記憶にございません(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

コメディ
映画『記憶にございません!』予告

記憶にございません(映画)の動画フルを安全に見る方法

『記憶にございません!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『記憶にございません!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

記憶にございません(映画)の内容

映画『記憶にございません!』は、2019年9月13日に公開されました。

今作は、喜劇映画の製作を得意とする三谷幸喜さんが脚本を手掛けています。

三谷作品といえば、ユーモアのあるセリフや人間らしい葛藤、やさしい気持ちになれる結末などの特徴がありますよね。この映画はそんな「三谷作品らしさ」が存分に詰め込まれています。

実はこの映画は、2006年に『THE有頂天ホテル』が公開された後に、「もしも自分が、ある日突然総理大臣になったら・・」という空想をもとに、企画を13年間も温めていたそうです。

興行収入は約36億円で大ヒットを記録。主演の中井貴一さんはこの映画で、第62回ブルーリボン賞主演男優賞を初受賞します。

とってもおもしろかった!三谷幸喜の作品で一番好きかも。最後の落ちも良かった。
また観たくなるし、人にもお勧めしたい。三谷作品らしさもちゃんとありつつ、新しい切り口で楽しめた。人はやり直せるということをあらためて感じた。

めちゃくちゃ笑えました!
好きな俳優さんがいっぱい出てて最高!

中井貴一が、良い味だしています。記憶を失った当初のおどおどした物腰から、徐々に状況に慣れて落ち着いた態度へ変化していったときの表情や動きなど、台詞以外の細かい部分もよかった。

感動は無かったのですが、気楽に見て笑える映画でした。

最後にはやっぱり優しいタネ明かしも。
三谷作品らしいウイットに富んだ素敵な映画でした。

気難しい映画ではないので、気軽に楽しめたという評価が多いようですね。また、三谷作品には毎回有名俳優が出演しますので、そういった面でもおもしろい映画になっています。

あらすじ

ある日、男は病院のベッドの上で目を覚まします。

体に繋がれた管や病室の前のスーツ姿の男達にパニックになった彼は、頭に包帯を巻きパジャマのまま病院を脱走。

テレビには、自分とそっくりな首相が市民からの投石によって負傷したというニュースが流れており”まさか”と思います。

スーツ姿の男達に捕まり、連れて行かれた場所は総理官邸。記憶をなくした男の正体は「史上最悪のダメ総理」 と呼ばれる総理大臣「黒田啓介」でした。

首相の記憶喪失という日本を揺るがす大問題は、本人と井坂(ディーン・フジオカ)、番場(小池栄子)ら秘書官だけが知るトップシークレットに。

自分の妻や息子の名前も覚えていない、国会議事堂の本会議場の場所もわからない、妻は不倫の疑いがあり、息子は非行に走る。

そんな混乱状態の中で、アメリカ大統領が来日し日米首脳会談に臨むことに・・。

周囲の人間を全て巻き込み、記憶をなくした総理大臣「黒田啓介」が動き出す!

見どころ

映画『記憶にございません!』の見どころは、やはりやさしい気持ちになれる結末ですね。

キャストの豪華さもそうですが、いい意味で裏切られながらも最後にほっとする結末が三谷作品のおもしろいところです。

この映画は政治が舞台なので、現実の政治に対する風刺にもなっているのかもしれません。ですが、堅苦しい場面はないので気軽に観ることができると思います。

スタッフ

監督:三谷幸喜
脚本:三谷幸喜
音楽:荻野清子

キャスト

黒田啓介(総理大臣):中井貴一
支持率2.3%を記録した「史上最悪のダメ総理」。演説中に一般人が投げた石が当たり記憶をなくす。

井坂:ディーン・フジオカ
首相秘書官。総理の記憶喪失をトップシークレットとして扱い、記憶を失っている啓介を補佐する。

黒田聡子:石田ゆり子
啓介の妻。夫の秘書官である井坂と不倫をしているとの噂がある。

番場のぞみ:小池栄子
事務秘書官。首相秘書官の井坂とともに啓介を支える。

山西あかね:吉田羊
野党第二党の党首。啓介とは初当選同期であり、かつては同じ党に所属していた。啓介とは特別な関係が・・。

寿賀さん:斉藤由貴
首相官邸料理人。何事にもマイペースな性格。

大関平太郎:田中圭
職務熱心な警察官。かつての夢はセキュリティポリスになること。啓介と出会った際にセキュリティポリスに任命することを約束され、後にこの約束が果たされた。

南条実:寺島進
現役の中年大工。啓介に投石し、記憶喪失を招いた実行犯。

黒田篤彦:濱田龍臣
啓介の一人息子。悪徳総理大臣になった嫌われ者の父に呆れている。深夜に警察に補導されるなどの問題行動を起こしている。

夜のニュースキャスター:有働由美子
ニュースキャスター。啓介のあらゆる行動を、徹底的にこき下ろす。

スーザン・セントジェームス・ナリカワ:木村佳乃
アメリカ初の日系女性大統領。

鶴見大悟:草刈正雄
「影の総理」と呼ばれる内閣官房長官。

古郡祐:佐藤浩市
裏社会に精通するフリーライター。

登録時にもらえる600ポイントで
今すぐ見れます!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

記憶にございません(映画)の感想

40代女性
40代女性

やはり三谷幸喜は面白い。中井貴一をはじめとした三谷ファミリーが勢ぞろいです。でもいつものメンバー以外にあのおディーン様もいるのが、ファンとしては嬉しい限りです。まさか吉田羊さんまで出てくるとは、劇団員がずっと変わらないでいるとどうしても限界は来てしまうものです。新たな風も取り入れながら安心感もある、だからいいのです。有働由美子さんにROLLYさん木村佳乃さんと、ちょい役まで豪華すぎます。ストーリーも面白い、コロナウイルスがらみで毎日のように首相もテレビに出てきていますがせっかくなら記憶を失って大胆な改革を行ってほしいです。きっと様々なしがらみがあって発言も抑えられていることでしょう。なので首相自身がすべて忘れてしまいたいと思っているのではとも思えてしまいます。単なるコメディタッチで終わらないのも良いところ、クライマックスでグッときます。ただラストは賛否両論はあるのかもしれません。人それぞれにツボは違うでしょうが、これだけ多くの方を虜にするとは素晴らしいです。特に泣ける場面は大体決まってきても笑いのツボは幅広い、家族全員で思いっきり楽しめる三谷作品はこれからも生み出されてほしいと真に願います。

50代男性
50代男性

この作品は三谷幸喜ファンが見た場合と、そうでない人が見た場合では少し評価が違う気がしました。ちなみに私自身は、それほど三谷幸喜信者ではないので、本作品の評価は「並」程度です。もともと三谷映画がなぜか肌に合わないため(『王様のレストラン』はじめ、ドラマは逆に大好きなのですが)、描く尺が短い時の三谷作品がダメということなのかもしれません。コメディ映画としては及第点であることは間違いありません。特に主演の中井貴一さんの達者なお芝居は大いに笑わせてくれました。ただ全体としてみた場合、テンポが少し間延びしていたように思います。女優陣はさすがに豪華でした。小池栄子さん、石田ゆり子さん、吉田羊さんなどなど。ただ、キャスティングがやや意外性がないのも気になりました。政治風刺をコメディで料理した手腕は、一流監督らしく見事です。これを常人が監督すると、かなり滑ってしまう可能性もあったと思います。でもくどいようでいやなのですが、何か映画の尺だと三谷幸喜の本当の良さが発揮できていない気がしてならないのです。本作品も、地上波ドラマの全10回とかでじっくりと描いてくれたら、きっと数倍面白かったのではないかと個人的には思っています。

40代女性
40代女性

人は簡単には変わることができません。変わりたいと思っていても、今までとは全く違った人になるというのは不可能ですし、それがある程度地位のある人であればなおさら難しくなります。今までの自分では政治も上手くいかなくなるし、政治家を目指した時の純粋な気持ちを取り戻したいということもあって記憶喪失になってしまえばいい、という考えを持っていた総理大臣。暴言を吐きまくって、支持率も低下をしている中で演説中に石を投げられて記憶喪失になり、そこから人が変わってしまいました。横柄な態度を取っていた総理大臣はいなくなり、謙虚になって本当に別人になってしまいました。記憶喪失になってしまったので、閣僚の話も全く意味が分からない。常に周りを気にしながら今まで通りの総理大臣っぽくしているのが面白かったです。破天荒なSPがいたり、優秀なんだけど総理夫人と不倫をしている秘書がいたり。外交でゴルフをする際にもルールが分からなかったり、そういう細かい部分に笑いがたくさん散りばめられていて面白い作品でした。記憶喪失になる前は国民のことなんて全く考えていなかったけど、記憶喪失の後は国民に寄り添う総理大臣になってくれたので、現実もこうだったらいいのにな、と思ってしまいました。

30代女性
30代女性

世にも奇妙なで、怠け者赤穂浪士をしていたからでしょうか。私の中で中井貴一さんはいい加減な男役が似合う人ナンバーワンです。記憶を失う前の知らねーよとか言っちゃう総理大臣役がすごく似合ってるなと思いました。ストーリーも面白かったんですが、記憶をなくした総理が俺ってこんな酷い奴だったの?って知るあたりが面白くて、どんどん尻つぼみだったのが残念です。やっぱり三谷幸喜さんの作品ってどこかトゥーマッチなところがあって、いろいろあるけど、一つ一つはそれほど面白くないというか、長い話には向いてないのかもしれないなと思いました。役者さんはいろんな人が出ていて豪華でした。ディーン・フジオカさんとかかっこいいし、芸人さんも出ていたりして、さすが三谷さん、いろいろ集めてるなと思いました。アメリカの大統領は誰だろうと思っていたら、木村佳乃さんだったり、おもしろいことするよねって感じです。今、頑張ったからそれまでのいい加減さが許されるってわけではないでしょうけど、わからないなりにいろいろ対処しようとしているところは応援したくなりました。きっと、もともといい加減な政治家だったわけじゃないのでしょう。最後もハッピーエンドでよかったです。

40代女性
40代女性

単純に面白かったです。いつも三谷幸喜作品は、テンポが良く見ていて飽きません。題材も首相が主人公となり、題名も昭和の国会議員が言った名台詞なので適切だと思いました。公開前から興味があったので、公開後直ぐに劇場で観ましたが期待を裏切りませんでした。記憶喪失、というのも正直無理がありますがそれも踏まえて笑ってしまえる作品だったと思います。三谷幸喜作品のキャストはお馴染みの女優、俳優さんが多いですが、どの方も適役な印象を受けました。意外なキャストとしては、お笑い芸人の飯尾さんでした。でもしっかり馴染んでましたね。ニュースキャスター役の女性は、最後まで誰か?分かりませんでした。有働さんだったとは、見破ることが出来ず悔しかったです。吉田羊さんも、良い味出た女優さんだったと思います。でも個人的には、三谷幸喜作品での佐藤浩一の役として、気取った役よりも落ち着きのない役の方が好きです。三枚目というか、ドジな男性の役の方が他の作品では見れない佐藤浩一なので今後はやはり間抜けな役柄で出て欲しいです。でも今後はお馴染みキャストを総入れ替えした新たな作品を期待したいです。新しい可能性を見出す魅力があると思います。あまりお馴染みキャストが続くと、内容が良くても霞むというか、冷めた気持ちで見てしまう恐れが有ります。

30代女性
30代女性

とても人間性が強く、一人一人の個性がとても強い。はきはきした展開でイライラせずにみられる。テンポがちょうどよく、見やすい。人に人間性がとても興味深い。総理でも、どんな人も人間であるという事を思い出す物語。総理が記憶を忘れてしまい、勉強し直すという大胆で面白い構成でした。政治関係はアイデア次第でとても面白いものになると思います。三谷幸喜さんの演技がうまくて、作品にとても引き込まれました。記憶喪失によって人が全くべつじんになるのでそれがまた面白い。また、一から勉強し直す真面目さがわかる。小学生の内容からやり直しているのでz、時間はかかっているがしっかりしている。記憶がなくなったことで変われるチャンスをもらい、ホントに人が変わったようになっていて、変わるための試練なのかと思いました。政治はとても難しいことだけど、この映画でしっかり基礎がわかるようになると、誰でも簡単に理解ができると思った。人の上に立つのは簡単なことではないけどこの映画では、しっかりとそういうことが書かれていて面白い。政治のことを考えずにお気軽に楽しんだらいいと思う。ジョークが次から次から入ってきてとても面白い。キャストがとても豪華で少ししか出ない人までこだわっている。結末はスッキリはしないけど納得のいく感じ。

 

20代男性
20代男性

映画の初めから最後まで笑える最高な映画でした。笑いが絶えない映画となっていますので、見ごたえのある映画になっています。また、笑える理由としては、演技派のキャストが出演しているので本当に面白い映画となっています。大人だけでなく子供でも楽しめる内容になっているので家族でも見てもらいたい映画です。思いっきり笑うことができますので、嫌なことがあるときに見ても素敵な映画となっています。ストレスが吹っ飛ぶ映画です。三谷作品らしさも出ています。監督の力がものすごく反映されています。キャスティングの上手さは文句なしです。ディーンフジオカさんや中井貴一さんの配置は物凄くマッチしています。キャストも楽しそうに演じているのことが大きなメリットになっています。その楽しさが観ている側にも伝わってきます。楽しさや爽快感をたくさん感じることができます。笑って涙が出る映画はそうないと思いますが、この映画は心の底から笑うことができます。見終わってみると自分の気持ちが楽になるように感覚になります。心の栄養におなる映画となっていますので、ぜひ見てもらいたいと思います。日常生活を忘れさせてくれます。テンポもよく、明るい映画となっています。

40代女性
40代女性

記憶をなくしたという設定からどんな物語なんだろう!と期待たっぷりでこの作品を観ましたが、期待通りに笑わせてくれる三谷幸喜さんならではの作品でした。予想通りと言ってはなんですが、クスッと笑える細かな笑いが散りばめられた作品でした。この作品の中心となる舞台は、政治。設定は重いものの、普段は見られない政治家の内情が垣間見れ、政治家の人間味すら感じる作品でした。中井貴一さんがこの作品の主役である内閣総理大臣を演じられていましたが、温かみのある人間性と記憶喪失前の冷酷さをうまく出した適役だと感じました。周りを囲う俳優陣も主役をそれぞれがはるような名優ばかりでしたが、何故かそれぞれがストーリーの邪魔にはならず、かと言って存在感がないわけではない!特に総理である中井貴一さん、側近である小池栄子さんとディーンフジオカさん3人の絡みのシーンが面白くて、記憶にございませんの雰囲気を作り上げていたのではないかなと思いました。特に側近であるお2人の的確で総理を誘導する連携の取れた掛け合いが面白いだけでなく、緊迫したシーンや和むシーンなど作品の雰囲気のメリハリを作り上げていたのだとも感じました。観終えた時にほっこりする作品でした。

20代女性
20代女性

さすが三谷幸喜さんが作っているだけあって、ユーモアたっぷりの面白い作品だなと思いました。総理大臣の黒田啓介は実に無責任で本当に存在したら腹立たしいと感じるような政治家だと思います。今まで何度も国会の答弁で「記憶が無い」と回答してきた彼が本当に記憶を無くしてしまうというのは何とも皮肉なストーリーです。しかし、記憶を失ったあとの彼は使用人を妻と勘違いしてハグをしたり、息子の名前を何度も間違えたりと少し可愛らしいとも思えるようなネタで笑うことができます。また、彼が記憶を失ったことによって彼だけでなく周りの人々も変化していく過程も心温まります。そして、何よりも中井貴一さんをはじめとする俳優・女優さん達の演技が上手いので見入ってしまいます。豪華な出演者が、こんなところで出てくるのかと驚いてしまうような場面で登場するのでそれも楽しみに見てほしいです。総理夫人の話や、官僚同士の忖度、不祥事など今の政治の世界のことを揶揄しているような場面も多く出てくるので三谷幸喜さんの政治に関するメッセージ性も考えさせられました。私たち、日本の政治も記憶を無くすような大きな転機がなければ変わらないのかなと思いました。

20代男性
20代男性

ある日を境に記憶が無くなった総理大臣が、奮闘しながらも職務をこなしていく姿がまず魅力的に感じました。三谷監督の中でも特にお気に入りの映画だと思います。特に中井貴一が演じる総理大臣は、記憶を無くす前後で全く違う人物で、これが大変愉快でした。特に記憶がなくなる前は、横暴で国民を愚弄するようなキャラクターであるにも関わらず、記憶を無くした後は気の弱いようなキャラクターになっていることに楽しませていただきました。同時に、中井さんの演技力の凄さを改めて、観ることが出来る貴重な機会となりました。とにかくこの映画は、笑いどころが多く映画自体が約120分ほどありましたが、見飽きることがなかったです。また映画内の構成が、最初から最後まで目が離せない展開になっていて見どころが沢山ありました。加えて三谷作品ならではである豪華なキャスト陣が出演しており、笑いだけではなく感動することもあると思います。特に総理大臣(中井貴一)が愛を叫ぶシーンがあるが、そこは感動さえ感じるほどの迫力のあるシーンであったと感じます。この映画は何度見ても、面白いと思います。おすすめの見方としては家族や恋人、友達と一緒に見ると共に笑い合えることができ、より映画を楽しめることではないでしょうか。

まとめ

『記憶にございません!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました