キングダムの無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アクション・アドベンチャー

 

映画『キングダム』予告

キングダムの動画フルを安全に見る方法

『キングダム』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『キングダム』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

キングダムの内容

映画『キングダム』は、週刊ヤングジャンプで連載されている大人気漫画「キングダム」のコミックス第50巻達成を記念して製作され、2019年4月19日に公開されました。

興行収入は約53億円で、2019年の実写邦画NO.1ヒットを記録した超大作です。

この映画の脚本には、原作者の原秦久さんも参加していて、映画としてより素晴らしい作品にするために、原作にアレンジを加えることもあったそう。

撮影は日本各地のほか、中国浙江省でも行われました。映画の舞台となった中国春秋戦国時代の王宮を再現したセットや荒野での馬群は、スケールの大きさを感じさせます。

漫画を映画にした作品は、評判がよくないことが多いですが、この映画はそんなジンクスを跳ね返すほどの作品です。

馬や兵士も実際に集めていて、王宮も中国にある実物大セットなので臨場感が違った!剣や甲冑も重厚感があり、安っぽさが全くなかった。演じる役者さんは大変だっただろうなぁ。

開始数分で涙腺が崩壊しました泣。物語の核となる漂が、序盤で殺されてしまったのは驚いたけど、信の漂に対する想いにグッときました。山崎賢人くんと吉沢亮くんが美しすぎてもう・・

原作ファンとして、映画にケチつけようとしていたけど、つけるところなかった(笑)。戦闘シーンも迫力あってよかった。映画でも王騎は、やっぱり不気味な存在だったな。

続編待ってまーす!王騎役の大沢たかおさん、いつの間にこんなデカくなった??と思ってたんですけど、役作りで体重をかなり増やしたんですね。主題歌も映画にピッタリでした。

映画の内容はもちろんですが、人気ロックバンドのONE OK ROCKが担当していてる主題歌「Wasted Nights」の評価もかなり高かったようですね。

あらすじ

中国春秋戦国時代。中華は「戦国七雄」と呼ばれる七国が争いを繰り広げていた。終わりの見えない戦いは、500年も続き混迷を極めていたのである。

紀元前245年。中華西方の国「秦」。

戦争孤児の信と漂は、天下の大将軍のなるという夢を叶えるため、日々剣術に励んでいた。ある日、漂は王宮から来た昌文君に「王宮にて重要な職に就いてもらう」と召し上げられ王宮に行くことになる。

信は、漂と別れを済ませ一人で剣を振っていた。ある日、信が家にいると納屋から物音がする。そこには、何者かに襲われ重傷を負った漂の姿。

信は漂にある場所を示す地図を託される。

「今すぐそこに行け!お前が羽ばたけば、俺もそこにいる。。信!俺を天下に連れて行ってくれ。。」

と言い残し漂は力尽きる。激高した信は、漂に託された地図に示された場所に向かう。目的地に着くとそこには、古びた小屋がある。

信が小屋に入るとそこには、死んだはずの漂の姿があった!

漂に似た男の正体は、王宮を追われた秦の若王「嬴政。王弟によるクーデターにより、命を狙われた嬴政は身代わりとして漂を王宮に連れてきたのだった。

漂の死の真実を知った信は激怒するが、嬴政の国を背負う覚悟と漂の意志を受け止め、嬴政と共に行動をする。

王宮を奪還するために奮闘する大王派だったが、状況は圧倒的に不利。そこで、嬴政はある「力」を頼りにするため、信と共に山界を駆ける。

嬴政は心に秘めている宿願があった。それは「中華統一」。戦国を終わらせ、人が人を殺さなくて済む世をつくる。

信は天下の大将軍になるため。嬴政は夢の第一歩として。王宮を奪還する戦いに二人の若者が挑む!

見どころ

映画『キングダム』の見どころは、なんといってもアクションシーンです。
王宮や森の中と様々な場面での戦いがあるので、飽きることがありません。特に信を演じた山崎賢人さんの剣術は見事でした。
親友の仇を討つことと自分の夢を叶えるために奮闘する信の姿には、原作を読んでいてどういう内容か知っている方でも、グッとくるものがあると思います。

スタッフ

監督:佐藤信介
脚本:黒岩勉、原秦久
音楽:やまだ豊

キャスト

信:山崎賢人
戦争孤児で下僕の少年。漂と共に育ち、天下の大将軍という夢に向かい剣術を磨く。

漂 / 嬴政:吉沢亮
漂:戦争孤児で下僕の少年。信と共に天下の大将軍という夢に向かい剣術を磨く。ある日、王宮に召し使われ秦王の身代わりとなる。
嬴政:王宮を追われた若き秦国王。中華統一を夢に持つ。

河了貂:橋本環奈
金目当てで信と嬴政と行動を共にする。山民族の末裔。

昌文君:髙嶋政宏
嬴政に忠誠を誓う。嬴政の替え玉として漂を王宮に連れて行く。

楊端和:長澤まさみ
武力で山界を統一した山の民の王。

成蟜:本郷奏多
嬴政の異母弟。自分こそ王にふさわしいと考えており、玉座につくためクーデターを起こす。

壁:満島真之介
昌文君の副官で、嬴政に忠誠を誓う武将。

竭氏:石橋蓮司
秦国左丞相で成蟜の腹心。

肆氏:加藤雅也
クーデターの指揮をとる竭氏の参謀。

魏興:宇梶剛士
王弟の軍の武将。

左慈:坂口拓
王弟側の剛腕の剣豪。

王騎:大沢たかお
秦国の大将軍。敵か味方かわからない不気味な存在。

 

登録時にもらえる600ポイントで
今すぐ見れます!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

キングダムの感想

30代女性
30代女性

原作ファンとして,映画を見た感想を述べる。全体的にキャストが原作のイメージにぴったりとはまっていた。特に王騎のキャスティングが不安であったが、非常にマッチしていた。ストーリーは原作との改変が一部あった。しかし,原作では大将軍とは何かを作品全体から感じ取れていたが、2時間の映画のなかで大将軍の権威付けを第一作で布石として行えた点を考えると,よい改変であったと感じた。戦闘シーンについては,非常にエキサイティングであった。昨今の邦画の中ではアクションシーンは抜きんでて素晴らしいものであった。ランカンなどにCGを使っている部分もあったが,アクションシーンをより盛り上げるのに非常に効果的であった。一方で,騎馬に乗ったシーンは嘘で作った印象が強かった。騎兵の数が十分でなく,迫力に欠けていたからである。次回作以降は,大規模戦,特に馬に主人公が乗るシーンが重要な役割を果たすこととなるので,不安でもあり楽しみである。また,舞台である中国の広大な平原や,巨大な王宮のイメージが原作以上に伝わってきた。ここまでこだわりを持って作成されていて,原作のファンとして非常にうれしかった。余談ではあるが,長澤まさみの太ももが良かった。

30代男性
30代男性

原作の漫画のキャラクターをそのまま実写化したかのような再現の高さにまず驚きました。特に王騎将軍を演じた大沢たかおが役作りのために増量し、さらにオネエ言葉を話した時には衝撃を受けました。これまで二枚目な役が多かったので、イメージが覆させられて新鮮でした。また、長澤まさみの揚端和の麗しさにも感動しました。アクションも見事で終盤の王座奪還のために王宮に潜入した際の殺陣は凛としてかっこよく、映画館の大きなスクリーンで見ると非常に迫力がありました。さらに甲冑の重々しさと肌があらわになっているな生々しさが相まって素敵で魅了されました。そして、映像自体も美しかったです。本場の中国で撮影し、大規模な人員を擁しているため、迫力ある映像がありました。さらに身に着けている着物や甲冑なども鮮やかなデザインとなっているので、風景や登場人物の容姿などもリアリティがあったので映像だけでも楽しめてよかったです。また、ストーリーもよかったのも魅力に感じました。基本的に原作のストーリー展開を重視しているので、原作ファンも色々と原作との違いなどを比較しながら楽しむことができ、さらに展開のテンポもよかったから見やすかったです。

20代女性
20代女性

私は元々原作漫画を愛読しており、実写映画化には少しだけ不安もありました。しかし、実際に見てみると、原作ファンも納得のキャスティングと再限度だったと思います。実際に中国で撮影されたとあって、スケールが大きく、圧巻でした。漫画の登場人物たちは春秋戦国時代という激動の時代をこんな風に生きていたんだなと、実写映像になることでよりリアルに感じられ、興奮しました。山崎賢人さんや吉沢亮さん、橋本環奈さん等の主要キャストももちろん良かったですが、特に印象に残ったのは、長澤まさみさんでした。登場シーンでは鳥肌が立ったほどで、戦闘シーンは美しさと力強さが共存していて、見惚れてしまいました。長澤まさみさん演じる楊端和を見られるというだけでも、十分見る価値がある映画だと思います。原作ファンにとってはより「キングダム」の世界観が深まる映画だと思いますし、壮大なスケールで撮影され、豪華キャストが多数出演しているので、原作を知らない人も楽しめる映画だと思います。また、歴史好きな人にとっては、中華統一を成し遂げる前の、若かりし頃の秦の始皇帝が描かれているので、新しい始皇帝像を見出すことができ、そこも楽しめると思います。

30代女性
30代女性

1巻が発売された頃からの原作ファンとしては、映画化というのは最初は嬉しいような嫌なような複雑な気持ちだった。原作に愛着がある分、映画化は登場人物を演じる役者さんが自分の想像している雰囲気と違っていたり、スケールが原作より小さくなるなど、期待外れということが多くあるからだ。しかし、実際映画館に足を運び見てみると、そんな思いは一瞬で無くなった。主人公の信を演じる山崎賢人さんを始め、役者さん達はまさに原作の雰囲気そのままで、キングダムのストーリーが持つ熱を本当に上手く表現してくれた。また、キングダムには欠かせない殺陣のシーンも、ものすごく迫力があり、期待を裏切らない場面ばかりだった。今回の映画のストーリーは政が宮中を追われ、山の民とともに王座を取り戻すという内容だったが、個人的にその話しはキングダムの中でもスリルがあって好きな部分だったので嬉しかった。山の民たちは漫画の中から飛び出してきたかのような再現性で、陽端和を演じる長澤まさみは美しさの中に迫力があり、ぴったりな役どころだと思った。全体的なストーリーの展開としては、たまにあるような原作とは少し違うオリジナルストーリーを混ぜて作られるものではなく、忠実に原作にのっとって進められていくところも原作ファンとしては嬉しい。また、続きが気になる展開ではあるのものの、キングダムを読んだことのない人でも分かりやすくストーリーが進んでいくので、見やすいと思う。ここ最近公開された日本映画の中でも群を抜いてスケールが大きく、見応えのある映画だと思った。

30代女性
30代女性

基本的に実写は反対派の私です。漫画が一番、アニメですら声優でイメージが変わることがあるため反対の時すらあります。もちろんキングダムもその中の一つで、原作が大好きなのでまさかあの世界観を勘弁してくれと思っていました。しかし、実際見てみてびっくりしました。アクションシーンの迫力はさることながら、吉沢亮さん演じる政の再現度の高さ、個人的にはイケメンすぎるのではと思ったけれど信を演じた山崎賢人さん、河了貂を演じた橋本環奈さん、、その他の役も含め俳優ってすごいなと改めて思いました。俳優がすごいのかスタッフがすごいのか。。そのどちらもだと思いますが、キングダムを原作のイメージを壊さないようにしようとしているのがわかる作品です。中国で制作されたとのことですが、あの城をそのまま作ってしまうところがさすがと言わざるをえません。ただ、原作のストーリーとところどころ内容を変えられてしまっていたのが私的には残念なところでもありましたが、もしこの先第2作が出ても観たいと思わせてくれる作品でした。もちろんファンの中には実写化をしないでくれという声もあるでしょうし、俳優やスタッフの皆さんはそのプレッシャーの中で作るので大変だと思いますが、そういう人は観なければいいだけの話だと思うのでぜひ第2作も制作してほしいです。そして王騎演じる大沢たかおさんをぜひもっと活躍させてほしいです!

30代男性
30代男性

映画「キングダム」は人気漫画とアニメを実写映画化したものとなっているため、原作とかアニメ版を知ってる方とかはかなり楽しめる内容になっていて、出演陣とかも豪華であり、人気俳優や女優が勢揃いしているので、一度は見ておきたい作品となっております。時代背景は春秋戦国時代の「秦」となっていて、ストーリー内容とかシチュエーションは原作版とかアニメ版とかなり近い形で再現されていて、ちょっとしたオリジナル要素も含まれているので破格のスケール感で原作の魅力に迫っていたりします。中国史劇をかなり表に出しているものでもあるため、アクションとかも激しく、人間関係とか周囲を取り巻く環境とかにも注目しておきたい部分が多々あったりします。こちらの作品には当時の時代を生き抜いてきた人たちの青春、友情、夢、大志などを見ることができつつ、戦乱の中で生き抜く人たちの様子とかもしっかりと再現されているので見ていてかなりためになる話しとかを知ることができます。中国史とかが好きな方とかにもおすすめしたい作品でありますしぜひとも原作版とかアニメ版とかもみてもらいたいです。当時の時代を生き抜いてきた人たちはこういった感じで暮らしをしていたんだなとすごくわかります。

40代女性
40代女性

『キングダム』はとにかく、迫力があって面白かったです。私はキングダムの原作もマンガも何も知りませんでした。テレビで映画のCMを観て、ただただその迫力に圧倒され、ONE OK ROCKの主題歌に感動して、ひとり映画を観に行こうと思い立ったのです。去年のGW真っただ中で、しかも1日に行ったので、満席で息苦しいほどの空間でした。両隣のカップルはポップコーンを終始ばくばく食べているし、もう最悪のコンディション。しかし映画が始まった途端、ポップコーンのポの字も気にならないくらい引き込まれていったのです。はつらつと爽やかに演じる山崎賢人くんに、一人二役でこの映画にめちゃくちゃハマってたであろう、吉沢亮くん。この二人がすごく光っていました。殺陣のシーンも格好良かったし、お二人とも目がとにかく輝いていて、観るものを惹きつけてくれました。吉沢亮くんがアカデミー賞最優秀助演男優賞をとられましたが、私は山崎賢人くんの存在があったからだと思います。『キングダム』は何の先入観もなく観たので、それが功を奏したのか、本当にハマりました。エンディングで思ったことは、「この映画は必ずシリーズ化するな」です。この先もいろいろ観てみたくなったし、シリーズになったら絶対また映画館に観に行こうと思います。

 

30代女性
30代女性

実写であの世界観を表現するのは無理やり過ぎるだろう、という先入観を持って見始めましたが想像していたより実写がしっくり来ました。 原作キングダム1~5巻の王都奪還編がテーマの映画です。まだ下僕の少年だった信と漂が山崎賢人と吉沢亮で本当に大丈夫なのか?とも思ってましたが想像よりしっかり信と漂でした。それ以上に吉沢亮の政が完璧でした。原作通りの美形で凛とした佇まい、これから強大な国を築き上げていく秦王エイ政にぴったりでした。もちろんこの2人のアクションシーンも迫力満点。めちゃくちゃ鍛えて作り上げてきているんだな、という感じが伝わってきました。貂役の橋本環奈さんも思ってたより少し大人な貂でしたが中性的なところを上手く表現出来ていたと感じました。原作の中で再現不可能だろ!と思っていた王騎将軍と副官の騰。どう考えても無理!不可能!と思っていましたが俳優さんって本当にすごいんですね。大沢たかおさんが王騎将軍にしか見えませんでした。あの独特な口調にもかかわらず矛を一振りするだけで周りを全て倒してしまう天下無双っぷりは最強です。今回の映画では王騎将軍の魅力が全く伝わらないのが本当に残念です。もし次回作があるなら王騎将軍の魅力を全面アピールして欲しいくらい大沢たかおさんは完璧な王騎将軍でした。原作を読んでいなくてももちろん楽しめます。迫力のあるアクションシーンは必見です。原作を読んでいる人にも実写はなぁ…と抵抗がある人も多いと思いますが、大丈夫です。ストーリーの大事なところやシーンはきっちり再現され納められています。原作ファンもちゃんと楽しめます。

30代女性
30代女性

実写映画としてはなかなか忠実に再現されていると思います。ただ主人公の信が少し子供っぽすぎて違和感あるかなぁという感じです。山崎賢人はもっとクールなイメージがあったのでそう感じたのかもしれませんが…。しかし、安定のカッコ良さで視聴者を魅了してくれます。個人的には“漂“・” エイ政“演じる吉沢亮がはまり役だと思いました。意志の強そうな目力はまるで原作通り。物語に吸い込まれるように見入ってしまいました。ひとりで二役演じていますが、正反対の役も見事に演じ分けしています。今まであまり知らない俳優さんでしたが、今後も注目してきたいひとりです。春秋戦国時代が舞台ということもあり、昔の時代背景に合わせた衣装や美術なども見どころです。特に王都“咸陽”のシーンは壮大で非常に迫力があります。撮影も中国でされたようなので、本場の中国らしさみたいなのをしっかり感じられます。日本にはない規模感(人の数、建物)があり、キングダムの世界観をさらに高めています。キャラクターやアクションだけでなく、細かい時代設定まで忠実に再現されているので、興ざめせず最後まで夢中で見られます。特に後半は戦闘シーンが増えて迫力満点で、キャストがみんなカッコいいので、見終わった後の爽快感があります。続きがぜひ見たくなる実写映画のひとつです!

40代男性
40代男性

キングダムの映画はとにかくアクションがすごくてびっくりしました。最初に映画化、しかも実写化と聞いて正直大丈夫かと思いました。原作の絵の迫力は、空気を切り取ってくるような絵の連続なので、これを漫画にうつしてくるのは難しいと思ったからです。しかし、これは素晴らしかったです。主人子である山崎賢人さん演じる信のアクションは、映像の演出と相まってよかったです。敵方のボスともいえる坂口拓さん演じる左慈も、坂口さんの演技とアクションも相まって迫力あり主人公の打ち倒す脅威の体現としてよかったです。しかし、これはうまいと思ったのは、左慈の部下の固有名詞もないような俳優さんが恐ろしく動きがよく、これを仕えさせるのだから強いのだろうと納得しました。気になって調べてみたらアクションでは有名な方でした。そういうメインどころ以外のところも、手を抜かず、その道の一線の役者さんが使われているので、細かいところを見ても楽しめると思います。ただ、物語としては、少しばかり不満というかこのあとどうなるのかと続きが気になります。やはり長い原作の一部を切り取って、短い時間でまとめているのでそこはしょうがないのですが。気になった方は、原作も読んでほしいです。

 

まとめ

『キングダム』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

「三国志」関連のU-NEXT配信作品

【映画】

【アニメ】

 

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました