きょうのキラ君(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
映画『きょうのキラ君』予告編

きょうのキラ君(映画)の動画フルを安全に見る方法

『きょうのキラ君』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『きょうのキラ君』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

きょうのキラ君(映画)の内容

映画『きょうのキラ君』は、2017年2月に公開されました。

みきもと凜さんによる累計発行部数230万部を突破した大ヒット同名漫画を原作に、映画『L♥DK』や『海月姫』などラブコメ少女漫画の実写映画化に定評がある川村泰祐さんが監督を務めました。

本作は、他人と関わることが苦手なニノが、人気者で学校1のモテ男・キラの重大な秘密を知ったことから急接近し、互いに仲を深めていく姿が描かれており、ヒロインのニノ役を女優として注目度急上昇中の飯豊まりえさん。キラ役を次世代の注目イケメン王道俳優である中川大志さん。そして、二人を支える友達を葉山奨之さんと平祐奈さん。さらには岡田浩暉さん、三浦理恵子さん、安田顕さんといった実力派俳優が脇を固めております。

主人公とヒロインの二人の素敵さはもちろんでしたが、演技もうまくて何度も繰り返し見たくなる作品です。嫌なことがあったときは、これを見て癒されようと思います。

ニノンの誰かを幸せに出来る女性像が、飯豊まりえさんにピッタリ。キラくんは中川大志さんしかありえない。完璧なキャスティングでした!

飯豊まりえさんは、本来ここまで可愛い系の王道キャラではないと思いますが、ニノの可愛さを上手に演じられていたなと思います。物語の途中での睨み返す顔の迫力もすごく、演技力の高い女優さんだと再認識しました。

中川大志君を好きになって初めて観た映画ですが、もうセリフを覚えてしまうくらい何度も見ました。カッコイイの一言に尽きます!

あらすじ

文鳥を愛する手先が器用な女の子・ニノ(飯豊まりえ)は、他人と関わることが苦手で、クラスでは変わり者扱いをされて浮いていました。ある日、学校内で男の子とぶつかり「死ね」と言われ怖気づいていました。そんなニノを庇うように男の子を殴ったのは、人気者で容姿端麗なキラ(中川大志)でした。

そんな彼のことが少しずつ気になっていることに気付いたニノは、彼の後をつけて満開の桜が見える公園へと向かいます。そこで、キラが弱っている小鳥を励ましながら空に放つ姿を見ました。

その後、「死にたくない」「生きたい」と号泣している彼に何かを感じ取ったニノは、唐突に告白をしました。その日から、二人の距離は少しずつ縮まっていきます。

秘密を抱えたキラを笑顔にしようと奮闘するニノの初めての恋の行方はどうなっていくのか。 同級生の矢部(葉山奨之)、キラの幼馴染の澪(平祐奈)も加わり、かけがえのない“365日”が、イマはじまりました。

見どころ

誰もが憧れるような人気者のキラ(中川大志)と他人との関わることが苦手なニノ(飯豊まりえ)。対極な位置にいる二人の少しずつ縮まっていく距離感に思わずほっこりしてしまう本作ですが、最大の見どころはさまざまなキスシーン。

ケンカした二人が仲直りのキスをするシーンや、部屋でキスをしようとしたところに偶然にも親がやってくるという王道シーンなどが登場しますが、その中でも注目なのは『カーテンの刑』です。

『カーテンの刑』とは、教室でキラがニノを突然カーテンの中へと引き込みキスをするということ。これは、劇場公開前からティーン向けのファッション誌『popteen』で取り上げられるほど話題となりました。

ピュアな恋愛模様も本作の魅力の1つなので、是非キュンキュンしてください。

スタッフ

原作:みきもと凜『きょうのキラ君』(講談社「別冊フレンド」刊)
監督:川村泰祐
脚本:中川千英子
脚本協力:松田裕子
音楽:富貴晴美
主題歌:[Alexandros]「今まで君が泣いた分取り戻そう」

キャスト

吉良ゆいじ :中川大志
通称:キラ。クラスの人気者で、学校一のモテ男。実は泣き虫。

岡村ニノン:飯豊まりえ
通称:ニノ。他人と関わることが苦手な変わり者。自分に自信がない。

矢部和弘:葉山奨之
キラとニノのクラスメイト。周りを明るくするムードメーカー。

矢作澪:平祐奈
キラの小さいことからの病院仲間。ドSなクールビューティー。

ニノの父親:安田顕

ニノの母親:三浦理恵子

キラの父親:岡田浩暉

英語教師:川上洋平([Alexandros])

家庭科教師:テット・ワダ 

オカメ先生:高橋茂雄(サバンナ)

『きょうのキラ君』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

きょうのキラ君(映画)の感想

20代女性
20代女性

クラスの人気者である吉良ゆいじ(キラ)といじめられっ子な岡村ニノン(ニノ)の純愛ラブストーリー。ニノが密かに憧れていたキラ君の秘密を知ってしまい、いてもたってもいられずキラくんへの想いを伝えるシーンでは、キラ君と一緒に辛いことへ立ち向かっていこうという強い意志が感じられて素敵だなと思いました。自分も立ち向かうから一緒に頑張っていこうと、言葉だけでなく行動で示すニノがとても格好良かったです。物語は進み、2人の間には、高校生にしては重すぎる沢山の事が起こるけれど、周りからどう思われても愛の力でそれを乗り越えていく姿に感動しました。1日1日を大切な人のために愛おしく過ごすニノの姿に、学ぶことはとても多いと思いました。見返りのない優しさや愛情をすごく感じて、私もニノみたいな女性になりたいと思いました。主人公を取り巻く周りの、はじめはニノと仲良くなかったり2人の関係に反対していた人達が、少しずつ2人の真剣さやニノの優しさに触れ、応援したり支えたりしていく姿にも感動しました。予告にもあった「明日も生きてるって言いきれるやつなんて1人もいねえよ」という台詞は、本当に心が震えて涙が止まりませんでした。誰かを愛する気持ちのパワーを思い出したい時に、何度でも見たい作品です。

30代女性
30代女性

ニノの前髪が最初から非常に気になってしかたなかったですが、泣いてるキラ君に一生懸命想いを伝えながら、バッサリ前髪を切ってくれたので、気持ちも見た目もスッキリできました。恋人が病気持ちという、よくあるラブストーリー展開ですが、キラ君が好きだと自分自身で認識し、キラ君に笑顔になってもらうようにと願いながら動きだすニノの表情が、他人との関わりが苦手だった初期と比べて見違えるように明るくなり、表情がくるくる変わってとても可愛らしいです。恋すると女の子はキレイになるということをよく表しているなと感じます。ニノが好きだと実感し、ヤキモチを妬いてしまうキラ君も、モテ男なのに恋愛初心者のようにウブで、二人がとてもかわいらしいカップルだなと微笑ましくなりました。また、キラ君命名の”カーテンの刑”は、女の子なら誰もがドキッとしてしまうワンシーンなので、是非キュンキュンしながら観てほしい場面です。キラ君が旅立つ前の二人の結婚式シーンでは、娘を嫁に送り出すお父さんの切ない心とお祝いしたい心の両方を、パパのセリフから感じとることができます。ラストは二人の姿がとても微笑ましく、両想いの人、片想いの人はもちろん、恋する女の子に是非観てもらいたい”今すぐ恋したくなる”ラブストーリーです。

 

30代女性
30代女性

少女漫画が読みたい時に観たらピッタリのとても分かりやすいキラキラした青春恋愛映画です。冴えないいじめられっ子の女の子がクラスの人気者のイケメン男子の秘密を知ってしまい2人の距離が近づくという王道な展開ですが、中川大志さんと飯豊まりえさんの安定感のある演技力とフレッシュな魅力で新鮮に感じました。飯豊まりえさん演じるニノンちゃんがいじめられてる事をそれほど気にしていない様子で、自分の好きな事を貫いているところが明るくて良いと思います。ニノンちゃんのお部屋がニノンちゃんの好きな鳥グッズで囲まれていてとっても可愛くて、お部屋にいるニノンちゃんが幸せそうなのでとっても魅力的な女の子に見えました。冒頭では少し暗い雰囲気のニノンちゃんですが、制服のスカートからのぞく白くて真っ直ぐで長い足があまりにも綺麗で目立っていました。キラ君役の中川大志さんがさすがの演技力なので映画全体が安っぽく感じませんでした。友達役の葉山奨之さんが明るく可愛らしくてとても印象に残りました。ストーリーは少女漫画そのもので大人にはちょっと恥ずかしくなってしまうシーンもありますが、明るくハッピーなので最後まで楽しく鑑賞できました。

 

20代女性
20代女性

中川大志さん演じる学校1の人気者・吉良ゆいじと、飯豊まりえさん演じる地味でシャイな岡村ニノン。ニノンは人と話すことが大の苦手でいつも1人でいました。そんなニノンがあることをきっかけに、吉良くんの秘密を知ってしまい、そこから2人の距離は縮まります。お互いにお互いを必要とする、そんな素敵な関係になれたのも束の間、吉良くんの人生にはタイムリミットがありました。本作は見ていてとても胸が痛くなる作品でした。学生ならではの純粋な真っ直ぐな恋愛映画かと思いきや、ぶつかり合いや葛藤もあり、その中で困難や壁を乗り越えていく、その様子にどこか力強いものを感じました。予告にもありますが、「明日も生きてるって言い切れる奴なんて1人もいない」このセリフがとても胸に刺さりました。今、目の前にいる相手もここにいる自分だって、明日にはこの世にいないかもしれない、そう思わせてくれる映画でした。最後の1秒まで誰かを想い、誰かを支え、誰かのそばにいる、それがどれほど素敵なことか、考えさせられました。ラストシーンは必見です。なんとなくただボーッと生きていた自分が少しだけ前に進めるような、そっと背中を押してくれるような作品です。

 

20代女性
20代女性

「近キョリ恋愛」「午前0時、キスしに来てよ」などの人気漫画家としても有名なみきもと凜の原作「きょうのキラ君」を実写映画化したもので公開されるのをとても楽しみに待っていました。しかもキラ君を演じるのは大好きな中川大志くんということもあってもう大興奮の内容でした。クラスの人気者であるキラに恋をしてしまったニノ、他人と関わるのが苦手で恋愛も殆ど経験がなかったのですが、ある日キラの秘密を知ってしまったことで交わるはずのない2人の距離が急接近していきます。人には言えないような秘密を抱えたキラを何とか笑顔に使用とするニノは初めて沸き上がる勘定に戸惑いながらも奮闘する姿はまさに青春そのもです。ニノを演じるのは最近話題の飯豊まりえ、幼なじみの矢部役には葉山奨之その他にも平祐奈・岡田浩暉・三浦理恵子など若手からベテランまで演技派の俳優が揃っています。初めの方はありがちがドタバタのムネキュン映画なのかと思いきや、ストーリーが進むにつれてなんだかエモいシーンが続々と出てきますのでもう涙が止まりません。主演の飯豊まりえさんは純粋無垢なニノ役がぴったりとはまっていて納得の実写化でした。あとはなんと言ってもキラ役の中川大志くんに心奪われる事間違いなしです。

40代女性
40代女性

実写版(2017年2月25日公開)は原作を知らない人でもだからこそ楽しめる作品だと思います。カーテンの刑や胸キュンする場面もたくさんあり何度も観てみたいと思わせるストーリー展開も見どころの一つ。とくに鳥好きの方にお勧めしたいです。ナゾのしゃべるインコ先生に「自分は一人じゃないんだ!」と勇気づけられたり劇中に出てくるマスコットや小物たちも観ていて温かい気持ちにしてくれます。キャストの方々の意気込みのようなものも伝わってきて原作とはまた違った世界観を味わえるし主人公たちを引き立たせる周囲の方のアナザーストーリにも引き込まれます!なんか最近気持ちが落ち込むんだなーとかマインド暗めです。という方も観た後でスッキリとしますし今、とても幸せなんです!という方もその幸せをかみしめられるような作品だと思います。イケメンで近寄りづらい吉良君が人の弱さをみせるところは、母性本能をくすぐり、人を避けて生活を送るニノンさんですがその心境の変化も共感できるし号泣につながるポイントです。吉良君の誕生会を準備するところからのお祝いをシーンは、優しい気持ちになれますし観た目もカラフルで楽しいです。イベントの少ない今年ですが、秋~冬にかけて人恋しくなる季節にピッタリの映画です。

20代女性
20代女性

ニノちゃんが可愛い。そしてキラくんがかっこいい。
学校1のイケメンと、目立たない存在の女の子が偶然秘密を共有することになり、付き合う。王道だなと思いながら見ていましたがとても深いものでした。
好きな人を思う気持ち。変わりたい変わろうとするその強さにとても魅力を感じました。ニノちゃんは一見弱そうな女の子だけど、芯がしっかりしていて自分の意見をちゃんと持っている子。2人の胸キュンシーンもたくさんありますが、恋をすることでお互いいい影響をもたらすのはとても理想的だなと感じました。初々しさ満載だけれど、お互いしっかり信頼し合っていてお互いが喜ぶことをと考えているその姿はほんとにうらやましいほど素敵でした。普段強がってるけど、本当は弱い部分がたくさんあって、それをさらけ出せる人はなかなかいないものです。出会ってからどんどん成長して変わっていく2人の姿が微笑ましくなってしまいます。命の重さを共有してる2人だからこその深い絆、繋がりが見られるのでこれほど深く理解し合う関係羨ましいなと思います。王道だけど、深いものを感じることができる映画になっているので、見た後に好きな人に会いたくなったり、もっと大切しようと感じさせてくれる映画でした。

20代女性
20代女性

飯豊まりえさんと中川大志さんがひたすら可愛いかった映画でした。最初の目が前髪で覆われた姿には驚きましたが、前髪を切った後は様々な表情を見せてくれ、どの顔もとても可愛いかったです。演じているニノンの素直で優しい性格が伝わってきました。キラくんを好きになってからのニノンはキラキラしていて飯豊まりえさんの演技が圧巻でした。持ち物や作るものまでとても可愛いらしく見ていてほんわかした気分になれました。キラくん演じる中川大志さんは、ハマり役で、キラくんを演じるならこの人しかいないと思えました。段々とニノンを好きになり、夢中になっていく様子が可愛らしかったです。心臓の病気を抱えているという重い内容ではありましたが、主演の2人の可愛さがその重さを感じさせず、温かい気持ちで身終えることができました。特に結婚式の2人が素敵で飯豊まりえさんのウエディングドレス姿が可愛すぎて心に残っています。また矢部を演じる葉山奨之さんと澪を演じる平祐奈さんがいいキャラクターでストーリーを盛り上げてくれたと思います。矢部はただの友達かなと思っていましたが、キラくんのことが大好きで最後には2人のために懸命に働きかける姿にぐっときました。澪も嫌な女と思っていましたが、2人を認め、励ますようになっていて見ていて嬉しくなりました。

 

まとめ

『きょうのキラ君』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました