昨夜のカレー明日のパン(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話配信中

国内ドラマ
昨夜のカレー、明日のパン

昨夜のカレー明日のパンの動画フルを安全に見る方法

昨夜のカレー、明日のパン
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで見逃し回を今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『昨夜のカレー、明日のパン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで見逃し回を今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

昨夜のカレー明日のパンの内容

ドラマ『昨夜のカレー、明日のパン』は、2014年10月からNHK BSプレミアムで放送されました。

原作は、木皿泉さんによる小説処女作「昨夜のカレー、明日のパン」。この作品は、第27回山本周五郎賞候補作、第11回本屋大賞で2位に選ばれました。他にも、木皿さんはドラマ「野ブタ。をプロデュース」、ドラマ「Q10」など大人気ドラマの脚本を務められました。

主演は映画「時をかける少女」やドラマ「ホリディラブ」などで、高い演技力が評価されている仲里依紗さんです。他にも鹿賀丈史さんや溝端淳平さん、星野源さんなど、豪華俳優陣が脇を固めています。

ドラマ「昨夜のカレー、明日のパン」は、夫をなくした主人公が、義父と暮らしていく家族の物語です。血の繋がりのない他人同士の一風変わった家族の形を描いています。夫の死の悲しみがつきまといますが、それでも懸命に生きようとする姿が胸を打つ作品です。

 

いつ観ても素敵なドラマです。わざとらしくもなく、自然な雰囲気のドラマでずっと観ていられます。

出演者それぞれに感情移入できる脚本です。何度泣いたかわかりません。優しく温かい雰囲気のドラマでした。

人の見た目にはわからない悲しい部分をうまく表現していた。仲里依紗さんの演技力・表現力に驚き。

仲里依紗さんの印象がガラリと変わりました。亡くした夫の思い出と現実との間で葛藤する気持ちを、自然に演技されていました。毎回、笑って泣ける作品です。脚本も素敵で心に残るセリフがたくさん出てきます。

主演の仲里依紗さんの演技力を評価する声が多くありました。最近では”憑依系”とも言われる仲里依紗さんの演技に大注目です。

木皿泉さんの脚本ももちろん高評価。現実的なセリフが心に残る作品です。

あらすじ

テツコ(仲里依紗)は7年前に癌で夫・一樹(星野源)をなくし、義父(ギフ)(鹿賀丈史)と2人で暮らしていました。同僚で恋人の岩井(溝端淳平)から結婚を申し込まれるも、まだ結婚には踏み切れないテツコ。岩井は、テツコが夫を亡くした後も義父と同居していることが腑に落ちませんでした。

テツコと義父は、血の繋がりはありませんが、固い絆で結ばれていました。夫・一樹の看病をしていた頃、テツコは夜中に小腹がすいてしまい、義父とパン屋さんに出掛けました。夫への心配や看病に疲れ切っていた2人は、パンの美味しい匂いに思わず笑ってしまうのでした。どんなに悲しくても笑い合える、その経験はテツコにとって大切な忘れられない思い出です。

そんな2人の前に、笑顔を忘れたCAや、マリッジブルーの従兄弟など、悩みや問題を抱えた人物が次々と現れます。そして夫・一樹の死後、時間が止まったようなテツコと義父の日常は、再び動き出すのでした。

見どころ

料理研究家監修の食事シーン

毎話登場する食事シーンでは、料理研究家の高山なおみさんが監修する料理、「昨夜のおかず、明日のごはん」が登場。難しい料理ではなく、馴染み深いほっこりした家庭料理で、番組公式サイトでも紹介されています。主演の仲里依紗さんも、食べるシーンを楽しみにしていたそうです!

大人気脚本家、木皿泉の名言

本作の脚本は、数々の大人気ドラマの脚本を担当されている木皿泉さんです。本作は、「セリフが心に残る」という評価も多く、そのセリフは名言とも呼ばれるほどです。いろいろな悩みや問題を抱えた登場人物たちが放つ、現実の社会や人間関係のどうしようもない難しさをリアルに表現したセリフが、ストレートに視聴者の心に入ってきます。「本作を観た後は他のドラマが嘘っぽく見える」という評価もあるほどです。木皿泉さんの名言に胸を打たれること間違いなしです!

tスタッフ

原作・脚本:木皿 泉「昨日のカレー、明日のパン」
音楽:阿南 亮子
主題歌:プリンセス プリンセス「M」

キャスト

テツコ(寺山 徹子):仲 里依紗
19歳で一樹と結婚。寺山家に嫁入りした。21歳で一樹を亡くし、現在は義父と同居している。同僚の岩井と交際するも、結婚までは考えられずにいる。

ギフ(寺山 連太郎):鹿賀 丈史
気象予報士。一樹の父で、現在はテツコと同居している。テツコからはギフと呼ばれている。

岩井さん(岩井 正春):溝端 淳平
テツコの同僚であり、恋人。純粋で優しい性格。

寺山 一樹:星野 源
テツコの夫。23歳でテツコと結婚するも、25歳の若さで病死した。

 

昨夜のカレー、明日のパン
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで見逃し回を今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

昨夜のカレー明日のパンの感想

 

40代女性
40代女性

哀しさを感じながらも、人と人とのつながりを感じるストーリー。木皿泉さんの脚本には必ず別れや哀しさとそれに相対する優しさ、思いやりを感じます。そして、私が一番惹かれたのは無水鍋をはじめとした料理の数々。料理家の「高山なおみ」さんが手がけた料理は土間を中心とした古民家の台所でのギフとテツコさんの少し無理やりな同居生活を、端的に表現していると思います。これまでの経験からお互いの生活にそれぞれ邪魔し合わない二人の思いもかけなく始まった同居生活は一樹との関係からそっとずつすり合わせながら始まったように感じます。そんな静かな二人の生活に変化を与える「岩井さん」と「小田さん一家」。いつまでも過去に生きていきたいギフとテツコさんの穏やかな生活に少しずつ色を与えて関係性が深まっていきます。また、一樹との「別れ」を決意したテツコや「夕子」との思い出を大切にしつつもこれから先の人生を歩んできたいギフの思い(あがき)も描かれています。要所で普段使いの料理によってインパクトを与えられながら、「今」を生きる、遺された家族の生活と「料理」を丁寧に描いたドラマです。木皿作品にはいつも全てのバランスの良さが感じられます。素晴らしいドラマでした。

50代女性
50代女性

仲里依紗さんが、旦那さんが亡くなって義父と暮らす未亡人で不思議な人たちと触れあっていくうちに、どんどん再生していく姿を熱演していて、とても良かったと思いました。SNS上ではなく、直接人と関わっていくことの大切さが感じられる作品だと思いました。淡々としているのですが、優しさがあふれているのがとても良かったと思いました。セリフがすごく現実的で心が揺さぶられました。出演者1人1人の心情がとても丁寧に描かれていて、良かったと思いました。5話の「お金の価値」がテーマの回が素晴らしくて、溝端淳平さんがとても頼もしく見えてすごく良かったと思いました。鹿賀丈史さんの歌が上手くて、素敵で存在感がすごかったと思いました。イヤな人がいなくてみんないい人なのがいいです。大切な人が亡くなること、どんなことがあっても生きていかなければならない人間というものについて、考えさせられました。プリンセスプリンセスの「M」がすごくドラマにあっていて、思わず口ずさんでしまいました。毎回笑えて泣けて、とても心に染みました。見終わった後、とても優しい気持ちになって前に進んでいこうと、背中を押してもらえるドラマでした。勇気をもらうことが出来ました。

40代女性
40代女性

わたしは、こちらのドラマを観て、日常のドロドロしたカレーの様な、少しピリッと辛さを感じる部分と、明日の未来にそのカレーをパンに染み込ませて、ジュワッと吸収させて、頂くというような、毎日が新しい道を刻んでいるような、不思議と前向きになれる、素敵な素敵なドラマだなぁと、感じました。内容としましては、愛していた旦那さんが亡くなり、その旦那さんの親と同居する中で、それが普通だと当たり前のように過ごしている彼女に、すごく焦点を置いている映画でした。彼女に想いを寄せる、恋人のような人が現れるのだが、結婚したいとその男性は、思っているのだが、何故かその旦那さんのお父さんとの関係を、解消しきれない、依存症のような、不思議な関係で、わたしも見ていて、何故なのだろうと感じたりしました。テツコの思いは、テツコしかわからないのですが、居心地の良いそのままの生活を続けたい、彼女なりの考えがあるのだろうと思いました。わたしは、亡くなった旦那さんの魂のようなものが、やはり吹っ切れないのかなぁと、思ったりしました。人は幻想や幻覚もあると思いますし、彼女も毎日、悲しむのではなく、それも人生、これで良いと自分なりに思いがあるのだと感じました。テツコはとても素敵な人だなぁと思います。

 

20代女性
20代女性

小説がものすごくよかったので、ドラマ化なんて大丈夫かなお思っていましたが、小説の世界観そのままにストーリーが繰り広げられていたので安心しました。配役は少しイメージと違った部分もありますが、演技の素晴らしい役者さんが揃っていたので気になりませんでした。特に仲里依紗さんがよかったです。本当に家の中を覗いているような気持ちにさせられるほどリアルな演技でした。鹿賀丈史さん演じるギフとの距離感も丁度よく、2人のやり取りもどこか温かい感じが聞いていて心地よかったです。もう1人とても印象に残ったのがムムムさん演じるミムラさんです。ミムラさんは爽やかなイメージのある女優さんですが、ムムムのもつ闇の部分も上手に演じられていて、また違った一面を見ることができました。面白かったのは片桐はいりさんです。こんなに笑わせてくれる女優さんはなかなかいないと思います。この作品をより素敵なものにしてくれたような気がします。そしてこのドラマの見所の一つが、所々で出てくる美味しそうなご飯だと思います。その庶民的でありながら輝いている料理が、このドラマをより温かみのあるものにしてくれています。テツコとギフか2人て黙々と食べる姿が好きでした。

 

50代男性
50代男性

いつも一緒にいれると思っていたはずが、運命のいたずらで死別となってしまいました。その後、義父と一緒に暮らしている徹子も不思議な感じがします。そう簡単に忘れることはできないので、思い出を胸に秘めて生きるしかありません。亡くなると二度とその人に会うことはできません。こうしていても時は過ぎてしまい悲しいままでは、居られません。悲しくてもお腹は空くので、ずっと付きあうのが食事です。昨夜はカレーでも明日はパンが食べたくなります。気持ちの切り替えは大事なので、いつまでも過去にこだわっているわけにはいきません。徹子にアプローチしてきた岩井さんですが、亡くなった主人の肩身をもっていると複雑な気持ちです。嫌いで別れたわけではないので、徹子に悪気はありません。現在の彼氏からみると元の主人のことは気になると思います。あまり話して欲しくないのが本音であり、聞きたくもありません。思い出を胸に閉まって置くことができない徹子は、彼氏に対して失礼な気がしました。年月が経過すれば街並みも変わるうえ、自分の周りの人たちも変化します。新しい生活を送るために必要なことは、古いものはどんどん捨てることで、自分をリセットできます。

30代女性
30代女性

木皿泉ファンです。インタビュー番組を見てエッセイを読み、ドラマ『すいか』を見ました。そのあとにこの作品の原作を読みました。原作・脚本ということで、世界観が保たれています。全7回ですが、毎回胸にぐっときて、涙が出てしまいます。仲里依紗演じるテツコさんは、夫を亡くし、その義父と2人で暮らしています。義父は鹿賀丈史さんです。昭和中頃に建てられた、今見ると少し年季が入った、でも一般的な、人の温もりがある家に暮らしています。夫、義父から見れば息子を亡くしてから7年経つので、はたから見れば前に進んでいないように見えてしまいます。隣に住む女の子は、キャビンアテンダントの仕事に挫折して引きこもっています。その友達も似たような境遇です。そこから動けない様子を、周りの人たちは決して否定しません。その否定しない接し方が、とても優しい。前を向け、と、言ってしまう人もいます。テツコさんが好きという同僚、溝端淳平さんです。それでも、接していく中で、お互いに自分の気持ちも相手の気持ちも否定せず、少しずつ、悲しみを受け入れていく過程が丁寧に描かれています。亡くなった夫は星野源さんが演じています。その登場の仕方もまた胸にぐっと来るものがあります。主題歌はプリンセス・プリンセスの『M』です。この曲の捉え方も変わりました。鹿賀さんは毎話なにかの歌を歌うシーンがありますが、1話は忌野清志郎さんの歌でした。木皿泉作品の『野ブタ。をプロデュース』に出演していたことを思い出しました。料理監修は高山みなみさんで、オープニングも見逃せません。片桐はいりさんや、栗山類くん、美保純さんも、皆さんとても素敵でした。溝端淳平と星野源、役柄を入れ替えてみたいと途中思ったりしましたが、最後のシーンを見て、そのままで良かった、と思いました。

 

まとめ

昨夜のカレー、明日のパン
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで見逃し回を今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

星野源のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました