能力を持つ。減刑を条件に警察に協力する。

泉 信子:余 貴美子
新一の母親。前作でパラサイトを助けたことがきっかけで、パラサイトに襲われて殺害されてしまった。

 

寄生獣 完結編
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

寄生獣完結編(実写映画)の感想

 

40代女性
40代女性

前作の続きとなった完結編でしたが、こちらだけ見ても大丈夫でした。と、いうのも、漫画原作を読んでからの視聴でしたので。もし、深く知ってから見たいのであれば、前作から視聴するか、原作漫画を一度読んでからの方が、より楽しめるかもしれません。前作からもそうでしたが、なにより主人公の少年を演じる染谷翔太がの演技がいい!もともと演技力や表現力に長けている彼ですが、ここではいつものちょっと変わった役ではなく、普通であり、普通でない少年を上手に演じていたと思います。また、最初は嫌っていたはずの寄生獣であるミギーと、だんだん心を通わせていくのも、ウルっとしました。まわりを固めている俳優さんの深津絵里や北村一輝も、猟奇的な演技が光っていました。北村一輝の得意の不気味さが、この映画によりリアリティーを出していたと思います。また、誰が味方で誰が敵なのか、疑心暗鬼になりながら進んでいくストーリーが、ハラハラしながらも楽しめました。邦画で漫画原作なので、CGに期待はしていなかったのですが、頭が割れてニュルニュル出てくるシーンや、人間がどんどん化け物へと変化してくさまは、かなり力を入れたのではないでしょうか。とても気持ち悪くて、見ごたえがありました。(褒めてます。)

20代男性
20代男性

私の大好きな寄生獣の実写化作品の完結版であり、完結と銘打たれている通り綺麗にまとまっています。染谷将太,、深津絵里、橋本愛、浅野忠信と相変わらず本気度の高い華やかで、実力派のキャストが取り揃えられており、個人的に好印象でした。バンプオブチキンももともと大好きなので、この作品とのタイアップはまさに願ったり叶ったりでした。好きなものと好きなものが組み合わさるととてもうれしいですよね。バンプのファンは日本には多いので、きっと僕以外の人もこういった同じような喜び方をした人は多いと思います。そして肝心のストーリーのほうですが、原作でも大きく話が動き、大盛り上がりを見せる後半部分を丁寧にかつ分かりやすく描いていると思います。変にはしょったり、改悪するようなことは全くなく、原作に寄り添ったようなアプローチは見事でした。まさにファンの期待を裏切らないような作りこみになっており、見どころのアクションシーンも非常に迫力があり、視覚的にも訴えかけてくるものがあるので思わず引き込まれていきました。おそらくファンの方も、原作を知らず映画版から入った人も楽しめるようなそんな高純度の実写化作品になっていると思います。しっかりと完結するので見ごたえばっちりです。

30代女性
30代女性

原作好きとして、前作の寄生獣の完成度の高さから安心して観ることが出来ました。特にミギーをはじめとするパラサイトの再現は、CGの進化に感謝です。完結編でいちばん印象に残るのは、やっぱり深津絵里の田宮良子です。『我々はか弱い、だから、あまり、いじめるな』。時々、無性にこのシーンだけ見たくなることがあります。パラサイトという存在は、人間にとって恐怖です。襲う様子を見ると、どこが弱いのだとも言いたくなります。田宮良子も、警察に囲まれています。パラサイトという名の通り、人間に寄生して命をつなぐ生き物です。人間を父にもつ子どもを産んだ田宮良子は、パラサイトという生命の在り方について様々に思い巡らせたことが伝わってくる言葉です。人間もパラサイトをいじめているわけではなく、自分たちを守るための行動に出ているのですよね。共存という形を取りたくとも取れない。新一とミギーは奇跡で、唯一無二の存在です。奇跡ではなく、日常にならないものかと、田宮良子を見ているとおもいます。主題歌はBUMP OF CHICKENです。BUMP好きとしては、作詞作曲を担当するボーカルの藤原さんが原作好きであったので、思い入れのある曲となったのだろうと想像しました。

40代女性
40代女性

映画の『寄生獣 完結編』ですが、前編でのあらすじがまず展開されます。浦上が寄生獣事件関係者を見て人間かそうじゃないか調べるくだりで、思ったよりヤバそうに見えないなぁと思ったのですが主人公のシンイチ(新一)を見た時の彼はギロッとしていて怖いというかサイコパスっぽい感じでした。田宮 良子は既に子供を産んでいますね。これはこの物語の展開の重要な伏線なので、あらねばならない状況ですね。個人的に面白かったのが、田宮 良子がシンイチの監視役として依頼している人間のライターである倉森が、シングルファーザーなので田宮 良子を口説いていて田宮 良子もその気があるそぶりをしてる所ですね。あれは寄生獣にしては上手い演技力だし、そのやり取りで倉森が家で娘にキャッキャウフフしてお父さんキモいみたいになってて相手人間じゃないじゃん!っと草が生え(笑えた)ました。結局シンイチに倉森はバレて娘も死亡してるのですが、彼と並行してシンイチは三木との戦いになっていますね。倉森の娘を殺したのは市長の広川 剛志の指示だったのですが、広川は人間なのに詰めが甘くなっていてる感じですね。なんかそれについて田宮 良子に説教される感じになってますし。でもこの展開で、より一層田宮 良子は今後に対して深く考えている事が強調されました。田宮 良子は赤子をシンイチに託すのですが、原作では母親の顔に変身しますがここではしないで行われるものの産んだ子供に対する愛情が垣間見れる展開でシンイチ側としては母親の思い出が巡ってきて人間性を取り戻す訳です。これも役所を攻めるエピソードと並行していて、後藤がシンイチを襲う事になるのに繋がるんですが決められた尺の中でやるので上手いやり方です。後藤との戦闘やその最後は迫力を感じましたものですが、この物語の締めになるのはやっぱり浦上でしたね。映画ではシンイチは浦上に面識が無いものの、原作に沿った流れでした。ヒロインで浦上に捕まっている、村野 里美を助けようとする様がスローモーションになっていて彼女を掴もうとして失敗して絶望感の強調になってます。それからどうなるかは、原作通りでしたが(知らない人は実際見てください)トータル的に原作を壊さずに展開し個人的には良かったです。

 

50代女性
50代女性

人間の脳に寄生する寄生獣が、たまたま主人公の腕に寄生したため、乗っ取られる事なくなんだか楽しく共生していて、友達感覚で悪い寄生獣をやっつけて行くところはなかなか面白いストーリーです。人間でも、寄生獣みたいな人沢山いると思います。歳老いた親に寄生して自分は、外にも出ず、仕事もせず、引きこもっている人、働けるのに働かないでなんだかんた理由をつけて、国に寄生している生活保険受給者、女の人に寄生して生活しているヒモ、お年寄りや弱い人を騙してお金をてりあげる人達。この中で、生活保護受給者が、全て寄生獣だと言っている訳ではありません。生きる為に必要な人には充分保護して欲しいです。わたしは、寄生獣と聞いて、そのような人達が頭に浮かびました。この映画の主人公に寄生したミギー、名前からして可愛いです。そして人間の脳に寄生して生きる物で、人間をのっとるべき悪者なのに、ミギーだけは、右手に寄生してしまったため、人間と心が通じ合い、自分が消滅しても人間を助けるいい奴で、最後の戦いでまけたのが、かわいそうで、愛しくなってしまいました。そして最後の最後に主人公の彼女を助けて消滅するちょっと泣ける映画だと思います。

 

30代女性
30代女性

数年経って見ても色褪せない映画です。前作も思いましたが、出演されてる方々の演技力が高いため、どのシーンも目が離すことができなくなります。特に、深津絵里の田宮の演技は圧倒されること間違いなしです。田宮一つ一つのセリフが人間との共存に試行錯誤する彼女なりの考えを述べていて、その言葉が痛いほど胸に刺さりました。子供が誘拐され母親として助けに行った田宮、子を思い自分の命を捨てようとしました。人間と何も変わらない姿のはずなのに、化け物というだけで銃口を向けられることに、なんとも言えない気持ちになりました。いざ、自分も化け物がいれば、怖くて同じことをしてしまうかもしれないです。そのため、人間の気持ちもわかります。子を思う人間らしい行動に涙が止まりませんでした。シビアなシーンが多かった中でほっこりだったのが、ミギーと新一の料理シーンです。ミギーが包丁の形に変えてお豆腐を切ったりテキパキこなす姿がまるで長年の夫婦のように息ぴったりです。長ネギの切る速さに驚きます!最後に、ミギーが言った、「悪魔は人間が1番近い」という言葉が、観ている間に何度も頭をよぎりました。後藤が人間という種族を絶滅させようとしたことも、自然界のためならそれが仕方ないのかもしれない、後藤は、地球のためにしてるだけ、本当の悪い人ではないのかもしれないと思えて胸が痛かったです。そんな中、新一のそばから離れようとしないさとみという存在は、芯が強くダメな人間ばかりでないとうことを教えてくれる存在に感じました。彼女がいたから新一が強く戦うことができたのだと思います。

30代女性
30代女性

前作の『寄生獣』では新一がパラサイト側の世界に巻き込まれ、結果的に自分の母親までも死なせてしまったことで憎しみや怒りをベースにお話が進んでいた感じがありました。私的には、かなりパラサイト側を悪として描かれたように感じました。しかし、今回は前作でも登場していた田宮良子がかなりのキーパーソンとなっており、パラサイト側の事情も多く描写されています。パラサイトはその名の通り誰かに寄生、寄りかからないと生きていけない弱い存在、人間とは違うということが痛いほど伝わってきました。人間の脳を乗っ取り、人間に紛れ、社会に紛れ生きていくことの大変さと努力が分かると同時に、人間に極力迷惑をかけない道を模索しているところは単なる単細胞生物とは一線を画してるなと視聴して感じました。極めつけは田宮良子が人間の子供を出産してお世話をしているシーンです。田宮自身はパラサイトながらもちゃんと母性も持っているし、感情もあります。ミギーとは性格は違えど彼女は確かに一個人なのだと再確認出来たシーンで、印象に残りました。結局のところ、パラサイトよりも人間の方が恐ろしいのではないかという問題提起も非常に興味深かったです。所々、グロい場面はあるものの、何故か心が温かくなる作品でもありました。

 

50代女性
50代女性

完結編を観れば、寄生獣のことがかわいそうになり、好きになります。それにミギーはとってもかわいいし、いいやつです。寄生獣の方が人間よりもっと地球のことを考えているんじゃと思えてくるし、人間の豊かな感情を学ぼうとする努力には涙します。ただの捕食者が実験と勉強にあけくれ、より人間らしくなっていく過程はとても興味深いです。新一とミギーの関係もただ右手に寄生している関係から相棒へと変化していくので、前作の「寄生獣」よりさらに作品がおもしろくなっています。また新一と里美の関係がより深くなっていくのも完結編の見どころだと思います。染谷くんの演技は上手くてもちろん引きつけられるけど、深津さんの演技がこの映画の一番の見どころではないでしょうか?彼女の演技で寄生獣という存在が、とてもかなしくはかないというストーリーがもりあがったと思います。警察特殊部隊による寄生獣一掃作戦では、「えっ?そうなの?」と思うことがあったり、寄生獣の中でも最強の後藤と新一の戦いは緊張しました。「どうやってこんなのと戦うの?」ってドキドキしながら観ました。完結編は意外なストーリーが次から次へと展開していくので、私は絶対観るべきだと思います。

 

まとめ

寄生獣 完結編
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました