君は月夜に光り輝く(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
映画『君は月夜に光り輝く』予告①【3月15日(金)公開】

君は月夜に光り輝く(映画)の動画フルを安全に見る方法

『君は月夜に光り輝く』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『君は月夜に光り輝く』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

君は月夜に光り輝く(映画)の内容

映画『君は月夜に光り輝く』は、2019年3月に公開されました。

原作は、佐野徹夜さんによる同名小説で、第23回電撃小説大賞を受賞し、作家デビューした作品です。

監督・脚本には『君の膵臓をたべたい』の月川翔さんが担当し、今作でも「生と死」をテーマに、真っすぐな愛に生きる若者たちの純愛ラブストーリーを完成させました。

本作のキモである『発光病』という不治の病に悩みながらも健気に生きる少女・まみず役には、朝の連続テレビ小説『半分、青い』で演技力の高さが評判となった永野芽郁さん。同級生の卓也役には、『君の膵臓をたべたい』でアカデミー賞新人俳優賞を受賞した北村匠海さんと、今をときめく旬な2人の共演に注目が集まりました。

永野芽郁さんを美人だと思ったことは一度もないですが、あの目の輝きを持ってる子だからこその独特の雰囲気を十分楽しめた映画でした。また、演技が演技を超えている。若いのに素晴らしい!彼女が大好きになりました。

40代のシングルマザーで、高校生の息子と一緒に泣きながらみました。息子には本当の愛情や幸せを実感しながら幸せになっていってもらいたいです。

君の膵臓をたべたいと似た感じだったので、色々調べたら監督が同じでした。両作とも大分泣かせていただきました!北村匠海さんと永野芽郁さんの演技が自然で、すごく心地良いものになっている作品です。

病気だけじゃなくて、いつ死ぬか分からない毎日をできるだけ後悔しないように生きたいなと思いました。
また時間が出来たら観たい作品です!

とても切なく苦しくて、でもピュアな高校生ならではの儚くも美しい青春のラブストーリーに、涙が止まらないというコメントが多かったです。

中だるみすることなく、最後まで見ることが出来、見終わったあとは心がスッキリする作品となっています!

あらすじ

高校生の岡田卓也(北村匠海)はクラスの寄せ書きを届けるために病院へ訪れました。見舞う相手とは、一度も会ったことのないクラスメイトの渡良瀬まみず(永野芽郁)です。

明るく振舞う彼女が患う病気とは“不治の病・発光病”。細胞異常により皮膚が発光していき、死が近づくにつれ発光が強くなる病気です。そして、成人するまで生存した者はいない難病です。

医者からは余命1年と言われていました。彼女は病院から出ることも許されないため、“叶えられない願い”をリスト化していました。

卓也「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」
まみず「本当に?」

この約束から、止まっていた時間が動きはじめました。

まみずの願いである遊園地に行ったり、買い物やカラオケに行ったりする様々なミッションを一つ一つクリアしていき、その感想を報告しました。まみずは人生の楽しみを覚え、卓也は彼女に惹かれていきます。

しかしその反面、迫りくる死の恐怖が襲い、2人の残された時間は迫ってきています…。

見どころ

注目は永野芽郁さん

今や引っ張りだこでブレイク中の若手注目女優の永野芽郁さん。本作では「発光病」という難病にかかった女性を演じております。

病名でもある「発光病」のごとく、内側から光出る透明感が凄く魅力的でした。ほとんど病室での演技となったにも関わらず、恋をする気持ちや病気に苦しむ姿が表情を通して伝わってきました。

また、全身全霊を込めて演じたそうで、自然体がとても素晴らしく、無邪気さと儚さ感じられる演技を披露しております!

難病をテーマにした作品

今まで『世界の中心で、愛をさけぶ』『君の膵臓をたべたい』と並ぶ、難病をテーマにした「生と死」に向き合う純愛のラブストーリーとなっております。

暗い映画という訳ではなく、自分も幸せになろう・生きようと清々しい気持ちになれる作品となっております。

生きることに迷ったり悩んだりする時は誰にでもあると思います。そういう時にこそ観ていただきたい作品だと強く思いました。

スタッフ

原作:佐野 徹夜「君は月夜に光り輝く」
監督・脚本:月川 翔
音楽:伊藤 ゴロー

キャスト

渡良瀬まみず:永野芽郁
『発光病』という奇病によって入院している女性。余命僅かで、迫ってくる死の影に怯えています。

岡田卓也:北村匠海
まみずのために代行体験に協力していただけでしたが、次第に彼女を愛するようになっていく。

香山彰:甲斐翔真
まみずと卓也の同級生。兄がいたが発光病を患い既に死去している。

平林リコ:今田美桜
まみずの“代行体験”の一環で出会う、卓也のバイト先の先輩。

岡崎:優香
まみずを担当している看護師。

渡良瀬律:生田智子
まみずの母親。

岡田恭子:長谷川京子
卓也の母親。娘の鳴子をなくした心の傷が癒えておらず、情緒不安定。

岡田鳴子:松本穂香
卓也の亡き姉。発光病により命を落とした香山の兄の恋人。

深見真:及川光博
まみずの父親。ある理由で律と離婚。まみずとも会っていない。

役名無し:斉藤慎二(ジャングルポケット)
一人遊園地を楽しむおじさん

『君は月夜に光り輝く』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

君は月夜に光り輝く(映画)の感想

40代男性
40代男性

この作品は、発光病という月の光を浴びると自ら光を灯す不治の病に侵された女子高生役が永野芽郁、そして彼女の夢を代行して叶えてあげる男子高生役に北村匠海という、いま人気の若手が主演ということで注目はしてました。ストーリーとしては、ありきたりなので大体読めてしまうのですが、永野芽郁の演技力が非常に良くて、常に明るくしていたり、周りに気遣ってみせたりと、余命0の状態で健気に感じられますが、なんと言ってもとにかく綺麗で、白い肌にキラキラとした瞳に、作品を見てファンになり人もいるのではないかと思うくらい素敵でした。そして、たまたま知り合って代行体験を強いられることになる北村匠海ですが、こちらも名演技でした。最初は、感情を表に出さないクールな雰囲気を醸し出しているのですが、徐々に彼女に対する気持ちを出し始めて、それは何時しか恋となって言葉や行動にあらわれてきますが、日常的にあり得る話に近い雰囲気をうまい温度感で演出していて、見ているうちに感情移入してきます。二人の関係が最高潮に達したときに、セオリー通り別れが来ますが、ここが泣き所ではなく、彼女からスマホに残されたメッセージでした。最終的には、結末がわかっていても涙必須の作品で、二人のキャスティングもピッタリハマったおすすめの作品です。

20代女性
20代女性

永野芽郁さん、北村匠海さん出演と少し切ない純愛ラブストーリーです。生まれつきの病気により時期が近づくにつれて肌が発光する、20歳までは生きられないと言われる難病を抱えた少女と、その少女に成り行きでお見舞いとしていくことになった青年の話。なかなかそのに出ることのできない永野芽郁さん演じる発光病の少女まみずはそのお見舞いに来たという北村匠海さん演じるクラスメイトの卓也に自分の死ぬまでにやりたいことを代行してもらうことを約束します。やりたいことは本当に普通の人なら当たり前に出来ることばっかりで、でもまみずはずっと病院生活が多かったからやったことないことばかりということでした。普通に生きていることのありがたさを感じさせられました。まみずの無茶振りにも近いやりたいことを卓也はこなしてそのことをまみずに話す。2人だけの空間、たわいもない楽しく話している姿にジーンときます。どんどんひかれあう2人。まみずに会うまでは人生つまらないと生きてきた卓也。まみずに出会いまみずのやりたいことをやることによって卓也の時間もどんどん動いていく感じがすごくわかっていいです。時間が経つにつれて死期も近づいてくるまみず。2人の恋の行方、まみずと卓也の切ないラブストーリーに泣ける作品です。

 

20代女性
20代女性

この映画はまみずと卓也の想いに感動しました。まみずが入院してなかなか外に出られないけど、卓也はどんなこともやさしく受け止めてあげるところが素敵だなと思いました。まみずの叶えたいことを変わりにしたりするところは、心にグッときました。まみずの気持ちをちゃんとわかってあげているのが良かったです。二人で病院の屋上から夜空を眺めていたところは、ロマンチックだなと思いました。少しでもまみずの気持ちが明るくなればと思う卓也が、頼もしいと思いました。まみずの変わりに思い切り楽しんだり、感じたことを伝える卓也がいいなと思いました。スマホの画面越しではあるけど、まみずもすごく嬉しそうにしていたのが印象的です。まみずが喜んでいるところや、笑っている姿がキラキラしていました。二人でいる時はすごく幸せな時間が流れているような雰囲気がありました。まみずが会うのをやめようと言った時、卓也は好きだからやめないとまっすぐな気持ちを言ったところがとても男らしくてかっこよかったです。卓也の気持ちには全く迷いなどなくて、まみずに対して一途なところが感動しました。お互い複雑な気持ちがどこかにあるけど、それを感じさせない世界観が良かったです。

40代男性
40代男性

月が怪しく光り、なぜ、その月の下、悲しい悲劇が…。「彼女は2週間光り輝き続け、そして消えた」。発光病という奇病。まだ、高校1年生で、バイオフォトン病とたたかっている渡良瀬まみずさん。女優は、永野芽郁さんでした。どうしたら、発光病の発光その他の症状の発生を抑えられるか、そおっとしておくべきだという渡良瀬さんのお母さんや病院の考え。わかりますよね。だが、そっと病院に忍び込んだ高校の同級生の彼(岡田卓也(北村匠海))の気持ちはまみずさんの希望するところであったとしても、どうなんだろうと、ずっと考えていました。その結果という訳ではないのでしょうが、発光して亡くなってしまいました。その際の彼女の言葉は、非常に切ないものであって、「こんなに人を好きになる事ができるなら、私、生きたくなっちゃったよ」。思わず、涙が出ます。しかし、何かどこか、はらはらと。不安感も湧いてしまいました。なぜ、こんな病気があるのだろうという奇怪さもありますが、こんな月夜の下で、若い男女の悲しい出来事を見て、慰める言葉もないな。なぜなら、この印象的に過ぎる出来事は、高校生二人だけで行ってしまっていいのかどうか、わからないなと思ったんです。抱擁と愛。誰が許容し、しないか、そんなの関係ないか。興奮する事がいけないとは限らないけど、愛は一人きりの辛い孤独な闘病を上回る事ができるのか。問題提起にしては唐突に過ぎて、論議を呼び続ける可能性が…。高校球児たちとは、ちょっと違うのでしょうかねぇ。不自由を余儀なくされている子どもたちがこの映画を見ると、どう感じるでしょうか。僅かに不安がなくもないのです。

50代女性
50代女性

北村匠海さんが、とてもカッコ良くていい演技をしていて、存在感があったと思いました。最初は戸惑っているだけの卓也でしたが、時代にまみずに惹かれていく心情を上手く表現していたと思いました。永野芽郁さんが、発光病という不治の病になり余命わずかのまみずを自然体で演じていて、とても良かったと思いました。死の直線、夢の中に現れたまみずの姿は、ほんとに美しく儚すぎると思いました。卓也と一緒に巨大パフェを食べてジェットコースターに乗るまみずの笑顔を見て、ほんとに心残りが何一つなく命を全うすることができたんだなと感動しました。ラストの回想シーンは、涙ながらが流れて仕方ありませんでした。2人のピュアな演技に引き込まれてしまいました。今田美桜さんの、メイド姿が可愛いすぎると思いました。とてもいい演技をしていて良かったと思いました。最初がいきなりヒロインの葬儀のシーンで、ヒロインが病院から一歩も外に出ないラブストーリーというのは、他ではあまり見たことがない斬新さがあって、とても丁寧に作られている作品だと思いました。自分の気持ちに正直に、真っ直ぐに生きていきたいと思える映画でした。心が洗われるような素敵なストーリーで、とても良かったと思いました。

30代女性
30代女性

病気で余命少ないヒロインに恋をする話はありがちだなぁと思いながらも、発光病という言葉が気になり観てみたらわかっているのに、感動してしまいました。発光病というその名の通り体の内側から発光してしまう病気がどこか幻想的で美しく描かれていて、ファンタジー映画を観ている気分でした。監督は「君の膵臓を食べたい」の月川翔さんだと後から知り納得でした。儚げなヒロインを撮らせたらナンバーワンかもしれません。発光病にかかり余命少ないヒロインのまみず役を演じた永野芽郁さんの白い肌と透明感がより一層儚さを演出していて、この役にぴったりだと思いました。ヒロインの夢を叶える卓也役を演じた北村匠さんはこういう控えめな男子の役がよく似合います。なんでも言うこと聞いてくれそうなちょっと気弱で優しい雰囲気が母性本能をくすぐります。何年も前からよくあるパターンの王道青春恋愛映画といえばそうなのですが、携帯で中継しながらデートしたりと今までになかった要素もプラスされて、現代の若者には響くのかなと感じました。死へ向かう喪失感ではなく、残りの人生をどう生きるか、残されたものがどう生きるかというという所を表現しているのが良かったです。

10代男性
10代男性

まず絵の描写がきれいだと思いました。永野芽郁ちゃん演じる渡良瀬まみずが外に出た時に彼女の体が光るシーンがあります。そのシーンはとにかく美しく、その映画の最も感動するシーンだと思います。次に出演の俳優、女優についてです。主人公とヒロインには、永野芽郁と北村匠海が起用され、映画の中で高い演技力を見せました。特に私は永野芽郁の大ファンであったため、映画に釘付けであったと思います。色々な映画に出演している彼女ですが、出演した作品の中で最も感動し、最も彼女の透明感が溢れる作品だったと思います。発光病という現実でもありそうな病気もまた発想が面白いと思いました。映画を見た後に本当に発光病が存在するのか友達と議論した覚えがあります。結局ないことが分かったのですが、ありそうな病気ということで感情移入がしやすかったため、感動しやすかったです。一つ物足りなかった点を挙げるならば、君の膵臓型アベ隊という作品と似ていることです。両方の作品に北村匠海が出演していたからでしょう。当時彼はあまり有名でなかったため、見たことのあるような俳優が同じような感動する作品に出たという印象をもってしまいました。全体的に見て、感動するいい作品だったと思います。

20代女性
20代女性

この映画は、北村匠海さん、永野芽郁さん主演のラブストーリーで、永野芽郁さん演じる”まみず”の病院生活を舞台に、北村匠海さん演じる卓也との日々を描いています。ストーリーとしては、病気のまみずを笑顔にしようと卓也が奮闘する、というよくある病院ものなのですが、その奮闘の仕方が面白いです。普通だったら無理に外に連れ出すなど、結構病人には無理なことをさせる設定なのですが、この映画では彼女のやりたいことを代わりにやる、つまり代行する、ということを通して彼女のやりたいことのお手伝いをしていきます。卓也がまみずと一緒に、ではなく、一人で遊園地に行ったり、新しく出た携帯電話の発売日に夜中から並んだり、絵面はとても面白い感じになっています。でもそれを演じているのが北村匠海さんだからなのか、よりコミカルにというか、それでいて変な感じにはなっていない、不思議なシーンです。一人で代行を受けてしまう卓也も卓也ですが、まみずはまみずでかなり性格がぶっ飛んでいて、というのもそこまで仲良くもない相手に代行を頼むという始末です。永野芽郁さんだからこそ許せてしまう、いいキャスティイングだなとそんな風にも感じました。話はありきたりかもしれませんが、かわいい二人の純愛ストーリー、とてもおすすめです。

 

まとめ

『君は月夜に光り輝く』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

永野芽郁のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

北村匠海のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • グッドワイフ
  • 天使のナイフ
  • 土曜ドラマ 外事警察

 

今田美桜のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 記憶
  • ケイジとケンジ 所轄と地検の24時
  • ドクターX ~外科医・大門未知子~(2019)

 

松本穂香のU-NEXT配信作品

【映画】

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました