キングダム(アニメ)1期の無料動画フル配信|1話から全話イッキ見

アニメ動画

 

キングダム 第1シリーズ 最高の瞬間 #1 [ Xin Li and Zheng Ying ] Kingdom 2013

キングダム(アニメ)1期の動画フルを安全に見る方法

『キングダム第1シリーズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『キングダム第1シリーズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

キングダム(アニメ)1期の内容

『キングダム第1シリーズ』は、2012年6月から2013年2月にかけてNHK BSプレミアムにて全38話放送されました。

原作の「キングダム」は単行本と電子書籍の販売部数が、2020年5月現在で約6400万部を記録する大ヒット漫画です。今最も人気のある漫画の一つと言っても過言ではありません。

2019年には映画版も公開され、興行収入57億円を記録し同年の実写邦画ヒットNO.1に輝きました。

『キングダム第1シリーズ』は中国の春秋戦国時代を舞台とした物語で、下僕の身分ながら天下の大将軍を夢見る少年・信と、中華を統一し戦国の世を終わらせることを宿願とする秦王・嬴政が苦難を乗り越えながら成長していく姿を描いています。

その姿に男性だけでなく、女性も魅了されているようですね。

低い身分でも夢をあきらめず、自分の道を進む信に何度勇気をもらったことか。自分を奮い立たせたいときに観るとテンションが上がります!

魅力あるキャラクターがたくさんいて、女性でも楽しめるアニメです!戦国の物語ということで、楽しめるかな?と思っていましたが、杞憂でした。信と漂の別れのシーンには涙が止まりません。

最初は不気味な存在だった王騎が段々とカリスマに見えてきた!お互いの正義をぶつけても折り合いがつかず、戦争で勝敗を決める戦国時代が現実にあったと思うと、平和な世の中になったのかなと感じる。

3Dアニメが苦手な私ですが、面白いと評判だったので試しに観てみたら……あれよあれよとあっという間にはまってしまいました。
主人公が大将軍を目指すという王道のストーリー展開ですが、王道モノが好きな私は高評価です!

キングダムは、登場人物はおおむね史実の通りですが、内容は若干史実と違う部分があります。王騎は史実には一行しか出てこないマイナーな将軍ですし、羌瘣は原作では女性ですが、史実では男性という説があります。

キャラクターの設定は作者の原秦久さんが考えていますので、限りある史実からここまで膨らませる構想力に対して、敬意を示す方も多いようですね。

あらすじ

紀元前245年。中華の西方の国「秦」。

戦争孤児で下僕の信と漂は、低い身分から抜け出すため剣術を磨いていた。ある日、漂は王宮に召し使われ信と離れ離れになる。

信は一人で剣術に励んでいたが、納屋から物音がして見に行くと、そこには血だらけの漂がいた。信は漂にある場所を示す地図を託される。

「今すぐそこに行け!お前が羽ばたけば、俺もそこにいる。。信!俺を天下に連れて行ってくれ。。」

と言い、漂は死んでしまう。信は漂に託された地図に示された場所に向かう。目的地に着くとそこには、古びた小屋があった。

信が小屋に入るとそこには、死んだはずの漂の姿があった!

漂と瓜二つの男の正体は、秦国の王様「嬴政」。王弟の反乱により命を狙われ、王宮から脱出してきたのだった。

漂が王宮に仕えた理由は、秦王・嬴政の替え玉になること。命の危険があっても、漂に迷いはなかった。

漂の死の真実を知った信は、激高するが嬴政に諭されともに王宮奪還に向かう。王弟側の勢力は約10万。秦王側にとってかなり分が悪く、嬴政は過去に秦国を盟を結んでいた「山の民」に助けを請いに行く。

山の民の協力は得られるのか、そして王宮を奪還できるのか。

信と嬴政が仲間とともに、秦国の運命を変える戦いに挑む!

見どころ

『キングダム第1シリーズ』の見どころは、信の成長を見ることができるところです。

幼いころから天下の大将軍を夢見ていた信ですが、実際の戦争に触れることで、勢いではどうにもならないことや集団を率いる難しさを身をもって経験していきます。

その経験が信を加速度的に成長させていきます。その中で、信の道の指針となる一人の大将軍・王騎と出会うのですが・・。

といった成長の王道パターンではありますが、涙なくして見れない内容になっているので、ぜひ見ていただきたいと思います!

スタッフ

監督:神谷純
原作:原秦久
音楽:関美奈子
アニメーション制作:ぴえろ

キャスト

【声の出演】

信:森田成一
戦争孤児で下僕の少年。漂とともに育ち、低い身分から抜け出すため剣術を磨く。夢は天下の大将軍。

漂 / 嬴政:福山潤
漂:戦争孤児で下僕の少年。信と剣術を磨く。夢は天下の大将軍。
嬴政:第三十一代秦国王。王弟の反乱により王宮を追われるが、信とともに王宮を奪還する戦いに挑む。

河了貂:釘宮理恵
金目当て信と嬴政と行動をともにする。山民族の末裔。

昌文君:中野裕
嬴政に忠誠を誓う臣。現在は文官だが、昔は戦場で戦っていた。

壁:遊佐浩二
嬴政に忠誠を誓う武将。昌文君の副官。

楊端和:園崎未恵
山界を武力で統一した山の王。

成蟜:宮田幸季
嬴政の異母弟。自分こそ王にふさわしいと考えており、玉座につくため反乱を起こした。

竭氏:辻親八
秦国左丞相で成蟜のいいなり。

王騎:小山力也
秦国の大将軍。信の道しるべになる。

騰:加藤亮夫
王騎の副官。

羌瘣:日笠陽子
伝説の刺客一族「蚩尤」の後継候補の少女。ある戦で信と出会い、同じ伍になる。

呂不韋:玄田哲章
秦国右丞相。実権のない嬴政に代わり、権力をふるう。

蒙武:楠大典
呂不韋四柱の一人で秦国将軍。攻めのみなら秦国一と称される。

昌平君:諏訪部順一
呂不韋四柱の一人。秦国軍総司令。

麃公:斎藤志郎
秦国大将軍。自ら矛をふるう「本能型の武将」

呉慶:赤城進
魏国大将軍。麃公に一騎討ちで敗れる。

李牧:森川智之
趙国三大天。軍略の天才。

龐煖:高塚正也
趙国三大天。王騎とは深い因縁がある。

 

『キングダム第1シリーズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

キングダム(アニメ)1期の感想

30代男性
30代男性

キングダム第一シリーズを視聴した感想は奴隷の少年が将軍になるまでの第一歩を踏み出すための足場を固めるためのシリーズだと思います。村の奴隷であった体力だけが取り柄の少年の信が弟の手によって王座を追われた若きえい政と共に玉座を取り戻すために山の民などの第三勢力の力を借りながら王座奪還のために仲間たちと突き進む姿は大変勇ましく見ていてワクワクするストーリー展開でした。キングダムはキャラクターの個性が非常に際立っていて自分の気持ちにまっすぐな少年である主人公の信をはじめ確固たる意志で中華統一という大望を果たそうとするえい政。将来的には軍師として活躍する河了貂や敵か味方かわからない秦国最強の将軍である王騎などクセがありつつも魅力的なキャラクター達が第一シリーズを盛り上げてくれます。単純にアニメとして見ていても面白いのですが世界史が好きな私としては当時の中国の人々の暮らしぶりや戦争で使用される兵器などもよく取材されており、そういった視点でみても面白いですし、当時の秦国の立ち位置なども知れて面白かったです。アニメを通して当時の群雄割拠がわかり中国史に興味を持つこともできるので中国史に興味を持つ人もでてくると思います。キャラクターの生きざまも参考になり、ただのアニメではない面白さがある作品です。

30代男性
30代男性

とにかく面白い。最初は下僕である主人公が賢い友人と二人将軍を目指して特訓していきます。そしていきなり友人がお王様の影武者としてスカウトされます。ここから成り上がりスタートかと思いきや、友人死んじゃうわ、王様殺されかけるわ、目まぐるしい展開がスタートします。ストーリーの面白さは勿論なんですが、キャラクター一人一人の個性が強くてそれぞれ主人公いけるよねって?くらいです。肝心の主人公ですが、気の強さや、素直で少し頭が悪そうな感じ、それでいて非常に鋭い感覚など、親しみやすく親近感がわきやすく非常に魅力的です。次々に襲いくるピンチ、主人公がぎりぎりのところで勝利、かと思いきやあっさりと勝ってしまったりと展開は、ハラハラと痛快さが常に一緒にいるような感じです。感情移入しやすく、自分がそこにいるかのように感じられる程の求心力があります。ストーリーは最初は単純かと思いきや徐々に複雑さを増していき、スケールも大きくなっていきます。そして何と言っても主人公に負けない魅力のある個性豊かな将軍たち、男性なら誰しもが憧れるような男気と強さ、そして人を束ねるカリスマ性、もう主人公誰?ってくらい強烈で痛快です。アニメを見ていると、主人同様に、強い憧れを抱かずにはいられません。非常にのめりこみやすいアニメでした。

 

40代女性
40代女性

アニメ「キングダム第1シリーズ」は、下僕の少年である信と漂が代将軍を目指すところから王騎とほう煖の戦いまでなのですが、とてもおもしろいです。古代中国の春秋戦国時代も秦の始皇帝も歴史の授業で習ったので、この後どうなるのか結末もすべて知ってはいるのですが、それでもこのアニメの原作は先が読めないので、とてもおもしろいです。アニメ自体も、原作の良さを損なうことがなく作られていますし、動きがある分迫力が増しています。漫画を読むことが苦手な人でキングダムを敬遠してきた人は、ぜひアニメから入って欲しいと思います。政、河了貂、羌かい、呂不韋、王騎、李牧など主要キャラが登場する第1シーズンは、キングダムのアニメが成功するどうか、継続していけるかどうか重要な役目がありましたが、この出来栄えは大成功だったと言えるでしょう。原作が終わるまでアニメも続いて欲しいと思います。アニメの内容としては、まだ駆け出しの信の活躍と、王騎のキャラクターにつきます。信はここからどんどん出世をしていきますが、一兵卒だった頃から見た方が成長度合いがわかるので、アニメは最初から見た方が良いです。王騎は次シーズン以降も活躍して欲しいキャラクターではありますが、原作を知る者としては仕方ないと諦めています。

20代男性
20代男性

友達が「キングダム観てないとか人生半分損してるぞ!」と言われ、そこまでいうなら観てみるか…と思い視聴しました。一言でいうと、ワンピースが好きなら絶対観て欲しい!舞台は紀元前770年から紀元前221年まで約500年間も続いた春秋戦国時代。このキングダムは紀元前221年に中国の歴史上初の中華統一という偉業を果たした秦の始皇帝、「政」時代を主人公の信という、大将軍を目指し快進撃を続ける男を中心に構成された作品です。信はまるでルフィと同じように周りを引き付けるキャラだなあと感じました。最初から最強!というわけではなく、むしろ最初は少し力があるただの下僕でした。そこから次々と快進撃を進め、徐々に大将軍が現実的になっていく姿を追うのが非常に楽しいです。また、登場人物がたくさん出てくるのですが、それぞれのキャラにしっかりと個性があり、キャラによっては敵キャラなのに感情移入してしまい、気が付いたら涙が出ているなんてこともありました。やはり世界観がしっかりとしているので、途中で飽きる事もなく、次はどうなる!?次はどうなるんだ!!と話を重ねるごとに期待感が増していき、話数自体はかなりあるのですが、一気に視聴できてしまいました。是非空いた時間にでも視聴してみてください。あなたの日常に楽しみが1つ追加されますよ。

50代女性
50代女性

「信」と「漂」という名の二人の戦災孤児がいて二人は、毎日武術の鍛錬をしており、その姿があまりにも真剣でこのアニメが好きになりました。しかし、漂は国王の政と顔がそっくりということで士官をすることになえいますが、その理由が政の身代わりになることでその理由があまりにも可哀そうになりました。しかも政の代わりに殺されてしまった漂があまりにも悲惨に感じました。しかし、信が漂の想いを背負って政を守ることにした時には、本当に良かったと思いました。下僕だった信が仲間をどんどん増やして行き出生して行く姿は見どころが満載でした、趙人に憎悪の対象として虐げられていたため感覚が殆ど無くなっていた政が、人を信じる力や感覚を取り戻して行く姿が感動出来ました。信と戦う武将たちにもそれぞれ過去の出来事がいろいろとありしっかりと描かれているのがこのアニメの見どころだと思います。成きょうは政の弟で最初は、政が平民の血が入っていると兄として扱っておらずしかも物凄い暴君だったのが変わって行く姿が良かったです。それぞれの立場で成長してして行く姿を見れる所がこのアニメの面白さだと思います。信と政は立場が違いますが、それぞれの成長が楽しめました。

20代女性
20代女性

王道のアツい戦いが見どころです。主人公は下僕出身の信です。彼が大将軍を目指すため、剣の腕で戦で活躍し、仲間や先輩武将から多くを学びながら進んでいく姿は勇気づけられます。もう1人の主人公えい政はのちの始皇帝ですが、作中ではまだまだ国内にも敵が多い若王です。彼は信と出会い、互いを信じ合う友となります。それぞれの戦場で戦いながら、離れていても同じ夢を見る2人の関係も要所で描かれ、心に響きます。彼らだけでなく、部隊の仲間やベテランの武将たちとともに困難に立ち向かい突破するストーリーは、ワクワクします。ビジネスパーソンも共感できる点が多いと思います。第一シリーズクライマックスとなる伝説の大将軍復帰戦は、敵国との駆け引き、敗走の絶望、そこからの必死の抵抗と、そこまでの集大成とも言える怒涛の展開で素晴らしいです。作画ではCGを多用しています。キャラクターの顔に違和感のあるカットもある一方で、大軍の戦闘シーンは人数が揃い迫力があります。それ故、一長一短というところでした。キャストの皆さまは個性豊かなキャラを素晴らしい演技で表現してくださっています。親しみや畏敬を感じさせます。特に原作でも拘られている、仲間を奮い立たせる檄については本当に胸の熱くなる名シーンがたくさんあります。主人公の信を演じる森田さんのよく響く声はまさに戦場で仲間を奮い立たせる声です。

20代女性
20代女性

原作で話の流れは知っていたので、それがどう動きが出るアニメになるのか楽しみにしていた作品です。信とヒョウ、二人で語りながら木の棒で剣術の練習をしていたところは、やはりアニメならではの面白さがあります。動くので「棒を振り下ろす感」がわかります。ヒョウの仇である敵との戦闘シーンもありますが、そこも見ものです。全体的に漫画と比べると、戦闘シーンは動くぶん、断然に面白くなります!また、幼い頃の信とヒョウの暮らしぶりや気持ちが丁寧に描かれているので、この2人(とセイ)が今後どうなっていくのかますます気になってしまいます!!小さい子供がどんな成長を遂げるのか見守りたくなる感覚でしょうか。特に、主人公である信の気持ちは(信の性格が単純だからもあるのでしょうが)分かりやすく、視聴者の私も感情移入しながら観ることになります。特に、信とヒョウが下僕として雇われていた家の家主の子供から、ヒョウを抱く信に一言ガツンと言われるシーンの前後は、心の葛藤や苦しみ、悲しみ、悔しさ「そうなっちゃうよね、わかるよ?!」と半泣きで見ました。アニメの序盤と終わりで、少しだけ信の見た目が成長しているのもお気に入りポイントです。

20代女性
20代女性

キングダムの世界観の土台となるのがこの第1シリーズです。普段歴史もののアニメを見ない方も、ぜひこの第1シリーズだけでも見ていただきたいです。そうすればきっと、この作品の深さやストーリーの掴みやすさ、キャラクターの個性や魅力を知れると思います。主人公となる二人の少年、信と政は最初の出会いは最悪でした。しかしお互いの良いところを知るうちに強い信頼関係が芽生え、ゆくゆくなくてはならない相棒になっていきます。二人の絶妙な関係性の変化にぜひ注目して見てください。また信が率いる隊である飛信隊が誕生するのも、この第1シリーズです。はじめは小さく貧しい農民の寄せ集めのようなこの部隊が、今後どんどん成長し頼もしく変貌していきます。部隊を構成するメンバーもとても良いキャラクターの者が多く、彼らが悩み成長し信を支えようと尽力する姿勢は見ていて胸を熱くさせられます。そしてこの第1シリーズ一番の見どころは将軍王騎の存在です。彼ほど強く凛々しく頼もしい将軍はいません。そんな彼の強さの裏に隠された悲しき過去や、彼から信に託された思いがよく描かれています。彼の立派すぎる生き様をぜひその目で見て感じてほしいと思います。

40代男性
40代男性

話題になっていたこともあり、絵があまり好きではなかったんですが、知人の紹介で数冊借りて読み始めてみました。1巻からすぐに惹きつけられて夢中になって読み進めた事を今も覚えています。すぐに全冊そろえたのは言うまでもありません。冒頭でいきなり貧しいなかで兄弟同然にそだった親友を殺され、なぜ殺されなければならなかったのか理由を知って国王に面と向かって歯向かっていく主人公の姿にとても共感できましたし、勇気づけられる思いがしました。巧妙に張り巡らされた罠に翻弄されながらも少ない人数で王政転覆を狙う反逆者たちと戦う姿にはリアリティーがあって大変な迫力。ストーリー構成にも無理がないので、簡単にのめりこんでいくことができます。下僕から身一つでどんどん武功を上げていき着実に大将軍への階段を上がっていく姿を応援せずにはいられません。途中から加わってくる仲間達も面白い設定の人ばかりで、ますます物語に夢中にさせてくれるんです。自分も社会や会社の中でキングダムの主人公のように振舞っていければどんなに素晴らしいかと思いますし、キングダムの中での戦略や隊員を鼓舞するようなシーンが仕事の中でも役に立ちそうな気がしてくるんです。そんな気持ちもあって、多くの中年サラリーマンが単行本を買っていくんだと思います。

30代女性
30代女性

原作は未読でした。話題だな、コンビニ並んでるな、というのは知っていて気になってましたが、すでに巻数が多くてアニメ化は良い機会だと思って視聴しました。オープニングの迫力すごい!!なにも知らなくても楽しめるアニメでした。とりあえず1話は観るべき。「キングダム」は春秋戦国時代の終わりごろを舞台にしてます。正直、中国史はまったく知りませんが、戦乱の世というやつです。戦乱孤児で奴隷階級の主人公が成り上がりを目指す!といえばワクワクしないわけありません。もちろん単純なサクセスストーリーのわけがない。夢を語り合った親友と瓜二つの王と出会うことで物語が動き出します。そしてキングダムの魅力はキャラクターにあります。主人公・信、王の政と軸に、はじめマスコットキャラクター的に出てきた河了貂、桁違いの強さをみせる羌かい、秦国六大将軍の一人である王騎…。濃いキャラクターばかり。いやー、とくに王騎はずるいでしょ。気にならないはずがない。こんなに濃いキャラクターたちが物語のパーツにはまりながらストーリーが進んでいくんだから面白くないはずないって感じです。CGにつては賛否あるようですが、私は合戦の迫力はCGじゃなきゃ出せなかったんだろうなと思ってます。この中華戦国大河ロマンにはぴったり合っていました。
とにかく物語が「え!?ここで終わり!?」ということが多くて続きが気になってしかたありませんでした。シーズン3まで作られるのは納得だし、作ってくれなきゃ困る。観たくなるアニメです。

 

まとめ

『キングダム第1シリーズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

 

「三国志」関連のU-NEXT配信作品

【映画】

【アニメ】

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました